バス釣りと書道と田舎暮らし、お気楽オヤジの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ワームが回転しない方法」って、ジグヘッドを使えば良いだけでは?

<<   作成日時 : 2017/08/19 03:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 ワームを使う時、フックとシンカー、オモリをどう使うのか?でワームが回転するか、しないかという差が出ます。フックにオモリが付いているジグヘッドを使えば回転なんかしません。スプリットショット、キャロライナリグ、テキサスリグ、ダウンショットなどのフックにワームを付けて、オモリとの距離がある場合には、回転はしますね。それは、投げて、巻いて、見てればわかると思います。

 水の中でワームが受ける抵抗というものを考えて、ワームがその抵抗を撥ね退けるぐらいに安定していれば、回転はしません。

 軽いと水の抵抗に負けるので、ワーム自体が軽いのなら、オモリで重くして、重心を安定させると回転しないというわけです。

 一番簡単なのが、フックのヘッドにオモリ、シンカーが付いている、ジグヘッドのフックを使うという事です^^;;;

 これで回転するとすれば、シンカー部分の重さがワームのボリュームに対して軽すぎるという場合ぐらいでしょう。

 「ジグヘッドリグは使いたくないんだけど・・・。」というのなら、自分でスプリットショットの挟み込む溝にフックの軸の太さぐらいの穴というのか溝というのかを付けて、ワームをセットしたあとで、ワームの外側に出るフック部分にシンカーを付ける、スプリットショットを挟み付けることで、重さを増し、重心を安定させて、回転しないようにするという方法はあります。

 あくまで、ノーシンカーリグで回転させない状態にしたいというのなら、それは、太い軸の大き目なフックをつかうというぐらいしかありません。

 それと、普通の速度で巻いたときに安定しているワームでも、早巻きするとバランスを崩して回転するという傾向はあるから、釣るために巻いている時に回転しなければOKなのか、どんなに早巻きしても回転しない状態にしたいのか?でも、方法は変わるかも?

 そういうワームを回転させないための工夫というものは、自分自身で考えて、工夫して、やってみて、それで「たぶんこれがベストな方法、セッティングだろうな・・。」というものを見つけるのが釣り師が自分でするべき工夫であって、人に聞いて、それをそのままやるというのは、なんの考察も、工夫も、努力も無いので、いかがなものか?と自分は考えてますね(−−;)

 人に聞いたものそのままをやる、使うというのは、「なぜ、そういうバランスにすることが必要なのか?」という肝心要のところを理解しないまま使うことになるから、ちょっとワームが変わると全く応用できずに、自分で納得のいくワームの泳ぎの姿勢の状態を作れないことになります。

 それに、そのバランスを作り出せたとして、どういう泳がせ方をすると食わせることができるのか?どういう動きが効果的なのか?などという事もわからずに、真似だけして釣れてしまっているだけで、魚の反応する誘いや動かし方については理解が全く深まらないということになると思います。

 ワームが回転しないようにしたいのなら、自分で工夫してみてください♪いろいろやり方はあると思いますけど^^;

 第一、ワームが適度に回転するぐらいのほうが魚の反応が良いという場合もあるから、回転しないのが常に良いとも限りませんし!(笑)

 フックとワームの形状、体積、オモリの位置関係などなど、釣るうえでとても大事なバランスがあり、それもリグの形式で全部違ってくるので、そのつかうリグごとに、この場合はこういうバランスが良い・・・こっちは・・とやってみて、自分で納得できるだけの経験値を積まないことには、聞いてまねしているだけで、そこに隠された釣るための重要なキーポイントは理解できずに終わるでしょうね。

 魚の反応を見つつ、ダウンショットリグを使うにしてもフックとシンカーまでの糸の長さは自分は変えてます。長いのが良い時もあれば、短いのが良い時もあるから、それは、釣り場の状況で変えるしかありません。

 そういうのも、「答えは魚に聞いてみるしかない!」となう事の一つです^^;;;

 オモリをどの位置につけるのか?重心バランスはどうするのか?というのは、ルアーを使う場合、ハードルアーでもワームでも、とても重要なことになりますね。

 見た目には違っているようには見えないぐらいの動きの差でも、魚の反応が大きく違ってくる事は、普通に、日常的に起きますので。

 そういう細かな部分を見てわからないようでは、ルアーを使うことが上手になるのは難しいかもしれません^^;

 ワームを移動させる速度が速くなれば、バランスは崩しやすくなるし、ゆっくり巻けば、安定して泳いでくれるという事も傾向としてはあるので、そういうことなどを含めて、自分はワームを回転させないためにこういう工夫をし、こういう速度で巻く・・・というのをそれなりに見つけられれば、釣れるのではないでしょうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ワームが回転しない方法」って、ジグヘッドを使えば良いだけでは? バス釣りと書道と田舎暮らし、お気楽オヤジの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる