バス釣りと書道と田舎暮らし、お気楽オヤジの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ベアリング交換の意味ある?」って、経年劣化と耐久性の意味がわかれば答えはでるはずです。

<<   作成日時 : 2017/03/11 23:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 リールにも小さいサイズのベアリングが使われているけれど、その交換に意味があるのか?という検索をされた方がいます。意味があるのか無いのかは、どういう使い方をしたいのか?という事にも関わるのだけれど、少なくても機械としてのリールという点では、「経年劣化」と「耐久性」という事の意味が理解できれば、機械部品としてのベアリングの寿命を考えれば、それは、自分で答えがわかると思います(−−;)

 リールの使い方と書いたのは、新品のリールを買ってきて、1〜2年過ぎれば、また新しいリールを買って、古くなった方は売る、譲るなどして、手放してしまうとかいう使い方をするような人であれば、面倒な交換などしないで使えるわけで、そういう使い方の人にはベアリングの交換なんて必要は無いでしょう。

 一般的な、土日に釣りをする人、サンデーアングラーという状態なら、リール部品が劣化するほど1〜2年で使いこむことは、時間的に、物理的に不可能です。

 リールはそんなに簡単に劣化しませんし、消耗しません。もちろん、海で使って、塩水を洗わず、そのまま放置で錆びさせるような事をすれば、一発で使い物にならなくなることあるでしょうけど^^;

 普通に淡水だけでの使用なら、普通の使い方なら3〜5年ぐらいは、ベアリング交換すべきところまでベアリングを劣化させることさえも出来ないと思います。

 これが、年間50回〜100回ぐらいは釣りする、釣りに行く、キャストするひとになれば、その使った時間分だけの部品の消耗、劣化は起きるわけで、乱暴に使うとかではない、丁寧に使ったとしても、そういう使用による消耗劣化は物であれば避けることは出来ません。

 ベアリングの事をどれだけ知っているのかが分かりませんけど、ベアリングには、一応の連続使用時間、耐久性の目安となる時間数がそのメーカーさんのHPなどに行って、細かくデータを見れば、出ていたりします。

 釣りでのキャストの場合、連続で高速回転を長時間するというような機械部品的な使用はできないし、しませんけど、それでもキャスト回数分の劣化、磨耗はボールに起きると考えてます。

 なので、使えば使うほど、キャストすればするほど、糸を巻けば巻くほどに、回転するベアリングの玉には、劣化という状況が起きるし、磨り減っていくものです。

 「気持ちよくリールを使う」というのが、どの程度の振動や異音の発生まで我慢出来るのか?という個人差もあるし、キャストでの飛距離、どれぐらいの距離を平均して投げるのか?飛ばすのか?という事にも関わりますけど、リールは使えば使うほど、消耗し、磨耗し、劣化していきますね、可動部分に関しては。

 なので、ベアリングの連続運転時間を目安として、自分の1日の釣りの中でのそのリールの使用時間を考えて、その時のキャスト回数を考えて、それで、耐用時間の中での半分ぐらいに達するまでの年数などを計算で出してみれば、「そろそろ交換時期かも?」というのは、導き出せるのではないでしょうか?

 まあ、「飛距離が落ちてきた」とか、「何か変な音が出始めた・・。」とかの具体的な症状を認識できるのなら、そう思えた時には、交換時期来たのかも?とかそろそろかも?とかという判断は、自分で出来ると思うわけです。

 まあ、ちゃんと日常のメンテナンスをしっかりしているリールでの話ではあるけれど^^;;

 自分の場合、ベアリングの交換をするとしても、1年で交換するような事はほとんどないです^^;;(笑)そこまで、使ってませんし、使えません。

 飛距離の低下、減少は、リールによってははっきり出る、わかるのもあるけれど、ベイトリールのスプール軸受けの2個のベアリングでなければ、そもそも劣化させるほどに回転させることは出来ないし、ダメージを与えるほどの大物も釣れてませんので、数年とか、もっと長い間、交換などしませんし、考えませんね^^;;

 スピニングリールにいたっては、キャスト、投げる時に、どこの部品も回転することはないです、リールの仕組み、構造として。スプールに巻かれた糸が、解けて、緩んで、出て行くだけなので。

 という事で、「ベアリングの交換の意味があるのか?」という話しは、同じリールを何年も使い続けるような使い方をしている人で、買い替えはしないで、ずっと使うという場合で、スピニングリールにしてもベイトリールにしてもそのリールの使用時間数が長い、多い時で、使用しているときの感覚として、「なんか飛ばなくなった・・。」「何か変な音が出始めた・・・。」とかの症状が出てきて、その原因がベアリングであると分かった時に考えることなんじゃないでしょうか?

 ベアリングは使わずに置いておけば、それで劣化はまあしません^^;;(笑)あくまでも、使う事で、回転させることで、回す事で始めて摩滅という現象が起きるわけで、使わなければ摩滅すらしませんけど?♪

 そういう事を自分で考えてみてくださいm(__)m

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
「ベアリング交換の意味ある?」って、経年劣化と耐久性の意味がわかれば答えはでるはずです。 バス釣りと書道と田舎暮らし、お気楽オヤジの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる