アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
バス釣りと書道と田舎暮らし、お気楽オヤジの独り言
ブログ紹介

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
稲刈り、始まりましたね。
 まだ一部ではありますが、稲刈り作業が始まったようです。軽トラの荷台にかごを積んで走っているのを見るようになりました^^。「稲刈り前の水落とし 何日前?」とかいう検索がありましたけど、10〜14日前には水を落してるのが普通なのではないでしょうか?そういうのも水をどこから引いてきているのか?という水系の話があり、その田んぼのある地域の土地改良区という水路を管理している団体さんの年間計画というのかである程度決まっていると思いますね。知らないで稲作はできないはずなのですけど? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/22 12:48
「スピナーベイト 斜めに傾く」というのは、よくあります^^;;
 スピナーベイトを巻くときにどの程度の巻き速度にするのか?というのは、そのスピナベの作り手が考えた、セッティングした速度というものを自分で理解しないと傾くことは多いです^^;;基本的にスピナベの作りが悪くなければ、想定された巻き速度で巻けば、スピナべは傾くことは無いはずです。想定された巻き速度よりも早い巻き速度の場合、スピナべはバランスを崩し、斜めに傾きますね^^;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/21 13:19
「ルアーが真っすぐに飛ばない」って、飛行軌道のことでしょうかね?
 ルアーが真っすぐに飛ばないという検索が来ましたけど、これって、キャスト中のルアーの飛行軌跡が横から見たら直線的になっておらず、山形の放物線を描くということなんでしょうかね?まあ、普通のキャストでは、それは当然と思います。ルアーを直線的に飛ばすという場合、ロッドの弾力性を最大限に利用し、キャストのリリース、ロッドを振って、糸を放す、送り出すためのタイミングは、かなり微妙な、早く、絶妙な時点で行わないと、そういう直線的な飛行軌道にするのは難しいですね^^;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/21 12:58
「トップガイドリング リングの交換」って、不可能でしょうね(−−;)
 「ベイトロッドの・・」という限定がありましたけど、スピニングロッドでもベイトロッドでも、ガイドリングのリング部分が割れたりした場合、ガイドそのもの全部を交換するというやり方しかできないと思います(−−;)リングだけの交換用部品は聞いたことがありません(−−;) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/20 03:36
「借り払機 プライマリポンプに燃料が入らないわけ」って、・・・^^;
 草刈り機のプライマリポンプをプシュプシュ押して、それで燃料がカップ内に入ってこないという事なんでしょうけど、燃料の吸い上げでは、ポンプカップを押した時に中の空気が外へ押し出され、ポンプが元の形に戻る時には、弁が閉じて、気密性を保ち、ポンプの膨らむ力で燃料を吸い上げる事ができないと、吸い上げません。なので、その開閉する弁としての、ダイヤフラムという部品、円形の真ん中に弁となる金属の柱状部品があるものですが、これの動作不良か、使用による摩滅での隙間の発生で弁が閉じる状態にならないなどの理由は考えら... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/18 13:27
「延べ竿のキャスティング」って、自分には違和感ありますが・・。
 延べ竿、伸ばした釣り竿で穂先に糸を結び、その糸の長さの範囲で釣りをするという時、仕掛けを投入することは同じなのだけれど、普通はキャスティングとは言いません。なので、延べ竿のキャスティングと言われると自分には違和感ありますね(−−;)糸の長さ以上の遠くへは届けられないから。リールに糸を巻く、リールを使うロッドの場合、どこまで飛ばすのかで、届く範囲は変わるから、こちらはキャスティングというものでいいと思うけれど^^; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/18 13:09
「ルアーを静かに着水させる方法」って、いくつかありますけど・・・。
 ルアーの着水を静かに行うという場合、ルアーの飛行軌跡と水面が作る角度を浅くする、小さくするという事で着水を静かにする方法と着水直前のルアーの移動速度、スピードを殺す事で静かにする方法との2つがあると思います。角度を優先するもののうち、水面のバウンドを使うのがスキッピングというキャストになるし、速度も角度も両方使うのがピッチングだろうし、スピードを殺すのをメインにするのがサミングやフェザリングという方法になると思いますが、やり方はいくつかありますね^^。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/12 14:35
「魚探のヒューズが切れた」って、交換するだけです(−−;)
 電気回路の機械の場合、異常な過電流が流れれば、回線や回路が壊れるから、それをさせないように、過電流が流れたら、ヒューズが切れて、強制的に電流をシャットダウンさせるというものであって、ヒューズが切れたのは、異常な電流が流れたせいですね(−−;)ヒューズは、そういう時のためのもの、機械を壊さないための安全装置なので、切れたら、交換するだけです^^; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/11 11:45
「稲に穂が出ないのはなぜ?」って、生育不良だからでは?
 例年に比べれば1週間から10日ぐらい、出穂の時期は遅れましたけど、なんとかそれなりに実ったようで、稲刈りの準備に周りの農家さんたちははいってます。水も落としたし、畦の草刈り作業も盛んになってきてますね^^。今年は、8月に雨が多く、従って日照時間数も少なかったので、稲の生育状況が良くなかったというのはあるでしょう。穂が出ていないのなら、日照時間数の不足、気温の低下による生育不良などが考えられます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/11 11:27
「ベイトリール 底の取り方」って、スピニングと同じです(−−;)
 オモリが底に着いたかどうかの判断は、使うロッドがスピニングでもベイトでも同じですね(−−;)オモリをぶら下げてロッドの穂先が曲がっている状態であるのなら、オモリが底に着けば穂先に掛る重さが無くなるから、穂先は曲がらない状態になる、曲がってない状態になるというのは同じです。穂先の曲がり、オモリの重さを感じなくなる、垂れた釣り糸が張って無くなる、ゆるむという現象を見て、「底に着いた」という状態である事を確認するだけです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/11 10:59
「トップガイドのスレッドの太さ」って、ブランク先端の径によるんじゃ?
 バスロッドを前提にすれば、基本的にAスレッドという細いほうの糸を使うのが普通と思います。特にスピニングの先端部の径が細い場合、ガイドスレッドの太い糸を使う意味がないと思うから。トップガイド周辺に余計な重さはつけないほうがロッドの振りぬけも感度もよくなると思いますね^^; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/09 03:17
「レベルワインド動かない 対処法」って、点検からでしょうね^^;
「レベルワインド動かない 対処法」って、点検からでしょうね^^;  ベイトリールのスプールに均等に糸を巻き取るための仕組みがレベルワインドなわけで、これの不具合はスプールに一部だけ太く糸が巻き取られるようになることを意味し、そのままではリールとして使いにくい状態だから、まずはどうしてそうなったのか?という事の前に、外側から見てわかる、何かのトラブルが無いかを点検すべきです。ロッドからベイトリールを外して、とりあえず、レベルワインドのリールの下側の方から見た時に、キャップなどが無くなっていないのか?を確認するべきです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/05 14:20
「フローティングベストの股紐する?」って、正しくは、すべきです。
 水の中に落ちるという状態にならない、考えないのなら、形だけ身に着けるというのなら、股紐をつけるのは面倒だし、邪魔と感じる事でしょう。でも、実際に水中に股紐をつけずに落ちてしまえば、その時になって、「あ、股紐を通してない、つけてなかった!」と慌てても、時すでに遅しとなりますね(−−;)危険回避を優先するなら、股紐まできちんとつけるべきなのがフローティングベストです。股紐が付いているタイプの場合は。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/29 11:40
「フックを飲まれないために」って、アタリを見逃さない事です、まずは。
 バス釣りをしていてフックをバスの口の中まで入れてしまわずに、口のところに掛けるというのがいつでもできるというのは理想なのですが、バスの食い気の強い時には、バスは一気にルアーを吸い込むので、なかなかできるものではないです^^;;;一つ言えるとすれば、「バスのアタリを見逃すな!」という事だけですね^^;;バスのアタリに気づかずにいるから飲み込まれる状態になることは多いと思うので。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/29 11:20
「スプーン 釣れない」って、深刻かも?!
 ルアーと呼ばれる人工物でお魚を釣る釣り、ルアーフィッシングの原初の話として、キャンプに行ったどなたかが、お皿その他の食器を川で洗っていて、間違ってその中のスプーンをぽとりと水中に落っことした時にそのスプーンをお魚、たぶんトラウトが咥えて泳ぎ去ったのを見た事から、食事に使うスプーンの湾曲した部分だけを使って作り出されたのがルアーの始まりとも言われているそうです^^;なので、スプーンでの釣りには、ルアー釣りでの大切な釣り方の要素が入っているから、これで釣ることができないと、ルアーフィッシングのため... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/29 10:53
「魚探 電源落ちる」って、配線の問題のことが多いのでは?
 メーカーがホンデックスであろうが、ローランスであろうが、電気を使う機械であるなら、電気を送る配線のどこかにトラブルがあって、十分な電流が流れない状態になれば、電源が落ちるという状況が起きると思います^^;バッテリーのプラス極、マイナス極への最初の接続金具とそれにつけられている配線の接触状況を確認し、配線の次のつなぎ目、コネクタ部分を順番に確認していって、魚探本体への接続プラグのピンの状況まで、順番に追いかけて、配線として問題のない状態なのか?を確認してみる必要はあるかもしれません^^;; ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/26 12:22
「でかいバスが釣れない」って、原因はいろいろあると思いますが・・。
 大きなバスというのが40cm以上なのか50cm以上なのか60cm以上なのかでも中身は違ってきますけど、ワームでの釣りをしていて40cm以上のサイズを釣りたいのなら使うワームのサイズは4#、4インチ以上にしてみることは必要かも?大きなルアーには大きなバスが食いつくという傾向はあるからです。ルアーのサイズを釣りたいかと言って小さくすると釣れても小さいバスになることは多いですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/24 13:03
「シューティングのやり方は?」って、言われても(−−;)
 バス釣りでいうところのシューティングは、ボートの釣りで魚探の映像を見ながら、ベイトの群れに付いているバスを垂直に落とし込みで狙って釣るというような釣り方と自分は捉えてます^^;なので、シューティングのやり方は?と聞かれた場合、魚探の映像、画像の意味がしっかり理解できていることが前提になり、ボートでベイトの群れ、わかりやすく言えばベイトボールに付いたバスを探して、見つけたら、そのバスの目の前にルアーを入れる、ワームを落とすことで釣る釣りとなります。魚探の映像が見てわからないという場合、シューティ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/23 04:57
ついに、見てしまいました(−−;)
 お盆のとある日、釣りに行って、帰りがけに釣り友さん達が来たので話していると、「あ・・熊出た!」と指さす方向を見ると子熊が歩いてました(−−;)まあ、対岸で100mぐらいはあるところだから危険はなかったのだけれど、「居ましたね・・。」という事に^^;それで、ひとしきり話が熊の話題になっていたら、今度は「あれ?・・泳いでますよ・・熊!」といつの間にか水面に黒い物体がそれなりの速度で移動中^^;さっきの子熊よりは頭が大きく見えたので母熊かも?ということで、対岸から、こちらの岸へ横断中でしたね。奥の釣... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/20 02:46
「ワームが回転しない方法」って、ジグヘッドを使えば良いだけでは?
 ワームを使う時、フックとシンカー、オモリをどう使うのか?でワームが回転するか、しないかという差が出ます。フックにオモリが付いているジグヘッドを使えば回転なんかしません。スプリットショット、キャロライナリグ、テキサスリグ、ダウンショットなどのフックにワームを付けて、オモリとの距離がある場合には、回転はしますね。それは、投げて、巻いて、見てればわかると思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/19 03:08

続きを見る

トップへ

月別リンク

バス釣りと書道と田舎暮らし、お気楽オヤジの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる