アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
バス釣りと書道と田舎暮らし、お気楽オヤジの独り言
ブログ紹介

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
「波が高い時の船の走行」って、無理しない事でしょうか?
 波の高さも船のサイズで問題ない場合もあるし、危険な時もあります。小さいボートであればあるほど波が出た時に危険になりやすいから、そういう場合には、無理して出船しない事が最も大切です^^;;出船してしまってから波高が高くなり、危険と感じたのなら、速やかに港に戻る、帰るしかないと思いますね。急いで帰りたくても、波が高くて航行しにくい場合には、安全な速度まで減速して、一波、一波、しっかり乗り越えながら、時間を掛けて、戻るしかないと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/16 09:27
「スピニングタックル ルアー 何gまで?」って、ロッドのパワーによりますね。
 スピニングロッドといっても、トラウトを狙う、管理釣り場用の柔らかいロッド、ウルトラ・ライトなどのロッドの場合、7g以下とかいう重さで使う事になると思うけれど、スピニングロッドでも、シーバス用のロッドであれば、20〜60gぐらいの重さのルアーでも問題なくキャストできたりするのではないでしょうか?なので、そのスピニングロッドが何用のロッドなのか?何の魚を釣るためのロッドなのか?を確認するという事とウェイト適合範囲がロッドのグリップの上のところに印字されていると思うので、それを参考にすればよいだけだ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/16 08:59
「ハイギアでクランクベイト釣れる?」って、どうでしょうね^^;
 クランクベイトを使った釣りの場合、自分の基本は低速巻きです^^;早巻きで釣ったことは少ないかも?!ただし、クランクベイトではないかもしれませんが、シャッドの早巻きでリアクションで食わせる釣りはありますし、早巻きが釣れないとは思いません。要は、ハイギアリールを使っていても、ゆっくり巻けば良いだけで、それには慣れが必要とは思いますけど、ギア比の高低よりも、実際のルアーの移動速度の方が重要だと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/16 08:30
「ハンドメイドルアー リップ 曲がる」と言われても(−−;)
 ルアーが個人製作であるとき、そのリップの素材が何かは、作った人に聞かないとわかりません^^;自分で作ったのであれば、素材はわかっているはずです。リップが曲がるのが、素材の柔らかさからくる場合とその厚みが薄いことからくる場合もあるかも?状況がはっきりとはわからないので、推測できません^^; ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2017/11/14 06:41
「ベイトリール オイルを塗ってダメなところ」って、ローラーベアリングでしょうね。
 ベイトリールのオイルを塗らないほうが良い場所は、ハンドル付け根に設置されているローラーベアリング、ワンウェイクラッチ、IARと呼び名はメーカーで違うけれど、回転方向が1方向の円柱金属棒のベアリングのところでしょうね。ここにオイルが付きすぎると、ハンドルが逆回転したりするようになってしまうので。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/12 07:06
誤植が見つからない・・^^;
 買い物の時間つぶしのために本屋へ行ったところ、「怪魚大全」という小塚拓矢氏の本があって、思わず買ってしまいました(笑)開高健氏の「オーパ」以来、この手の本を読んでなかったので、久々に楽しく読めましたね^^。ただ、「ん?・・・これは誤植なのか?・・・てにをはがおかしいよな・・・それも、2か所も・・・。」と変なところを初めに読んだ時に思ったのだけれど、後から読み返して、その場所が見つからず、何度も読み返してしまいました・・(笑)^^; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/11 20:31
「PE 糸鳴り ガイド径」って、しかたないかも?^^;
 PEライン、ポリエチレンの撚糸を釣り糸として使う時、ガイドの素材や直径のいかんに関わらず、キュルキュル的な音は、どうやっても発生してしまうようです^^;それが、いわば、PEラインを使う時の宿命といえるのかも?多少、糸なりの音の程度を緩和するスプレーなどは出ているようですけど、完全に無くすということは不可能かと思いますね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/11 19:46
「ポッパーの後ろの毛」って、テールフックのフェザーの事でしょうか?
 ポッパーという、頭のところにへこんだカップ状の頭を持ち、水面の水を前方へ吹き飛ばす事で音が出るような作りになっている水に浮くプラグの事をポッパーと呼んでます。出やすい音のタイプでポッパーとなったり、チャガーという呼び名で分類されることもあるけれど、区別せずにポッパーとしてまとめられている方が一般的かも?ポッパーにしても、チャガーにしても、付いているフックの一番お尻側のフックには、人工の素材か天然素材かは別にして、フェザーと呼ばれる毛がトリプルフックに巻き付けられていることが多いですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/10 19:56
「ガイドリングなし」って、まともに使えないと思いますが?
 リールを付けて使うロッドで、リールの糸を通すその輪をガイドリングと言うけれど、このリングが何かの原因で割れたり、外れたりした場合、リングを支えていた金属の丸井フレームだけの状態でロッドとして使うのは、自分は進めませんね(−−;)リングの素材が何であれ、リングはラインの通り抜けをよくするための表面をもっているけれど、ガイドリングのフレームはリングを支えているだけであって、糸の通りが良くなるような構造になっておらず、糸がそこを通れば、なにがしかの傷がつくと思うからです(−−;) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/10 19:34
「ベイトリールクラッチが戻らなくなった 直し方」って、言われても・・。
 ベイトリールのクラッチが戻らなくなったという事のようですが、さっきまでは普通に使えていたのでしょうか?そういう場合には、戻り切らないクラッチをとりあえずもう一度押して、もう一度ハンドルを回してみることです^^;古くなったベイトリールでメンテもしっかりできてない場合、中の部品の動きが悪くなる場合がありますので^^;;最近、自分のベイトでは97メタニウムXT、通称銀メタと言われていた古いリールでそんな症状が時々出てますね^^;;(笑) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2017/10/30 00:51
「クロスギアとSカムギア どちらが強い?」って、どうなんでしょうね?
 スピニングリールのスプールを上下動させている仕組みに、クロスギア方式とS字カムギア方式がありますけど、その強さというものは自分は考えたことは無かったですね^^;;メインシャフトを上下動させるためのギア方式の違いという認識ではあっても、そのどちらでもメインギアから伝えられる動力を使っている点で同じで、メインギアが回ればクロスギアもS字カムギアでも回るような関係にあるから、強さというものはメインギアに付属、付随しての話を思ってます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/28 14:49
「アベイル 浅溝スプール 利点」って、軽い物が飛ばせることでしょうね。
「アベイル 浅溝スプール 利点」って、軽い物が飛ばせることでしょうね。  アベイルというメーカーさんの浅溝スプールに限らず、糸巻量の少ない、溝の浅いスプールの場合、深溝の糸を沢山巻けるスプールと比較して、糸を巻いた後のスプール自重+巻いた糸の重さの合計が浅溝スプールのほうが軽くなるので、回転慣性が弱くなり、動きだしに必要な力が小さくなって、ベイトリールでも軽いルアーが飛ばせるようになるというのが浅溝スプールの利点ですね^^。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/27 04:36
「寸法からベアリング番号を割り出すには?」って、3つの数字を把握することです。
 ボールベアリングの話と思うのだけれど、この場合、回転軸を支える「軸受け」ということの中にはその回転する軸が地面の垂直方向に対して、つまりは荷重方向に対して水平に寝ている状態での軸受けなのか、垂直に軸がたった状態での回転を受けるのかで、ラジアルとスラストという荷重方向からくるベアリングのタイプ分けがあったりします。リールは、動かすし傾くしと安定状態で使われることは無いのだけれど、まあ、ラジアル・ボールベアリングが使われたりしますね。それを踏まえて、ベアリングであれば、基本的に円柱を輪切りにしたよ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/25 14:09
「つり リールがキーキー鳴る原因は?」って、オイル、グリス切れでしょうね(−−;)
 リールといってもそのタイプがスピニングリールの話か、ベイトキャスティングリールの話か、それ以外か?で少し違ってくるけれど、それでもキーキーという音という事は、何処かの部品の回転軸とその軸に止めてある部品との接触摩擦がひどい状況であるからこそ、音が出るという事なんだと思います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/25 00:45
訃報の2連続で少しショックです(−−;)
 個人的には恩師と思っている先生が亡くなったというメールが来ました。まだ、高齢とは言えないと思っていたのだけれど、ちょっとショックでした。その関係で連絡を取ったのか、同期が亡くなっていたという知らせも来て、2重にショックでした(−−;)訃報を受けるような年になってしまっているのか?という現実に、改めて愕然としました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/25 00:24
「ラインローラーが緩い」って、どんな状況なのでしょうか?
 スピニングリールのラインの巻き取りの仕組みで、糸をスプールの外側で回転することで巻き取るベイルアームの片方の糸をひっかける回転する溝の部品がラインローラーですが、これは回転することが必要なので、多少の動きはでるような緩みが与えられています。糸がラインローラーから外れてしまうほどの隙間があるのは、おかしい、正常ではないですけど、カタカタ動く程度は正常ですね^^; ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/22 22:37
とりあえず、1匹♪
 来年まで持ち越しを覚悟していた檜原湖の秋のバスですが、なんとか1匹釣れました♪調子よく檜原湖で釣っていた釣り友さんのアドバイスのおかげもありますけど、魚の気配を上手くとらえた結果ではありますね^^;水鳥さんともじりのおかげでもあります(笑) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/22 01:01
檜原湖の風は寒かったです^^;
 秋の檜原湖はほとんど釣ってないので、行ってきましたけど、風にやられて、完敗ですね^^;;陽のあったうちは暖かく感じてましたけど、風が吹いて、曇ったあとでは、防寒着を準備してなかったことに後悔しました^^;;上は、それでもジャンパーとかカッパを持って行ってましたけど、足の方は無防備だったため、ガタガタ震えながらの釣りとなってしまいました。手袋も必要ですね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/19 00:01
「エクスプライド硬すぎ」という検索がありました(−−;)
 シマノが出している釣り竿、バスロッドのシリーズでエクスプライドというモデルがあります。販売開始は正確には覚えてないけど4〜5年前だったような?それで、2016年にロッドのモデルの追加とか、モデルチェンジとかしていて、後から出たエクスプライドのスピニングロッドは、感度を上げるためなのか、張りが強く、前のエクスプライドより硬いロッドになっているという事です。エクスプライドのモデルはスピニングロッド、ベイトロッドとあって、それぞれ5〜6種類のモデルがあるわけで、その中のどのモデルのことを言っているの... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/16 14:20
ザリガニでバスを釣るにも一工夫は要るようです^^;
 生エサでのバス釣りに面白みを見つけた釣りともさんが言ってましたけど、ちゃんと掛けるには、フック選びと合わせのタイミングには一工夫が必要なようです^^;それがわかっている釣り友さんは、1投1匹ぐらいに釣っていたそうですけど、フックと合わせのバランスの悪い方は、なかなか釣れなかったとか。エサ釣りの場合、フック選びとフックの刺し方と合わせのタイミングの「少し送る」という「少し」の時間的なバランスが難しいという事を言ってましたね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/16 03:18

続きを見る

トップへ

月別リンク

バス釣りと書道と田舎暮らし、お気楽オヤジの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる