バス釣りと書道と田舎暮らし、お気楽オヤジの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「スピニングリール ベアリング交換 優先順位」って、状態で違うかも?

<<   作成日時 : 2017/02/15 07:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 スピニングリールのボールベアリングの交換で、最も痛みが早く出るのは、ラインローラーの内側にベアリングが付いていれば、そこのベアリングでしょうね^^;その次という事になると、なかなか難しいです。スピニングリールは、ハンドル軸とピニオンギアの軸が交差して、角度が直角になっているから、この動力の伝達での軸の角度から来る負担の出方で、どっちの軸の受け部品、ベアリングが痛むのかは、そのリールの構造などで違うからですね^^;;;

 それと、スピニングリールのベアリングを交換する場合、メーカー純正か、それ以上に高精度のベアリングを使わないと、異音が発生しやすいです^^;;;安物ベアリングを入れたら、「シャリシャリ・・酷い・・使えない・・」となったことがあります^^;;;(笑)

 そこまで使ったのは、ダイワのエンブレムZ2500iAですけど、もう、このスピニングリールは古いですね、使うには・・。もっと新しいスピニングリールの方が、機能も機構も、精度も高いです。

 今のメイン機種は、自分の場合、ダイワの11フリームス2500です。ただし、ノーマルではありません。ベアリング増設してますし、S字カムオシレートの溝を削って、調整してますので、市販品とは別物です^^;;

 11フリームスは、メインシャフトのガイドポールの状態が悪いので、スプールの上下動でのもみすり運動が大きく出るから、ノーマル状態で考えれば、15フリームスの方が、安い価格帯のスピニングリールとしては、状態は良いと思いますね^^。

 まあ、ラインローラー部にベアリングは付いてませんから、ベアリングを入れたければ、自分で工夫するしかないのですが^^;;(苦笑)

 そういう事が嫌で、シマノのスピニングリールでも、問題のない方は、シマノのスピニングリールの方が使いやすいかも?♪割と、低価格帯でも、シマノのスピニングであれば、ラインローラー部に1個のベアリングが入っている事は多いですね^^。

 自分がスピニングリールを使う頻度は、ベイトリールほどではないかもしれませんけど、それでも10年ぐらいは普通に使っていて、「ベアリング交換が必要だな・・このスピニングリールは・・。」となったのは、エンブレムZぐらいなもので、年間の釣行回数の少ない方は、変に中のベアリングを交換し無い方が良いと考えますね^^;;

 スピニングリールのベアリングの交換は、かなり慎重にやらないと、1個の交換で、「なんだこの音・・?使いたくない・・。」となる可能性があるので、気をつけたほうが良いと思います。

 ハンドル軸の方のベアリングの痛み方と、メインシャフト、ピニオンギア側のベアリングの傷み方には、それほど差が無いように思いますし、交換が必要となれば、一気に、そのあたりのベアリングは全部交換になるような気がしますね。

 優先順位は、痛み方の大きい物を先に交換でしょう♪

 痛んでいるかいないか?は、音や振動の発生の有無で調べる、判断するぐらいしかありません。

 巻き上げ、ハンドルを回す時にどれぐらいそこのベアリングに負荷がかかるのか?という事を考えてみて、異音の発生、違和感の発生などを手掛かりに、交換すべきベアリングの場所と数を決めれば良いのではないでしょうか?




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
「スピニングリール ベアリング交換 優先順位」って、状態で違うかも? バス釣りと書道と田舎暮らし、お気楽オヤジの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる