バス釣りと書道と田舎暮らし、お気楽オヤジの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ベイトのドラグ固定方法」って、リール壊れると思うけれど(−−;)

<<   作成日時 : 2017/07/08 09:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 ドラグを使えなくしてしまうという意味での「固定」と思うのだけれど、それって、ベイトリールを壊すと思います(−−;)まあ、壊れるといってもスプールの軸が曲がるか、ギアの歯面が傷つくのかのどちらかになるとは思いますが。ドラグの強化という検索があっての、固定という話だったので、そう思いました。ベイトリールのドラグの耐力の高いものを選ぶという選択の方がましと思います(−−;)

 中には、ベイトリールでもドラグ耐力が7kgぐらいのベイトリールもあるようで、自分は物を見たことも触ったこともないけれど、アメリカのクァンタムというリールブランドの中には、そういうベイトリールがあるようです。まるりんさんの動画で見ましたので^^;

 普通の日本のベイトリール、バス用のサイズでは、5kgあればドラグ耐力は高い方かも?

 カタログでベイトリールのドラグの数値を見てみれば、そういうのは、分かるはずです。

 もし、ベイトフィネスなリールでドラグ耐力のアップを図ろうとしているのなら、それは、やめた方が良いと思いますね。もともとリールの軽量化、スプールの軽量化で剛性よりも、軽さを選んでいるベイトリールの特殊型なわけだし・・。

 一応、ヘッジホッグスタジオさんあたりから、強化ドラグというドラグ力を高めるドラグプレートが売り出されたりしてますけど、自分は使ったことがないので強化されるその程度は分かりません^^;

 リールの購入の時に、そういうカタログスペック、性能表などを見て、ドラグの強いリールが良いのなら、そういうリールを探して、選ぶべきかと考えますので、一応、書いておきます。

 「スプールが潰れた」などという検索もあったりしますけど、それって、ベイトリールの使い方として、間違っている使い方をするからなんじゃ?と思います(−−;)

 ドラグは、スプール軸とか、スプールとかが壊れないように、ズルズルと糸が送り出されるような仕組みであって、これを強化したり、固定したりしてしまえば、荒い使い方をする人であれば、リールを壊してしまうのでは?と思いますね。

 スプールのシャフトを曲げてしまう、スプールを変形、潰してしまえば、あとは、交換以外の手は無くなるし、ベイトフィネスなリールのスプールの値段は、お高いことが多いから、出費もリールの値段の半分近くするケースも出てきてしまうかも??

 ドラグが強いベイトリールが良いのなら、初めから、ドラグ力の数値の高いベイトリールを使うのが、正しい選択と考えます。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ベイトのドラグ固定方法」って、リール壊れると思うけれど(−−;) バス釣りと書道と田舎暮らし、お気楽オヤジの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる