バス釣りと書道と田舎暮らし、お気楽オヤジの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「フローティングミノーのアワセのタイミング?」と言われても(−−;

<<   作成日時 : 2017/07/30 19:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 フローティングミノーを使った釣りでも、どういうルアーの動かし方をしていてのアタリなのか?でそのアワセの仕方は変わると思いますけど?投げて、着水させて、着水時のルアーのもたらした波紋の広がりを待って居る時に食ってきた場合のアワセとトィッチやジャーク、ポンプリトリーブなどをしている途中でのアタリなのか、巻いているときか、止めている時か・・・など、フローティングミノーのアタリと言われても、いろんなケースがありますね^^;;;どのケースのアワセなのか?がわからなければ、正確には書けません(−−;;)

 着水と同時のバイトが出た場合、浮いているはずのミノーの姿が見えず、伸びたラインの先端部分が横などに動いているという場合などでは、ラインのたるみを巻き取って、そのたるみの解消を確認して、その時点でアワセを入れる事は自分は多いかも?

 このケースでは、明確な手元への振動としてのアタリの感触は無いはずです。なので、目で見えている事がどういうことなのか?を考えて、適切に対処し、アワセを入れるという書き方になります^^;;;;

 着水後の静止期間を超えて、動かし始めの1〜3アクションぐらいでのバイトが出た場合、ルアーが消え、ラインが横などに動き、手元にも何かの重さが伝わってきているはずです。この場合にも、やはりラインのたるみを巻き取って、そこでアワセを入れるようなことをしてますね^^;

 ジャークだろうが、トゥイッチだろうが、アクションをルアーに与えていての途中でのバイトの場合、「グググ・・」などの持ち重りや振動などが手元に伝わってくる時は、それが魚がルアーを咥えて泳いでいる時の振動というのがわかるのなら、十分に、「魚が食った!」と間違いなく確信した時点で、アワセを入れてますね^^;

 この場合、ロッドの穂先が曲がっているはずなので、目でそれを見て、確信してから合わせているかも?!

 ルアーの動きを止めて居る時に出るアタリの場合、特にフローティングミノーの潜らせて、止めて、浮上中のバイトの場合、いきなりの「ゴン!」とかいうひったくりバイトになることは多く、その場合は、ロッドを立てるだけでアワセが効く状態と考えます^^;

 一番厄介なのは、ルアーを普通に巻いている時に感じる水の抵抗の重さよりもほんのわずかに重くなっている時で、ゴミなどがフックに引っかかったのではなく、魚がルアーを咥えたまま、自分の方へ泳いできている時には、まず、ラインを張ってみて、何かの違和感を感じるのか?そして、その違和感の原因が自分の巻いたことで起きる現象とは違った物なのか?を感じ取り、それで、「魚・・かも?♪」という時には、巻きの速度を上げてみて、穂先の曲がりと魚らしき重さを感じるのかどうか?を確認して、「魚がこっちに泳いできているようだ・・・わかりにくいけれど・・!!!」と思えれば、そこできっちりロッドを持ち上げる、立てる、引き寄せるなどのしっかりとしたアワセを入れる事は多いかも?

 「アワセのタイミングは?」と聞かれれば、「魚だと確信した時点、、もしくは、魚の可能性が高い!と確信した時点で、アワセを入れてますね^^;

 その確認には、ラインのたるみを巻き取って、ラインを張ってみて、魚の泳ぎや独特の振動、手応えを感じれるのか否か!?で判断してるかも?^^;;;;

 疑わしきは、魚のバイトとして捉え、即、アワセを入れるという事をしているかも?♪


 それこそフローティングミノーで何を狙っているのか?で、対象魚の違いでアワセの仕方もタイミングも全く違うような事もあるし、仮にブラックバスだとしても、ラージマウスバスか、スモールマウスバスか?でも、微妙にアワセのタイミングは変えているから、ルアーの種類だけでの指定で、対象魚もわからないままにアワセのタイミングの話などできはしません(ーー;)

 トリプルフックをぶら下げている、ハードルアーのミノーであれば、それこそ、巻いてラインを張っただけで十分なフック、魚への刺さり、フッキングが決まる事はありますね。

 フローティングミノーに何かの魚が食いついてきたのであれば、それは、ラインをぴんと張る、リールのハンドルを5〜10mぐらいのラインを巻き取るぐらいの状態で早巻きすると勝手に、自動的にフッキングが決まる事もまた、多いですね^^;;

 どうこう悩んでいるのなら、釣りに行って、少しでも多く、魚のフローティングミノーに対するアタックの仕方、出方とかその時に掛かりやすいアワセのタイミング、時間的な合わせまでの時間差を経験則として、自分の経験で掛かった時の標準的なアワセまでのアタリを感じてからのアワセまでの時間差などを覚えておいて、それを実践してみての自分の釣果データで、経験則として覚えていくしかないかも?!^^;;;;;;;;;

 そういうのは、釣り師の人それぞれなものがるので、自分で見つけてください!としか言いようがないものでもあります^^;;;(苦笑)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「フローティングミノーのアワセのタイミング?」と言われても(−−; バス釣りと書道と田舎暮らし、お気楽オヤジの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる