バス釣りと書道と田舎暮らし、お気楽オヤジの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ベイトリールのドラグ修理」って、どういう状況なんでしょうか??

<<   作成日時 : 2018/07/10 09:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 ベイトリールのドラグは、基本的に修理が必要になるような場所ではないけれど、どういう症状を直したいのか?がこれだけの検索ではわかりません(−−;)ドラグが弱いから、強くしたいのか、ドラグレバーを締め込んでもドラグがズルズルでてしまうのか、ドラグが出る時にスムーズに出ないから、スムーズにしたいのか・・?そんなことが想像できるけれど・・?

 ドラグの強化は、リールによって、強化版のドラグのワッシャー、ドラグパッドが社外品で販売されているケースがあり、そういう時には、交換して使ってみるしかないです^^;;基本、どの程度度ラグが強化されるのか?は使ってみないと分からないし^^;;

 同じ部品でも、ドラグを強めにしたい場合、ドラググリスを塗らずにそのまま入れると摩擦力はドラググリスを塗布した場合よりは強くなるから、多少はドラグ強化できるはずですね。若干かもしれないけれど^^;;

 ドラグを締め込んでもドラグが効かない、ズルズル出てしまうようなケースでは、先ずは、そのベイトリールについているドラグのための部品が全部ある、揃っていることを分解図や展開図などで確認してみる必要はあるかも?!

 特に、ワッシャーと部品名がついているもので、枚数が足りてないと、ドラグの締め込みで余分な隙間が出来て、締め込んでも締まり切らないケースはあります^^;それは、分解する時に落として、無くしたような場合には、こういう症状は出やすいです。確認してみてください。

 ベイトリールだけれど、スピニングリールのようにスムーズなドラグの出方にしたい場合は、ドラブグリスをちゃんと塗るとそういう状態に近くはなると思います。

 基本的にベイトリールのドラグの部分の構造は、メインギア、ドラグワッシャー、ドラグ蓋、カーボンワッシャーなどの挟み込みの構造で、スピニングリールのドラグのように多層構造、複数枚の金属板と金属以外の板で構成されている事は少ないので、スピニングリールのようにスムーズにドラグを効かせる、働かせるのは無理でしょう^^;

 それでも、ドラグの所の金属でないカーボンの板などにしっかりドラググリスを塗れば、塗ってない、メンテしてないベイトリールの時よりはややましなドラグの出方になりますね^^。

 どういうドラグの状況で直したいのがどういう方向の物なのかが分かりませんけど、代表的なパターンとして書いてみました^^;;;

 ドラグレバーの締め込みは、ハンドル軸のネジ用の溝がしっかりある事が前提なので、このハンドル軸のネジ溝がすり減ったとか、締め込む時に潰してしまったとかでのドラグレバーの締め込み不良の場合は、ハンドル軸の交換しかなく、新しいリールならば部品の取り寄せが可能だけれど、古いリールの場合、部品としてメーカーさんが取り扱いをやめているケースは多いので、その場合、程度の良い中古リールを探し、買って、そのリールからハンドル軸を部品として取り出すぐらいしか手は無くなります^^;;

 ネジ溝で締め込むような部品の取り付けの際には、ネジ山、ネジ溝が正しい角度になって、噛んでいる事を確認して、静かに弱い力で回して入る、回る事を確認しつつ取り付けないと、ネジ山を壊してしまいますのでご注意ください♪

 ベイトリールの右ハンドル、左ハンドルでは、同じハンドル軸でもネジの回して締まる方向が逆になっているケースも多いので、それは、ご自身のベイトリールのハンドルの右左できっちり締まる方向を確認して、間違った方向で回さない、締め込まないようにして下さい♪

 ネジの溝がある部品同士の取り付けでは、力任せに締めるというのは、厳禁です!!角度がきっちり会っている事は何度も確認してください♪

 ドラグレバーの所もそうだけれど、メカニカルブレーキのキャップネジもそういう締めの時の注意は必要ですね。参考まで。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ベイトリールのドラグ修理」って、どういう状況なんでしょうか?? バス釣りと書道と田舎暮らし、お気楽オヤジの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる