バス釣りと書道と田舎暮らし、お気楽オヤジの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「草刈り 斜面 順序」って、基本、下側からですね^^;

<<   作成日時 : 2017/05/18 03:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 河川の土手のような長い斜面で下まで降りるのに草が邪魔な場合、上から草刈りしつつ、道を作るように刈り降りることはありますが、その後は下側から草を刈るというのが共同作業時の順番です。上から刈ると倒れた草をその下の分を刈るのがやりにくくなりますので^^;;;

 草刈りする部分の下に水路とかがあって、水路の中に草を刈り落しても問題のない場合は、上から下に刃を振るように刈ります。刈り落した草はあとから農作業で使うフォークなどで拾い上げるという事をするなどしてます。

 刈った草を下には落とさないでおかないといけない場合、下側から上に刃を振り上げて刈るようにしてますね。田んぼの水路の横の河川の土手などの一番下は、そういう刈り方してます。一番下を刈り上げで刈った後は、上の段に移動して、今度は刈り下げて刈るようにしたりしてますが、これも足場の問題とか自分の体力、脚力の問題で刈り上げの方が楽という場合には、刈上げているかも?

 まあ、どちらにしても、斜面の下側から上側に移動しつつ刈る、草刈り機の刃の振り幅分の段をいくつか重ねながら斜面上部まで刈りはらうというのが斜面での草刈りの仕方を思います。

 刈り上げの時には右足が下ですし、刈り下げの時には左足が下なる向きに進みますね。

 傾斜の角度や土質でも滑る、滑らないは変わりますが、肩掛け式の草刈り機のエンジンを掛けた状態で滑り落ちると手を放すと自分の足などを切ってしまう危険はあるので、仮に足元が滑って、転んで、滑り落ちたとしても、握ったハンドルは離さず、刃をやや持ち上げた状態でお尻で滑り落ちるという事をしないと、大けがしますのでご注意ください!!

 草刈り機の刃を回した状態で足元が滑り、崩れ、倒れて、そのまま滑り落ちたことは5回や6回ではききません^^;草刈りして自分の足などを切らないよう、斜面での作業時にはくれぐれもお気を付けください!♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
「草刈り 斜面 順序」って、基本、下側からですね^^; バス釣りと書道と田舎暮らし、お気楽オヤジの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる