アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
バス釣りと書道と田舎暮らし、お気楽オヤジの独り言
ブログ紹介

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
「銀メタって浅溝スプールなのですか?」って、じゃないですね(−−;)
「銀メタって浅溝スプールなのですか?」って、じゃないですね(−−;)  オリジナルの銀メタのスプールは16lbが100mぐらい巻ける、深溝のスプールです。自分は、オリジナルのスプールを抜いて、アベイルさんのところの浅溝のスプールを入れて使ってますので、ノーマルの銀メタではありません。そこは、間違えないでくださいm(__)m ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/20 18:02
「海難救助は風上?風下?」って、風下側からですね^^;
 ボート免許の講習を受けた人なら、知っていると思いますけど、落水者などを救助するときに接近する場合、必ず風下側からの接近になります。風上から近づくと、ボートの推力だけでなく、風で押させる力が働き、微調整がしにくく、救助者にぶつかってしまう危険もあるからでしょうね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/16 19:14
「ソウルシャッド高速巻き 釣れない」って、言われても(−−;)
 山木プロの監修したソウルシャッドの使い方として、高速巻きでの釣り方はあるでしょうけど、いつでもどこでも高速巻きで釣れるとは自分は考えていません。春先の状況の良い時、秋の釣りの場合、水温が下がった晩秋から初冬にかけての釣りで、非常に効果的なケースがあると考えています^^; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/16 18:58
「ドラググリス 塗り方」って、スピニングとベイトで違いますね^^;
「ドラググリス 塗り方」って、スピニングとベイトで違いますね^^;  ドラグ、糸切れを防ぐために一定以上の引っ張る力が掛った時に糸を送り出すための仕組みが釣りのリールにおけるドラグですけど、リールのタイプでドラグの構成が違うため、スピニングリールのドラググリスの塗り方とベイトリールのドラググリスの塗り方は違いますね^^;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/16 18:21
「RFテーパーロッド フリップキャストできないの?」って、できますね。
 レギュラーファーストのテーパーのロッドであっても、それ以外であっても、フリップキャストがちゃんとできる人なら、フリップキャストは出来ます^^。ただし、ロッドティップのしなり具合が使うルアーや重さで十分に曲がらない、曲がっても少しだけという場合、フリップキャストはとてもやりにくくなるだけです^^;;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/12 19:49
「ベイトリール ピニオンギアが遊んで落ちる」って、向きじゃないの?
「ベイトリール ピニオンギアが遊んで落ちる」って、向きじゃないの?  ベイトリールのピニオンギアは、ピニオンギアヨークという半円に棒が付いたような部品があって、これで支えてます。このピニオンギアヨークの向きは、ピニオンギアを嵌めて、メインギアの方に押し付けるような向きが正しい向きになります。なので、ピニオンギアが落ちるのは、ヨークに対するピニオンギアの載せ方、向きが違うからではないでしょうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/12 19:15
「ソリッドティップの利点」って、深く曲がる事かも?
 釣り竿の棒の部分の構造として、中心が空洞な、チューブラーと呼ばれるブランク、心材と素材そのもので穴は無い、ソリッドと呼ばれる2つのものがあります。ソリッドは中身が詰まっている、穴なしなので、重くなりやすいですが、その分、素材の柔らかさがそのまま出るから、チューブラーよりは深く曲げても折れないという特徴はあるのかも? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/10 11:13
今年の初バス釣り、初バスゲット♪
今年の初バス釣り、初バスゲット♪  通せんぼしていた邪魔な木を昨日片づけたので、今日、初浮きしてきました^^;;;(笑)多分に強硬出撃だったので、期待はしてなかったのですが、なんとかお魚に遊んでもらえました♪^^道具の確認からしたのですけど、肝心のフィンのゴムのベルトが切れそうな亀裂を発見(−−;;それでも、「ビニルテープで仮止めでなんとか持つんじゃないだろうか?短時間だし・・・。」と応急の処置をして、去年のタックル装備のまま、初浮きしました^^;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/06 18:10
「バス釣り トップ釣れない」って、いつでも釣れるわけではありません。
 トップウォータープラグでの釣りは、いつでもどこでも釣れるものではありません。そこは間違えないでください^^;トップで釣れるだけの条件が揃った時にトッププラグに反応させることができるのであって、いつ使っても釣れるルアーでもないし、他のルアータイプよりは使い手の技術と判断力が試されるルアーです^^;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/05 15:34
「シールドベアリング メンテナンスの仕方」は、ありますね。
 ベアリングのボールのハウスが見えないように、蓋が付いているタイプがシールド型と言われるベアリングですけどこのタイプであってもオープンタイプであってもリールのベアリングのメンテの仕方は一緒です。洗浄のためのオイルの中に漬け込み、隙間から入ったオイルで中の汚れ、金属のカスなどを洗い流し、オイルを拭き取り、新しいオイルを入れるだけです^^。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/05 15:08
「村田基 フリップキャスト 柔らかい竿?」って、ワールドシャウラですね。
 村田基さんがベイトリールのキャスティング講座のDVDを出してますけど、あの中でつかわれているのは、村田基さんが監修したロッド、シマノのワールドシャウラというワンアンドハーフというグリップの先の部分で2つに分かれるロッド、ツーピースロッドです。それで、グリップ側のカーボンシートのプレスt数の高いものと、穂先側のカーボンシートのプレスt数の低い、違うものを使う事で、ロッドとして1本の竿、ワンピースロッドでは作る事の不可能なロッドに仕上げたロッドを使ってます。グリップ側の高プレス圧のカーボンと穂先側... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/03 09:16
「ピニオンにスプールのシャーピンが嵌らない」って、あるのかな?
「ピニオンにスプールのシャーピンが嵌らない」って、あるのかな?  ベイトリールのスプール軸についている短い横棒、シャーピンがピニオンギアの底の溝に入らないってことかと思うけれど、ピニオンギアの底の溝はシャーピンより深く、幅も3倍ぐらいはあると思います。リールのモデル名がないのでどこのベイトリールかわかりませんけど、ピニオンギアの溝へのシャーピンの入りが悪いというのは、ピニオンギアの底の溝へシャーピンを誘導する斜めの部分が悪いベイトリールの使い方によって、平らな部分ができてしまい、その平らな部分をシャーピンが動くから、溝に落ちないケースが増えているのでは?と推... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/02 11:53
「ブラックバスと鯉の見分け方」って、人それぞれかも?
 水中で泳ぐ生きた魚の種別を判別するには、その魚種の特徴というものを知っている必要があり、また、その行動について、泳ぐ姿勢などについても実際に見て、ある程度の記憶を持っている必要があると自分は思います。水中の透明度なども関係しますけど、その魚体のシルエット、外殻、形状に対する記憶が無ければ、判断する基準が無いわけで、見分けることは出来ないですね^^; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/02 11:13
今シーズンの穴釣り、自分は終了です。
 月曜日に最後の穴釣りに行ってきました。8時から午後1時25分ぐらいまでで100匹でした。累積1000匹には到達しましたので、まあ、目標クリアですね^^;岸に近い方の1本松の沖で釣ってました。だらだらと時間20匹ペースで釣れて、午前中に最低目標の71匹を超えましたので、「このペースなら1時までで100に到達?」と釣ってましたけど、さすがにお昼を挟んだ時間にペースダウンしたので、そんな感じでした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/22 12:13
「重さ 分数 分からない」って、計算するしかないですけど・・。
 アメリカでは、重さをはかる時の単位が、oz:オンスだったり、lb:ポンドだったりします。1lb=16ozという関係です。なので、これをgでの数値に直すという計算が必要となるから、その時の計算、単位換算という事のやり方、計算の仕方がわかれば、自分で計算できるものです。1oz=28.35gなので、これの割り算、掛け算で、分数のoz表記をg単位に直すことができますね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/22 11:44
「ミノーの横泳ぎ 原因」って、バランスが崩れているからでは?
 ミノーを結んで投げて巻いたら、自分の方へ泳がずに、右か左のどちらかに偏って、横に泳いでしまうという状態になっているものと推定しますけど、これって、ラインアイの位置がずれているからじゃないでしょうか?これを正しい位置に戻すのが、ミノーを使う前にする事で、トゥルーチューンという調整です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/22 11:19
数え間違ってました^^;;
 月曜日の73はそのままですが、昨日の90はまちがってました^^;100ジャストいました(笑)入れ物を2つ持って行っていて、釣りあげ直後の魚を入れるバケツとそこから移動するバケツとを使い、10匹単位で移送させて数えているので、時々、移した数と現在釣りあげた数とがズレるので、「あれ?何匹移したんだっけ?」となって、少ない数でカウントしてしまうことがあって、今回は10匹間違ってました^^;すいません、100匹でした♪^^;; ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/15 17:45
頑張ってみたものの、届かず^^;;
 今日も桧原湖へ行ってきました。残念ながら、100には届きませんでした^^;10時25分ごろから釣りはじめ、12時の曲が終わったぐらいで27匹、午後は3時20分ごろまで粘ったものの、100には届きませんでした。氷は表面の硬い部分がしっかりしていたものの、透き通るような水っぽい色の部分が多くなってきてました。モービルも普通に走っていたし、帰りもカンジキなしで歩けましたので、まだ、十分な硬さはありましたね。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/14 18:41
「鎌 刃こぼれ 直し方」って、砥ぎ落すだけです^^;
 草刈り鎌でも包丁でもそうですけど、刃先が欠けてギザギザの凸凹ができた場合、この部分が無くなるまで研いで、削り落とすというのが刃こぼれの直し方になりますね^^;それを砥石だけの研ぎで行うのか、グラインダーなどの機械を使っての削りをするのかはケースバイケース、刃こぼれの状況によりますけど。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/13 10:12
「フリップキャスト メカニカルブレーキゆるゆる?」って、どうでしょう?
 フリップキャストという投げ方でベイトリールのメカニカルブレーキはどう使うのか?という事だと思うんですが、フリップキャストが自由自在にできるぐらいになっている人なら、メカニカルブレーキはゆるゆるでもできると思います^^。でも、フリップキャストを練習中という場合、まだまだキャストが安定していない場合には、メカニカルブレーキはやや締めておかないと、自分の思う方向に飛ばせなかった時にバックラッシュが酷く出るかもしれません。まあ、サミングでコントロールできていれば問題は無いでしょうけど、練習し始めである... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/13 09:41

続きを見る

トップへ

月別リンク

バス釣りと書道と田舎暮らし、お気楽オヤジの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる