アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
バス釣りと書道と田舎暮らし、お気楽オヤジの独り言
ブログ紹介

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
「種子法廃止」って、やばいんじゃないの?!(−−;)
 米の種はその品種を作るうえでは無くてはならないもので、種もみ無しに水稲栽培は不可能だけれど、もしかして、日本人の英知と努力の結晶ともいえる原種となる種子の権利を他国の会社に売り渡そうとしているのでしょうかね?政府が(−−;;)瑞穂の国たる日本国において、水稲栽培の行為はそれこそ国家、文化の根底にあるわけだし、稲作文化に根付いた、様々な祈りや儀式やお祭りさえも破壊しようとしているのだろうか、かの党は??それは、日本国に対する反逆罪にも等しいのでは?!不思議です、政府なはずなのに・・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/23 04:34
カエルの大合唱にカッコウの声で夏ですね^^。
 田んぼに水が入り、田植えも進行中で家の田んぼはまだ代掻きも終わってないけれど夜はカエルの大合唱になってます^^。今朝は、薄暗いうちからカッコウの鳴き声でうるさかった^^;;(笑)新緑も濃くなってきていて、初夏という季節に入ってますね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/22 05:19
「メインギアに習動子が当たる」って、検索しているけど・・?
 摺動子(すりどうし)であって、習動子ではないんですが・・(−−;)オシレートとも言うようです。スピニングリールのメインシャフトの下に付いている部品のことでしょうけど、正しく取り付けできているのなら、メインギアに接触することはありません(−−;)つまり、オシレートの部品の取り付けの向きか何かがメインギアに接触する時点で間違っていると考えるのが自然ですね。分解前も、ゴツゴツとメインギアに接触している感触があったのでしょうか?たぶん、無かったはずです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/22 04:31
「ベイトロッドのエンドグリップの持ち方」って、言われても・・・(−−;)
 遠投する場合でも自分の場合にはグリップエンドを持つことがないので、持ち方はよくわかりません(−−;)リールシートの下で一旦ロッドブランクだけになり、エンドグリップがある、セパレートタイプのグリップのベイトロッドの事を言っているというのはわかるのですが、自分の持つベイトロッドは、ブランクが見えない、全部グリップなベイトロッドなので、両手でキャストする場合でも、利き手の下に指2本分ぐらいの空間を開けて、その下を握る、持つケースが多いから、セパレートグリップタイプのベイトロッドでは、自分のキャストが... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/20 00:54
「草刈り機の運転時間は?」って、とりあえず燃料がなくなるまでかも?
 草刈り機の燃料タンクの容量にもよりますが、基本、満タンに混合燃料を入れて、それを使って草刈り作業して、燃料が無くなったら休憩をとってますね^^;;草刈り機のスロットルレバーの開け加減、エンジンの回転数の状態で時間の長さは変わりますけど、1時間〜1時間半ぐらいは作業できると思います。肩掛け式ベルトの草刈り機の場合、それぐらいの時間で一度休憩を取った方が安全ですね。まあ、1時間半ずっと草刈りをするような場所がある時はですが^^;;;;(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/20 00:13
バズベイトの使い方で悩んでいる人がいるようで・・・。
 バズベイトの使い方で悩んでいる人がいるようで、「バズベイト 着水と同時に早く」という検索が続いてます^^;バズベイトを使う場合、あまり遠投はできないと思います、ぺらが空気抵抗を大きくするから飛距離は出にくいので。着水と同時にロッドを立てるなどして、出来るだけ水没時間を短くしてバズベイトを水面まで浮上させるためには、キャストの仕方と飛行弾道、飛行軌道を山形にできるだけしない、低弾道、直線的な軌道にしないとやりにくいですね^^;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/19 05:22
「草刈り 斜面 順序」って、基本、下側からですね^^;
 河川の土手のような長い斜面で下まで降りるのに草が邪魔な場合、上から草刈りしつつ、道を作るように刈り降りることはありますが、その後は下側から草を刈るというのが共同作業時の順番です。上から刈ると倒れた草をその下の分を刈るのがやりにくくなりますので^^;;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/18 03:49
「刈払機 燃料キャップの穴から吹き出し」って、ゴムパッキンの寿命ですね(−−;
 刈払機、つまりは草刈機でしょうけど、燃料タンクキャップの小さな穴から燃料が噴き出すというのは、中にあるはずのゴムのパッキンか、そうならないための仕組みのものがダメになっているということだと思いますね(−−;)替えのパッキンをもっているならそれと交換するしかないし、ないのなら買うか作るかするしかないと思います。自分もこの前、コメリで売ってたゴムシートのたぶん1mm厚のものを円形にコンパスカッターで切り抜き、真ん中に穴をあけてキャップの内側に押し込んで、それで使てますけど、燃料漏れは止まりましたね... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/18 03:30
「バズベイトまっすぐにならない」って、シングルペラなら、それが普通です(−−;
 バズベイトの回転するペラ、ブレイドが1枚でも3枚でも4枚でも、1個しかついてないなら、ブレイドのペラの回転による水押しの左右のバランスの不均衡から、進行方向はまっすぐにならないのが普通です(−−;その進行方向の左右のどちらかへの偏りを利用したりして使ってます。右回転のペラのバズベイトと左回転のペラのバズベイトの使い分けは、その偏りを利用したものです。ボートのスクリューでもスクリューが1個なら、必ずそういう進行方向のズレが生じます。そういうものなんですけど? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/17 07:49
「メカニカルのゼロ設定ってどこ?」とか言われても(−−;)
 ベイトリールのスプールの軸を挟み込む形で回転を遅くすることになるキャップネジがメカニカルブレーキですけど、これがスプールのシャフトに接触して回転を阻害し、つまりは回転を遅くする状態がブレーキとしての役割を果たしているわけで、「メカニカルブレーキのゼロ設定」とは、スプール軸にメカニカルブレーキが影響をまったく与えていない状態、つまりはブレーキ力が無い、ゼロの状態であるところがゼロ設定で、それも、スプール軸から接触していたメカニカルブレーキキャップが離れた瞬間、地点がメカニカルゼロと考えれば、分か... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/15 18:49
「ワームによって使う針が違う?」って、当然と思いますが(−−;
 ワームという言い方をすれば、ソフトプラスチックのルアーは全てワームとしてまとめて括られるかもしれません^^;その場合、ストレートタイプもあれば、ザリガニやエビタイプもあり、テールだって直線状のピンテールもあるし、T字型のシャッドテールもあるし、二股に分かれているようなタイプも存在するから、形状が小魚だったとしても、その太さや長さやボディーのカーブの情況によっては、同じ3インチのサイズのワームだとしても、使うフックの形状とサイズは違うものにしないと、魚の口への針の掛かり方が悪くなるケースは多いで... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/15 03:00
WIN10って、起動が不安定ですね(−−;)
 ネットの情報をみるにWIN10は起動が不安定という傾向はあるようですし、自分のマシンも安定してません(−−;)まあ、それなりに対処の仕方はあるようなので、調べて、対策を取るつもりではおりますが、起動の不安定さもさることながら、スリープ状態からの復帰にも不安定さが残るという、まあ、使い物にならないレベルでの使い勝手の悪さを感じてます(−−;;起動してしまえば、快適ではあるのだけれど・・^^;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/14 07:16
「ベイトロッドの重心はどこ?」って、指に載せればわかります(−−;)
 ベイトロッドにリールを付けずに重心を探すのと、リールを付けた状態で重心を探すのとでは重心の位置が変わるけれど、とりあえず、人差し指を伸ばし、水平にし、その上にロッドを載せて、水平に釣り合う場所が重心ですね(−−;)ロッドガイドがあれば、って、基本あるのだけれど、ロッドのガイドが下向きになるのは避けられませんから、気にしないこと^^;(笑)リールを付けていれば、リールも下向き、下側になるけれど、それもきにしないことです^^; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/14 06:42
「3gのジグヘッド ボトムが取れない」って、え!!(−−;)
 スピニングロッドで使うなら3gは十分すぎるほどの重量ですし、ベイトリールでもベイトフィネスなロッド、リール、ラインなら、十分にキャストできる、認識できる重さと自分は思いますが、もし、これが底の柔らかさ、ドロドロとかのせいで着底が分かりにくい場所というのなら、それは、感触ではなく、ロッドティップの曲がりの大小で見分けるしかないんじゃないでしょうか?「3gのジグヘッドで底が取れない?なんで??底に突き刺さってるんじゃないの?!」と釣り友さんたちは言うかもしれませんし、「3gでわからないなら、重症(... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/10 07:52
「リールのハンドルのギアの山の修理方法」って、手を出さない方が良いと思いますけど(−−;
 「リール」としか書かないで検索しているから、ベイトかスピニングかわかりませんけど、勝手にスピニングリールと想像し、それで書いてみます(苦笑)^^;;まあ、手を出さないことです!!(笑)スピニングリールのメインギアは、回転軸が交差するために単純な直線で構成されているギアではなく、円の中心から外側へ延びる、カーブした山になってます。「これの理想曲線というものがどういうものか?」」を理解して、それを精密に削り出せるマシンを持っているならともかく、ハンドクラフトで作業して、トラブルが治るような代物では... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/10 07:15
「スピナベには硬い竿」って、どうでしょう??
 スピナーベイトを使う時に、シングルの太軸フックを貫通させるのには、トリプルフックよりもフッキングのパワーを必要とするから、クランクベイトで使うロッドよりはパワーのあるロッドの方が良いとは思いますが、曲がらない、硬い竿だとバイトを弾いてしまって、掛けにくくなるというのが個人的感想、意見です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/10 06:43
4バイト、3キャッチ♪
4バイト、3キャッチ♪  曇天、小雨で夕方の情況が良いのでは?と、少しだけ釣りに行ってきましたけど、釣り友さん達も同じ考えだったようで、集合してました(笑)「状況は?」との質問に「渋いです・・・。」との答えで、トップで釣ろうかと調達してきたルアーを入れるも皆目反応がなく、「こりゃ、水面はダメだな・・出る雰囲気無い・・・。」という事で、シャッドを巻き、ダウンショットに変えて、ようやく釣れました♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/07 05:57
水路清掃の飲み会の後で・・。
水路清掃の飲み会の後で・・。  田んぼの用水を引いてきている水路の清掃は、例年よりかなり早く終わったのだけれど、お疲れ様の飲み会の時間設定が午後だったため、それが終わってからの釣りに行くころには、夕暮れ時になってました^^;歩いていける裏の川ですが^^;なんとかかんとか、ナマズ君に遊んでもらいました♪^^;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/05 21:10
「ベイトリール サイドカバー 固着」って、しないと思いますけど??
 ベイトリールとしか書いてませんので、ベイトリールを作ったメーカーさんもリールのモデル名もわかりません(−−;)なので、はっきりとはしませんが、基本、ベイトリールのサイドカバーは固着するような作りにはなってないと思ってます^^;なので、そのリールのサイドカバーを開ける手順、どこのビスを緩める必要があるのか、どこのレバーをOPEN側に持っていく必要があるのか、その順番はどれが先か・・・そういうことが分かってないだけと思いますね(−−;) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/05 20:52
「バスロッドのガイドのセンターの出し方」って、見るだけじゃ??
 ロッドを作って売っている会社でどういう事でリングの位置を揃えているのか?は知りません。が、自分ラインガイドリングを取り付ける時にその位置が揃っている状態にするのは、手元側、穂先側の両方からロッドの軸線近くからリングが重なって見える状態にして、多少、リングが見える斜めで、そのリングの頂点が一直線上に並んでいるように見えるという事でセンターを決めてますね^^;;猟銃などの的を射抜くための目印を銃口側と手元とのしるしを合わせる、重ねるというのと同じやり方です^^;精巧なレーザーなどのセンサーなどで精... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/05/03 08:23

続きを見る

トップへ

月別リンク

バス釣りと書道と田舎暮らし、お気楽オヤジの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる