バス釣りと書道と田舎暮らし、お気楽オヤジの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「スピニングリール ベールが戻りきらない」って、歪んだんでしょうか??

<<   作成日時 : 2017/04/06 18:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 スピニングリールの糸巻きの回転する金属のU字型の部品、ベールアームですけど、これが、普通なら、パタンと倒れて、スプールに対して直角ぐらいの所まで戻るのが、途中で止まってしまうというようなトラブルが起きたと想像します^^;;ベールアームが正常なら、そういう事は起きないので、アームの形状が歪んだとか、ベイルアームの付け根、可動する部分のビスの締め過ぎとか、その動く部分の隙間にゴミが溜まっているとか、何かの不具合は起きていると思いますけど・・なんでしょうね?^^;

 ベールアームは、金属の曲げられた棒とか、中空の管とかなので、強い衝撃とか、力が掛れば曲がります^^;

 踏んづけたとか、重ねたときに下になって、上に重い何かを載せてしまったとかしたのでしょうか?

 まあ、折れない程度に、伸ばすという事で元の形状に近づけられる可能性はありますけど、状況が不明なので、はっきり直るとまでは言えません^^;;

 ベールアームを引き起こして、倒れるのが止まるようなトラブルが頻発する場合、自分がやるのは、ベールアームに繋がる動く腕の部分のその止めてあるビスの周辺を見て確認し、強くこすれている場所があるのなら、そこを少し削るとか、その部品と部品が接触する所にグリスを塗るとかでしょうね^^;;

 そういう対処をどうやって良いのか解らないというのであれば、ベールアームをハンドルを回して倒しこむというのではなく、自分の手で、倒すという事をしてしまえば、きちんと巻き取り可能な状態まで、ベールアームを倒すことは出来ると思います^^(笑)

 部品の不具合を直す事が出来ないのなら、スピニングリールとして使えるように、自分で操作すれば良いだけです♪

 ベールアームの引き起こして、その位置で止まる、ハンドルを回して、ベールアームを倒す、キックレバーが作動して、倒しこみ、その状態で止まるというこの動きは、ベールアームの片方の付け根の腕の中の押しバネとその関連部品で実現しています。

 ローターとベールの動きに合わせて動く部分、腕の中とかを分解できて、元に戻せる人であれば、その周辺の部品の状況を自分で分解して、見てみると、汚れが溜まっていたり、異物が挟まっていたりするとか言う事は解ると思います^^。

 ベールアームの上げ下げの動きのバネとその中に入れる金属の棒、L字になっていると思いますけど、このL字の先端は、ベールアームの片方の付け根の円形部分の穴に入れないと、カチッ、カチッという音で起きる、倒れるが出来なくなりますので、分解する際には、部品の取り付け状況をよくよく観察し、部品の収まるべき場所をきっちり覚えてから、分解、組み立てするようにしてくださいm(__)m

 「分解したら、元に戻せなくなった・・・!」とか言われても、自分は全く持って、責任は持てません(−−;)

 「自分の力量を、正確に把握すること!」と何度も書いてますけど、「これぐらい、自分にも出来る♪」と思うのは勝手ですが、そう思うのなら、最後まで、やり遂げて、正しく組上げて、元と同じ状態にしてください!

 それが、出来ないのであれば、直せる人に見てもらう、頼んで、お金を払ってでも直してもらうしかありません。通常、リールの発売元のメーカーさんで修理を受け付けているリールであれば、時間は掛るとしても、直してもらえることでしょう♪^^。まあ、修理費は、取られるかもしれませんけど。

 その辺も考えつつ、どうするのか?を決めて下さいませ♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
「スピニングリール ベールが戻りきらない」って、歪んだんでしょうか?? バス釣りと書道と田舎暮らし、お気楽オヤジの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる