バス釣りと書道と田舎暮らし、お気楽オヤジの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「トップウォーターでバスを釣るコツ」って、「釣れる!」と思える事かも?(笑)

<<   作成日時 : 2017/06/16 10:13   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 「こんなのでバスが釣れるって、本当か?噓でしょ!?」というトップルアーでバスが釣れるという事に疑問を持っているうちには、トップでバスは釣れないかも?!(笑)とにかく、釣っている人がいるのだから、きっと自分でも釣れる!という思い込みがなければ、釣りにくいかもしれません(笑)^^;

 ルアーに対する疑念がある場合、そのルアーを最も効率よく動かすことが出来ず、疑いがルアーの動きを殺してしまうようなことが増えると感じます。

 これで釣れたら楽しいな♪出ないかなぁ〜〜、バス♪と思えて使えているのなら、釣れる時はもうじきやってきます♪(爆)

 まあ、少なくても、釣れると思えなければ、2〜3投して、すぐに諦めてしまうようなことが増えるから、トップルアーをしつこく投げる事が出来なくなるし、投げる回数が少なければ、それは、当然に釣れるタイミングと場所に当たる確率は激減しますね。

 先日、フローターで浮いて、「今年はまだバズでは釣ってないな・・投げてみるか♪」とぐるっと1流ししていたら、小バスでしたけど釣れました♪バブルトルネードのクラウン、たぶん3/8ozですね。

 トレラーは無しです。フックもワームも。

 逆回転するペラの接触状態の調整は必要ですけど、奇麗に前後のぺらが回転して、音が出る状態なら、それで投げまくると出る時は来ると思います(^^♪

 それに、その前に川に居たのですけど、「これで出たら面白い・・。」とチャガースクープを岸際の草回りに投げ込んで、ゴボ、ゴボッと引いてたら、35cmぐらいのバスが食ってきました♪

 なので、トップのルアーの釣り方として、こういう場所でこう使えば釣れる♪という一定の釣り方、セオリー通りに使っていれば、状況さえよければ魚のアタックまでは見れると思ってます^^。

 そういう使い方がきちんとできてないのでは?と思いますね。

 なのでトップで釣れるための一番大切なことは、そのルアーでちゃんと「釣れる!」と思える事、思いこむこと、信じる事であって、信じて使い続けていれば、釣れる時は必ず来ます♪

 「ゴボッ!」と来て、「あ‥で、、出た!!」と合わせてしまうと掛からないかもしれませんけど(笑)

 ルアーが見えなくなる、水中に引き込まれた、ロッドが曲がって、手元に魚の重みが伝わってきたぐらいで合わせられれば、掛かるんじゃないかと思うわけです。

 先ずは、リールのハンドルを回してラインを巻き取り、それで、重く感じるのなら、そこでロッドを立てて、合わせを入れてみてください♪

 ちゃんとバスが居ると思える場所に投げ込んで、「いい動き出てる♪」と自分で納得できるアクションを演出できているのなら、食いついてくる時には食ってきます。

 「あ・・出ちゃった♪・・それ!」と合わせることが今では多いけれど、釣れてない頃には、アタックがある度に、「で・・出た!間違いなく出たよね・・今!!!」と興奮してましたね、合わせるの忘れて(笑)

 投げてないから、使い続けられないから、信じてないから、釣れないだけと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「トップウォーターでバスを釣るコツ」って、「釣れる!」と思える事かも?(笑) バス釣りと書道と田舎暮らし、お気楽オヤジの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる