アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「独り言」のブログ記事

みんなの「独り言」ブログ

タイトル 日 時
ようやく今年初の檜原湖バス、ゲット♪
 4回目の釣行にして、ようやく、今年初の檜原湖のバスをゲットしました(苦笑)^^;もう11月ですが。まあ、朝からのフルタイムではないというのもあるけれど、なかなか魚にたどり着かなかったのは事実です^^;下の場所でヒントをもらって、ようやく、お魚の居場所にたどり着いた感じですね。まあ、ほっとしてます、釣れて。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/03 20:35
訃報が届いた(−−;)
 直接知っているわけではないのですが、マルチ・プロ・アングラーの本山博之氏がご逝去されたそうです。謹んで、ご冥福をお祈り申し上げます(−人−)合掌。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/31 13:01
「ノーシンカーでの飛距離はどれぐらい?」って、無意味な質問ですね(−−;)
 ノーシンカーというのは重りを使っていないという事だけです。ワームと釣り針だけと言っても、ワームに重さがある以上、そのワームの重さが何gなのか?が無ければ、飛距離の話は出来ません(−−;)なので、無意味と書きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/31 12:42
「ハンドルの回転が悪い時にはハンドル軸のベアリング」って、はて?
 スピニングリールの話かベイトリールの話かで差が出ますけど、ベアリングの問題よりも、ハンドル軸そのものの他のギアとの位置関係で巻きの重さの出る出ないという事はご理解できてますでしょうか?スピニングリールの場合、ハンドル軸を受けるのはベアリングの他にそれを収めている本体のカバーやフレームです。これの位置が正しくないとギアの接触のきつい、ゆるいが出て、重く感じる事が起きるかも?ベイトでも、ハンドル軸を止める金具の関係で微妙な位置のずれが起きるケースはありますね^^;;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/31 12:28
「スピナー 直結」って、どうでしょうね?^^;
 スピナーベイトとスピナーは文字の字面は似ているけれど、物は全くの別物ですので、お間違えの無いようお願いしますm(__)mスピナーベイトはクの字のワイヤーの片方に回転する金属の板があり、片方にオモリ、ヘッドとフックとラバースカートのある、主にブラックバス用のルアーで、スピナーは直線のワイヤーの軸にクレビスというU字の金具に金属ブレイドが付いていて、オモリとフックが下についているのがスピナーですね^^;;;この違いが分かってないと勘違いするかも?スピナべは直結ですけどスピナーはスイベル付きのサルカ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/31 12:09
「スプールゆるゆる?」って、ベイトリールのスプールの場合です。
 ベイトリールのスプールはリールの本体フレームの中でメカニカルブレーキが締め込まれていなければ、指で左右に押せば、少しだけ動く状態になります。これが、「スプールゆるゆる」の状態で、これだとメカニカルブレーキは全く働いておらず、自由にスプールが回転します。でも、このスプールがフレームの中でカタカタ動く状態は、キャストの時にそのスプールのブレが出てしまい、回転の抵抗になって、飛距離が落ちます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/31 11:43
「ベイトリールのクラッチが戻らない理由」って、途中で止まっているからじゃ?
 ベイトリールのクラッチレバーを押して、クラッチを切り、ハンドルを回してクラッチレバーが元に戻って糸が巻ける状態になるのが正常な状態ですけど、クラッチの切れが悪いとハンドルを回してもクラッチレバーが上がってこないで糸も負けない状態になる事はあります^^;;切り直す、ハンドル回すというのを数回繰り返しているうちに元に戻る事は多いけれど。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/31 11:27
「グリスとドラグ用グリスの違い」って、何でしょうね?^^;
 グリスの事をグリスを作っているメーカーさんのHPで勉強すれば、オイルに何らかの混ぜ物をして粘り気を出し、それに用途に合わせた成分を配合してグリスが作られている事が分かると思いますし、ベースとしての石鹸基とか他の物とかの話も分かると思うのですけど?グリスは全体の名称でドラグ用グリスはドラグ部に合ったグリスということではないでしょうか?(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/31 11:00
「スピニングリールは何gまで投げれるか?」って、番手で違いますね(−−;)
「スピニングリールは何gまで投げれるか?」という問いには問題があります。スピニングリールのスプールサイズを示す番手が書いてないからです(−−;)スピニングリールには小さいサイズの物から大物用まで同じモデルでもサイズの違うリールがあり、サイズを示す番手、1000番とか5000番とかのスプールサイズの目安となる数字が無いので、この質問は無意味です(−−;) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/31 10:32
「トップガイド無くても釣り出来る?」って、止めた方が良いです(−−;
 トップガイドリングが無くなってしまったリール用のロッドというのであれば、トップガイドリングを付けて、使ってくださいm(__)m釣り竿のガイドリングの中で無くても良いガイドリングは無いけれど、最も重要なのがトップガイドリングです! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/25 12:40
「フローター 魚探取り付け」って、物で変わりますね(−−;)
 フローターには、O型、U型、V型、H型というフロートチューブの形状での形の違いがあり、どのタイプのフローターなのか?でも、取り付けの仕方などは変わると思います。それに、使う魚探のメーカーさんとモデルによっても、ケースが付いている場合やギンバルブラケットとかいう台座が元々あるものなどでも取り付け方は違ってくると思うのです。なので、フローターのタイプと使う魚探のケース、台座のあるなしで考えるしかありません。一つ言えるのは、魚探の消費電力が大きいと使うべきバッテリーのアンペア数が大きくなり、バッテリ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/25 12:10
この時期の檜原湖は難しいですね^^;
 今日は釣りに行ってませんけど、ここ3回、檜原湖でボーズを食らってます^^;(笑)まあ、晩秋の檜原湖の釣りは良く分かってませんので仕方ないのだけれど、あまりの反応の無さに、「釣り方忘れそう・・・いつもの所でヒントをもらうか・・・。」とこの前、フローターで浮いて、なんとか1匹釣りました、30cmでしたけど^^;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/21 22:59
「ナイロンライン 劣化 見分け方」って、白濁でしょうか?
 ナイロンラインが劣化した場合、新品であれば糸自体の透明感がある状態から、ややくすんだような透明感の減った状態にはなりますね^^;;それと、劣化するとラインのしなやかさが無くなるので、硬く感じるという点もあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/21 22:30
「コールマン ヒーターアタッチメントが嵌らない」って、ありますね。
 コールマンのホワイトガソリンでのストーブ、スポーツスターUの508Aの五徳、金属板の角度は、ヒーター・アタッチメントの切り溝とノーマルの状態ではきっちり嵌らないかも?!^^;;何故にそうなっているのか?はわかりませんけど、火の出るところの皿の上にある、X字型の板をヒーター・アタッチメントの溝に合わせて、少し、曲げることをすれば、嵌ります♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/21 22:01
「ベイトリール 船用 違い」って、何でしょうね?^^;
 バス釣りで使っているベイトリールは、ベイトキャスティング・リールというもので、横方向に投げ飛ばす事が前提のリールであり、船で使うベイトリールは、投げる事はほぼ無く、垂直方向にオモリを落とす使い方のリールになるというのは、使い方の点で初めから違うかもしれません^^; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/21 21:33
「スピナベを巻くのに良いギア比」って、難しい話かも?^^;
 スピナべを巻く時に丁度良いベイトリールのギア比はいくつなのか?という事なのでしょうが、これは、その人がどういうギア比のベイトリールを使ってきたのか?という釣りの経験とも絡む話なので、そういう事まで考慮しないと言えないものと考えます^^;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/10 21:20
「リール ラインローラーの隙間」って、無い状態が正常なはずです。
 スピニングリールの巻き取りの時にラインが引っかかる部分、そこの回転する部品がラインローラーですが、これは正しく取付けされていれば、左右に多少動くとしても、ラインローラーの部品の端がベイルアーム部分の部品と隙間を作ることは無いはずです。隙間があればラインがそこに落ち込み、ネジなどの部品で傷が入り、切れやすくなるから。取り付けの向きとか、部品の組み合わせ方が間違っているのではないでしょうか?ネジの締めが緩いとか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/10 20:40
クランクベイト自作の方は今月号のBasserは役に立つかも?♪
 ルアーのタイプの中で自分があまり得意ではないのがクランクベイトですけど、それを自作しようとしている方には、今、書店、釣具屋さんで売っている月刊誌、Basserは役に立つ、参考書になるかもしれません。前に、自作ルアーが回転するとかの悩みを検索してこられた方が居ましたけど、自分が書ける事は少ないので、書かないでました^^;;そういう部分を特集してあるのが、今月号のBasserでしょうか?クランクベイトのウェイトボールの位置などがはっきり見て取れる、クランクベイトの縦切りの写真は、永久保存版でしょう... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/09 15:10
「バズベイト 黒いペラ 効果」って、シルエットがはっきりする事かも?
 バズベイトのブレイドで黒いものがありますけど、これの効果と聞かれれば、照度の低い時間帯で水中から見上げた時のシルエットがはっきりするということなのかも?水の透明度、濁り、水色なども関係すると思いますが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/09 14:33
「ベイトリールの飛距離にはラインの太さは関係ない?」って、あります。
 赤ちゃんを背中に背負って走るのと、小学生を背中に背負って走る時で、全く同じに走れるのでしょうか?明らかです。ラインと言っても物質である以上、重さはあり、糸が太いというのは糸の断面積が太い方が広いという事であり、つまりは、細い糸より太い糸は重くなりますので、飛びにくくなるという関係になります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/09 14:03
「C型止め輪のはめ方」って、溝の水平面からズレないように押すだけです。
 金属の棒の先端に近い部分に溝が切って在り、そこにC型の止め輪という部品が付いている事はあります。その場合、外した後ではめる時には、その金属棒と垂直な角度の溝のある平面からC形止め輪がズレないように、溝に押し込むだけで嵌ります。小さいC型止め輪のケースでは。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/09 13:36
「スピナベ バックラッシュ」って、空気抵抗の大小を考えましょう♪
 ルアーの釣りでスピナーベイトを使う場合、基本、他のルアーを使う時よりはブレーキは強めにします。それは、スピナーベイトはワイヤーで構成されているけれど、回転するブレードと呼ばれる金属の板がひらひらと空気の抵抗をキャストの時に受けるからですね^^;ベイトリールでルアーをキャストする時、ルアーの形状サイズと比重の大小から、ブレーキを適切に調整してキャストするのが基本です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/09 13:10
「スピニングリール 糸が偏る」って、スプール位置の調整をする必要があるかも?
 スピニングリールでは、スプールはメインシャフトに固定されていて、このメインシャフトの上下動でスプールに均一に糸を巻き取るという仕組みです。スプールの糸が上や下のどちらかに多く巻かれてしまうという事であれば、スプールのシャフト上の固定位置の適切な調整で解消できると思いますが? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/09 12:46
「スピニングリールのドラググリスの量は?」って、対象魚と好みで違いますね。
 スピニングリールといっても最小の1000番台のリールから、大物用の5000番とかそれ以上のサイズの物がありますので、何の魚を釣るための何番台のリールで、ドラグをスムーズに軽く出るように使いたいのか、ほとんど出ないような使い方なのか?の使い方の好みでドラググリスの量はかわるでしょうね^^;;;;それに、どこのドラググリスか?でも違うかも?^^;;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/09 12:17
「稲刈り前の水を止めるタイミングは?」って、品種、地域で違うと思います。
 家の田んぼの稲刈りも済みましたけど、稲刈り前の水を止めるタイミングというのは、年中通水の水路でないのなら、その時期になれば農事組合の担当の方、水路管理している区長さんなどが止めているはずですね。自分の所では9月10日に分岐水路の水が止まって、稲刈りしたのは10月4日ごろだったような?稲の品種でも刈り取り適期は違いますので、それは、JAの営農指導員さんなどから聞いた方が良いかも? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/09 12:01
鬼の霍乱?で静養中(−−;)
 体温の平熱が割と高くない自分にとって37度の熱でも大ごとなのですが、9月の下旬に38度の熱が出て、医者に行って薬をもらって飲んでいてもなかなか熱が下がらず、38度の数字を2回も見ることになってしまいました^^;風邪という事なのですが、なかなか治らず、静養中、といってもおとなしくしている状況です^^;;;この前に38度の熱が出たのは10数年前だったか、もっと前か・・・・?とにかく、久々ですね^^; ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2018/10/09 11:33
「ベイトリール パーミングって何?」って、持ち方ですね^^;
 釣りをするにはロッドを持つわけですが、バス釣りのルアーの釣りでは、リールの付いたロッドを持つことになります。その時に、どういう持ち方をするのか?で、キャストの時ではなく、投げて、巻く時のリールとロッドの持ち方の一つとして、リールを手の平で包み込むようにしてリールとロッドを持つその持ち方を「パーミング」と言ってます。キャストをしてリールとロッドを持ち換えたりしない人も居るのでしょうけど、効き手でキャストし、効き手でベイトリールのハンドルを回すのがベイトリールの使い方の基本で、この場合、持ち替える... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/09 10:52
「ベイトリールはブレーキ調整でバックラッシュしない?」って、そうでね。
 ベイトリールの使い方で、飛距離をできるだけ伸ばしたいという欲求とキャストで糸がもわもわになるバックラッシュは起こしたくないという欲求があって、これのどちら側を優先するのか?というのが調整という話です。スプールの回転にブレーキを掛けるとバックラッシュは起きなくなるけれど飛距離は出ない状況になるだろうし、飛距離をだすためのブレーキの弱い状態を追及すれば、その分、バックラッシュの発生可能性は高くなるという二律背反の関係になるものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/24 16:25
「ベアリングが黒く汚れる理由」って、摩耗、摩滅ですね(−−;)
 どのような機械に使われているベアリングなのかが分からないけれど、ベアリング、つまり回転する軸の棒を支える、受ける部品としてベアリングが存在しており、回転を滑らかにするためのボール、球体をつかっているのがボールベアリングです。金属の玉であることが多いけれど、金属である限り、回転して摩擦が起きれば、金属表面が少しづつ削れていくので、「黒い汚れ」は金属の削りカスという場合がほとんどでしょうね。ベアリングはそういう意味で消耗部品です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/24 15:54
「筆ペン 難しい」って、毛筆とは違う物だから当然ですね(−−;)
 獣の体毛を使って作られている筆とナイロンの人工毛を使っている筆ペンは似て非なるものという事を理解して使わないと使えません^^;(笑)自分も筆ペンでそれなりに形が整うようになるまでは、かなりの練習を必要としました。何が違うのか?ということを考えておかないと筆ペンは使いにくい筆記具です。特に、筆文字をそこそこ書ける人にとって、違いを理解しない事には使えないものですのでご注意ください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/12 07:46
減水と水温低下で活性ダダ下がり(−−;)
 人為的な要因で釣り場の水位が低下、雨で水温も低下して、前回はあまり釣れませんでした(−−;)ただ、外道ののニゴイが食ってきて、かなりの長時間のファイトをすることはしましたが^^;なかなか姿が見えず、最後の方までバスと思ってました(笑) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/09/08 12:53
「強風下のトップウォーター」って、無理がありますが^^;
 トップウォーターでの釣りでは、水面が波立っているとしても限度があり、一定以上の波があるなら別の釣り方の方が良いと思います^^;;かろうじて、風の当たりの強くない場所、他と比べて風の裏になっているとか、風の当たりの弱い部分とかでのみ、トップが使えるぐらいです^^;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/08 12:34
釣果。
釣果。  近頃は写真をUPしてなかったので、まとめて上げときます。6月のやつから^^; ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/08/28 10:03
「包丁砥ぎ 番手を上げると切れなくなる」って、そうなんですか??
 包丁の砥ぎという事で自己流ではありますが自分のやっている事は、まず初めに、包丁の刃の欠けなどの部分を無くして、直線かカーブかは別にして、刃として使える状態にまず砥ぎます。欠けた刃の部分が無くなれば、その後で切れ味を左右する砥ぎに移るわけで、包丁の刃に欠けが無いのなら、そういう準備段階の粗目の砥石での砥ぎを省略できます^^。その後、中砥とかいう真ん中の番手の砥石で砥ぎ、最後に切れ味を長く保つための仕上げの研ぎをするというのが、まったく研いでない包丁を研ぐ時の順番です。なので、ある程度の回数、自分... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/26 21:10
「ワームのフックは標準より小さい方が良いのか?」って、時と場合によります(−−;)
 基本的にワームのフックは、使うワームの形状、サイズに合った物を選び、使います。全体的な長さというよりは、フックを刺す場所の断面の状態で、太い場合にはそれに合わせた大きさのものを、細ければそれに合う小さめの物を使う事になると思います^^;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/26 19:54
「SICリング 欠け 原因」って、ぶつけたんじゃないでしょうか?
 表面の傷のつきにくさという点ではビッカース硬度の数値の高いものは硬いので傷ができにくいという事は言えますが、その硬さが割れない事とは直接的に結びつきません^^;SICリングの表面は硬いけれど、その分、強い衝撃で割れたり欠けたりすることはありますね^^;;なので、欠けているという事は、何かに強くぶつけたからではないでしょうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/26 19:28
フローターフィンとウェーダーとの相性ってあるかも?!
 フローターで釣りする場合、ウェーダーとフィンは必需品なのだけれど、その組み合わせというのか道具としての使いやすいか否かは相性があるようです^^;リバレイのウェーダーにリバレイのフローターフィンを使っていた時には感じなかったし、問題もなかったのだけれど、ゼファーボート用のフィンとの相性は良くない事が分かりました^^; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/19 01:19
草刈り機の吹けあがりが悪かったのは、点火プラグのせいだったかも?!
 草刈り作業を前にしていて、最後の方にはスロットルレバーを引いて、高回転の方に動かしても、止まってしまうという状況になり、しばらくはアイドリング調整ネジ、チョーク弁、スロットルレバーの位置などで調整して草刈りしてましたけど、最後には止まってしまいました^^;点検をしてみて、エンジンプラグが怪しい・・と、プラグレンチで緩めて、引き抜いてみると接点のところが真黒く、カーボンで汚れてました^^;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/18 23:49
「草むしり 指 皮むける」って、手袋を使いましょう♪
「草むしり 指 皮むける」って、手袋を使いましょう♪  長年の農作業をしてきている老齢の方であれば、ひょっとしたら、素手でも皮が剥けるような事は無く、手の皮自体が分厚くなっているという人は居ます。が、一般の方で、草むしりもたまにしかしないような人であれば、慣れない作業でそういう事が起きる事はあるから、前もって、手袋を準備し、それを嵌めて、草むしりするしかないですね^^;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/17 11:54
「トップガイド パイプ径 合わせ方」って、計るしかないです^^;
 基本的に、パイプより太いブランクスの先端は穴に入らないわけで、ブランクスの先端部分の直径をノギスで計り、その数値と同じかやや大きいトップガイドのパイプの内径のガイドを準備するというのが先ずする事です。それでも、時々ブランクス先端がパイプの中に入りにくいような事は起きます^^;;そういう場合は、穴の入り口を広げるしかなく、それできっちり必要な分だけパイプの中に入れられるかどうかは、パイプの内径の状況によりますね^^;;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/17 11:45
「スピナーベイトのラバースカートの結び方」って、止められればなんでも良いと思います^^;
 自分の場合、糸を使ってラバースカートをスピナベなどのヘッドの後ろに止める時には、本結びのよりを2〜3回多くした結び方をしているかも?これって、外科結びとかいうやつかも???^^;;よくわかりません。が、とにかく、結び目が解けなければ良いという事で自分は考えていて、結んだあとで結び目に瞬間接着剤などを染み込ませて、固める事が多いかも。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/17 11:27
「スプールシャフトピン 抜き方」って、物によって違うかも?!
 スプールシャフトピンというからには、ベイトリールのスプールのピンの事かと思いますけど、メーカーやモデルによって、ピンの形状が違うケースがあり、同一の太さのピンの場合と左右で太さの違うピンの場合があり、同一ならばどちらからでも抜けますが、片方が太く、片方が細いピンの場合には、細い方を押してやらないと抜けません。それぐらいが違いと思います^^;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/17 11:11
「ロッドのしなりの見分け方」って、カタログにありますね^^;
 釣りのロッドの商品説明などを書いてあるカタログを見れば、ロッドのしなり具合のカーブの状態が書いてあるものがあります。釣り具メーカーさんのHPなどのそのロッドのモデルの商品説明などで描かれている事はありますね。実際に自分のロッドで試すというのなら、500mlのペットボトルとか300mlのペットボトルを準備して、それに糸の先を結んでロッドでペットボトルをゆっくり持ち上げてみれば、300ml、500mlのときの穂先のしなりの違いは見れます。おおよそ300mlが300gの時のベンドカーブ、500mlが... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2018/08/13 17:35
「ベイトリール クラッチ 戻らない」って、切りなおせば?
 ベイトリールのクラッチを押し下げた時に、所定の位置までリール内部のクラッチプレートに連動したクラッチの爪という硬い金属部品がメインギアの下側のクラッチのオンオフをさせるギアにしっかり噛み合う状態じゃないとハンドルを回してもクラッチレバーが上まで上がり切らない、糸を巻けないという事が起きるケースがあります。クラッチプレートの動きが悪いからそうなるのだけれど、そういう場合の対処法は、もう一度、クラッチレバーをしっかり下まで押し下げる、クラッチをもう一度切るという動作をしたのち、ハンドルを回すとクラ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/13 17:03
「フック SICリングに掛けてもいいの?」って、良いんです♪^^
 リングにフックを引っかけるとリングが傷つくのでは?と思っているからと思いますが、金属の硬度とSICの硬度との比較を知らないからそうなるのだと思いますね。ビッカース硬度というものを検索し、金属とSIC(炭化ケイ素)との硬さがどちらが硬いのか?を確認してみてください♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/07 13:54
「キャスト ベール戻る」って、ハンドルとベールを起こす位置が悪いからでは?
 スピニングリールのキャストでは、リールのベールアームという部品を起こして、立てて、ラインを人差し指にひっかけ、その状態でキャストの動作に入ります。この時、リールのハンドルは出来るだけリールの下側にある状態の方がキャスト動作での動きでハンドルの重さでハンドルが回る事は減らせますし、そういうハンドル位置で、かつ、ラインをリールを持つ手の手をロッドから離さず、人差し指を伸ばした状態で引っかけてラインを取るという基本動作は出来ていれば、キャスト途中にベールが戻る、倒れる事は無いと考えます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/07 13:41
「草刈り機の燃料タンクキャップから燃料が漏れるのはなぜ?」って、隙間のせいです。
 草刈り機の燃料のタンクキャップの所から燃料が漏れる、古くなった草刈り機ではよくある事ですけど、それは、キャップと燃料タンク側のネジの上部の円の縁のところに隙間が出来てしまっているからではないでしょうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/07 13:27
「草刈りの後、体がかゆい」って、作業着で作業したのでしょうか??
「草刈りの後、体がかゆい」って、作業着で作業したのでしょうか??  草刈り機での草刈り作業では、ちゃんと作業着を着ないと刈り飛ばした草の茎の細かくなったものが足や上半身の体の前部分に突き刺さるような感じになって、かゆくなることもありますね^^;;なので、そういう事を防ぐためにも最低限、作業着で草刈りしないとかゆくなるかも?体操着、ジャージは糸の目が粗いから、草の茎が刺さりやすいです(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/07 13:04
「ドッグウォークできない」って、リズム感も必要かも?!
 ドッグウォークさせようとしているルアーのタイプが分かりませんが、ペンシルベイトであれ、ポッパーであれ、フロッグであっても、基本的なロッドの操作は同じです。ロッドを手前に動かし、糸をぴんと一瞬張って、緩めるという事の繰り返しです^^;「上手く動くのか?」は、この「一瞬、ピンと糸を張る」という事の動作の速さと規則的に同じリズムで繰り返すという事なんですけど、一瞬ピンと糸を張った後には、今度はラインを緩めるという事のためにロッドティップを動き出す前の位置に戻すという動きをする必要があり、ルアーが手前... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/07 12:51
「包丁を鞘に入れた時に抜けないようにするには?」って、磁石を使うと楽ですね。
 包丁の鞘が初めから付いている物なのか、自分で作ったものなのかでも違うと思うけれど、磁石を鞘に取り付けられれば落ちなくなります♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/01 04:40
「Gルーミスの歴史」って、ノースフォークコンポジットのHPを見ればわかるのでは?
 アメリカのロッドブランクスの製作メーカーさんがGルーミスなのだけれど、この会社を作ったご本人さんが一旦、会社を売り払って、その後また自分でメーカーを立ち上げたという状況があるため、ノースフォークという会社のHPでどうしてそうなったのかの概略は書いてあったように思うので、ノースフォークのHPで見る方が分かりやすいかも?! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/01 04:28
「草刈り機の刃は地面すれすれか地面につける?」って、状況次第です^^;
 草刈り機の刃の下側には、カバーというのか鉄製のカップがあると思います。これが厚みがあるため地面に水平につければある程度刃は地面からの距離を取る事になると思いますね。なので、下の土の状態として、石ころなどが全くないような場合には、刃を傾けて地面すれすれとか地面を一部削るぐらいの状態で草刈りしても大丈夫な時もあるし、石ころがゴロゴロしているような場所では、刃を石に当てないようにした方が良いので、刃を浮かせ気味にして動かす、刈る方が良い所もあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/01 04:02
「ロッドガイドのズレは直したほうが良いか?」って、問題なければしなくて良いです。
 キャストでラインがどうしてもそのガイドの所で絡まるとかいう症状が出ているのでなければ、自分は直さなくても良いと考えます。ガイドの中心のズレといっても、わずかにズレている状態なら、そうですね。明らかに、そのガイドだけ中心位置が3mmぐらいズレているというのであれば、それは、直すかどうか考えどころかも?! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/25 14:12
「合わせたらラインが切れてしまう」って、何lbのラインなんでしょうか?
 もし、2lbとか3lbとかのラインを使って釣りをしていて、合わせると切れるという事なら、ラインの太さを太くすべきです。基本的に細いラインは弱いわけで、切れるなら、切れないぐらいまでラインを太くするしかないです。釣りのプロさんたちが試合の中で使うラインの太さは、ある意味、極限の選択です。釣りの上手でない素人が使いこなせる太さのラインではありませんので、それは真似しないように! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/25 13:52
「デカバスが釣れない」って、簡単には釣れませんけど・・^^;
 ラージマウスバスとスモールマウスバスとでは行動パターンが若干違うけれど、バスの場合、小型のサイズのバスの群れの動きと大型の固体の動きは違います。大物を狙う場合、大物が居つく場所をしっかり狙って釣る必要はありますね。釣れるとは限りませんが(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/25 13:32
スピナーベイトのラバースカートの止め方は3つぐらいありますね。
 市販品の話ですが、スピナーベイトのラバースカートの止め方は3つぐらいあります。一昔前は、ラバースカートをゴムのチューブで止めているものも多かったですが、最近は糸で縛り上げているものが増えたかも?後は、ワイヤー、針金で絞めている物があります。釣具屋さんで、スピナべのラバースカートがどういう止め方をしているか?を見てみれば分かりますね^^。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/25 13:12
「2級小型船舶操縦士免許だけではジェットスキーは乗れません」ね。
 小型船舶の操縦士免許の制度も何度か変わっており、今、小型船舶操縦士の2級免許を取得したとしても、ジェットスキーは乗れません。特殊免許が必要になります^^;;;まあ、免許の受験の時に特殊も合わせて取ればよいだけですけど^^;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/25 12:46
ABUのアンバサダーのIARの意味って、ハンドルの遊びが無いことです。
 ABUではIARという表記のあるリールがありますが、それは、ハンドル逆回転防止の仕組みが入っていて、ほとんど遊びが無い、逆回転しないという事です。今のリールはほとんどそうですが、昔のリールのハンドルには若干の逆方向の動きが出るものでしたので、そういう表記をして、ハンドルの逆回転方向の遊びが無いことを強調したものです^^; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/25 12:34
「イケチュー溶ける」って、素材が他と違うから仕方ないです。
 ワームの保管でも、ワームに使われているオイルと器、入れ物のプラスチックのタイプの組み合わせによっては、箱の方が溶けてしまう事はあります。それと同じような素材の相性、組み合わせで、イケチューに使われているエラストマーとかいう素材は、一般的なワームの素材と接触させていると溶ける事は多いです。イケチューのパッケージの裏の説明書きに確か書いてあったはず(−−;) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/25 12:20
「夕方釣れるトプルアー」って、検索ありましたけど(−−;)
 トップルアーの中で夕方、明るさが少ない時間帯に効果的なルアーということをお探しのようですけど、トップルアーのカテゴリーをどれだけ知っているのでしょうか??水面に浮くルアーのその形状やパーツなどからどういう動かし方が良いのか?は投げて、動かしてみればわかると思いますけど、トップルアーであれば、照度の低い時間帯なら、どれでも昼間よりは釣りやすいですね^^;;;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/25 12:06
「フリップキャスト 上に飛ぶ」って、リリースが遅いです(−−;)
 どのようなロッドを使っているのかはわかりませんけど、フリップキャストして、物が上に飛んでいく場合、それはスプールをフリーにする、糸を送り出せるようにするその動作のタイミングが正しいタイミングと比較した場合、明らかに遅い、遅れてしまっているという事を表します。もっと早く、ロッドを振り止めた瞬間に糸を放す、スプールフリーにしてみてください♪^^ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/18 08:37
「キャスティング 真っすぐ飛ばない」って、なぜ??
 キャスティングの基本であるオーバーヘッドキャスティングをしていて、真っすぐ飛んでいかないという状態の場合、それは、ロッドを垂直平面できれいに振れてないという事です。たぶん、自分の背中側にロッドの先端が行っている時に、右か左かにぶれてしまっているようなロッドの振り方になってますね^^;オーバーヘッドで垂直平面でロッドがきれいに動く時には、飛んでいく距離は別にして左右へのブレはゼロになりますので。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/18 08:01
「スピナベ 魚がバレる」って、ありますね^^;;
 スピナベで魚を掛けた場合、フックの刺さりが悪くて、途中で魚が針から外れてしまうという事は起こります^^;これは、スピナベをどう引いて、どう食わせたか?という事があり、食われ方は釣り人側で選べませんから、どうしようもないことです^^;でも、「毎回バレる・・・何かが合ってないのかな?」という時には、調整すべき事はいくつかありますね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/18 07:51
「シャッドテールワーム 泳がない」って、フック&シンカー重量が足りてませんね(−−;)
 ノーシンカーでシャッドテールワームを使っていると思われますけど、T字型のしっぽを持つワームの場合、そのしっぽが左右に動くためには水の抵抗を受ける必要があり、水の抵抗を受けても回転などしない、安定した姿勢で引けるだけのフック&シンカーの重量が付いてないとテールが動くことなく泳がない状態になります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/10 11:03
「ローターが外れる」って、緩み止めのビスが無いからじゃ?
 スピニングリールの糸巻き取りのための回転する枠、ローターがリール本体から外れるというのは、ローターナットというローターとピニオンギアとを接続しておくナット、六角ネジの横の小さなビス、これがナットのゆるみを防止するための部品なんですが、これが付いていない、無くしてしまったなどという状況なんじゃないでしょうか?緩み止めのビスが存在する限り、締め込んだナットが緩むことは無く、したがって、ローターが外れることもありませんので(−−;) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/10 10:25
「桧原湖の湖水、危険地帯」って、釣りする前提でしょうか?
 檜原湖で釣りをする場合、観光用の遊覧船の航路とジェットボートの遊覧コースは危険な場所と言えると思います^^;;特に、イカリ潟への入り口付近の島周りは遊覧船が近づく時には超危険地帯と思いますので、逃げてください!船の引き波が大きいのと、島に波がぶつかって戻ってくる反射波も高いからですね。遊覧船が近づいてきたなら、釣りは止めて、引き波から逃げられるような島の裏側などに退避してください。それと、水位が低くなった場合には、南部の方で沈み岩が顔を出す場所が多数あるので、岩の位置を把握していない場合、巡航... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/10 10:05
「7gが上限のロッドで20gは投げれるか?」って、ロッド次第ですが厳しいでしょうね(−−;)
 ロッドのルアーの適合重量範囲で上限が7gという事は、軽いものを投げるためのロッドであって、トラウト用のウルトラライトのアクション、ロッドのカーブのものかと推測します。まあ、ベイトフィネス用のロッドという事も最近はあるかもしれませんけど、村田さんは、基本、適合重量範囲の上限の2倍ぐらいまでなら、投げられると言っておられます。自分も上限の重量というものを特に意識してロッドを使う事は最近はありませんけど、無理なものは無理なので、ロッドに20gのものをぶら下げて、その時のロッドの穂先の方のカーブの仕方... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/10 09:29
「ベイトリールのドラグ修理」って、どういう状況なんでしょうか??
 ベイトリールのドラグは、基本的に修理が必要になるような場所ではないけれど、どういう症状を直したいのか?がこれだけの検索ではわかりません(−−;)ドラグが弱いから、強くしたいのか、ドラグレバーを締め込んでもドラグがズルズルでてしまうのか、ドラグが出る時にスムーズに出ないから、スムーズにしたいのか・・?そんなことが想像できるけれど・・? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/10 09:02
「ガイドの種類 ゴールド」って言われても^^;;
 釣り竿でリールを使い、糸を通すガイドリングが付いている竿のそのガイドリングの種類という場合、リングの素材とリングフレームの素材との組み合わせ、その全体の形状などでいろいろあるわけですが、ゴールドというリングフレームの色は、メッキでの着色なわけで、トプガイドリングとその下に使うリングとで同じ色があるのか?で探すしかないんですけど・・?釣り竿のガイドリングと言う場合、何用のロッドのトップか、トップから何個目のリングガイドの事なのか?でサイズもフレーム形状もいろも変わると思うんですけど・・?? ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/10 08:28
「トップで釣りたい!」のであれば、まずは投げてください♪(笑)
 釣り場について第1投から10投ぐらいまでは、必ず、トップのルアーを結んで、投げる!というような自分なりのルールを決めて、とにかく、トップのルアーを投げていると、そのうちに反応してくることはあると信じています(笑)^^;なので、投げてみてください♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/30 16:52
「バイブは竿を立てて巻く?倒して巻く?」って、距離との関係じゃ?
 オカッパリ、ボートのどちらかであっても、ロッド操作の基本はルアーが遠い場合にはロッドは立てて操作し、自分に近づいてきたらロッドの穂先の位置を下げていくというのが基本です。その基本があって、その時に狙っている水深と使っているルアーの重さ、使っている糸の種類と太さを考慮し、ロッドを立てるのか、寝せるのかを決めていく感じと思うのですけど?! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/30 16:37
「ピンクじゃ釣れんでしょう」って、何を狙っての話なんでしょうか??
 お魚が現実にエサとして存在している小魚や昆虫などしか食べないのであれば、「それはその通り!」となるのですが、お魚は何でしょうかね?少なくても、ブラックバスやレインボートラウト、ヤマメ、イワナなどの川魚でルアーで釣りをする場合、ピンクが効く時もありますね♪エサ釣の発想しか持てない人には理解できないのでしょうけど、現実は、違ってます^^;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/30 16:20
「古いABU、ハンドルノブの外し方」って、外れないのでは?
 古いABUのリールといってもどのモデルかわかりませんけど、1980年代前のリールの場合、ハンドルノブの所はハンドルノブの中心の金属の棒がハンドルの平たい金属に差し込まれていて、それで抜けないようにカシメという止め方になっている事がほとんどです。カシメてある場合、このノブはまず外せません^^;;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/28 19:13
「スズメバチ 嫌うニオイ」って、ニオイで避けられるかどうか??
 昆虫はおおよそタバコの煙は嫌いであるけれど、蜂にとって、強い匂いは攻撃目標として認識される恐れがあるからニオイによる撃退はお勧めできません(−−;)秋にスズメバチに襲われるという事が毎年起きていますけど、巣の近くで大声を立てる、強い匂いの香水などを身に着けている場合、攻撃の標的と認識されると思います。無音、無臭というのが山などを歩いていて、蜂の攻撃を受けないためには良いと自分は思ってますね^^; ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/06/28 19:02
「スピナーベイト 釣れない」ですか・・・(−−;)
 スピナーベイトは水面直下から底まで1個のルアーで全部の層を引くことのできる珍しいタイプのルアーです(笑)なので、それを使っていて、釣れないという事は、どの層にも食い気のあるお魚が居ないという事かもしれません^^;;なかなか出ない、釣れませんけど、釣れれば、元気のよいバスが食いついてくるはずですね♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/23 18:41
「バズベイトの使いどころ」ですか、いろいろあるけれど・・。
 バズベイトは水面を引く、移動させて釣るので、水面がある所ならどこでも使えます♪(笑)それでは、答えにはならないでしょうから、まず意識すべきは、水中の変化で縦の何かがある所の真上か横を引く、岸際を引くという2つが基本になります。水中の縦の何かは、水草でも、竹の杭でも木の杭でも、沈んだ倒木の枝でもなんでも良いです。ある程度の水深があっても、そういう物体が沈んでいて、水面に何か出ているのなら、その横を引いてみてください♪あとは、岸際を岸と平行に引くような使い方が基本でしょうね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/23 17:59
「リールのベアリング数が分解図と実際が違う」って、本当ですか??
 ベアリングと総称として書けばベアリングなのだけれど、これは回転する軸を受ける部品としての名前であって、回転軸の直線方向、回転方向と軸受けの角度でスラストとかラジアルとかの2つのものがあります。それに、ボールベアリングを意識しているはずですが、回転させるための仕組みはボール、球形だけではなく、円柱を並べたものでもベアリングです。そういう事を前置きしつつ、「リールのベアリング数が違う」ということの勘違いは、しないで欲しいと思い、書いてます^^;;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/23 17:38
「スピナーベイト アームの直し方」って、言われても・・。
 新品の同じモデルのスピナベがあるのなら、アームの角度の開きなどは、ほぼ同じぐらいの角度になるように曲げてやればOKです。曲げると言ってもアームではなく、ラインを結ぶ所の近くの部分のことですけど。上下のアームの作る角度が開いて、大きくなる場合、適切な巻き速度は下がる傾向があり、角度を狭めれば、早く引いても安定する傾向はあります、スピナベは。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/20 11:35
「ロッド 折れる原因」って、許容範囲以上の負荷を掛けたからでしょうね。
 ロッドのブランクスが折れる状態になったという事は、ロッドが耐えられる以上の負荷、力を掛けた、与えたという事に他なりません。その原因となった操作などはいろいろあるとは思うけれど。曲げてはいけない以上に曲げたりするとロッドは折れるものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/20 11:18
「リールのピニオンギア 磨く」って、大丈夫ですかね??
 スピニングリールなのかベイトリールなのかが書いてませんけど、リールのピニオンギアは巻き心地での違和感の原因になりかねないので下手な磨きはしない方が良いと思いますけど・・・・?!(−−;)ギアの歯面の精度が高い場合、磨けばかえって狂う事になると思うので。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/20 10:56
「釣り針を磨く」って、ワームフックならやらない方が良いですね(−−;)
 昔の釣り針の精度の悪いものならば、刺さりをよくするために針先を磨くという事をしたことはあるけれど、現在の日本の釣り針のワームフックは、砥石での研磨でできる以上の精度で鋭くされています。なので、砥石でこする程に針先が甘くなる、丸くなるという思いとは逆の事態になりますのでやらないほうが良いですね^^;;(苦笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/20 08:51
「4リッターに対する2サイクルガソリンの作り方は?」って、比率が無いとわかりません(−−;)
 2サイクルエンジンの場合、燃料はガソリンとエンジンオイルを混ぜた混合燃料を使う事になるけれど、その場合、ガソリンとエンジンオイルの比率を何対何にする事を求められているのか?が分からないと作りようはありません(−−;)その比率が分かれば、その指定に従ってガソリンとエンジンオイルを混ぜるだけです。2サイクルエンジンの混合燃料の比率はそのエンジンの取り扱い説明などに書いてあると思うし、燃料キャップやエンジンカバーの所に50:1とか25:1という混ぜ合わせる比率の数字がどこかにあるはずで、それを見つけ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/20 07:50
「スコーピオンクウィックファイヤーハンドルのぐらつき」はナットの角度かも?
 クウィックファイヤーだけでなく、そのころのシマノのベイトリールの外側からハンドル軸しか見えないベイトリールの場合、裏側にハンドルリテーナーの金具に2個のビス止めでハンドルを取り付けるタイプの場合には、ナットの角度とハンドルのギザギザの角度をぴったり合わせないと穴部分にナットがはいりきらず、ビス止めしても浮き上がってビスのゆるみでハンドルがぐらつくことはあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/18 19:21
「フローターで釣れない理由」って、移動するからじゃ??
 オカッパリと比較すれば、投げられる場所が10倍以上に増える水の上からの釣り、フローターやボートでの釣りですが、それがかえって釣れない理由になってしまう事はありますね^^;;どこをどう狙えばよいのか?が分からないまま、ただ水の上に出ても、狙いが的外れならば釣れない事は増えるでしょうね^^;;移動できるがゆえに、同じこと、釣れない釣りを続けてしまう傾向はあります(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/18 19:09
「トップに出たけど乗らない」の対処法の一つ。
 今日、午後から夕方まで少し浮いてきました。一つは釣り友さんに試してほしいと頼まれたリグのテストのためだったのですが、こちらは何が悪いのかはまだ確定してませんけど、全然アタリもなく、それでトップに替えて投げてみたところバイトは多数あるものの、フックアップしないという状況がしばらく続きました。そこで、同じトップでも食われやすそうなものに変えて、ようやくフックアップしました♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/13 20:43
「トップに出てもフッキングしない」って、何を投げた時でしょうか?
 トップでの釣りと言っても、トップルアーにも種類があるから、どの場合の話なのかで、フッキングしないという事にも違いがあり、それは分けて考えないとフッキングさせるための方法、工夫も別のものになるのでトップルアーの種類の中のどのタイプでの話なのかを明らかにしてから考えて欲しいですね(−−;) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/12 07:06
少しやり方を変えてみました^^;
 家の田んぼの田植えはとうに終了してましたけど、苗の水没と浮き苗を避けるために今年は水の入れ方を変えてみました。田植え後2〜3日は水を入れずにそのままにして、その後で水入れをしました。それも、水位を高くしない状態にしておいて、苗の根はりと成長を待ち、ようやく水嵩を上げて湛水、初期除草剤を振る所です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/06/11 17:00
今年のトップでの3匹目はポッパーでした♪
 夕方に川に釣りに行ってみましたけど、なんとか2匹釣れました♪1匹目はスピナーベイトで、2匹目はポッパーで釣れましたね^^。いつでも釣れるわけではないけれど、ちゃんと居る場所に投げられれば、結果は出ます♪自分には、そういう事だと思ってます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/11 04:38
今年2匹目のトップでの獲物はレッドペッパーで獲りました♪
 トップでの釣りの話として、実際の自分の釣りの事を書けば、昨日ようやく2匹目が釣れたばかりです^^;川で、垂直浮き姿勢タイプのペンシル、ティムコのレッドペッパー、ベイビーですね、いつものことながら^^;;写真はありません、時間が短かったのと、純粋に釣りに専念というのもあって、ナマズ&バスという感じのつりでもあったので^^; ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2018/06/03 21:06
「トップウォータープラグ テクニック」とか書かれてもね(−−;)
 トップウォータールアーのテクニックは、トップウォータープラグのタイプ別に存在するから、トッププラグの何を使う場合のテクニックなのか?をはっきりさせない事には、該当するページは見つからないと思います(−−;)トップと一括りにされますけど、使う物で全部アクションは変えるぐらいにテクニックが存在すると思ってください^^; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/03 20:27
「ベイトリールの糸が途中で出なくなるのは?」って、何の糸なんでしょう?
 ベイトリールに巻かれている糸のその素材の種類が何かを書かないと原因の推定はしにくいです。ただ、そういうキャストの途中で糸が急に出なくなる、急ストップするというトラブルはPEラインを使っている場合に多く見られる現象です。「糸噛み」ですね、いわゆる。ナイロンとフロロの場合には、ほぼ、起きない問題かも?あるとすれば、糸の結び目が大きくて、そこに出るはずの糸が引っかかる場合ですが、途中でラインを結んでいない、下巻きなどが無いケースではほぼ起きないと思われます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/03 19:23
「レベルワインドが動かない」って、原因は特定できますね^^。
 ベイトリールのレベルワインド、スプールの前にある糸を通す穴や棒などのものですけど、これが左右に綺麗に動かないという時にその原因を見つけるための方法はあります。リールをロッドから外し、リールのフット部、底の方からレベルワインドの動く溝付きのシャフトを見て、ハンドルを回せば、回転しているのならレベルワインドの糸を通す所の穴の下側の中にある「ポール」という部品のトラブルで、シャフト自体が回転をしていないのであれば、それは、ハンドル軸の底のウォームシャフトを回転させるためのギア回りのトラブルですね。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/28 15:13
「トップウォーターで釣れない理由」は、山ほどあるでしょうね^^;
 水面に浮かべて使うルアー、トップウォーターのルアーで釣れない理由は、いろいろあるでしょうけど、動きが魅力的でないというのと使う場所と時期、時間帯が合ってないというのは、よくある事です^^;;それぐらい、トップウォーターのルアーで釣れるタイミングは、見極めが難しいものです^^;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/28 14:47
「鎌を研ぐ手順」って、??
 鎌が草刈鎌であるのなら、手順と言われても、それほどのものがあるのかどうか疑問です^^;草刈鎌用の砥石があって、それを水で濡らしてあるのなら、準備はそれでOKでしょう♪あとは、鎌の刃の方も少し濡らしておくぐらいで、鎌の刃ができるだけ動かないように固定できたのなら、砥石を当てて、砥ぐ、まあこするだけです^^;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/28 13:27
「メカニカルブレーキ ワンクリックとは?」って、アンタレスですかね?
 シマノの高級ベイトリールのアンタレスとかメタニウムなどのリールで、メカニカルブレーキのキャップネジの内側に「カチカチ」とクリック音の出るモデルがあり、そういうベイトリールの場合のメカニカルブレーキの調整では、「ワンクリック分、締める」とか緩めるという話になります。メカニカルブレーキの所にクリック音が出る仕組みの無いベイトリールでは、そういう話にはなりません^^;;;;(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/15 13:40
「ラバージグ 釣れない」って、投げている場所が悪いのでは?
 バス釣りでラバーゴムのスカートがオモリの付いた釣り針に巻かれているものがラバージグですけど、これの小さく軽いのを、スモールラバージグといい、おおよそ5gまでぐらいのものになり、それ以上の重さで、大き目のサイズの物がラバージグになります。ラバージグの釣りは、基本、点の釣りですので、狙って投げているその場所が悪いと釣れにくい、釣れなくなりますね^^;;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/15 13:26
「習字を書く時には手首だけ動かすの?」って、普通はありません。
 習字、筆で文字を書く時には筆の持ち方があり、単鈎法とか双鈎法とか言われるものがあるのですけど、それは置いておくにしても、筆を持った手首の角度は同じ角度を維持しつつ、腕全体で書く、線を引くような書き方になるのが普通と思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/15 12:41
「ベイトのスプール左右ある?」って、まあ、ありますね。
 ベイトリールのスプールに左右はあるのか?という事ですけど、右ハンドルにしても、左ハンドルにしても、スプールの取り付けでは、ピニオンギヤとかみ合う方とかみ合わない方とがありますから、スプールを逆に入れたら、リールとして使えませんし、サイドカバーも閉められないと思います。なので、左右はあると考えたほうが良いですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/15 12:13
「ネストのメスを釣る方法」って、メスが居る時に釣りしてなければ無理でしょうね。
 バスの巣、ネストにメスのバスが居るタイミングというのは、産卵直前から産卵直後までの間であって、1時間もいないのではないでしょうか?なので、産卵直前でオスとメスがペアリングしている状況で釣りしてなければ、ネストのメスバスなんて、釣りたくても、釣りようはありません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/08 11:18
「風に飛ばされないペグ」って、ありましたけど・・。
 テントの設営などで、テントを地面などに押さえつけるためのピン、ペグだけで飛ばないようにするのであれば、ある程度の大きくて、長いものを使うぐらいしか方法はないかもしれません。打ち込む地面の状況にもよると思いますけど。ピンではなくても、飛ばないための工夫というのであれば、自衛隊方式とかいう、30cm程度の長さの角材に紐を結び、これを埋めてしまうという方法があるようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/08 10:59
「布に墨で書く 滲まない 技術」って、言われても・・^^;;
 布と単純に書かれてますけど、これだって、絹、木綿、化繊などなど糸の素材はあるわけで、墨の文字を書くというのであれば、墨を吸収する素材でなければならないと思います^^;それと、墨というのが墨汁を指すのか、墨摺りをしたものをいうのか、とりあえず、黒であればインク等でも構わないのか・・・そういうことまでちゃんと書かないと答えようもないかも?(−−;)基本、墨液だけで滲まないようにするのであれば、それは、濃いめの墨を作る事ですね^^; ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/08 10:42
「刈払い機 回転数 上がらない」って、状態に自分のもなりました^^;
 もう17〜8年使っている刈払い機、草刈り機ですけど、今回使おうと思ってエンジンを掛けたら、スロットルレバーを引いて回転数を上げようとしても回転数が上がらず、ストップしてしまうという状況になってしまいました^^;;原因は、燃料タンクのキャップ、蓋のパッキンのゴムが劣化して、それを自分なりに直したつもりになっていたけれど素材が悪かったせいで、ガソリンで溶けてしまい、それが燃料に混ざりこんで、ニードル部分あたりで正常に気化できないようになってしまったせいのようでした^^;;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/05 19:37
「PEライン 切れる原因」って、いくつかあると思いますけど?
 強いラインとして、PEラインは使われていますけど、それでも切れる事はあり、その原因にはいくつかあると思いますね。PEラインは、ポリエチレン製の細い糸を数本撚り合わせて1本の糸となっています。基本、PEラインはポリエチレン製のため、熱には弱く、硬いものの角で擦れた場合には、切れるといわれております。丈夫なPEラインであっても、使い古して、けば立ってしまったような劣化したラインだと、その劣化した部分から切れることはありますね^^; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/05 19:10
「服に刺さった釣り針を抜く方法」って、穴を広げて通すだけですね。
 服というからには、何かの布地、生地が使われているわけで、その布は、布である限り、縦糸と横糸の織り込まれたものであるということになります。釣り針は、その布地の糸の隙間を通って、返し部分まで刺さっているという事で、その返しがあるから引き抜けないのであれば、刺さった所の布地、糸目を広げて、返しのでっぱり部分を通せば、抜けるという事になります^^(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/01 10:59
「バス釣り ネスト打ち ダメな理由?」って、考え方ですけど(−−;)
 バス釣りの中で最も簡単にお魚を釣る方法がネスト打ちです。そして、それは、必死に卵を守っているオスを釣る事であります。親が居なくなったネスト、巣では、卵を狙うブルーギル、ニゴイその他のお魚が居て、それらのお魚が卵を食べてしまい、孵化する数が減るという状況になります。ブラックバスが外来魚、特定外来魚という事で行政からは駆除の対象とされている日本の現状では、ネスト打ちで親のオスバスを釣る事は、バスの生息数の減少をもたらすことにつながるから、バス釣りを今後も楽しみたいのであれば、あまり勧められない釣り... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/01 10:45
「リール ワンウェイクラッチの意味?」って、ハンドルの逆転防止ですね。
 スピニングリールでも、ベイトリールでも、ハンドルの巻き上げ方向には回転するけれど、逆方向にはハンドルが回転しないようにしている仕組みがあり、それがワンウェイクラッチというものです。回転方向指定のローラーベアリングを使っているということなんですけど^^;昔のリールのハンドル逆転防止の仕組みがどうだったのか?というところから書いた方がわかりやすいのかも?!^^;;(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/01 10:06
「ベアリング交換でリールの飛距離は伸びるのか?」って、ベイトのケースだけです。
 スピニングリールのキャストでは、糸の放出の時に回転する部分は無く、ただ、糸を巻いてあるスプールが存在するだけで、ベアリングは一切関係しません。なので、ベアリング交換による飛距離のアップはベイトリールを使う場合にのみ、ある可能性があるだけです。それも、ベアリングのボールが摩耗などして状態が悪化している場合に、交換の効果が出るだけですね^^; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/25 10:50
「メカニカルブレーキの蓋の中のプレートは何?」って、パッドでしょうか?
 ベイトリールのメカニカルブレーキのキャップのねじの内側にあるプレートの事でしょうけど、これは車のブレーキで言うところのブレーキパッドに当たるものと思います。スプールのシャフトの挟み込みで直接触れるもので、キャップだけだと締めの強さが十分に出ないから、内側に軸に直接当てる物を入れていると考えれば良いのではないでしょうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/22 19:40
「銀メタって浅溝スプールなのですか?」って、じゃないですね(−−;)
 オリジナルの銀メタのスプールは16lbが100mぐらい巻ける、深溝のスプールです。自分は、オリジナルのスプールを抜いて、アベイルさんのところの浅溝のスプールを入れて使ってますので、ノーマルの銀メタではありません。そこは、間違えないでくださいm(__)m ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/20 18:02
「海難救助は風上?風下?」って、風下側からですね^^;
 ボート免許の講習を受けた人なら、知っていると思いますけど、落水者などを救助するときに接近する場合、必ず風下側からの接近になります。風上から近づくと、ボートの推力だけでなく、風で押させる力が働き、微調整がしにくく、救助者にぶつかってしまう危険もあるからでしょうね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/16 19:14
「ソウルシャッド高速巻き 釣れない」って、言われても(−−;)
 山木プロの監修したソウルシャッドの使い方として、高速巻きでの釣り方はあるでしょうけど、いつでもどこでも高速巻きで釣れるとは自分は考えていません。春先の状況の良い時、秋の釣りの場合、水温が下がった晩秋から初冬にかけての釣りで、非常に効果的なケースがあると考えています^^; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/16 18:58
「ドラググリス 塗り方」って、スピニングとベイトで違いますね^^;
 ドラグ、糸切れを防ぐために一定以上の引っ張る力が掛った時に糸を送り出すための仕組みが釣りのリールにおけるドラグですけど、リールのタイプでドラグの構成が違うため、スピニングリールのドラググリスの塗り方とベイトリールのドラググリスの塗り方は違いますね^^;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/16 18:21
「RFテーパーロッド フリップキャストできないの?」って、できますね。
 レギュラーファーストのテーパーのロッドであっても、それ以外であっても、フリップキャストがちゃんとできる人なら、フリップキャストは出来ます^^。ただし、ロッドティップのしなり具合が使うルアーや重さで十分に曲がらない、曲がっても少しだけという場合、フリップキャストはとてもやりにくくなるだけです^^;;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/12 19:49
「ベイトリール ピニオンギアが遊んで落ちる」って、向きじゃないの?
 ベイトリールのピニオンギアは、ピニオンギアヨークという半円に棒が付いたような部品があって、これで支えてます。このピニオンギアヨークの向きは、ピニオンギアを嵌めて、メインギアの方に押し付けるような向きが正しい向きになります。なので、ピニオンギアが落ちるのは、ヨークに対するピニオンギアの載せ方、向きが違うからではないでしょうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/12 19:15
「ソリッドティップの利点」って、深く曲がる事かも?
 釣り竿の棒の部分の構造として、中心が空洞な、チューブラーと呼ばれるブランク、心材と素材そのもので穴は無い、ソリッドと呼ばれる2つのものがあります。ソリッドは中身が詰まっている、穴なしなので、重くなりやすいですが、その分、素材の柔らかさがそのまま出るから、チューブラーよりは深く曲げても折れないという特徴はあるのかも? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/10 11:13
今年の初バス釣り、初バスゲット♪
 通せんぼしていた邪魔な木を昨日片づけたので、今日、初浮きしてきました^^;;;(笑)多分に強硬出撃だったので、期待はしてなかったのですが、なんとかお魚に遊んでもらえました♪^^道具の確認からしたのですけど、肝心のフィンのゴムのベルトが切れそうな亀裂を発見(−−;;それでも、「ビニルテープで仮止めでなんとか持つんじゃないだろうか?短時間だし・・・。」と応急の処置をして、去年のタックル装備のまま、初浮きしました^^;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/06 18:10
「バス釣り トップ釣れない」って、いつでも釣れるわけではありません。
 トップウォータープラグでの釣りは、いつでもどこでも釣れるものではありません。そこは間違えないでください^^;トップで釣れるだけの条件が揃った時にトッププラグに反応させることができるのであって、いつ使っても釣れるルアーでもないし、他のルアータイプよりは使い手の技術と判断力が試されるルアーです^^;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/05 15:34
「シールドベアリング メンテナンスの仕方」は、ありますね。
 ベアリングのボールのハウスが見えないように、蓋が付いているタイプがシールド型と言われるベアリングですけどこのタイプであってもオープンタイプであってもリールのベアリングのメンテの仕方は一緒です。洗浄のためのオイルの中に漬け込み、隙間から入ったオイルで中の汚れ、金属のカスなどを洗い流し、オイルを拭き取り、新しいオイルを入れるだけです^^。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/05 15:08
「村田基 フリップキャスト 柔らかい竿?」って、ワールドシャウラですね。
 村田基さんがベイトリールのキャスティング講座のDVDを出してますけど、あの中でつかわれているのは、村田基さんが監修したロッド、シマノのワールドシャウラというワンアンドハーフというグリップの先の部分で2つに分かれるロッド、ツーピースロッドです。それで、グリップ側のカーボンシートのプレスt数の高いものと、穂先側のカーボンシートのプレスt数の低い、違うものを使う事で、ロッドとして1本の竿、ワンピースロッドでは作る事の不可能なロッドに仕上げたロッドを使ってます。グリップ側の高プレス圧のカーボンと穂先側... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2018/04/03 09:16
「ピニオンにスプールのシャーピンが嵌らない」って、あるのかな?
 ベイトリールのスプール軸についている短い横棒、シャーピンがピニオンギアの底の溝に入らないってことかと思うけれど、ピニオンギアの底の溝はシャーピンより深く、幅も3倍ぐらいはあると思います。リールのモデル名がないのでどこのベイトリールかわかりませんけど、ピニオンギアの溝へのシャーピンの入りが悪いというのは、ピニオンギアの底の溝へシャーピンを誘導する斜めの部分が悪いベイトリールの使い方によって、平らな部分ができてしまい、その平らな部分をシャーピンが動くから、溝に落ちないケースが増えているのでは?と推... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/02 11:53
「ブラックバスと鯉の見分け方」って、人それぞれかも?
 水中で泳ぐ生きた魚の種別を判別するには、その魚種の特徴というものを知っている必要があり、また、その行動について、泳ぐ姿勢などについても実際に見て、ある程度の記憶を持っている必要があると自分は思います。水中の透明度なども関係しますけど、その魚体のシルエット、外殻、形状に対する記憶が無ければ、判断する基準が無いわけで、見分けることは出来ないですね^^; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/02 11:13
今シーズンの穴釣り、自分は終了です。
 月曜日に最後の穴釣りに行ってきました。8時から午後1時25分ぐらいまでで100匹でした。累積1000匹には到達しましたので、まあ、目標クリアですね^^;岸に近い方の1本松の沖で釣ってました。だらだらと時間20匹ペースで釣れて、午前中に最低目標の71匹を超えましたので、「このペースなら1時までで100に到達?」と釣ってましたけど、さすがにお昼を挟んだ時間にペースダウンしたので、そんな感じでした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/22 12:13
「重さ 分数 分からない」って、計算するしかないですけど・・。
 アメリカでは、重さをはかる時の単位が、oz:オンスだったり、lb:ポンドだったりします。1lb=16ozという関係です。なので、これをgでの数値に直すという計算が必要となるから、その時の計算、単位換算という事のやり方、計算の仕方がわかれば、自分で計算できるものです。1oz=28.35gなので、これの割り算、掛け算で、分数のoz表記をg単位に直すことができますね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/22 11:44
「ミノーの横泳ぎ 原因」って、バランスが崩れているからでは?
 ミノーを結んで投げて巻いたら、自分の方へ泳がずに、右か左のどちらかに偏って、横に泳いでしまうという状態になっているものと推定しますけど、これって、ラインアイの位置がずれているからじゃないでしょうか?これを正しい位置に戻すのが、ミノーを使う前にする事で、トゥルーチューンという調整です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/22 11:19
数え間違ってました^^;;
 月曜日の73はそのままですが、昨日の90はまちがってました^^;100ジャストいました(笑)入れ物を2つ持って行っていて、釣りあげ直後の魚を入れるバケツとそこから移動するバケツとを使い、10匹単位で移送させて数えているので、時々、移した数と現在釣りあげた数とがズレるので、「あれ?何匹移したんだっけ?」となって、少ない数でカウントしてしまうことがあって、今回は10匹間違ってました^^;すいません、100匹でした♪^^;; ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/15 17:45
頑張ってみたものの、届かず^^;;
 今日も桧原湖へ行ってきました。残念ながら、100には届きませんでした^^;10時25分ごろから釣りはじめ、12時の曲が終わったぐらいで27匹、午後は3時20分ごろまで粘ったものの、100には届きませんでした。氷は表面の硬い部分がしっかりしていたものの、透き通るような水っぽい色の部分が多くなってきてました。モービルも普通に走っていたし、帰りもカンジキなしで歩けましたので、まだ、十分な硬さはありましたね。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/14 18:41
「鎌 刃こぼれ 直し方」って、砥ぎ落すだけです^^;
 草刈り鎌でも包丁でもそうですけど、刃先が欠けてギザギザの凸凹ができた場合、この部分が無くなるまで研いで、削り落とすというのが刃こぼれの直し方になりますね^^;それを砥石だけの研ぎで行うのか、グラインダーなどの機械を使っての削りをするのかはケースバイケース、刃こぼれの状況によりますけど。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/13 10:12
「フリップキャスト メカニカルブレーキゆるゆる?」って、どうでしょう?
 フリップキャストという投げ方でベイトリールのメカニカルブレーキはどう使うのか?という事だと思うんですが、フリップキャストが自由自在にできるぐらいになっている人なら、メカニカルブレーキはゆるゆるでもできると思います^^。でも、フリップキャストを練習中という場合、まだまだキャストが安定していない場合には、メカニカルブレーキはやや締めておかないと、自分の思う方向に飛ばせなかった時にバックラッシュが酷く出るかもしれません。まあ、サミングでコントロールできていれば問題は無いでしょうけど、練習し始めである... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/13 09:41
今日は、73匹^^;
 風が強かった今日は、いつもの場所に入るのを諦めて、風の比較的弱い場所を探して、そこで釣りました。1本松の沖という場所にはなるのかな?10時から2時まででそんな感じでしたね。午前36匹、午後37匹ですので、ダラダラ、ポツポツと釣れてたように思います。魚探の反応は底のみでした。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/12 17:40
「ベイトリールのクラッチの使い方」って、Basserを読んでみれば?
 今月号のBasserに、ベイトリールのメンテの仕方とか、ダイワのリールのギア比とか使い方とかがまとめられている記事がありました。クラッチを切って、魚とのファイトを楽しむ方法もあるけれど、魚が強く引いている時にはクラッチが切り切れないというガイドさんの記事もあって、そういうのを読めば、参考になるのでは?と思いました^^; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/12 17:27
ワカサギの食い気が少し、戻ったかも?♪
 月曜日は9時40分〜1時50分頃まで、昨日は10時半〜3時まで釣ってましたが、月曜75匹の昨日127匹でした。少し、ワカサギの食い気が戻ったような?魚探の映像で見る限り、月曜。水曜とも水中の群れは薄く、底近くに反応が出ている状態で、時折中層に群れが入ってきていたようですけど、その前の週の状況とは違ってました。多すぎると食い気は無いのかも?? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/08 10:00
月曜日よりはましな結果でした♪^^;
 月曜日は穴釣りに行きましたけど、ワカサギの食いの悪さはほとんど変わらず、55匹という結果でした。なので、昨日は、今までと1.5m;ぐらいずれた場所に穴を開けてみました^^;午前32匹、午後44匹で1匹に逃げられて、持ち帰ったのは75匹という結果でしたね^^;;(笑) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/01 18:24
最近、砥ぎ師化してるかも?!^^;
 もともと切れない刃物が嫌いな自分でありますので、「切れない刃物は研いでしまえ!」とやることは多いけれど、そういう事が知られたせいで、「砥いてくれる?」との頼まれごとが増えました^^;(笑)おかげで、ハサミの研ぎも慣れたかも♪(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/28 19:47
「アンバサダー ベアリング交換したら飛ばない」って、なぜでしょね?
 ABUのベイトリールのアンバサダーシリーズは、古い丸形タイプもあるし、REVOシリーズなどの最近のモデルもあったりするから、単純に「アンバサダー」とだけ書かれても、そのモデルの発売年次や構造その他はまるで見当がつきません(−−;)なので、飛ばなくなった理由が交換したベアリングそのものにあるのか、ブレーキその他のセッティングの問題なのか?は、使っている本人しか分からないですね^^; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/28 18:50
反応の悪さに打つ手なし(−−;)
 月曜日は降雪の後だったので目印の大きな方を手掛かりに自分の開けた穴探しをしたけれど、確実にこことまでは分からずに、「たぶん、ここのはず・・・。」とドリルを回しました。すると、自分の残した目印が開けた穴から出てきました(笑)そういう意味で、山たてその他での場所の選定には「誤差無し!」だったけれど、ワカサギの反応の悪さには、打つ手なし状態でした。午前中で31匹で午後11匹の42匹という結果でしたね。予定があったので1時半に納竿でしたけど。水曜日も同じ穴で釣ってみて、やはり撃沈の45匹でした^^; ... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/22 19:12
底のワカサギの食い気少なしで、空中戦♪
 基本的にワカサギの釣りは底近くで自分の場合釣ってますけど、水曜日は底での反応が良くなくて、上に群れが映っていたので中層のお魚を狙ってみました^^;10時40分ぐらいから午後3時ぐらいまでで111匹でしたね^^;良かったのか悪かったのかはよくわかりません。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/15 20:16
「アワセ切れしないノット」って、ノットのせいではないような??
 結び方、ノットにはそれぞれ特徴があるけれど、釣り針を結ぶ結び方はいろいろあって、使う釣り針、使う糸、糸の太さ、釣り針の形状などなどを考慮して、最適と思えるものを選ぶだけです。魚のアタリを捉えてアワセ、ロッドを持ち上げる、引き上げる、引っ張る、あおるなどの動作で釣り針をお魚の口に刺そうとする時、糸が切れてしまう事はありますし、そのアワセ切れを回避する工夫というのは考える必要がありますけど、それは、結び目の結び方とかではなく、使う糸の太さやロッドで合わせる動作をするその動きの速さとか、強さとか、リ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/13 08:28
「ワカサギ仕掛け エダス 結び方」って、解いてみれば?
 ワカサギの仕掛けのエダスの結び方を探している人が居るようですけど、使い古して捨てる前に、その仕掛けのエダス、枝針のところの結び目を縫い針の2本ぐらいを使って解いてみて、その結び方を調べれば、市販品のエダスの結び方はわかると思いますけど?(笑) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/13 07:56
先週の土曜と昨日の月曜。
 休みの関係で土日の釣りが難しい今シーズンではあるけれど、土曜なら強引にいけない事もないと仕事開けの強硬出撃をしてみました(笑)平日だと人の出が少ないのは当然としても、土日の状況が想像できないために、まあ、偵察という口実ではありましたけど^^;;土曜日は眠気と時間帯で撃沈^^;昨日は、渋くてようやっと何とか釣った感じでした^^; ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/06 10:45
「アイスドリルの刃の換え方」って、ビスを緩めてはずすだけですけど^^;
 穴釣りで使う穴あけの道具のアイスドリルの先端の刃は、メーカーさんが違っていても、基本、本体の鉄のフレームにビス止めされてます。なので、そのビスを緩めるための工具を準備して、その工具によってビスを緩めるという作業をし、氷を削る先端の刃を交換するという事になります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/06 09:58
「スピニングリール メインシャフト回らない」って、回りませんけど?
 スピニングリールの構造として、スプールを上下動させるその動きを出しているのはメインシャフト、スプールの真ん中の金属の軸棒ですけど、糸の巻き取りのためにスプールの周りを回転するローターとか回転枠とかいう部品の回転は、ハンドルの動きを伝えて、回転しているスピニングリールにおけるピニオンギアと呼ばれる部品の回転が要因です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/06 09:39
出撃、断念^^;;
 状況さえよければ、穴釣りしようと山に行ったところ、「今日は、止めどかせ。」とのお言葉に、出撃を断念いたしました^^;;積雪は平地とは違い、60〜70cmぐらいは積もっていたでしょうか?1mは大げさにしても、家の前とは倍以上の積雪量の違いがありました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/01/25 02:38
今年のワカサギは型が良いですね♪
 今日、今年初の穴釣りに行ってきました。まあ、行く準備も最低限はやったけど・・?という状況だったので、あまりガツガツしないようにしてましたけど、いきなり、「乾電池を入れ忘れてる・・!」という事で、買い出しに走ったりしたので3時間半ぐらいが精一杯でした^^;;それでも、111匹だったので満足してます♪型も7〜8cmのがほとんどだったし、去年のメダカはしっかり成長したようです(笑) ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/01/22 18:43
最強寒波は確かに、最強だったかも?!
 ようやく寒さが緩みましたけど、最強寒波はたしかに最強だったようです。いろんなものが凍りました^^;寒すぎて、PCの前に座るのも憚られ、しばらくPCには近づきませんでした(笑)そんなこんなの中、檜原湖は結氷し、穴釣りの解禁も間近になったようです。ただ、聞くところによると雄子沢の道路わきの駐車スペースは解禁当日まで除雪されないようで、自力で掘り出したと思しきスペースが2つぐらいあっただけでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/17 19:18
「シーバススプーン 飛ばない」って、え(??)
 金属の塊であるスプーンやメタルジグというルアーは、その形状と体積に比べて重いので、他のタイプのルアーよりは、断然、キャストがしやすく、飛距離が出るタイプのルアーです。なので、それを使っていて飛距離が伸びない、飛ばないというのは、キャストの仕方かロッドやリール、ラインの組み合わせがそのスプーンを投げるのに合ってないとかいうことなんじゃないでしょうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/09 14:10
「スプーンで釣れない」って、困りましたね(−−;)
 スプーンというルアーの基本中の基本のタイプのルアーで魚を釣る場合に必要なテクニックは、狙ったところに正確に落とせる、キャストできるキャストの正確性、精度とカウントダウンという水面にスプーンが着水してから沈んでいく間を心の中で数える事とリールを巻くときにそのハンドルを回す速度を一定に保つという3つぐらいですね、自分が思うに。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/08 15:28
「下糸の止め方」「下糸と上糸は結ぶのか?」って、好きにどうぞ^^;
 リールに巻き付ける糸を一本全部つながった状態にするのか、下糸と上糸とを結ばずに使うか?は使う人の好みと考え方ですね^^;;自分は、結んでますけど。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/08 15:01
「スピニングリールのスプール位置の調整」って、取説にあると思うけれど・・。
 スピニングリールのスプールへの糸の巻きつけの状態が上のスプールの方に偏るとか、下の方に偏るとかするケースはあるのですが、新品でリールを購入していれば、箱の中の取扱説明書にちゃんとスプール位置の調整の方法は書かれているはずです。ワッシャーという表現で書かれていることも多いでしょうけど、この場合、金属のワッシャーではなく、硬質プラスチックの丸形の板を何枚スプールシャフトのスプール受けのところに嵌めるのか?という事になりますね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/08 14:35
2018年ですね・・・^^;
 年明けて8日ですが、あけましておめでとうございます、本年もよろしくですm(__)m年末年始のどたばたと、個人的には伯母が亡くなってからの日数とで元旦からおめでとうを書きにくかったので、遅くなりました^^;まあ、1か月はおとなしくしてましたので、喪は開けたんじゃないかと考えております^^;;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/08 14:15
「ノーシンカーの時 フックは大きい方が良いのか?」って、その時々で違うでしょうね^^;
 釣りにおいてフック、釣り針は魚を掛けるためには重要な道具であって、数限りない形状とサイズの釣り針があります。それって、使う状況の違いや釣りたい魚の種類によって、適切というのか合う釣り針が変わるという事ではないでしょうか?ノーシンカーでワームを使う時でも、そのワームの形状とサイズと釣り場の魚の食い気の多い、少ないで使う釣り針は自分は変えてますけど・・・・。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/01/02 10:12
ただいま、てんぷらの揚げの煙から避難中^^;
 大晦日で、2017年もあとわずかですが、ただいま煙から避難中です^^;;;揚げ物するときには換気扇を回すのが普通と思うのだけれど、回さずに作業したらしく、あまりの煙たさに逃げました(苦笑)^^;;;フルパワーで換気してますけど、しばらく台所にちかづきたくありません(笑)^^;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/31 21:35
「トップガイドのサイズ どこの数値?」って、調べればわかるはず(−−;)
 釣り竿のトップガイドリングの交換などでガイドを探す場合には、富士工業さんのHPとかに行って、自分が欲しいトップガイドがどういう形状の、どういうサイズのものなのか?をはっきりさせたうえで、それと同じものか、近いものなどを探していくことにはなると思いますね。その時、どこのサイズが必要になるのか?は、そういうトップガイドのカタログの数値データのあるページや表を見ている人なら、「図解で出てるから、そこ計れば良いだけ♪」と理解していると思うのですが?(−−;) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/31 21:23
「ABUのトビーは釣れるのか?」って、愚問ですね(−−;)
 今ではトラウト関係の釣りでないと出番が無いスプーンですけど、それでも水中でキラキラ、ヒラヒラうごく物体に対する魚の興味は無くなることは無いので、ABUのトビーというちょっと特徴的な形状のスプーンでも魚が釣れないという事は無いと考えてますね^^; ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/22 20:12
浄水器の止水がダメになって、交換^^;
 シンクの洗い物用の蛇口とは別に飲料水用にシンク下に置くタイプの浄水器を使ってますが、これの蛇口の水の漏れが酷くなって、「止めるためのバルブがダメになっているんだろうな・・交換しないと・・。」と思ってました^^;取り付けた時には取扱説明書などももらったはずなのですが、探しても見つからず、似たトラブルを解決した方のブログを見つけ、そこで書かれていた型式とか、写真とか寸法から、三菱レーヨンさんのクリンスイの蛇口、反時計回りでの止水タイプという事までは見当をつけられたのですが、買うかどうかを迷ってまし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/19 17:24
「シマノ ベイトリール スプール 嵌らない」って、位置がずれているだけでは?
 シマノのベイトリールの場合、スプールの軸の金属の棒が長いことが多く、そのシャフトの付け根ぐらいの位置に短い細い棒、シャーピンという横棒があります。これと、リール本体のシャフトを入れる穴、ピニオンギアの穴ですけど、ここに差し込む時に、ピニオンギアの切り溝、シャーピンを入れる欠けた部分にしっかり納めない事には、スプールが完全に奥まで入り込まないという現象が起きます。それなんじゃないでしょうか? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/19 16:57
「キャスティング ロッドティップ ブレ」って、なりますけど・・。
 釣り竿でも、リールを使うロッドでも、仕掛けを前に飛ばそうとして振って、後ろから前に竿を送れば、竿を止めた時点でロッドのティップ、先端が止まったロッドの手元の方より前に、下側にしなっていきます。これが、しなった後で上に戻ってきて、そのまま止まるのならば、ロッドティップのブレは無い、起きてないことになるけれど、普通、どんな竿でも多少のブレは発生します。ただ、ロッドの握り方を竿の振る角度、止めた時などで力の入れ加減をコントロールすると、そんなにブレが起きない振り方もありますね^^。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/17 19:29
喪中(−−;)
 子供のころから何かとお世話になった伯母が逝きました(;;)本当であれば、葬儀にも参列すべきところだったけれど、どうにも都合がつかず、自分は参列できませんでした。齢、80を超えているから体のあちこちにトラブルはあって、ここ1年は、寝たきりに近かったので、覚悟はしてましたけど・・・。どうか、安らかにお眠りください(−人−)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/12 13:22
「タイヤ交換 回ってしまう」って、接地させてないからでしょうね(−−;)
 ようやく、2台ともタイヤの交換が終わりました。1台は、東京へ行く前にしたのですけど、もう一台の方はのびのびになっていて、いよいよ雪が降りそうだという事で交換しました^^;;タイヤのナットを締めたり、緩めたりする場合、タイヤはジャッキアップをしていたとしても、完全に浮き上がってはいない状態でL字レンチなどで力を掛けない事には、タイヤが回ってしまい、ナットが緩めたり、締めたりはできませんね^^; ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/04 18:54
第28回の祭りばやし展の作品の一部
 全部を撮ったわけではないけれど、なんとなくの雰囲気が伝わればよいと思うので、載せときます^^; ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/29 15:00
「リールの糸が上手く巻けない」って、コツはありますね^^;
 リールは釣り糸を巻き取る機械だけれど、「糸を巻き取る」という事にもコツはあります^^;(笑)それは、糸を軽く引っ張りつつ、ピンと伸ばした状態でリールのハンドルを回すことです♪たるんだ糸では、スプールに綺麗に糸を巻き取ることは出来ません。釣りをしているにせよ、スプールに糸を巻き付けるにせよ、必ず、軽く糸を引っ張りつつ、巻き付ける、巻き取るというのが、コツですね♪^^ ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/11/29 14:11
磐越道、東北道の走行インプレッション。
 今回も車で東京まで行ってきましたけど、前日の雪降りのために磐越道の路面状況は良くなかったかも?!これまでになく、事故車両を数多く見ました(−−;)会津は既に降雪してますので、タイヤはスタッドレスに履き替えないと危険だと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/28 09:53
28回目の祭ばやし展、見てきました♪
 出かける前に、何とか今年は印を渡さないと・・と思っていて、そのための時間が必要だったので、しばらくブログを見てませんでした^^;なんとかかんとか、今の自分にできる範囲で彫り上げて、お渡ししてきました^^;書道展というととかく堅苦しく感じられるし、もっと書を身近なものにしたいというコンセプトの書展なので、砕けた部分も何かと多い作品が並ぶのですが、とうとうここまでやったの?!という作品がありましたね(笑)ふざけているわけでなく、いたって真面目に作品として作られていたし、ある意味、芸術性の高い、内容... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/28 09:20
「メタルバイブ ただ巻き」にも、コツは必要です^^;
 メタルバイブで釣っている人は、既にできていると思うから取り立てて珍しくもない話ですけど、メタルバイブでなかなか釣れないという場合、「安定して、一定速度でリールのハンドルを巻けているのか?」という事を自分でもう一度確認してみてください♪これって、とても大切ですので^^。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/28 08:47
「ハンドル逆転 効かなくなる」って、スピニングでしょうか?
 ABUのスピニングでハンドル逆転が効かないという検索があったので、その人かな?と思うのだけれど、スピニングリールのハンドル逆回転とハンドル1方向回転との切り替えレバーのあるスピニングリールの場合、その切り替えレバーにつながる小さなバネとそのバネの掛け方が正しくないと、きちんと切り替えの動作が出来なくなるというスピニングリールもありますね^^; ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/25 10:03
「ベイトリールのハンドル変えたらぶれるのはふつう」って、?
 ベイトリールのハンドルを純正のハンドルから、別なものに変えたら回転がぶれるという事なのか、状況が良くわかりません(−−;)「変える」の中身も純正のハンドルで、長さを変えたとかいう交換もあるだろうし、全く別の社外品でカーボン製の軽いものに変えたという事もあるかもしれないからです。たとえ社外品だとしても、巻き心地の変化はあるにせよ、回転そのものにブレが出るというのは、単純にハンドルの中心軸とハンドルノブシャフトまでの距離、長さが違うということなのでは?? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/25 09:43
「水に浮く釣り糸はある?」って、比重からはPEラインだけです^^;
 水より軽いものは水に浮きます。これを別の言い方で表すと、「水より比重の軽いものは水に浮く」となります。なので、釣り糸の比重という事で考えると、フロロカーボンが一番重く、次にナイロンラインで、水より軽い素材はPEラインだけになります。比重という事そのものの話は検索すれば見つけられると思うので、省略しますm(__)mただ、実際に釣りをしていると、ずっと浮いているわけではないのだけれど、水面に波が立っておらず、キャストして糸がたるんだ状態では、細めのナイロンラインでも、フロロカーボンでも、水の表面張... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/20 05:29
「波が高い時の船の走行」って、無理しない事でしょうか?
 波の高さも船のサイズで問題ない場合もあるし、危険な時もあります。小さいボートであればあるほど波が出た時に危険になりやすいから、そういう場合には、無理して出船しない事が最も大切です^^;;出船してしまってから波高が高くなり、危険と感じたのなら、速やかに港に戻る、帰るしかないと思いますね。急いで帰りたくても、波が高くて航行しにくい場合には、安全な速度まで減速して、一波、一波、しっかり乗り越えながら、時間を掛けて、戻るしかないと思います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/16 09:27
「スピニングタックル ルアー 何gまで?」って、ロッドのパワーによりますね。
 スピニングロッドといっても、トラウトを狙う、管理釣り場用の柔らかいロッド、ウルトラ・ライトなどのロッドの場合、7g以下とかいう重さで使う事になると思うけれど、スピニングロッドでも、シーバス用のロッドであれば、20〜60gぐらいの重さのルアーでも問題なくキャストできたりするのではないでしょうか?なので、そのスピニングロッドが何用のロッドなのか?何の魚を釣るためのロッドなのか?を確認するという事とウェイト適合範囲がロッドのグリップの上のところに印字されていると思うので、それを参考にすればよいだけだ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/16 08:59
「ハンドメイドルアー リップ 曲がる」と言われても(−−;)
 ルアーが個人製作であるとき、そのリップの素材が何かは、作った人に聞かないとわかりません^^;自分で作ったのであれば、素材はわかっているはずです。リップが曲がるのが、素材の柔らかさからくる場合とその厚みが薄いことからくる場合もあるかも?状況がはっきりとはわからないので、推測できません^^; ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2017/11/14 06:41
「ベイトリール オイルを塗ってダメなところ」って、ローラーベアリングでしょうね。
 ベイトリールのオイルを塗らないほうが良い場所は、ハンドル付け根に設置されているローラーベアリング、ワンウェイクラッチ、IARと呼び名はメーカーで違うけれど、回転方向が1方向の円柱金属棒のベアリングのところでしょうね。ここにオイルが付きすぎると、ハンドルが逆回転したりするようになってしまうので。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/12 07:06
誤植が見つからない・・^^;
 買い物の時間つぶしのために本屋へ行ったところ、「怪魚大全」という小塚拓矢氏の本があって、思わず買ってしまいました(笑)開高健氏の「オーパ」以来、この手の本を読んでなかったので、久々に楽しく読めましたね^^。ただ、「ん?・・・これは誤植なのか?・・・てにをはがおかしいよな・・・それも、2か所も・・・。」と変なところを初めに読んだ時に思ったのだけれど、後から読み返して、その場所が見つからず、何度も読み返してしまいました・・(笑)^^; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/11 20:31
「PE 糸鳴り ガイド径」って、しかたないかも?^^;
 PEライン、ポリエチレンの撚糸を釣り糸として使う時、ガイドの素材や直径のいかんに関わらず、キュルキュル的な音は、どうやっても発生してしまうようです^^;それが、いわば、PEラインを使う時の宿命といえるのかも?多少、糸なりの音の程度を緩和するスプレーなどは出ているようですけど、完全に無くすということは不可能かと思いますね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/11 19:46
「ポッパーの後ろの毛」って、テールフックのフェザーの事でしょうか?
 ポッパーという、頭のところにへこんだカップ状の頭を持ち、水面の水を前方へ吹き飛ばす事で音が出るような作りになっている水に浮くプラグの事をポッパーと呼んでます。出やすい音のタイプでポッパーとなったり、チャガーという呼び名で分類されることもあるけれど、区別せずにポッパーとしてまとめられている方が一般的かも?ポッパーにしても、チャガーにしても、付いているフックの一番お尻側のフックには、人工の素材か天然素材かは別にして、フェザーと呼ばれる毛がトリプルフックに巻き付けられていることが多いですね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/10 19:56
「ガイドリングなし」って、まともに使えないと思いますが?
 リールを付けて使うロッドで、リールの糸を通すその輪をガイドリングと言うけれど、このリングが何かの原因で割れたり、外れたりした場合、リングを支えていた金属の丸井フレームだけの状態でロッドとして使うのは、自分は進めませんね(−−;)リングの素材が何であれ、リングはラインの通り抜けをよくするための表面をもっているけれど、ガイドリングのフレームはリングを支えているだけであって、糸の通りが良くなるような構造になっておらず、糸がそこを通れば、なにがしかの傷がつくと思うからです(−−;) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/10 19:34
「ベイトリールクラッチが戻らなくなった 直し方」って、言われても・・。
 ベイトリールのクラッチが戻らなくなったという事のようですが、さっきまでは普通に使えていたのでしょうか?そういう場合には、戻り切らないクラッチをとりあえずもう一度押して、もう一度ハンドルを回してみることです^^;古くなったベイトリールでメンテもしっかりできてない場合、中の部品の動きが悪くなる場合がありますので^^;;最近、自分のベイトでは97メタニウムXT、通称銀メタと言われていた古いリールでそんな症状が時々出てますね^^;;(笑) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2017/10/30 00:51
「クロスギアとSカムギア どちらが強い?」って、どうなんでしょうね?
 スピニングリールのスプールを上下動させている仕組みに、クロスギア方式とS字カムギア方式がありますけど、その強さというものは自分は考えたことは無かったですね^^;;メインシャフトを上下動させるためのギア方式の違いという認識ではあっても、そのどちらでもメインギアから伝えられる動力を使っている点で同じで、メインギアが回ればクロスギアもS字カムギアでも回るような関係にあるから、強さというものはメインギアに付属、付随しての話を思ってます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/28 14:49
「アベイル 浅溝スプール 利点」って、軽い物が飛ばせることでしょうね。
 アベイルというメーカーさんの浅溝スプールに限らず、糸巻量の少ない、溝の浅いスプールの場合、深溝の糸を沢山巻けるスプールと比較して、糸を巻いた後のスプール自重+巻いた糸の重さの合計が浅溝スプールのほうが軽くなるので、回転慣性が弱くなり、動きだしに必要な力が小さくなって、ベイトリールでも軽いルアーが飛ばせるようになるというのが浅溝スプールの利点ですね^^。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/27 04:36
「寸法からベアリング番号を割り出すには?」って、3つの数字を把握することです。
 ボールベアリングの話と思うのだけれど、この場合、回転軸を支える「軸受け」ということの中にはその回転する軸が地面の垂直方向に対して、つまりは荷重方向に対して水平に寝ている状態での軸受けなのか、垂直に軸がたった状態での回転を受けるのかで、ラジアルとスラストという荷重方向からくるベアリングのタイプ分けがあったりします。リールは、動かすし傾くしと安定状態で使われることは無いのだけれど、まあ、ラジアル・ボールベアリングが使われたりしますね。それを踏まえて、ベアリングであれば、基本的に円柱を輪切りにしたよ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/25 14:09
「つり リールがキーキー鳴る原因は?」って、オイル、グリス切れでしょうね(−−;)
 リールといってもそのタイプがスピニングリールの話か、ベイトキャスティングリールの話か、それ以外か?で少し違ってくるけれど、それでもキーキーという音という事は、何処かの部品の回転軸とその軸に止めてある部品との接触摩擦がひどい状況であるからこそ、音が出るという事なんだと思います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/25 00:45
訃報の2連続で少しショックです(−−;)
 個人的には恩師と思っている先生が亡くなったというメールが来ました。まだ、高齢とは言えないと思っていたのだけれど、ちょっとショックでした。その関係で連絡を取ったのか、同期が亡くなっていたという知らせも来て、2重にショックでした(−−;)訃報を受けるような年になってしまっているのか?という現実に、改めて愕然としました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/25 00:24
「ラインローラーが緩い」って、どんな状況なのでしょうか?
 スピニングリールのラインの巻き取りの仕組みで、糸をスプールの外側で回転することで巻き取るベイルアームの片方の糸をひっかける回転する溝の部品がラインローラーですが、これは回転することが必要なので、多少の動きはでるような緩みが与えられています。糸がラインローラーから外れてしまうほどの隙間があるのは、おかしい、正常ではないですけど、カタカタ動く程度は正常ですね^^; ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/22 22:37
とりあえず、1匹♪
 来年まで持ち越しを覚悟していた檜原湖の秋のバスですが、なんとか1匹釣れました♪調子よく檜原湖で釣っていた釣り友さんのアドバイスのおかげもありますけど、魚の気配を上手くとらえた結果ではありますね^^;水鳥さんともじりのおかげでもあります(笑) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/22 01:01
檜原湖の風は寒かったです^^;
 秋の檜原湖はほとんど釣ってないので、行ってきましたけど、風にやられて、完敗ですね^^;;陽のあったうちは暖かく感じてましたけど、風が吹いて、曇ったあとでは、防寒着を準備してなかったことに後悔しました^^;;上は、それでもジャンパーとかカッパを持って行ってましたけど、足の方は無防備だったため、ガタガタ震えながらの釣りとなってしまいました。手袋も必要ですね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/19 00:01
「エクスプライド硬すぎ」という検索がありました(−−;)
 シマノが出している釣り竿、バスロッドのシリーズでエクスプライドというモデルがあります。販売開始は正確には覚えてないけど4〜5年前だったような?それで、2016年にロッドのモデルの追加とか、モデルチェンジとかしていて、後から出たエクスプライドのスピニングロッドは、感度を上げるためなのか、張りが強く、前のエクスプライドより硬いロッドになっているという事です。エクスプライドのモデルはスピニングロッド、ベイトロッドとあって、それぞれ5〜6種類のモデルがあるわけで、その中のどのモデルのことを言っているの... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/16 14:20
ザリガニでバスを釣るにも一工夫は要るようです^^;
 生エサでのバス釣りに面白みを見つけた釣りともさんが言ってましたけど、ちゃんと掛けるには、フック選びと合わせのタイミングには一工夫が必要なようです^^;それがわかっている釣り友さんは、1投1匹ぐらいに釣っていたそうですけど、フックと合わせのバランスの悪い方は、なかなか釣れなかったとか。エサ釣りの場合、フック選びとフックの刺し方と合わせのタイミングの「少し送る」という「少し」の時間的なバランスが難しいという事を言ってましたね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/16 03:18
トップで元気なバスをネコリグで大物を♪
 同じ日の話ではないのですが、ここしばらくの川での釣りでトップではやる気のある元気なバスを釣り、数は獲れませんでしたが大物を1匹釣りました♪^^もちろん、空振りに終わった日もありましたが^^;;例年の感じでは、今年のバスの釣りシーズンも最終コーナーを回ったような気がしてます。いつまで釣れるやら?^^;; ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/16 02:40
「ブラックバス ザリガニ食べる?」って、食べると思います^^;
 ブラックバスというのが、ラージマウスバスの事か、スモールマウスバスの事なのか?という厳密な種の区別の話はあるのだけれど、どちらのバスでも、ザリガニを食べる事はありますね^^。もちろん、口に入らないサイズのザリガニを食う事はないと思いますけど。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/11 03:54
「プライマリーポンプを押すと戻らなくなる」って、??
 何の機械のプライマリーポンプなのか?という話はあるのだけれど、キャブレター部分に燃料を燃料タンクから送り込むためのポンプなら、押して元に戻らないというのはおかしい状態と思います。もし、それが草刈り機の話ならば燃料タンク中の燃料チューブやその先端部の異物取り除き用の網目のものなどが正常な状態ではないのかもしれません(−−;) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/04 07:53
「イナゴがいない」って、数は減ってるとは思うけれど・・?
 稲刈りのお手伝いは終わりました。今年も刈り取った籾の中に紛れ込んでくるイナゴは多数いましたね。まあ、あちこちに多数いるという状況ではないかもしれませんけど、「イナゴが居ない」という事はありません^^;なので、イナゴとバッタの区別がついてないのでは?と疑ってます、この検索を見て。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/04 07:19
「巻物で釣れない時」って、多いですね^^;;
 巻物で釣ろうとして投げていても反応のない時は多いかも?!^^;;それって、反応する魚の前を引けてないという場合とそもそも巻物に反応しにくい日であるというケースはあります。巻物で釣れなくても、そのままやり続けるのか、別のルアーに変えるのか?という事でしょうけど、その判断は、釣り人の好みで違うと思いますね^^;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/02 11:02
「ローランス 水深 エラー」って、たまに起きますけど・・。
 ローランスの魚探の発信機、トランスデューサーは円筒形ではなく、スキマー型という扁平な船型という形状のものなのではないでしょうか?このタイプの振動子の場合、水深の計測には適切な傾きの範囲内に傾きが収まってないと正しい水深が計測できず、変な水深表示になることはありますね^^;基本、水面と水平という状態が理想ですけど、若干の傾きまでは正しい計測ができます。その範囲については、取り扱い説明書に書かれているはずです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/29 03:19
「バズベイトのかけ方」って、フックアップさせることでしょうか??
 バズベイトを使っての釣りの場合、バズベイトは投げたら巻いてないと沈むので、巻き続けるしかありません。魚のバイト、アタックは、突然に来ますので、いつ食ってくるのかがわからず、ドキドキしながら巻くことになります(笑)バズでの釣りに慣れてくれば、「たぶん、あそこに投げれば、あの辺で出るかな?♪」と予測などもできるのですけど、そうなってないうちは、どこでバイトが出るのかわからないので楽しく釣り出来ます♪(笑)掛け方は、向こうアワセ、魚が勝手に食いついてくるから、掛ったと思った時にロッドを立てて合わせる... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/26 03:41
稲刈り、始まりましたね。
 まだ一部ではありますが、稲刈り作業が始まったようです。軽トラの荷台にかごを積んで走っているのを見るようになりました^^。「稲刈り前の水落とし 何日前?」とかいう検索がありましたけど、10〜14日前には水を落してるのが普通なのではないでしょうか?そういうのも水をどこから引いてきているのか?という水系の話があり、その田んぼのある地域の土地改良区という水路を管理している団体さんの年間計画というのかである程度決まっていると思いますね。知らないで稲作はできないはずなのですけど? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/22 12:48
「スピナーベイト 斜めに傾く」というのは、よくあります^^;;
 スピナーベイトを巻くときにどの程度の巻き速度にするのか?というのは、そのスピナベの作り手が考えた、セッティングした速度というものを自分で理解しないと傾くことは多いです^^;;基本的にスピナベの作りが悪くなければ、想定された巻き速度で巻けば、スピナべは傾くことは無いはずです。想定された巻き速度よりも早い巻き速度の場合、スピナべはバランスを崩し、斜めに傾きますね^^;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/21 13:19
「ルアーが真っすぐに飛ばない」って、飛行軌道のことでしょうかね?
 ルアーが真っすぐに飛ばないという検索が来ましたけど、これって、キャスト中のルアーの飛行軌跡が横から見たら直線的になっておらず、山形の放物線を描くということなんでしょうかね?まあ、普通のキャストでは、それは当然と思います。ルアーを直線的に飛ばすという場合、ロッドの弾力性を最大限に利用し、キャストのリリース、ロッドを振って、糸を放す、送り出すためのタイミングは、かなり微妙な、早く、絶妙な時点で行わないと、そういう直線的な飛行軌道にするのは難しいですね^^;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/21 12:58
「トップガイドリング リングの交換」って、不可能でしょうね(−−;)
 「ベイトロッドの・・」という限定がありましたけど、スピニングロッドでもベイトロッドでも、ガイドリングのリング部分が割れたりした場合、ガイドそのもの全部を交換するというやり方しかできないと思います(−−;)リングだけの交換用部品は聞いたことがありません(−−;) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/20 03:36
「借り払機 プライマリポンプに燃料が入らないわけ」って、・・・^^;
 草刈り機のプライマリポンプをプシュプシュ押して、それで燃料がカップ内に入ってこないという事なんでしょうけど、燃料の吸い上げでは、ポンプカップを押した時に中の空気が外へ押し出され、ポンプが元の形に戻る時には、弁が閉じて、気密性を保ち、ポンプの膨らむ力で燃料を吸い上げる事ができないと、吸い上げません。なので、その開閉する弁としての、ダイヤフラムという部品、円形の真ん中に弁となる金属の柱状部品があるものですが、これの動作不良か、使用による摩滅での隙間の発生で弁が閉じる状態にならないなどの理由は考えら... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/18 13:27
「延べ竿のキャスティング」って、自分には違和感ありますが・・。
 延べ竿、伸ばした釣り竿で穂先に糸を結び、その糸の長さの範囲で釣りをするという時、仕掛けを投入することは同じなのだけれど、普通はキャスティングとは言いません。なので、延べ竿のキャスティングと言われると自分には違和感ありますね(−−;)糸の長さ以上の遠くへは届けられないから。リールに糸を巻く、リールを使うロッドの場合、どこまで飛ばすのかで、届く範囲は変わるから、こちらはキャスティングというものでいいと思うけれど^^; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/18 13:09
「ルアーを静かに着水させる方法」って、いくつかありますけど・・・。
 ルアーの着水を静かに行うという場合、ルアーの飛行軌跡と水面が作る角度を浅くする、小さくするという事で着水を静かにする方法と着水直前のルアーの移動速度、スピードを殺す事で静かにする方法との2つがあると思います。角度を優先するもののうち、水面のバウンドを使うのがスキッピングというキャストになるし、速度も角度も両方使うのがピッチングだろうし、スピードを殺すのをメインにするのがサミングやフェザリングという方法になると思いますが、やり方はいくつかありますね^^。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/12 14:35
「魚探のヒューズが切れた」って、交換するだけです(−−;)
 電気回路の機械の場合、異常な過電流が流れれば、回線や回路が壊れるから、それをさせないように、過電流が流れたら、ヒューズが切れて、強制的に電流をシャットダウンさせるというものであって、ヒューズが切れたのは、異常な電流が流れたせいですね(−−;)ヒューズは、そういう時のためのもの、機械を壊さないための安全装置なので、切れたら、交換するだけです^^; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/11 11:45
「稲に穂が出ないのはなぜ?」って、生育不良だからでは?
 例年に比べれば1週間から10日ぐらい、出穂の時期は遅れましたけど、なんとかそれなりに実ったようで、稲刈りの準備に周りの農家さんたちははいってます。水も落としたし、畦の草刈り作業も盛んになってきてますね^^。今年は、8月に雨が多く、従って日照時間数も少なかったので、稲の生育状況が良くなかったというのはあるでしょう。穂が出ていないのなら、日照時間数の不足、気温の低下による生育不良などが考えられます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/11 11:27
「ベイトリール 底の取り方」って、スピニングと同じです(−−;)
 オモリが底に着いたかどうかの判断は、使うロッドがスピニングでもベイトでも同じですね(−−;)オモリをぶら下げてロッドの穂先が曲がっている状態であるのなら、オモリが底に着けば穂先に掛る重さが無くなるから、穂先は曲がらない状態になる、曲がってない状態になるというのは同じです。穂先の曲がり、オモリの重さを感じなくなる、垂れた釣り糸が張って無くなる、ゆるむという現象を見て、「底に着いた」という状態である事を確認するだけです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/11 10:59
「トップガイドのスレッドの太さ」って、ブランク先端の径によるんじゃ?
 バスロッドを前提にすれば、基本的にAスレッドという細いほうの糸を使うのが普通と思います。特にスピニングの先端部の径が細い場合、ガイドスレッドの太い糸を使う意味がないと思うから。トップガイド周辺に余計な重さはつけないほうがロッドの振りぬけも感度もよくなると思いますね^^; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/09 03:17
「レベルワインド動かない 対処法」って、点検からでしょうね^^;
 ベイトリールのスプールに均等に糸を巻き取るための仕組みがレベルワインドなわけで、これの不具合はスプールに一部だけ太く糸が巻き取られるようになることを意味し、そのままではリールとして使いにくい状態だから、まずはどうしてそうなったのか?という事の前に、外側から見てわかる、何かのトラブルが無いかを点検すべきです。ロッドからベイトリールを外して、とりあえず、レベルワインドのリールの下側の方から見た時に、キャップなどが無くなっていないのか?を確認するべきです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/05 14:20
「フローティングベストの股紐する?」って、正しくは、すべきです。
 水の中に落ちるという状態にならない、考えないのなら、形だけ身に着けるというのなら、股紐をつけるのは面倒だし、邪魔と感じる事でしょう。でも、実際に水中に股紐をつけずに落ちてしまえば、その時になって、「あ、股紐を通してない、つけてなかった!」と慌てても、時すでに遅しとなりますね(−−;)危険回避を優先するなら、股紐まできちんとつけるべきなのがフローティングベストです。股紐が付いているタイプの場合は。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/29 11:40
「フックを飲まれないために」って、アタリを見逃さない事です、まずは。
 バス釣りをしていてフックをバスの口の中まで入れてしまわずに、口のところに掛けるというのがいつでもできるというのは理想なのですが、バスの食い気の強い時には、バスは一気にルアーを吸い込むので、なかなかできるものではないです^^;;;一つ言えるとすれば、「バスのアタリを見逃すな!」という事だけですね^^;;バスのアタリに気づかずにいるから飲み込まれる状態になることは多いと思うので。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/29 11:20
「スプーン 釣れない」って、深刻かも?!
 ルアーと呼ばれる人工物でお魚を釣る釣り、ルアーフィッシングの原初の話として、キャンプに行ったどなたかが、お皿その他の食器を川で洗っていて、間違ってその中のスプーンをぽとりと水中に落っことした時にそのスプーンをお魚、たぶんトラウトが咥えて泳ぎ去ったのを見た事から、食事に使うスプーンの湾曲した部分だけを使って作り出されたのがルアーの始まりとも言われているそうです^^;なので、スプーンでの釣りには、ルアー釣りでの大切な釣り方の要素が入っているから、これで釣ることができないと、ルアーフィッシングのため... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/29 10:53
「魚探 電源落ちる」って、配線の問題のことが多いのでは?
 メーカーがホンデックスであろうが、ローランスであろうが、電気を使う機械であるなら、電気を送る配線のどこかにトラブルがあって、十分な電流が流れない状態になれば、電源が落ちるという状況が起きると思います^^;バッテリーのプラス極、マイナス極への最初の接続金具とそれにつけられている配線の接触状況を確認し、配線の次のつなぎ目、コネクタ部分を順番に確認していって、魚探本体への接続プラグのピンの状況まで、順番に追いかけて、配線として問題のない状態なのか?を確認してみる必要はあるかもしれません^^;; ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/26 12:22
「でかいバスが釣れない」って、原因はいろいろあると思いますが・・。
 大きなバスというのが40cm以上なのか50cm以上なのか60cm以上なのかでも中身は違ってきますけど、ワームでの釣りをしていて40cm以上のサイズを釣りたいのなら使うワームのサイズは4#、4インチ以上にしてみることは必要かも?大きなルアーには大きなバスが食いつくという傾向はあるからです。ルアーのサイズを釣りたいかと言って小さくすると釣れても小さいバスになることは多いですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/24 13:03
「シューティングのやり方は?」って、言われても(−−;)
 バス釣りでいうところのシューティングは、ボートの釣りで魚探の映像を見ながら、ベイトの群れに付いているバスを垂直に落とし込みで狙って釣るというような釣り方と自分は捉えてます^^;なので、シューティングのやり方は?と聞かれた場合、魚探の映像、画像の意味がしっかり理解できていることが前提になり、ボートでベイトの群れ、わかりやすく言えばベイトボールに付いたバスを探して、見つけたら、そのバスの目の前にルアーを入れる、ワームを落とすことで釣る釣りとなります。魚探の映像が見てわからないという場合、シューティ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/23 04:57
ついに、見てしまいました(−−;)
 お盆のとある日、釣りに行って、帰りがけに釣り友さん達が来たので話していると、「あ・・熊出た!」と指さす方向を見ると子熊が歩いてました(−−;)まあ、対岸で100mぐらいはあるところだから危険はなかったのだけれど、「居ましたね・・。」という事に^^;それで、ひとしきり話が熊の話題になっていたら、今度は「あれ?・・泳いでますよ・・熊!」といつの間にか水面に黒い物体がそれなりの速度で移動中^^;さっきの子熊よりは頭が大きく見えたので母熊かも?ということで、対岸から、こちらの岸へ横断中でしたね。奥の釣... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/20 02:46
「ワームが回転しない方法」って、ジグヘッドを使えば良いだけでは?
 ワームを使う時、フックとシンカー、オモリをどう使うのか?でワームが回転するか、しないかという差が出ます。フックにオモリが付いているジグヘッドを使えば回転なんかしません。スプリットショット、キャロライナリグ、テキサスリグ、ダウンショットなどのフックにワームを付けて、オモリとの距離がある場合には、回転はしますね。それは、投げて、巻いて、見てればわかると思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/19 03:08
「トップガイド 径が合わない場合」って、できることは少ないはず(−−;)
 トップガイドを交換するときに、もともとついていたトップガイドと同じものを手に入れて交換するというのが良いのだけれど、同じものが手に入らない場合、やることは、パイプの径をロッド部ランクスの先端に合うものを探すという事にはなるでしょうね。合うと思って手に入れたものが合わない場合、できることは少ないです(−−;)基本、ブランク先端部の径がトップガイドのパイプの径より大きい場合、トップガイドを買い直すという事になります。ブランクを削るようなことで径を合わせることも出来なくはないのだけれど、先端部が折れ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/18 02:18
「プライマリーポンプ 役割」って、エンジン始動のためでしょうね。
 ガソリンやガソリン混合燃料を使うエンジンのある機械を動かす場合、エンジンに連続して燃料が正しく送り込まれなければ、エンジンはストップしてしまいます。それを無くするために、気化器、キャブレター部分までエンジン始動の前に燃料を送った状態、燃料ホースの中に燃料が満ちている状態にするためのポンプがプライマリーポンプ、始動のためのポンプと思います^^;;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/12 11:49
「ブレイクの見つけ方」って、いろいろあると思うけれど・・・。
 ブレイクが湖底の角度の変化の大きく変わるところという事で考えれば、「急に深くなるその斜面の境目はどこ?」と探れば良いだけで、水の透明度が高いところならば、目で見て、水の色の濃くなる部分という事も可能かも?♪^^。ルアーを巻いていて、特にクランクベイトなどで、それまでは底にぶつかることもなかったものが、急にガツガツと底にリップが当たりだす・・その場所がブレイクだったりするものです^^;何にせよ、自分なりに、そういう底の角度変化の大きいところを探せれば、OKです^^。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/12 11:27
「ベアリング 脱脂 失敗」って意味が分かりません(−−;)
 リールで使っているような、サイズの小さいベアリングの事であれば、脱脂を失敗するということ事態の意味が分かりません(−−;)脱脂、前にベアリングにつけていたオイルを取り除くというのが脱脂だけれど、これをオイルで洗い流す方法をとっているのなら、失敗することが難しいです(苦笑)^^;パーツクリーナーで脱脂している場合、ベアリングの中で脂分が固化して、これでベアリングが回らないという事が起きるかもしれませんけど、強引に回せば、固化したものが、粉砕されて、動くようになると思うので、失敗することのほうが難... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/12 11:03
「ラバージグ 釣れない」って、バスの目の前に落とせてないからじゃ?(−−;)
 ラバージグでの釣りは、何かの障害物の中、横にバスが居る時に、その目の前にラバージグを縦に落とすことで食わせる釣りである場合が多く、釣れないというのは、バスの目の前に落とせてないという事と思いますね(−−;)それは、バスの居所の予想が現実とずれているからか、キャストの精度が悪いという事なんじゃないでしょうか?食い気のあるバスの目の前にストンと垂直落下させることができているのなら、それだけで食う時は、食ってくるはずなので。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/09 05:25
「サーチベイトになるルアー」は、人それぞれ違うかも?^^;
 バスのその日の居場所などを効率的に探し出せることがサーチベイトとして使えるか否かの分かれ道で、釣れるにしても1投に掛る時間が長いものは適しません。時間がかかるから。なので、サーチベイトという時、投げて、巻いて、それで釣れるルアーになることは多いと思います^^;そして大切なのは、自分でそのルアーを使ってバスを釣ったことがあり、「ここにバスが居れば食ってくるはず!♪」と自信をもって投げられるルアーでないと、投げ続けることができないから、サーチベイトにはなりません。なので、バス探しでひたすら投げて、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/01 04:02
「クランクベイト 千鳥の仕組み」って、おやまあ・・・^^;
 クランクベイトなどの動きとしてのローリングとウォブリングという二つの動き、傾きと復元というものが規則的にでるものが千鳥らないクランクベイトであって、千鳥るのは、ある意味、失敗作の動きではあります^^;;;(笑)不規則に左右に動くのが、酔っ払いなどが行ったり来たりする足取り、千鳥という鳥の動きに似ていることから、そういわれているものでありますね^^;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/30 19:38
「フローティングミノーのアワセのタイミング?」と言われても(−−;
 フローティングミノーを使った釣りでも、どういうルアーの動かし方をしていてのアタリなのか?でそのアワセの仕方は変わると思いますけど?投げて、着水させて、着水時のルアーのもたらした波紋の広がりを待って居る時に食ってきた場合のアワセとトィッチやジャーク、ポンプリトリーブなどをしている途中でのアタリなのか、巻いているときか、止めている時か・・・など、フローティングミノーのアタリと言われても、いろんなケースがありますね^^;;;どのケースのアワセなのか?がわからなければ、正確には書けません(−−;;) ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/30 19:10
1本、満足♪
 時間が少なかったけれど、とりあえず釣りに行ってきました。結果としては、最初のうちに出た1本だけでしたけど、十分、満足でした♪蝉、効いてます^^。サイズ的に久々に40UPだったこともあるけれど、引きが強かったのをなんとかあやして、指ドラグで突っ込みかわしてのランディングだったので、そういう感覚になったのかも?♪やや水深のある所で下から浮上してきて、バシャッと本気食いしてきたことが嬉しかったというのもありますね^^。「してやったり!」感があるので。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/30 03:16
蝉ルアーでのリベンジ!♪
 ここのところ檜原湖には行けないのですが、近場で蝉ルアーで遊んでます^^;先週、ギルばかり釣れていたのだけれど、最後に良型のバスが掛り、結構なファイトをしてましたが、最後は突っ込まれて、フックを伸ばされて、逃げられました^^;;;;なので、その敵討ちというわけでもないけれど、「また掛からないかな?」と蝉ルアーのベリーフックを番手を上げて、大きくして、釣りに行き、最後に良型を仕留めました♪まあ、それでも40をわずかに切っているサイズなのだけれど、派手にジャンプするは、丸のみだはと久しぶりに良い食い... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/29 04:54
「ジッターバグのドッグウォーク」って。(??)
 アボガースト社のトップウォータープラグの名品、ジッターバグは専用の独特の金属フロントカップを持つルアーですが、これをドッグウォークさせるとはどういうことなんでしょう?ただ巻き状態で、左右に首を振るようになってますので、ジッターバグを使う場合、基本がただ巻きになります。巻くのを止めて、浮かせておくなどの小技を入れることはあるのだけれど、一定速度でのただ巻きが使い方のルアーなので、自分からロッド操作をして、首振りさせることの必要はないルアーなんですけど??投げて、巻けば、それはわかると思うのだけれ... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/29 04:15
PCクラッシュ・・(−−;;;
 クラッシュしたのになんで接続できてる?って、再インストでなんとか復帰しました^^;;まだ、構成をおえてませんけど、最低限の活動は可能な状態です(−−;)なんで、こんな時におかしくなるかな?・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/27 13:30
ようやく、パドル4本、完成間近となりました^^;
 自分用も1本作ったので、合計は5本なのだけれど、とりあえず、残りの4本も完成間近となりました。削り、切り出しは終わりです。あとは、接着剤を使うのと、塗料での防水をすればOKですね。だいぶ、時間が掛かってしましました^^;前回のパドルと今回のを比べれば、前回の方が4本ともしっかりできているようで、「あ・・・ここは、溝作ってはめたところだ・・・掘らなかった(−−;)」とパドルの板部分と柄との合わせ目の加工をし忘れた部分もでましたけど、まあ、強度的には問題はなさそうなので、接着剤と塗料で補強して終わ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/26 06:26
「ベイトリール ゴリ感 原因」って、ベアリングかも?
 ベイトリールをノーメンテ、お手入れなしに3年ぐらい使えば、さすがにゴロゴロしたハンドルを回した時の違和感は出るかも?ベイトリールの場合、スプールの軸を受ける2個のベアリング、スプールの左右のベアリングへの時々の注油だけは、最低限のお手入れとしてすべきです。してなければ、ゴリ感もそうだけれど、飛距離も落ちますね(−−;)特に荒っぽい使い方をしてないのであれば、ゴリ感の原因はベアリングの玉の劣化、摩耗であることは多いです。なので、そうなれば、ベアリングは交換した方が良いです。それでも、ゴリ感が治ら... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/22 10:49
ただいま、パドル、制作中♪
 夏のイベント参加に、自作のオール、まあ、自分はパドルと思うのだけれど、それを作っている作業をしているので、やや忙しいです^^;;特に厄介な持ち手と柄との接続部分の加工は5本分終わりましたし、自分用にと1本は完成させました^^;(笑)ボートでの使用には、それまでの柄の長さではやや短く感じていたので、制作の練習を兼ねて、1本、自分用のを作っただけです^^;10年ぶりかも?この、加工作業は・・。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/20 14:48
セミがよろしいようで♪
 昨日、檜原湖に行ってきました。バズを投げるも反応は無く、それなら、ネコリグは?と投げるも小バスにしか相手にされず、なら、セミは?とセミを使った所、釣れましたね♪サイズは小さかったけれど、それでも、水面を狙い、下の方から浮上してくるバスを見ながらの釣りは楽しかったです♪(笑)見てないうちに、食いつかれて、すっぽ抜けるのも多かったけれど^^;;;(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/20 14:28
「スプールが一番上と下の時にカチカチ音が鳴る」って、仕組みからですね(−−;
 たぶん、このカチカチの音がするスピニングリールはシマノさんのリールと思います。ダイワでも古いのはそういう音がするかも?スプールの上下の運動をさせる仕組みとして、ウォームシャフト方式というのがありますが、これを採用しているスピニングリールの場合、どのリールでもその音が出る可能性はあります。2重螺旋の溝付きの棒のその溝の中をポールと呼ばれる三日月形のヘッドを持った部品が移動して、それで端にぶつかって、ヘッドの向きが変わり、上に移動していたものが下へ、下へ移動していたものが上にと方向を変えるのだけれ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/19 08:39
「メカニカルブレーキ緩すぎ 音」って、音もするかもしれませんが・・。
 ベイトリールのスプールの軸を左右から挟み付ける仕組みのブレーキ、メカニカルブレーキが緩ければ、スプールを親指で左右に押したときにズルっと動くはずで、その時、カタカタという音がするかもしれません^^;;音がするというよりベイトリールのフレームの中でスプールが軸方向に左右に移動するのか?という事でメカニカルブレーキが緩いか、否かというのを判断した方が良いかも?^^; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/18 12:25
「ベイルアーム 位置通りにしているが勝手に戻る」って、・・・(−−;
 スピニングリールの糸を巻き取るための回転する腕とでもいう部品、キャストの時には、引き起こす部分ですけど、キャストの準備でベイルアームを起こして、キャスト動作をすると勝手に、ベイルアームが倒れてきて、ラインの出が止まる・・・そういう事は起きることはあるのですが、もしかすると、キャストのフォームも関係しているかも??自分も昔、「なんで勝手に倒れてくる?・・・どこが問題なんだろう?・・・実験!」と、いろいろな投げ方して、「なるほど・・・こういう投げ方の時に倒れやすいのか・・・、なら、倒したくなければ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/18 12:01
バズは不発、虫は好調?^^;
 「行くんですか?なら、乗せてください♪」と簡略化すればそのようなやり取りで、マイボートに初めてのお客様を乗せました^^;まあ、釣友ですが。今年の檜原湖は2回目とか言うので、なんとかいい釣りして欲しかったのだけれど、結果としては彼は2匹でしたね^^;;;「楽しかったです♪」とは言ってもらえたものの、自分としては、まあ、納得はしてません(笑)連休の初日という事で、ボートの数が多く、なかなかに人のプレッシャーが強くて、楽には釣りが出来なかった日と思います^^;自分は、ネコリグで小バス4〜5匹と30ク... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/16 00:23
ベイトリールのハンドル回転数での飛距離の概算
 ベイトリールのスプールに糸を最大量巻きつけた場合、スプールの直径と同じになった状態では、理論的な最大糸巻き量、ハンドル1回転での最大の巻き取り長が可能なだけであって、それが可能なのは、10回転ぐらいなものです(−−;)例え、カタログスペックで最大巻き取り長が66cmとあったとしても、30mのキャストでもその長さになることは、足元の10mぐらいはそうであっても、30m先での巻き始めは、出て行った糸の量の分だけ糸が巻かれたスプールの糸の太さが小さくなっているわけで、その場合、理論値ほどにハンドル1... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/14 13:57
ワームで1匹♪
 今日は出足が遅れたため午後も遅くから浮いてきました。で、焦ったせいか、肝心なエレキマウントのバウデッキを忘れたため、釣り友さんに沖まで曳航してもらって、エンジンで移動し、その後はそこに固定して、一つのスポットだけを釣ってました^^;;;まあ、ドジな話ではありますが、そこで思わぬ事態が勃発、参考にはなりましたけど、奇跡に近いのかも?♪(笑) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/09 01:45
「ベイトのドラグ固定方法」って、リール壊れると思うけれど(−−;)
 ドラグを使えなくしてしまうという意味での「固定」と思うのだけれど、それって、ベイトリールを壊すと思います(−−;)まあ、壊れるといってもスプールの軸が曲がるか、ギアの歯面が傷つくのかのどちらかになるとは思いますが。ドラグの強化という検索があっての、固定という話だったので、そう思いました。ベイトリールのドラグの耐力の高いものを選ぶという選択の方がましと思います(−−;) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/08 09:01
「ミニボート 波のかわし方」は、船首を波に直角にするだけですね。
 ボートの場合、長い船首〜船尾の縦の線とボートの横、腹の部分とで長さを比較すれば、縦が長く、横は短いわけで、波を乗り越えるのには、波の横線に対して直角にボートの向きをするしかないです。波の波長にもよるけれど、基本的に、船首〜船尾の長い方で波に直角に当てれば、波の波長、頂点と頂点との間に入っても、ボートの長さがすっぽり入ることは無いでしょうし・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/04 13:21
「クリンチノット 抜ける」って、締め込みが甘いんじゃ?
 クリンチノットでラインを結んで、ルアーを使っていると結び目が解けて抜けるという事のようですが、ラインアイの輪の部分に1回だけ糸を通す、シングルクリンチノットの場合と2回糸を通すダブルクリンチノットがありますけどどちらなんでしょうね?自分が使ているのは、ダブルクリンチノットです^^;それに、クリンチノットはラインアイ部分の輪に糸を通したら、元側の糸に糸の先端部分を巻き付けて、その糸の先端をループ状になったラインアイ近くの部分に通すことで完成し、その結び目は糸の先端部分と手元方向の糸とをきっちり引... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/04 12:48
「フィネスはボトムを取る」って、当たっているような、外れているような・・?
 フィネスな釣りは、軽く小さなルアーを使って繊細な釣りをすることと自分なんかは思うのですが、仮にそうだとして、「フィネスな釣りでは必ずボトムを取るのか?」と聞かれれば、「ボトムを取らないフィネスな釣りもあるでしょ?!」と答えると思います^^;;(笑)魚が浮いていて、水面を意識していて、ウィードや浮きゴミの下に付いている場合などでは、ルアーを底まで落としていては、魚は釣れませんので^^;(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/03 10:58
「バスのエラに釣り針が刺さったら?」って、エラブタなら問題ないでしょう・・。
 「バスのエラ」とあるのだけれど、これが正確に「エラ」つまり鰓なのか、鰓蓋なのかで、違ってきます(−−;)エラは、やや薄暗い赤色のヒダヒダの口の中、エラブタの内側にあるのがエラで、体の外側の頭の後ろ側にある動く部分はエラブタですね^^;;エラに刺さってしまっていれば、できるだけ傷つけないようにそっと釣り針を抜いてください♪エラブタに刺さっていたら、それはそれで普通に釣り針を外してください♪抜くときに魚をどうやって押さえておくのか?は問題になるとしても、釣り針を抜くという事はどこに刺さっていても同... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/03 10:36
「草刈り機の震動が激しくなる原因」って、チップが飛ぶからじゃ?
 草刈機の円形の刃には、ギザギザとしたでこぼこの縁があって、回転方向、この場合反時計回り、左回転ですが、その左側の部分に黒っぽい細長いもの、チップが付いているはずです。草刈機の刃を硬い石、コンクリートなどにぶつけると、このチップが外れて、飛んで、失くなります。すると、初めは全部そろっていたチップが失くなることで、刃の円形の先端、縁の部分の重量バランスが崩れて、回転の時にブレ、偏芯が起き、これが回転時の震動増幅の原因ですね。草刈機を使っていて、チップを飛ばしたこがあれば、チップが全部揃っていれば震... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/03 09:55
フロッグのドッグウォークなら、内山幸也プロの動画が良いかも♪
 先日、The fishingで出ていた、内山幸也さんという方が居ます。バス釣りを特にフロッグで釣るのを楽しみにしているかたのようで、フロッグで釣る事に無上の喜びを感じているというのが映像からも伝わってきました♪(笑)^^。なので、フロッグのドッグウォークという検索をされている方が居るので、フロッグのドッグウォークというのなら、彼の動画を見るのが良いかも♪と思い、再度、書きます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/01 06:46
セミは不発、バズで2匹♪
 昨日、檜原湖に浮いてきましたけど、ハードのセミルアーで獲るつもりでいたのですが、残念ながら釣れませんでした^^;バイトは4〜5回取れたのだけれど、全部、抜けました(−−;)食ったにもかかわらず、合わせで抜けてくるというのは、使ったルアーの形状なりフックなりに問題があったとしか思えませんので、別のものを試そうかと思ってます^^;セミはそういう感じだったのだけれど、バズは好調でしたね。獲れたのは2本だけでしたが、バイトは多数ありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/29 14:22
「ドッグウォークの時のリールの動かし方」って、巻き方と思うけれど・・。
 ペンシルベイトでも、フロッグでも、ポッパーでも、ドッグウォークという首振りの動きをロッド操作、リールの巻きで出すためには、ロッドの動かし方とその動きに合ったリールの巻きとを同時にする必要があります。ロッドの穂先を倒して、引いて、戻す時にリールのハンドルを回す・・・書いてしまえばそれだけになります^^;;;ロッドでラインを手前に引っ張ったら、すぐに穂先を元に戻し、同時にたるんでしまった糸の分をリールのハンドルを動かして巻き取る・・これだけですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/29 13:53
弥栄湖のセミパターン戦って、そういう事だったのかも?!
 JBのトップ50戦の弥栄湖戦の解説が今月号のBasser誌に載ってました。泉プロのブログで「完敗」とか、「にわかセミ師には無理・・」とかの記述があって、「泉プロでにわかセミ師とまで言わせる釣りってなんなの??」と思ってましたけど、読んでみて、「そういうことなのか・・・なるほど・・一撃必殺!の釣りか・・・」と思いました^^;;;青木プロの久々の優勝、おめでとうございます♪という拍手とともに、青木虫をプロデュースした人ならではと思いましたね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/27 14:36
「感度の良いロッドはそんなに釣れるの?」って、違いますね(−−;)
 「手元に振動をよく伝えてくれる高感度ロッドを使えば他人より釣れるのか?」という問いがあったとしたら、「それは全く違う。」と自分は答えますね^^;;使う人がロッドの性能を使いきれなければ、どんなに高感度なロッドを使ったとしても、バスが釣れるわけではないという事は分かるはずなのですが・・?(−−;)バスを釣るためには、道具としてのリールもロッドも必要ですけど、使うのが仮にワームだとしても、そのフックへの刺し方、つけ方、オモリの選択の仕方、ラインの種類、その太さ、キャストの能力、使うワームの形状、そ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/27 12:28
「感度が良いロッドって何?」ですか^^;;;
 バス釣りについて言えば、ルアーを使って釣るわけですけど、そのルアーのタイプの中で、ワームなどのソフトプラスチックルアーを使う場合、オモリとワームとフックというシンプルな構成で使うのと、その重さが軽いから、浮きなどの目印無しの脈釣りという方法になるので、魚が食いついた、ゴミに引っかかったなどという事の判断を釣糸をピント張った時の手元に伝わる震動の変化などで感じ取る、判断するから、そういう振動伝達の良いロッド、感度の良いロッドを使う方が「今、どういう状況にあるのか?」の判断がしやすいという事で、「... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/27 11:52
「鎌 刃こぼれ 直し方」って、研ぎ落すしかないですね(−−;)
 鎌に限らず、刃物の刃が欠けた場合、その部分のへこみを消すためには、その欠け部分が無くなるまで研いで、削って、真っすぐな刃の状態になるまで研ぐしかありません。鎌の場合、掛けたところがあっても、研ぎ落としまではせず、他の部分を研いで、切れる状態であれば、そのまま使うという事も多いですけど^^;;;砥石で研いで、欠け部分が無くなるまで削るのはかなりの時間を要するため、そんなに研いでいる時間がない場合、気にせず使うという話です。大工道具のカンナなどでは、欠け部分があれば、それは削りででこぼこを作ってし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/27 11:03
新しいバブルトルネードに入魂♪
 先週の釣りでワイヤーが折れたバブルトルネードですが、これがないと面白くないので、3/8ozのクラウンを買いました。パッケージから出してぺらに口で風を送るとぺらのカーブのところがぶつかって、回転しない状態だったので、形状をよく見つつ、ぶつかる場所を後ろのぺらの方を少し削りました^^;ぺらのカーブを曲げて干渉しない状態にもできるのですが、自分の場合、削るような調整を前のバブルトルネードでしていたので、同じようにしたまでです^^;風送りのぺら回しでは、十分な状態に思えたのですが、実際に投げて巻いてみ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/25 02:33
「ボートで釣る時の距離」は水質とカバーの有無で変わりますね(−−;)
 ボートでのバス釣りをする時のポイントまでの距離というのは、その釣り場の水の透明度とバスが身を隠す、身を寄せるカバーがあるのかないのかでも変わります。なので、この距離でどこでもOKなんていうものは無く、その場の状況を的確に判断するしかないです(−−;)当然、近すぎればバスにボートと人の存在を気づかれて、逃げられることも起きますので、そうならない距離をその都度判断するしかないです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/23 14:59
「トリプルインパクトの季節」って、いつでもOKと思うけれど・・?
 シマノのトッププラグのトリプルインパクトは、フローティングミノー、シングルスウィッシャー、ノイジー的な要素を持つプラグと思います。昔の西根さんの削り出しの型のものと、最近の山木プロ監修のものとがありますけど、どちらであってもその要素は同じと思いますね^^。その上でどの季節が良いのか?というのを考えると、「トップが使える状況ならいつでもOK!」と自分は思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/21 11:47
「合わせ切れの原因」って、使っているライン種類と切れた場所で違うかも?
 魚が食って、「グググ」と手ごたえがある、ラインが横に動くなどの兆候があった場合に合わせを入れることになるけれど、その合わせの操作、ロッドを立ててラインをピンと張るという事をして、「プツン」とラインが切れる場合があります。この合わせの動作で、即、ラインブレイクという時、「合わせ切れ」と言ってます^^;その原因は、いろいろですけど使っているラインの種類、その太さ、切れた場所で原因をある程度区別できますね^^。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/19 08:36
マイ・ボートでの初バスゲット♪
 ようやく、ボートでの初バスが釣れました♪^^。場所は檜原湖です。出船は南部だったのですが、状況が良く思えなかったので、北まで走ってみました^^;ボートでの出撃は、実は2回目で、1回目はとりあえずエンジンが動く、走れる、フットコンの操作ができるという事を確認しただけで終わってしまいました^^;その日は、波が高かったので、釣りにはならなかったという状況でしたので。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/17 20:04
「トップウォーターでバスを釣るコツ」って、「釣れる!」と思える事かも?(笑)
 「こんなのでバスが釣れるって、本当か?噓でしょ!?」というトップルアーでバスが釣れるという事に疑問を持っているうちには、トップでバスは釣れないかも?!(笑)とにかく、釣っている人がいるのだから、きっと自分でも釣れる!という思い込みがなければ、釣りにくいかもしれません(笑)^^; ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/16 10:13
「フローターで足ひれを落とした時」って、即時撤収でしょ!(−−;)
 フローターを使っている時に足ひれを落とした時という検索がありましたけど、足ひれを落としてしまったら、推進力がなくなるので、とにかく上陸すべきです。片足だけでもフィンがあれば、それで動くしかないし、両足のフィンがないのなら、もう動きが取れないぐらいになるので、時間をかけてでも上陸して、とにかく釣りは終わりですね。フィンが外れただけで、無くしてない時、落下防止の紐にフィンがぶら下がっているのなら、近くの岸辺に行って、フィンを履きなおせば釣りも続行可能ですけど、失くした、落とした場合には、釣りは終え... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/16 09:46
「フロッグ ドッグウォークしない」って、段引きでするはずですが?
 遠くでドッグウォークさせる前に、足元の2〜3mのところでロッド操作をしてドッグウォークさせることが出来ないのなら、それは20m先でドッグウォークさせることは不可能です。操作の基本が分かってないという事なので(−−;)遠くでドッグウォークさせる前に、足元できちんと首振りの動きを出せるように、練習しましょう♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/14 14:01
「キャスト 片手 無理」って、初めから上手にはできないでしょうね^^;
 ベイトリールを片手で扱うには、それなりに手の指の使い方があり、初めから上手にできるとは自分も思いません^^;でも、片手て投げられるようにならないと、キャストでの近い距離の正確性、コントロールの精度は高まることはありません。何故って、両手で投げて、近いところのコントロールを良い状態にしようというのが無理な話と思うからです。諦めずに練習することが大事なのであって、初めから上手に投げようなんて、思うのが間違いです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/14 09:36
「ルアーフックの重さ アクション」って、何て言えば良いのか^^;;
 ハードルアーにトリプルフックが付いている場合、このフックの重さがルアーの動きを制限するような働きというのか、役割というのか、そんな感じになります^^;;天秤棒の前後に水の入ったバケツを2つぶら下げた状態と同じと考えれば、分かりやすいと思うけれど、天秤棒というのが分からない人も多いかも?^^;;普通の、一直線の棒です(笑)フックは、ルアーのボディーからぶら下げられたオモリのようなもので、軽ければボディー形状の動きを制限しない、押さえませんが、重すぎると動きを小さくします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/13 06:49
「ペンシルベイト 真っすぐ飛ばない」って、キャストに問題ありですね。
 棒状の水に浮くタイプのハードルアー、ペンシルベイトをキャストして、狙ったところに真っすぐに飛んでいかないという事のようですが、棒状の空気抵抗の少ないペンシルを狙ったところに投げられないというのは、キャストで変なねじりをしてしまっているからではないでしょうか?オーバーヘッドキャストで最も真っすぐに飛んでいくはずのハードプラグがペンシルベイトなので(−−;) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/08 12:06
今月号のBasserでは、ジャークベイトを特集してますね^^
 フローティングミノーのジャークという事に関して、かなり、細かいけれど大切なことが今月号のBasser誌には出ています。ハンクルの泉さんの1.2m水槽で泳がなかったルアーはつかいものにならないというコラムは面白かったです♪その短い距離でさえ、ルアーの良し悪しが分かるという事とジャークして釣れるミノーはきっちりロールやウォブルするミノーであるというのも、ためになりました♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/08 11:49
「スピニングリールハンドル重い 軽くする方法」って、(−−;)
 スピニングリールを買って、使い初めで重いのならともかく、ある程度の使用の後、ハンドルが重くなったと感じているのなら、先ずは、トラブルを考える必要があります。一番の原因となるのは、ラインの巻きこみトラブルなどですね。ドラグノブを緩めて、スプールを引き抜き、メインシャフト、真ん中の軸の棒にラインが巻き付いていたりしないのか?を確認する必要はあると思います。通常の使い方で使っていて、急にハンドルが重くなるというのは考えられませんので(−−;) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/08 11:33
「巻き癖無し バスライン」って、買った状態では巻き癖はないはずです(−−;
 釣糸がお店で売られている時の糸巻きに巻かれた状態では巻き癖、糸ヨレは無い筈です。その糸をスプールに巻き付ける時にどれだけ糸ヨレさせない状態で巻き付けられるのか?が問題なのであって、ショップで巻いてもらうのか、自分で巻くのかでも差は出ますね(−−;)それと、キャスティングのたびにどれだけ巻き癖を排除するような事をできているのか?の方が問題だと思いますけど? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/05 11:50
ようやく、出撃準備完了♪
 ここしばらく釣りをしてませんけど、ようやくボートデッキの制作が完了しました♪結構、時間はかかりましたね^^;;バス釣りにボートを使うとすれば、フットコンの使用が前提になるから、フットコンが使える状態にボートのデッキを作ることをしてましたけど、なかなか時間が取れずに今までかかってしましました^^;バウデッキの三角形は切り出しにもカーペット貼りにも時間はかからなかったけれど、エレキマウントのベースの固定でゆるみ止め付きのナットの締め込みがうまくいかず、1本はダメにしてしまいました^^;;そんなこん... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/04 01:11
「トップルアーを追ってくるけど食わない」って、ありますね^^;
 トップのルアーのどういう種類の物かが書かれていませんので分からないのですけど、止めて沈むものではないのなら、止めてみるというのも手ではあります^^。結構な秒数を止めても魚が興味を失わず、ルアーのそばに居て、ルアーを見ているのなら、10秒とか30秒とかのステイ、何もせず浮かせておいたところから、急に1アクション、2アクションぐらいの動きを出して、また止める・・こういう事をすれば、食う魚であれば、その長い静止からの動きだしで食うことは多いですね^^。興味ああるけど、食うまでのきっかけが弱い時には静... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/02 14:37
「ドラグ調整しても糸が巻き取れない」って、??
 リールの糸巻きでスプールが逆回転する、滑るなどでリールのハンドルを回して巻き取ろうとしているけれど、スプールに糸が巻き取れないという状況は、ドラグレバーの締め込みが緩いからなのですけど、魚が掛かっているとか、ごみその他に引っかかって巻こうとしても巻き取れないという状況でないのなら、それは、単純にドラグレバーの締めの緩すぎな状態であることを示すのではないでしょうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/02 14:07
「アンタレスの音出しバネ欲しい」って、言われても(−−;)
 シマノのベイトリールのアンタレスというモデルは、初代からVer.2 アンタレス5、アンタレスDC、12アンタレス・・などなどの発売時期とモデル名の違うものが存在するから、どのアンタレスの話なのかが先ずは分からないという事があるのですが、メカニカルブレーキ内部の部品としてのクリック機構のための部品でなくて、ドラグレバーを締めた時、緩めた時の音だしバネねあれば、はっきりしたことは言えないけれど、同じ仕組みになっているメタニウムの部品を使うことなどは出来るかもしれません。バネとピンがあって、音出し用... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/02 13:51
「タトゥーラのクラッチが硬い」って、新品は、硬めですね。
 ベイトリールのクラッチレバーを押す力は、使い慣れてくれば気にもならなくなるのですが、使い初めには、「あれ?・・クラッチが硬いぞ!・・使いにくい・・」と感じることは多いかもしれません^^;;それは、新品ベイトリールだからこそ味わえる硬さでもあるのですが・・^^;(笑)コイルバネがある程度の使用で慣れてくると、それほど硬さは感じなくなるのではないでしょうか?♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/31 09:50
「フロッグのドッグウォークのやり方」って、ペンシルと同じですね。
 フロッグであってもドッグウォークという左右への首振り運動で引く場合には、ロッドを使い、ラインの張りとたるみを交互に出しつつ、引いては緩め、引いては緩めるというのを繰り返すだけです♪^^。使うロッドの穂先のしなりの出具合によっては、一瞬のラインの張りでツンと動かして、ラインの張りを緩めるという動作の範囲が穂先が柔らかければ幅を大きく使わねば動かないかもしれませんけど、穂先が硬ければ、それほどふり幅は必要ないでしょうね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/31 09:38
「草刈り機 振動 原因」って、エンジン付きだからでしょうね(−−;)
 草刈り機の刃が回転するのは、エンジンのピストンの往復運動がクランクシャフトで回転運動に変換されて、その動力が刃のところのギアまで伝わるからなのですが、エンジンを動かせば、必ず、その震動が出るから、振動をゼロにすることはエンジンを使う限り不可能ですね(−−;)それでも、最近の草刈り機はエンジンの振動ができるだけちいさくなるような仕組み、防振機構がついているから、昔の草刈り機に比べれば、振動は少ないはずです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/31 09:14
リールのギア比とガイドの擦れには関係はないかも?(−−;)
 ギア比の高いリール、つまりはハンドル1回転での糸の巻き取り長さの長いリールの場合、ギア比の低いリールよりガイドに擦れる糸の速度というのか、通り抜けていく糸の速度というのかが、早くなるから擦れがやや強くなるという事は傾向としてあるとはおもうけれど、ラインガイドリングとの擦れ自体とリールのギア比はまったく関係は無いと自分は思いますね^^; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/31 00:01
「ルアーにナマリを貼る位置」って、浮き姿勢で違うと思います。
 市販のミノーやクランクベイトなどに自分でナマリの板を張り付けて、浮力を小さくしたり、浮き姿勢を変えたりする調整はあるけれど、そのナマリを貼る位置というのは、その張り付けるルアーの細長い形状と太い部分の位置などから、浮力の強いところと弱いところを頭の中で計算して、自分の作り上げたい水中姿勢のためにオモリを貼るのが適切と思える位置を見つけ出すしかないです^^;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/30 23:44
「スピニングリール 右利きなのに右ハンドルが巻けない」って、練習しましょう♪^^;
 釣りで使うリールのタイプには、スピニングリールとベイトキャスティングリールの2つがありますけど、右利きの人でスピニングリールの右ハンドルの巻き取りがしにくい、出来ないとするならば、それは、右手の手首の動かし方の慣れの問題で、手首をやや内側に曲げた状態で円を描くという、「リールの巻き」の動作に慣れてないからと思います。ロッドを持つ左手は固定して、竿を上下動させない状態にして、右手でハンドルだけ回せれば糸は巻けますので、練習してみてください♪^^ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/27 00:15
「トップルアーで魚が釣れる条件」って、なんでしょうね?^^;
 トップルアー、トッププラグと言われるルアーにもいろいろなタイプがあり、そのタイプ別に魚を引き寄せる要素は違います。ただ、大雑把に言ってしまえば、ルアーの近くに魚が居なければ、呼び寄せることもできなければ、釣る事も出来ません。釣れるかどうかはその時の状況次第としても、魚の居場所を予測でき、そこへキャストして届けられなければ、釣れませんとだけは言えます^^;;;;(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/26 23:34
「種子法廃止」って、やばいんじゃないの?!(−−;)
 米の種はその品種を作るうえでは無くてはならないもので、種もみ無しに水稲栽培は不可能だけれど、もしかして、日本人の英知と努力の結晶ともいえる原種となる種子の権利を他国の会社に売り渡そうとしているのでしょうかね?政府が(−−;;)瑞穂の国たる日本国において、水稲栽培の行為はそれこそ国家、文化の根底にあるわけだし、稲作文化に根付いた、様々な祈りや儀式やお祭りさえも破壊しようとしているのだろうか、かの党は??それは、日本国に対する反逆罪にも等しいのでは?!不思議です、政府なはずなのに・・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/23 04:34
カエルの大合唱にカッコウの声で夏ですね^^。
 田んぼに水が入り、田植えも進行中で家の田んぼはまだ代掻きも終わってないけれど夜はカエルの大合唱になってます^^。今朝は、薄暗いうちからカッコウの鳴き声でうるさかった^^;;(笑)新緑も濃くなってきていて、初夏という季節に入ってますね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/22 05:19
「メインギアに習動子が当たる」って、検索しているけど・・?
 摺動子(すりどうし)であって、習動子ではないんですが・・(−−;)オシレートとも言うようです。スピニングリールのメインシャフトの下に付いている部品のことでしょうけど、正しく取り付けできているのなら、メインギアに接触することはありません(−−;)つまり、オシレートの部品の取り付けの向きか何かがメインギアに接触する時点で間違っていると考えるのが自然ですね。分解前も、ゴツゴツとメインギアに接触している感触があったのでしょうか?たぶん、無かったはずです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/22 04:31
「ベイトロッドのエンドグリップの持ち方」って、言われても・・・(−−;)
 遠投する場合でも自分の場合にはグリップエンドを持つことがないので、持ち方はよくわかりません(−−;)リールシートの下で一旦ロッドブランクだけになり、エンドグリップがある、セパレートタイプのグリップのベイトロッドの事を言っているというのはわかるのですが、自分の持つベイトロッドは、ブランクが見えない、全部グリップなベイトロッドなので、両手でキャストする場合でも、利き手の下に指2本分ぐらいの空間を開けて、その下を握る、持つケースが多いから、セパレートグリップタイプのベイトロッドでは、自分のキャストが... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/20 00:54
「草刈り機の運転時間は?」って、とりあえず燃料がなくなるまでかも?
 草刈り機の燃料タンクの容量にもよりますが、基本、満タンに混合燃料を入れて、それを使って草刈り作業して、燃料が無くなったら休憩をとってますね^^;;草刈り機のスロットルレバーの開け加減、エンジンの回転数の状態で時間の長さは変わりますけど、1時間〜1時間半ぐらいは作業できると思います。肩掛け式ベルトの草刈り機の場合、それぐらいの時間で一度休憩を取った方が安全ですね。まあ、1時間半ずっと草刈りをするような場所がある時はですが^^;;;;(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/20 00:13
バズベイトの使い方で悩んでいる人がいるようで・・・。
 バズベイトの使い方で悩んでいる人がいるようで、「バズベイト 着水と同時に早く」という検索が続いてます^^;バズベイトを使う場合、あまり遠投はできないと思います、ぺらが空気抵抗を大きくするから飛距離は出にくいので。着水と同時にロッドを立てるなどして、出来るだけ水没時間を短くしてバズベイトを水面まで浮上させるためには、キャストの仕方と飛行弾道、飛行軌道を山形にできるだけしない、低弾道、直線的な軌道にしないとやりにくいですね^^;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/19 05:22
「草刈り 斜面 順序」って、基本、下側からですね^^;
 河川の土手のような長い斜面で下まで降りるのに草が邪魔な場合、上から草刈りしつつ、道を作るように刈り降りることはありますが、その後は下側から草を刈るというのが共同作業時の順番です。上から刈ると倒れた草をその下の分を刈るのがやりにくくなりますので^^;;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/18 03:49
「刈払機 燃料キャップの穴から吹き出し」って、ゴムパッキンの寿命ですね(−−;
 刈払機、つまりは草刈機でしょうけど、燃料タンクキャップの小さな穴から燃料が噴き出すというのは、中にあるはずのゴムのパッキンか、そうならないための仕組みのものがダメになっているということだと思いますね(−−;)替えのパッキンをもっているならそれと交換するしかないし、ないのなら買うか作るかするしかないと思います。自分もこの前、コメリで売ってたゴムシートのたぶん1mm厚のものを円形にコンパスカッターで切り抜き、真ん中に穴をあけてキャップの内側に押し込んで、それで使てますけど、燃料漏れは止まりましたね... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/18 03:30
「バズベイトまっすぐにならない」って、シングルペラなら、それが普通です(−−;
 バズベイトの回転するペラ、ブレイドが1枚でも3枚でも4枚でも、1個しかついてないなら、ブレイドのペラの回転による水押しの左右のバランスの不均衡から、進行方向はまっすぐにならないのが普通です(−−;その進行方向の左右のどちらかへの偏りを利用したりして使ってます。右回転のペラのバズベイトと左回転のペラのバズベイトの使い分けは、その偏りを利用したものです。ボートのスクリューでもスクリューが1個なら、必ずそういう進行方向のズレが生じます。そういうものなんですけど? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/17 07:49
「メカニカルのゼロ設定ってどこ?」とか言われても(−−;)
 ベイトリールのスプールの軸を挟み込む形で回転を遅くすることになるキャップネジがメカニカルブレーキですけど、これがスプールのシャフトに接触して回転を阻害し、つまりは回転を遅くする状態がブレーキとしての役割を果たしているわけで、「メカニカルブレーキのゼロ設定」とは、スプール軸にメカニカルブレーキが影響をまったく与えていない状態、つまりはブレーキ力が無い、ゼロの状態であるところがゼロ設定で、それも、スプール軸から接触していたメカニカルブレーキキャップが離れた瞬間、地点がメカニカルゼロと考えれば、分か... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/15 18:49
「ワームによって使う針が違う?」って、当然と思いますが(−−;
 ワームという言い方をすれば、ソフトプラスチックのルアーは全てワームとしてまとめて括られるかもしれません^^;その場合、ストレートタイプもあれば、ザリガニやエビタイプもあり、テールだって直線状のピンテールもあるし、T字型のシャッドテールもあるし、二股に分かれているようなタイプも存在するから、形状が小魚だったとしても、その太さや長さやボディーのカーブの情況によっては、同じ3インチのサイズのワームだとしても、使うフックの形状とサイズは違うものにしないと、魚の口への針の掛かり方が悪くなるケースは多いで... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/15 03:00
WIN10って、起動が不安定ですね(−−;)
 ネットの情報をみるにWIN10は起動が不安定という傾向はあるようですし、自分のマシンも安定してません(−−;)まあ、それなりに対処の仕方はあるようなので、調べて、対策を取るつもりではおりますが、起動の不安定さもさることながら、スリープ状態からの復帰にも不安定さが残るという、まあ、使い物にならないレベルでの使い勝手の悪さを感じてます(−−;;起動してしまえば、快適ではあるのだけれど・・^^;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/14 07:16
「ベイトロッドの重心はどこ?」って、指に載せればわかります(−−;)
 ベイトロッドにリールを付けずに重心を探すのと、リールを付けた状態で重心を探すのとでは重心の位置が変わるけれど、とりあえず、人差し指を伸ばし、水平にし、その上にロッドを載せて、水平に釣り合う場所が重心ですね(−−;)ロッドガイドがあれば、って、基本あるのだけれど、ロッドのガイドが下向きになるのは避けられませんから、気にしないこと^^;(笑)リールを付けていれば、リールも下向き、下側になるけれど、それもきにしないことです^^; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/14 06:42
「3gのジグヘッド ボトムが取れない」って、え!!(−−;)
 スピニングロッドで使うなら3gは十分すぎるほどの重量ですし、ベイトリールでもベイトフィネスなロッド、リール、ラインなら、十分にキャストできる、認識できる重さと自分は思いますが、もし、これが底の柔らかさ、ドロドロとかのせいで着底が分かりにくい場所というのなら、それは、感触ではなく、ロッドティップの曲がりの大小で見分けるしかないんじゃないでしょうか?「3gのジグヘッドで底が取れない?なんで??底に突き刺さってるんじゃないの?!」と釣り友さんたちは言うかもしれませんし、「3gでわからないなら、重症(... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/10 07:52
「リールのハンドルのギアの山の修理方法」って、手を出さない方が良いと思いますけど(−−;
 「リール」としか書かないで検索しているから、ベイトかスピニングかわかりませんけど、勝手にスピニングリールと想像し、それで書いてみます(苦笑)^^;;まあ、手を出さないことです!!(笑)スピニングリールのメインギアは、回転軸が交差するために単純な直線で構成されているギアではなく、円の中心から外側へ延びる、カーブした山になってます。「これの理想曲線というものがどういうものか?」」を理解して、それを精密に削り出せるマシンを持っているならともかく、ハンドクラフトで作業して、トラブルが治るような代物では... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/10 07:15
「スピナベには硬い竿」って、どうでしょう??
 スピナーベイトを使う時に、シングルの太軸フックを貫通させるのには、トリプルフックよりもフッキングのパワーを必要とするから、クランクベイトで使うロッドよりはパワーのあるロッドの方が良いとは思いますが、曲がらない、硬い竿だとバイトを弾いてしまって、掛けにくくなるというのが個人的感想、意見です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/10 06:43
4バイト、3キャッチ♪
 曇天、小雨で夕方の情況が良いのでは?と、少しだけ釣りに行ってきましたけど、釣り友さん達も同じ考えだったようで、集合してました(笑)「状況は?」との質問に「渋いです・・・。」との答えで、トップで釣ろうかと調達してきたルアーを入れるも皆目反応がなく、「こりゃ、水面はダメだな・・出る雰囲気無い・・・。」という事で、シャッドを巻き、ダウンショットに変えて、ようやく釣れました♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/07 05:57
水路清掃の飲み会の後で・・。
 田んぼの用水を引いてきている水路の清掃は、例年よりかなり早く終わったのだけれど、お疲れ様の飲み会の時間設定が午後だったため、それが終わってからの釣りに行くころには、夕暮れ時になってました^^;歩いていける裏の川ですが^^;なんとかかんとか、ナマズ君に遊んでもらいました♪^^;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/05 21:10
「ベイトリール サイドカバー 固着」って、しないと思いますけど??
 ベイトリールとしか書いてませんので、ベイトリールを作ったメーカーさんもリールのモデル名もわかりません(−−;)なので、はっきりとはしませんが、基本、ベイトリールのサイドカバーは固着するような作りにはなってないと思ってます^^;なので、そのリールのサイドカバーを開ける手順、どこのビスを緩める必要があるのか、どこのレバーをOPEN側に持っていく必要があるのか、その順番はどれが先か・・・そういうことが分かってないだけと思いますね(−−;) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/05 20:52
「バスロッドのガイドのセンターの出し方」って、見るだけじゃ??
 ロッドを作って売っている会社でどういう事でリングの位置を揃えているのか?は知りません。が、自分ラインガイドリングを取り付ける時にその位置が揃っている状態にするのは、手元側、穂先側の両方からロッドの軸線近くからリングが重なって見える状態にして、多少、リングが見える斜めで、そのリングの頂点が一直線上に並んでいるように見えるという事でセンターを決めてますね^^;;猟銃などの的を射抜くための目印を銃口側と手元とのしるしを合わせる、重ねるというのと同じやり方です^^;精巧なレーザーなどのセンサーなどで精... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/05/03 08:23
「アシストバー ロッドがずれる」って、ロッドホルダーですかね?
 釣り竿を車の中で天井近くにぶら下げるというのか、載せるというのかに使っている道具を自分で工夫しましたけど、その時にアシストバーを車の後ろ側に使い、前側には、紙紐を巻き付けた、ナイロンロープを使ってます^^;アシストバーを前後に入れるというのが当初の予定だったのだけれど、車の天井近くの手でつかめるグリップ、アシストグリップという部品が前の方では純正品が手に入らなくて、アシストグリップ無しの状態で、ロッドを載せる何かが必要で考えた時に、助手席側にはアシストグリップがあったので、運転席側の内装のカバ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/03 07:56
ボートの外側の防錆塗料の塗布は終了です♪^^
 最初に防錆塗料として使ったスプレー缶は1個では塗る面積に対して少なくて、もう1本追加したけれど、それでも十分ではないという事で今日、もう2本買ってきました。結果、2本まるまると3本目を少し使ったぐらいで、なんとかボートの外側の防錆塗料の塗りは終えられた感じです。アルミだから、酸化被膜の形成後は、電解による錆の発生はあるにしても、基本的には錆びない素材ではあるけれど^^;;(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/01 21:58
船検証、受け取りました♪
 郵送のタイミングがどうなるのか?はGWがあるから遅いかも?と考えていたのだけれど、昨日のうちに配達されたものの不在にて通知をもらった状態でした^^;;なので、今日連絡を取り、夕方に着払い分を支払って受け取ってきました♪これでようやく、ボートの書類上の不備は無くなりましたね♪^^。船底の磨きの作業も終えましたので、防錆塗料の塗布の作業に移れます。塗料の選択とその値段は気になるところではありますが、スプレー缶ので済まそうかと思ってます^^;;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/29 21:28
「アラバマリグ 自作の方法」って、針金を曲げるだけだと思うけれど・・?
 アラバマリグを自作するという時、それはステンレスのバネ線を曲げればできますね^^;長さを揃えること、スナップスイベルをつける輪の部分のサイズとカーブを同じような丸の形状にすることがやや難しいだけで、他はそんなに問題があるとは思えません^^;まあ、ヘッドの部分を魚の頭の形にしようとかすると、それは、それなりに難しくなりますが、針金を曲げて、傘状に開いた状態にして、ヘッドは針金の曲げた部分を重ねるというシンプルなアンブレラであれば、難しくはないと思いますけど・・・? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/29 20:48
檜原湖の氷は溶けて無くなってますね^^。
 追加購入したライフジャケットを受け取りに猪苗代に行ってきましたけど、ついでに檜原湖の状況を確認と山へ上がってみました^^;剣が峰セブンの近くでは、路面はまあ乾いているけれど、道脇の日当たりの悪い場所では、まだ残雪が残ってます。湖面はと見ると氷の名残は無くなっているようで、水面でした。岸際のところどころには残雪が残る場所もありますけど、他は地面が見えるし、水面は全部水の状況のようで、いよいよバス釣りのシーズンインという感じなのでしょう。でも、山なので、早春です。ふもとでは桜が咲いているけれど、山... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/28 20:54
「500倍希釈 計算」って、そのままだと思うのだけれど(−−;)
 500倍希釈の計算という検索がありました。これって、「希釈」の意味が分かれば計算できると思うのですが?(−−;)液体が同一の物質であるなら、その濃度は1であって、希釈はされてない状態です。「希釈」は薄めるという事だから、薄くしたい液体の量と薄める液体の量との比較で、A:Bがどういう比率になるのか?という話だけですね。結果、薄めたい液体の量が仮に1と表せるのなら、薄める方の液体を500準備して、混ぜればAの500倍希釈の液体ができます。あとは、量の単位、体積の単位の単位換算の問題だけと思うのです... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/28 05:11
船検、終了も指摘事項あり(−−;)
 去年の秋から書類だなんだとやってましたけど、ようやく船検を受けて来ました^^;;書類の訂正並びに法定備品の不備との指摘ありでした(−−;;;書類の方は記載事項の抜けを指摘されました、書いた欄が違ったようで・・^^;;備品の方は、やっぱりというのか、中古品で間に合わそうとしたライフジャケットがボート用じゃないという事で買いなおすという事になり、帰りに注文してきました^^;;その辺の書類を送って、なんとかなるようです、長かった・・(苦笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/26 12:42
「マグシールドベアリングはベイトリールで意味があるか?」って、どうなんでしょうね?
 マグシールドのボールベアリング、つまりはダイワのベイトリールのマグシールドのベアリングは、普通のボールベアリングと比べてどうなのか?という事なんでしょうけど、どうなんでしょうね?^^;(苦笑)自分にはよくわからないです。マグシールドのボールベアリングは、磁性流体のオイル入りの密封式のボールベアリングという事だと思うのですが、これがメンテナンスフリー、お手入れ不要でかなりの時間数、使用に耐えられるというのであれば、それは、ありがたいことかもしれません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/26 07:58
「ハンドルノブにベアリング追加 回転しない」って、ありましたけど・・。
 スピニングリールでもベイトリールでもハンドルノブの内側のプラスチックのブッシュ、部品を抜いてベアリングを入れることでハンドルノブの回転をスムーズにすることはできるのですが、その時にはビスの締め方に注意が必要です。ほかのところのビスは、締め切る、動かなくなるまで締めるというのが普通でも、ハンドルノブのところだけは、ハンドルノブが回転して、かつ、カタカタいわない程度の位置、締め加減を見つけたら、そこで止める、締めるのをやめるという隙間を調整するためにビスを締めるという締め方にしないと、ノブが回転し... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/22 05:54
USB 3.0のポートは2.0とは違うみたい^^;
 WIN10のマシンへ繋げるものの設定などしてますけど、USB 3.0とUSB 2.0とでは違うようで、ジャックは繋げても、データ転送には、合うポートを使わねばできないようです^^;;;ようやく、古いプリンターをWIN10で使えるようになりました。EPSONのインクジェットの複合機のプリンターPM-A750ですが^^; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/19 07:57
「バスの喉の奥に刺さった時の針の外し方」って、抜くだけです^^;
 魚の口に刺さった釣り針を抜くという事では、口に掛かったとしても、喉の奥に掛かったとしても、「釣り針のカエシの引っ掛かりを外しつつ、刺さった時と逆の動きで抜く」ということはいつでも同じです^^。問題は、釣り針を外れる動きに動かせる小道具、針ハズシなどを持っているのかいないのか?と魚の口の中に入れられる大きさ、細さなのか?ということだけだと思いますけど?^^;;;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/18 06:07
今年の2匹目、3匹目をゲット♪
 「1匹目は??」という声が聞こえてきそうですけど、それは、3月末にあげました^^;;ちょっと、忙しかったので、書かずに過ぎてしまい、そのままにしてました^^;;それと、今のPCでは、うまく写真が取り込めてないので、載せることもしばらくは無理そうです^^;;;USB 3.0のポートが何やら悪さをしているような・・PC前面の・・^^;;;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/16 22:44
中古品のコネクタは、注意が必要かも!(−−;)
 昨日はすんなり立ち上がって、問題なく動作していたはずのNewマシンが、起動不良で、少し焦りました^^;;「映像信号がありません。」とか、キーボード入力が出来なかったりと解決するのに、ちょっと時間がかかったかも^^;;問題は、コネクタピンの接触だったようです(苦笑)「PCが繋がれていません。ケーブルを確認してください」のエラーメッセージが出て来ていたから、そっちの話なのかとコネクタを抜いて、ナノカーボンを塗りました^^;;通電改良剤ですが。まあ、余計な事だったかもしれませんけど、まだ、WIN10... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/15 19:34
檜原湖のライブカメラはあるけれど・・・。
 檜原湖にも、現在の状況を確認するためのネット配信のライブカメラはありますが、聞いてる所では、氷はまだまだあるようで、溶けてないとか^^;;昨日は暑かったけれど、一昨日は雪が下でも舞いました(−−;)給油したスタンドの人の話では、配達で檜原湖方面に上ったら、吹雪だったとか^^;カメラとしては、剣が峰のセブンイレブン横のカメラがあり、名前を今正確には書けないけれど、沼のカメラがあったと思います^^; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/15 17:20
おNewのPCにて、書き込み♪^^
 「おNew」という使い方自体、年をとった方でないと馴染みがないかもしれませんけど、快適ですね、やっぱり、新しいのは♪(笑)^^;;まだ、完全ではないけれど、細々した設定などは、その都度問題を見つけて解決していくようなやり方しかないので、ぼちぼち使いながら、PCを手懐けていこうかと思ってます^^;まだ、いまいち、分かってないことが多くて、とりあえずの始動という感じなのですが^^;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/14 22:43
やっぱり、セットアップは厄介ですね^^;
 古いPCとOSを使い続けてきて、とうとうサポートが切れました^^;;なので、新しいPCをと言うことで、組んだのですけどBIOSセットアップの所まで、まあ、今はBIOSとは違う呼び名のものらしいのだけれど、そこで設定したあとのOSのインストールで躓きました^^;;;;;;(苦笑)やっぱり、PCのセットアップはすんなりとは行きませんね^^;;;これは、まだ、古いPCのままですけど(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/13 07:10
「ラインローラーに上手く糸が入らない」って、糸がたるんでいるからでは?
 スピニングリールでキャストした後、ハンドル回して、ベールアームを倒して、回転させると、ベールアームが糸を拾って、アームの回転と傾斜とでラインローラーの所に自然と入るように作られています。糸が上手くラインローラーの所に行かないというのは、スプールから出ているその糸の元のところがたるんでしまっていて、ベールアームがラインを拾えてない場合、そういう現象になると思います(−−;)スピニングリールのキャスト後の糸の巻き始めでラインがたるんでいる時、手で引っ張ってでもラインを伸ばす、ピンと張るという事をし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/08 19:47
「スピニングリール ベールが戻りきらない」って、歪んだんでしょうか??
 スピニングリールの糸巻きの回転する金属のU字型の部品、ベールアームですけど、これが、普通なら、パタンと倒れて、スプールに対して直角ぐらいの所まで戻るのが、途中で止まってしまうというようなトラブルが起きたと想像します^^;;ベールアームが正常なら、そういう事は起きないので、アームの形状が歪んだとか、ベイルアームの付け根、可動する部分のビスの締め過ぎとか、その動く部分の隙間にゴミが溜まっているとか、何かの不具合は起きていると思いますけど・・なんでしょうね?^^; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/06 18:59
「バスプロ用と市販のルアーって同じ?」って、同じですね(−−;)
 バスプロが自分で使うルアーを作っている、監修している時など、使う物は釣具屋で売っているものと同じものです。ただし、そのルアーの細かな部分の微調整などは、自分でするから、市販品そのまま、パッケージから出したそのままで使う時もあれば、手直しして、使う時もあるという事だけです^^;まだ売られてない、プロトタイプ、試供品を使っている場合は別ですが。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/02 08:48
「ベイトリールのクラッチの戻し方?」って、おやまあ(−−;)
 ベイトリールの可動部は、ハンドル、ドラグレバー、メカニカルブレーキ、クラッチレバー、あるなら外部ダイヤルなんてくらいのものです^^;クラッチを戻したいのなら、普通はハンドルを回すだけなのですが、それが戻りきってないとなれば、外側からできる事は、もう一度クラッチレバーを押し下げられる一番下まで押し下げて、その後、ハンドルを回すだけですね(−−;)戻らぬなら、戻るまで、クラッチ切り、ハンドル回しを続けるだけです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/02 08:00
今月号のバサー誌には、フックとワームのセッティングが載ってますね。
 プロがしているワームへの釣り針の刺し方なども解説されているところがあって、全部が真似できるものではないにしても、どういう考え方でフックを選択しているのか?という事の一部はわかるようなコーナーがありました。フックの形状も図解、写真などで出てますから、参考にはなると思います。その中に、ストレートフックの使い方、刺し方も出てますね^^。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/01 01:37
「伸びの少ないナイロンライン」って、なんて言えばいいのか?(−−;)
 フロロカーボンの糸、PEと比較すれば、ナイロン素材の糸であれば、「伸びる」という現象は起きますから、ナイロンラインの市販されているものの中で、「どのメーカーの何ていうラインが良いのか?」という話しは、実際に使用して、比較している人でなければ答えられませんので、自分には、答えられません(−−;)ただ、傾向としてナイロンラインの細い糸は、より伸びるということであり、太いナイロンラインなら、細いのよりは伸びが少なくなるという事は言えますね^^;;;なので、細い糸でしかも伸びの少ないナイロンラインとい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/01 01:04
「ベイトリールが巻けない」って??
 ベイトリールを使う時、キャスト前にベイトリールのクラッチレバーを押し、押し下げて、クラッチが切れている、スプールが自由に回転できる、スプールのシャーピンがピニオンギアの底の溝から外れている状態にしてスプールを親指で押えて、その状態でキャストに入り、途中で親指の力を抜いて、スプールを回転させ、ロッドの反発力を使って、ルアーを前に飛ばすという事をし、着水後にはベイトリールのハンドルを回す事でクラッチレバーをオン、ギアとギア、スプールとピニオンギアが噛みあう状態にして、初めてハンドルを回すとスプール... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/29 12:39
「ベイトでピッチングの時のブレーキ設定は?」って、人それぞれかも?
 ピッチング、ラバージグなどを片手でロッドを持ち、片手でルアーを持ち、振り子的なキャストで送り込む釣りの場合、ベイトリールのブレーキの設定はその人の使い方でまちまちと思いますね^^;;ボートでの釣りであれば、ピッチングだけする時もあれば、ピッチング、時々アンダーハンドキャストなんて事もあるでしょうから、そういう場合には、どちらでも対処できるブレーキ状態にするのが普通と思います。ピッチングしかしないなら、メカニカル0(ゼロ)、メインブレーキも限りなくゼロという設定もあるかもしれません^^; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/29 12:14
「スピニングリールの巻きを軽くする方法」って、言われても(−−;)
 スピニングリールのハンドルを回した時に感じる重さが、自分の感覚の中で少し重いと感じる場合はありますけど、その原因が何なのか?をはっきりさせねば、軽くする方法は見つかりませんね、たぶん(−−;)リールのギア比が通常より高い場合、当然、巻きは重く感じる事になります。ギア比からくるものは、ギア比を変えねば、直りませんので、まあ、無理ですね、解消は^^;そのほかの原因の時に、多少、悪あがきをする余地があるだけでしょう!(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/28 06:25
ベイトリールの糸が巻けないという症状
 ドラグが締まっていて、ハンドルを回してもスプールが回転せず、ヌルヌルという感触で糸が巻けないという症状を経験しました^^;これ、クラッチの戻り不良ですね、自分の場合は。クラッチを切りなおす、もう一度、クラッチレバーを押し下げて、ハンドルを回して、クラッチをオン、繋がった状態にできれば、解消します♪^^。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/23 01:22
「ベイトリール グリス切れ 症状」って、なんだろ??
 ベイトリールのギア部に付けられているグリスの場合、削りカスの混入によって、黒ずんだり、灰色になったりするという事はあるけれど、グリスなので蒸発はしないから、グリスが切れる、無くなるという事はありませんね、自分が見てきた限りにおいては。ドロドロになっていたとしても、グリスの名残の物体がギアの所には着いてます、たぶん^^;;ベアリングのオイルの方は、蒸発ではないのだけれど、使用によって、ほとんど無くなってしまうという事はあり、こちらの場合、「音がうるさくなった」とか、静かに回っていたのが、「ゴロゴ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/18 20:06
自分は穴釣り、終了しました♪
 火曜と水曜に連続で穴釣りに桧原湖へ行ってきましたが、これで自分は今シーズンの穴釣りは終了です♪型は小さすぎなワカサギばかりでしたけど、数的には、最後は自分としてはまあまあ釣れて、気持ちよく終了しました♪火曜は数え間違いで3束いったつもりでいましたけど、数えてみたら足りてませんでした^^;水曜は、2束の上にはなりましたので、2日で5束は越えましたので、まあ納得ですね^^。来年は、もう少し大きいサイズになって欲しいと思いますけど、どうなる事やら?? ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/16 20:54
「ベイトリール 糸が巻けない 原因」って、ドラグレバーが締まってますかね?
 ベイトリールを使う時、ハンドル軸の所のヒトデ型の部品をある程度締めておかないと、ハンドル軸の回転とメインギアの回転が同調しない、滑ってしまうから、スプールが回転せず、糸が巻き取れない状態になる事はあります^^;「あ・・糸が巻けない・・・ドラグを締め忘れた!・・」という事なのでしょうかね??長期間、ベイトリールを使わずにいる時、ドラグを緩めておくような保管をするので、そのシーズンの最初の釣りの時に、たまに、そういうドラグの締め忘れで巻き取れないことはあります(笑)^^; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/16 19:55
「スピニングリール ドラグの音がしない」って、音出しバネに不具合が起きてますね(−−;)
 スピニングリールのスプールが巻き取り方向ではなく、糸を送り出す方向に回転する、つまりはドラグが働いている時に出る、「ジジジ・・・」と言う音は、スプールの底などに付いている、音を出すためのバネ部品がスプールの波板状の円形のところにぶつかり、外れるというのを繰り返すことで出ます。なので、ドラグのジジジの音が出ないという事は、音出しバネが外れた、折れた、失くした、形状が変わってスプールと接触しなくなったなどなどのトラブルが起きていると思います。状況は、その部品が正しく取り付けられているのか?存在する... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/16 19:40
「スピニングリール ドラグ構造」って、見てわかりませんか?
 スピニングリールのスプールは、上下動するメインシャフトに取り付けされてます。単純に言えば、ボルトとナットでスプールをはさみつけているだけと言えるのかも?構造とかいう面倒な話ではなく、棒の途中にスプールがそれ以上下がらないような部品があり、それの上にスプールを載せてあって、頭のドラグレバーのネジで締めて、固定しているだけです^^;;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/15 04:29
「代掻き 水入れる?」って、水がある程度ないと出来ないと思います。
 田んぼの作業として、田植をする前に、田んぼの土を細かく砕き、水平に均すという作業がありますが、これを代掻きと呼んでいると思います。田んぼの代掻きの前には、田んぼの土を耕し、その後で水を入れて土の塊をふやかし、細かく砕けるようにしておいて、それから代掻き作業をする事になると思いますね。代掻き前に入れた水も、代掻き当日には、作業後に均した土の表面と水の水面とが差が少なくなるように水抜きしてから作業しますけど。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/12 00:25
「フサスグリを焼酎で漬けることはできないのか?」って、出来ると思いますけど?
 可憐な小さな赤い実であるフサスグリを焼酎で漬け込むことはできるのか?という話しですけど、出来ると思いますね^^。今はフサスグリが家にないからしてませんけど、前にあった時には、フサスグリの実を焼酎と氷砂糖で甘く漬けたものがありました。果実酒を作るやり方で、漬け込むことは出来ると思います。その分量とかはじぶんはしりませんが^^;;;(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/12 00:01
「ベアリング交換の意味ある?」って、経年劣化と耐久性の意味がわかれば答えはでるはずです。
 リールにも小さいサイズのベアリングが使われているけれど、その交換に意味があるのか?という検索をされた方がいます。意味があるのか無いのかは、どういう使い方をしたいのか?という事にも関わるのだけれど、少なくても機械としてのリールという点では、「経年劣化」と「耐久性」という事の意味が理解できれば、機械部品としてのベアリングの寿命を考えれば、それは、自分で答えがわかると思います(−−;) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/11 23:48
まあまあ、良い場所に当ったかも?
 晴れたり、曇ったり、吹雪いたりとめまぐるしく天候が変化しましたけど、桧原湖へ行ってきました。島周りを離れて、辺りに誰も居ない所にテントを建てました。9時半過ぎぐらいからの釣りでしたけど、午前中で96匹で、午後の3時半納竿で235匹でした^^。まあまあでしたね。サイズは相変わらずのメダカサイズだったものの、たまに普通サイズのが釣れたので、今までの場所よりは良かったように思います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/08 19:32
「ロッドフィニッシャーは何時間回す?」って、エポキシが固まるまでですかね?
 ガイドスレッドをエポキシでコーティングした場合、ロッドフィニッシャーとかロッドモーターとか言う、ロッドを回転させる道具を使いますけど、これの作動時間は季節とエポキシの固まり具合で変えます。でも、まあ、24時間ぐらいは回しているかも?(笑)エポキシが流れない、動かなくなるまで回せば、十分です^^。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/08 18:40
「メインギアが摺動子(すりどうし)に干渉する」って、取り付けミスでしょうね(−−;)
 スピニングリールのメインシャフトの下の部品、摺動子(すりどうし)とか、オシレートとかいうものは、ちゃんと取り付ければ、メインギアがどこかに接触するような状況にはなりません。だって、買った時に、そんな違和感は感じなかったはずです。オシレートのメインシャフトへ取り付けるときに、「その向きをどっち側にするのか?」というのを正しく見て、覚えておかないと、そういう不具合になる可能性はありますね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/08 18:10
「テントを飛ばさない方法」って、固定をしっかりするしかないです^^;
 ワカサギの穴釣りをテントでする場合、風が強いとテントを飛ばされる危険はあります。強風時にもテントで頑張っているワカサギ釣りの人達のテントを見れば、わかると思うのですが、テントのテッペンや脚、ポールから紐などを雪に突き刺し、立てたドリルなどに結んでいるような風対策をしてますね。やれるとしても、そういうテントを固定する紐を張るぐらいなものです^^;;テントの下の方にヒラヒラした部分があるなら、そこに雪を載せて、テント周りを雪で囲むというのも手段です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/07 03:53
「スプールシャフト グリスアップ」って、どうなんでしょう?(−−;)
 スプールシャフトと言うからには、ベイトリールのスプールシャフトのことと思うのだけれど、そこにグリスは塗りませんね、自分は(−−;)だって、スプールの回転を阻害するから。ネバネバのグリスとサラサラのオイルとを比較すれば、どちらがスプールの回転を良くするのか?は自明のことであって、余程の回転の良過ぎるスプールのベイトリールで、回転を少し遅くしたいとかいう特殊な状況で無い限り、スプールは、高速で回転し続けるようにグリス、オイルを選択するのが普通と思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/03 21:35
作業時間短縮と思ったのだけれど・・・(−−;)
 3月1日も桧原湖に行って来ました。午後に予定があったので、遅くまでは釣りはできない状況でしたので、「昨日、開けた穴を使えれば、テント設営の時間は短くなるな・・同じ穴使うか・・。」と思ってました。ところが、そこには既にテントが建っていて、もくろみは見事に外れてしまいました(−−;)仕方なく、近くではあるけれど、離れた場所に穴を開けて釣る事になりましたね。延長棒とそれを繋ぐためのビス、工具を持って行ったので、今シーズン初めての延長棒のドリルでの穴あけ作業となりました。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/02 21:09
「筆の墨継ぎをしないためには」って、意味がわかりません(−−;)
 書道で筆文字を書く時、文字数にもよりますけど、2行の30文字とかいう長さの文字を書くような時には、必ず、、墨を途中で筆に吸わせなおすという事が必要になるし、そうやって、継ぎ足しつつ書くというのが普通ですね^^;書体によっては、3文字連続で、墨継ぎ無しで書くような書き方も当然にあるのですが、全部の文字を墨継ぎ無しで書くと言うような事は、不可能と思います^^;;;どこで墨を足すのか、墨継ぎするのか?が、練達の書家と素人さんでは全然違うわけで、その墨継ぎの場所の良し悪し、文字、墨色との配置バランスな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/02 20:30
「ロッドのエポキし剥がし」って、スレッドのコーティングのですかね?
 ラインガイドリングのフット、脚をロッドのブランクに巻き締めている糸をコーティングしているエポキシの剥がしのことであれば、最初は、カッターナイフなどでエポキシと端の方のラインを削って、コーティングされている中の糸、スレッドをブランクから浮き上がらせる、一部、剥がれた状態にする所がとっかかりですね、自分の場合。その状態にしてから、スレッドの切れてない糸の端をつかめるのであれば、その糸を引っ張りつつ、ブランクを回せば、ベリベリとコーティングされたエポキシは、剥がれ落ちていきます^^。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/02 20:03
いよいよエクステンションバーが必要かも?!
 桧原湖の氷の厚さも、厚くなってきて、今日はドリルで一番底の氷を割るのに苦労しました^^;ドリルの延長棒、エクステンションバーが必要な状況になってきたかもしれません。桧原湖も北部と南部の状況は違うから、北部の場合には、必要ないかもしれませんけど。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/28 20:17
「釣り針を抜け難くするための突起」って、カエシのことでしょうね(−−;)
 釣り針の部分の名称とでも検索すれば、アゴとかカエシとかいうのが見つかると思うのですけど?釣り針という釣りの道具の各部分にも名称はあって、そういうのを書いてある所を探せば、出ているはずです。釣り針メーカーさんのHPにでも行けば、あると思うんですけどね・・なぜに、そういう見つかりにくい検索を幾度もしているのかが、自分にはわかりません(−−;)カエシの事は、英語ではバーブとかいうので、バーブレスと言う場合、アゴ、カエシがない釣り針という事になります。ヘラブナ釣りの釣り針は、バーブレスのケースは多いで... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/28 19:37
「スプリットリング伸びる」って、弱いからでしょうね(−−;)
 ハードルアーのトリプルフックをボディーから吊り下げるための2重のリングがスプリットリングですけど、これが伸びる場合、スプリットリングの強度が釣る対象魚や使う場所の状況と比較して、弱いという事だと思います。市販品のルアーに元々付いていたスプリットリングをサビその他の理由で自分で交換した場合、そういう事が起きるケースはありますね。もっと、強いスプリットリングに交換するしかないです^^;;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/28 19:04
「SVSインフィニティー 調整の仕方が分からない」って、シマノのHPに動画があります。
 SVSインフィニティーというのは、シマノのベイトリールの新しいタイプの遠心力応用のブレーキですから、その調整方法が分からないというのなら、シマノのHPに行って、シマノTVというタブを開き、釣りの項目でバスを選んで、2016年度の製品プロモーションの動画の中から、調整法方の動画を見つけられれば、動画で見れますね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/24 21:18
「フリップキャスト 飛ばない」って、距離を出すものじゃないと思います(−−;)
 フリップキャストをしても、飛距離が出ないということで検索されている方が居るようです。でも、フリップキャストは、飛距離を求めるキャストじゃなく、狙った所に正確に落とす精度の高さを求めるキャストと自分は思うので、飛距離が出なくても、良いと思いますけど?^^;オカッパリで使うというよりは、ボートでの釣りで使うキャストと思います。10m〜15mぐらいの距離での10cm円の中に落とすようなキャストと思うので^^; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/24 20:10
晴天なれど、ワカ様のご機嫌は、よろしくなかったです(−−;)
 釣り場で数えて、102匹と思っていたものが、家で数えなおして111匹だったので、どこでどう間違ったのかが不明なのですが、2/22に111というぞろ目な結果となりました^^;(笑)晴天無風でした。午前中で数えていたのが59匹だったのですが、午後にそうすると52匹釣った事になるのだけれど、そこまで午後に釣れたとは思えないので、数え間違ったのだと思います^^; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/22 20:37
「金属 硬度 本」って、理科史年表に載っていると思いますけど?
 自分は理系ではないのだけれど、本屋さんなどの徘徊は好きだったので、いろいろな分野の本を見てました^^;;化学系などの本のコーナーか、物理などの本のある所であれば、理科史年表とかいう辞書と言うのか辞典と言うのか、物質とか天文とか金属とかのデータが一まとめになっている本がありますね^^。ネットでビッカース硬度の表を探すか、モース硬度の表を探すかして、それで飽足りないのであれば、理科史年表を本屋さんで見つけて、買っておくと、まあ、素材その他のいろいろなデータなどは、それで間に合うかもしれません。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/22 20:01
「サシの頭はどっち?」って、尖ってる方ですね(−−;)
 ワカサギ釣りなどでのエサとして使うサシ虫は、ハエの幼虫ですけど、これの頭がどっちなのか?という検索がありましたけど、動きを見ていれば分かるんじゃないでしょうか?サシが前進する時、尖った方が前になっているはずです^^;先端の黒い物が、眼というのか、感覚器というのかの部分らしいです^^;; ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/22 19:16
「エポキシコート 下地か分からない」って、ありますね^^;;
 ロッドガイドスレッドのエポキシコーティングする場合、ロッドブランクの上に塗られたもの、エポキシを綺麗に剥がすという事をする事になるけれど、「ロッドブランクなのか、エポキシなのか?境目が分からない・・?」となる事もあるでしょうね^^;;;自分は、スレッドによる波板状態の部分を削り落とし、その凹んだ部分の底で円筒形にできたのなら、それ以上に削ることは無いです。カッターの刃を立てて、横に移動し、薄く粉状に削り取れる部分があるうちは削りますけど、そっと、優しく、ゆっくり、刃を動かして、それで、エポキシ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/16 19:47
「クランクベイト 特徴 把握」は、ウォブルとロールでしょうか?
 クランクベイトを水中で巻いた時にどういう動きになるのか?という時、ボディーの真ん中あたりを中心軸として、頭とお尻が左右に動く動きをウォブルといい、クランクベイトの正面から見て、ボディーが左右に傾くのをロールとか言う言い方をしていて、クランクベイトの動きは、このウォブルとロールの組み合わせになり、ウォブロールなどとも言ってます^^;ウォブルの一往復、ロールの一往復の時間的な長さの長短で短ければ、ピッチが早いとかともいう事もあり、そういう所のモデルの差をもって、そのクランクベイトの動きの特徴として... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/16 19:32
「ガイドコーティング エア抜き用 アルコールランプ」って、無いですかね?
 ロッドのガイドスレッドをエポキシでコーティングする時に、教科書的には、アルコールランプでアルコールの炎で炙って、空気を表面に浮き立たせて、抜くような事が書かれてます。自分も、一応、アルコールランプも準備しましたけど、いろいろ面倒なので、今は、使ってないですね^^;;ホームセンターの塗装コーナーあたりに、試験管とかビーカーとかが置いてある場合、その近くにあるかも?カインズホームでアルコールランプは買いましたね。アルコールは、薬局へ行って、探して、買ったように思います^^;;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/15 20:12
桧原湖のワカサギの反応、渋いっす(−−;)
 昨日、行って来ましたけど、渋かったです(−−;)「平日なら、楽かと思ってたのに・・。」とお隣のテントの方も言ってましたけど、「平日でこの渋さは、ワカサギの食い気が無いとしか、思えない・・ダメな日か・・。」でした^^;9時ごろからの釣りでしたけど、意地と根性とでのジャスト、1束でした^^;;;3時45分ごろまで竿出してました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/15 08:24
「スコップにロウソク、塗り方」って、隙間なしに全部です(−−;)
 「子供のお絵かきで、何がなんだか分からないけど、画用紙が全部、クレヨンで塗りこめられていて、白い所が無い・・・。」たぶん、ロウ、パラフィンワックスをスコップなどに塗る場合の塗り方の例えとしては、これ以上に良い表現は自分には思いつきません^^;;ロウに色が付いてなければ、見えにくいのですが、「ロウを塗る」と自分が書く時、「隙間無しに塗る」という事で書いてます^^;;水を弾く目的なので、少しでも隙間が開くと、そこを基点に雪が付着する事が多いですね^^;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/15 07:45
「スピニングリール ベアリング交換 優先順位」って、状態で違うかも?
 スピニングリールのボールベアリングの交換で、最も痛みが早く出るのは、ラインローラーの内側にベアリングが付いていれば、そこのベアリングでしょうね^^;その次という事になると、なかなか難しいです。スピニングリールは、ハンドル軸とピニオンギアの軸が交差して、角度が直角になっているから、この動力の伝達での軸の角度から来る負担の出方で、どっちの軸の受け部品、ベアリングが痛むのかは、そのリールの構造などで違うからですね^^;;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/15 07:12
「スピナーベイトのラバースカートを長持ちさせる方法」って^^;
 スピナベ、ラバージグ、バズベイトなどでは、細切りのラバースカートが巻きつけられてます。これを長持ちさせるという話では、使ったら、水気を切って、干し、乾かして置くという事になると思いますけど、そのラバースカートのラバーの素材の違いで、劣化が防げ無いもの、やや防げるものと違いは出るでしょうね^^;;生ゴム製のラバースカート、最近は少ないと思いますけど、これは、天然素材ゴムなので、劣化は防げません。シリコンラバーなら、かなり長持ちすると思います^^。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/15 06:40
「フックシャープナー 寿命」って、どういう形式かで違うと思います。
 シャープナー、平たく言えば、砥石、砥石的なものとなります^^;その中で、ダイヤモンドのツブツブを塗りつけ、固めたようなタイプのシャープナーなら、そのツブツブが取れて、少なくなって、研ぎにくくなれば、まあ、寿命といえるのかも?金属の棒状での溝切りタイプの場合、似たように、溝が磨り減って、無くなる、砥げなくなると、まあ、寿命でしょう^^;後は、シャープナーが砥石の場合、砥石なので磨り減って無くなるまでは使えるはずです♪さて、お使いのシャープナーは、どういった形式、タイプのものなのでしょうか?? ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/15 06:23
「09スコーピオン 分解図」は、シマノのHPにあります(−−;)
 09年度に発売されたのは、スコーピオン1500XTなので、このベイトリールの分解図、図面は、シマノのHPから、アフターサービスのタブを開いて、部品価格表とかを見つけられれば、そこから、ベイトリールを開いて、スコーピオンシリーズのベイトリールのモデルのページに行って、09スコーピオン1500XTのファイルを開けば、見れますね。7〜10年前ぐらいに発売されたリールのモデルに関しては、そのリールの発売元のHPで、そういった探し方で、見つかるはずです。ダイワさんも、ABUも同じです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/15 06:04
致死性不整脈って、なんなんだそれ?(−−;)
 アイドルに興味は無いけれど、若くして逝った子のその病名には、驚きましたね(−−;)エビ中というグループの松野莉奈さんという方の死因についてのニュースを見ました。致死性の不整脈とか。それって、いったい何なんでしょう??「ホ」のせいなんじゃないの?摂取してから6時間で心筋に蓄積するとかいう話もあるから、もし、そうなんだとすると、事態は深刻なんじゃないかと危惧します。そして、絶対にそのせいとは報道しないだろうし・・。戦時下の報道統制みたいなもんなのかな?今の時代は・・・・(−−;) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/11 00:27
「桧原湖ワカサギ仕掛け」って、聞いた話ですけど・・。
 今や、桧原湖での仕掛けの主流は、落とし込みのスピード重視で、4〜5gとかの捨てオモリを使い、素早く落として、仕掛けの中ほどとかに打った、小さなガン玉オモリ、ジンタンオモリで仕掛けを馴染ませて、それでアタリを取るような事になっているとかいう話を聞きました。穂先も、ガイドが穂先の上にではなく、スピニングロッドのように下側にガイドのリングがあるような穂先になっているのだとか・・^^;そうなんですかね??^^;自分は、浦島太郎なのかも?10年ぐらい、仕掛けも穂先も自作電動リールも変えてませんので^^;... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/09 22:23
魚探に反応あるも、ワカ様のご機嫌斜めで撃沈(−−;)
 昨日、穴釣りに行ってきましたけど、風が時折強く吹きつけて、テントがたわむ状態でした。朝の吹雪で目標を確認できず、若干ズレたというのもあるけれど、魚探の反応に比べれば、ワカ様のご機嫌は悪かったらしく、1束に届きませんでした^^;;風が強くなってきたことで、これ以上粘ることをしても数は伸びないとの判断で早めの撤収でしたけど。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/09 02:21
「ドッグウォークのコツ」って、リズム感でしょうか?^^;
 トッププラグの水平浮きタイプを左右にスライドさせる連続動作をドッグウォークとかウォーキン・ザ・ドッグとかいうテクニックがありますけど、これのコツは、ロッドの穂先でラインを一気に引いたら、穂先を戻しつつラインを緩めることで、これを一定間隔でリズミカルにできれば、ドッグウォークすると思いますね^^ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/09 02:20
「ワカサギ釣り ソリへの道具の乗せ方」って、重心のことでしょうか?
 ワカサギの穴釣りを徒歩で道具を持っていく時にソリを使ってますが、このソリへの道具の乗せ方での注意点は、左右、前後へ傾かないように道具を乗せることぐらいです。硬い雪、氷なら多少の重心の崩れも気にせずにいられるのですが、雪が多少深い場合、ソリに乗せた荷物の重心の傾きは、ソリを引くときの抵抗になるから、出来るだけ傾かないように積むのがコツかも? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/09 02:19
「ワカサギ 穂先 何故角度調整?」って、穂先が長いからでは?
 20cmを越える長さの穂先をワカサギ釣りに使う場合、特に、今年のようにワカサギのサイズが小さく、みにくいアタリを捉えて、素早く、鋭くあわせる必要がある場合、穂先を水平にしておくより、やや下向きの角度にしておく方が、穂先を上げたことによる糸の引張りでの合わせる力の伝達が水平よりしやすいからではないでしょうか? ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/08 06:48
「コールマンスポーツスター 炎 不安定」と言われても(−−;)
 ホワイトガソリン使用の小型のストーブ、コールマンのスポーツスターU508Aという道具は、ワカサギ釣りで使ってますが、燃料タンクにピストンで加圧し、それで燃料を押し出すような仕組みです。炎の出る場所、円盤と波型円盤との隙間がサビなどで目詰まり起こしていれば、綺麗な均等な炎にはなりにくいし、ジェネレーターという上を横断している燃料の給油管は、炎で熱せられることで、燃料タンクへ熱を伝えて、燃料の気化を促すし、その管の中に燃えカスというのか、カーボンと言うのかが詰まれば、燃料供給が安定せず、炎も安定し... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/08 06:21
平日休みも悪くないかも?♪
 水曜日に桧原湖に釣りに行った時の結果ですが、262匹でした。8:35分ごろから釣り始め、午後の2時50分ごろまでの釣果です^^。まあ、数はそれなりなんですが、なんとも小さいワカサギの多いこと(−−;)66匹の普通サイズに対して、残りの196匹のメダカサイズという比率でしたね^^;;;4匹釣って、少し大きいのが入れば良い方で、なかなか普通サイズも回ってこない感じでした。今回は、島周りです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/04 18:05
サイズが小さいとは聞いていたけれど、ここまでとは・・(−−;)
 今シーズン初めての穴釣りに行ってきました。「釣れるけど、サイズが小さいんです・・。」とは、聞いてましたが、ここまで小さいとは・・^^;;;「アタリが見えない・・。」とか、「掛らない・・。」とかいうのも検索でありましたけど、メダカサイズのワカサギを確実に掛ける術は無いと思われます(−−;)翻弄されましたし、自分も^^;;「とりあえず、穴釣りはした」と言う感じで、装備不良につき、4時間半ぐらいで撤収してきました^^;;;(苦笑) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/31 00:50
2017の03号Basserは、永久保存版かも?♪
 今月号のBasser誌を読んでたら、「これは、重要だし、ここまで書いてくれる雑誌はもう無いかも?!♪」と思いました。「バスは色を見分けられるのか?」とかいう検索はたまにあるのですが、その答えは、今月号のBasserの12P〜46Pに全て書かれてますね^^。編集、お疲れ様でした♪目の話しは、興味深かったです♪^^それと、色選びで迷う時、その時の天候からくる照度と水の透明度、色とを考えろ!というのは、なるほどと思いました♪カラー・セレクターの話しは懐かしかったかも?(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/27 19:38
「ベイトリール 上手く行かない オーバーホール」って、無理にしなくてもいいのかも?
 ベイトリールという横軸型のスプールを持つ糸巻きのための道具は、小さくても機械なので、それなりにメンテナンスをする必要はあります。でも、オーバーホールというような、全部品の分解、掃除まで必要か?と聞かれれば、「トラブルが出てないなら、無理に分解する必要はないんじゃないの?」と答えるしかないですね^^;;まあ、ベアリングへのオイル点し、ベアリングのお掃除、メインギアやピニオンギアの歯面へのグリス塗りぐらいは、適時にした方が良いと思いますが、それ以上の分解は、部品のバランスを狂わせる事も引き起こす可... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/23 20:04
「車 ハンドルを回してもタイヤが回らない」って、当然ですけど?(−−;)
 ハンドルは、車の前輪、前のタイヤの向きを調整するものですから、タイヤの向きは左右に変えられても、タイヤを回すことはできません(−−;)運転するなら、それぐらいは理解してないと駄目なのでは?タイヤが回るのは、ブレーキを踏んでない時であって、ブレーキを強く踏めば、タイヤの回転を止めるような事になります。凍結路面でブレーキ踏んでタイヤがロック、止まる状態でいくらハンドルを切っても、その方向に車が進むことは無いです。タイヤが回っていて、初めて、タイヤの向きを変えるハンドル操作が効果をもたらすので。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/21 01:41
「車の屋根の雪は落とした方が良い?」って、そうです(−−;)
 車の屋根に降り積もって、高くなっている場合、走り出す前に、その屋根の雪は、できるだけ取り除く、落として置く方が、運転する本人にとっても、その車の後ろを走行する人にとっても、安全ですね(−−;)車のお手入れでのワックス掛けをまめにしている場合、車の屋根の雪をそのままにして走り出し、ブレーキをかけて止まると、屋根の雪がフロントガラスに雪崩れて来て、前が見えなくなります(−−;)危険です!!お手入れをあまりしてない屋根の場合には、そういう危険は減ります^^;;(苦笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/18 18:18
「ワールドシャウラのロッドの数字は?」って、シマノのロッド記号表記を見れば分かります(−−;)
 ワールドシャウラは、シマノさんが出しているロッドで、監修は村田基さんです。なので、ロッドの数字と記号の表記は、シマノのロッドの表記になってます。4桁の左の1とか2が、ベイトロッドかスピニングロッドかの違いになるし、その右側の3桁部分がロッドのft(フィート)表示による長さになり、その後のRとかSとかがアクションであったり、パワーであったりの数字と記号になると思います。詳しくは、シマノのHPに行って、ロッドの記号の表記の仕方を読んで下さいm(__)m ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/18 07:55
桧原湖、雪の蓋は出来てました♪
 手続き関係で時間を取ったついでに、桧原湖偵察に行ってきましたけど、とりあえず、全面の結氷状態は確認できました♪でも、まだ、氷が弱くて乗れる状態ではないですが^^;;冷えて、きっちり凍るのを待つだけとなったようです^^。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/18 07:35
「雷鳴って、豪雪(−−;;;」
 やけに静かだと思ったら、積もってます、雪(−−;;感覚で、積雪35cm程度^^;明日の朝、道まで出られるのか?自分^^;;;;;;;(苦笑)雪かき決定なので、寝ます(笑)これで、桧原湖も結氷することでしょう♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/12 23:23
「桧原湖今だ結氷せず(−−;)」
 「年明け、10日頃には、いい感じで凍るのではないか?」と自分は予想してましたけど、桧原湖周辺の住人の友人の話では、昨日の時点で、「凍っているのは、南部の東と西の端っこだけです!」という話でした^^;;;今日は、一日雪降りだったので、それなりに雪のフタも出来たとは思うけれど、結氷が予想よりは遅れてますね、今年の桧原湖は^^;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/12 19:41
「リール クリアランス調整」って、どこのことなんでしょうね?^^;
 スピニングリールとベイトリールでは、糸の巻き取り構造が違うから、「クリアランス調整」するにしても、どこの隙間を調整するのか?というのは、全く違った話になります。ギアの噛み合せの深さの調整としても、できる事と出来ない事があり、スピニングリールのメインギアとピニオンギアのかみ合わせの調整は、多少いじることが出来るけれど、ベイトリールのメインギアとピニオンギアは、ハンドル軸の止め方にもよるけれど、ほとんど手が出せないような構造のリールが多いです^^;;さて、どっちのタイプのリールの話しなんでしょうか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/12 19:23
「ミノーで釣れない」って、魚の1m以内にキャスト出来ているのでしょうか?(−−;)
 ミノーという細身の魚の形のルアーを使う時、そのミノーが浮き上がる、水面に浮いているタイプ、フローティングなのか、水に浮かず、沈むタイプ、シンキングタイプなのか、水中に漂う、止まる、サスペンドタイプなのか?という3つのタイプのどれなのか?をちゃんと知って、それが有効であるように操作するしかなく、基本的に、魚の近くを通さなければ、釣れません、ミノーの場合^^;;それが出来てないから、釣れてないんじゃないでしょうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/12 05:41
「反転流 見つけ方」って、水面を見るしかないですけど・・^^;;
 流れがある所、普通は川と思うけれど、とにかく水の流れの表面、波立ちとか、波紋とか、浮いているゴミとかを手掛かりに、その水がどう流れているのか?を見て、どういう場所では、流れの方向が変わるのか?というのを理解するしかないです^^;;;そういう事をしていれば、反転流を見つけるのは、そんなに難しいことではなくなるのですけど・・これも、慣れが必要ですね^^; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/08 22:12
「手漕ぎボートはどこの筋肉が必要?」って、まあ、全身なんですが・・^^;;
 手漕ぎのボートをゆっくり漕ぐだけなら、腕の力とでも書けば良いのかも知れませんけど、ボートをある程度、早く漕ぐという場合には、腹筋、背筋、腕の筋肉、握力、脚の膝上の筋肉などなど、全身の筋肉が鍛えられていないと、早くこぐのは難しいのかも?(苦笑)^^;;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/07 23:37
「バス釣りはハイギアとローギアのどっちがいいの?」って、釣り方ですね(−−;)
 釣り方は、何のルアー、ルアータイプを使って釣りするのか?によります。ワームをヘビキャロで使う釣り方とミドルダイビングのクランクベイトを使うのとでは、釣竿に要求されるものもリールの巻き速度も違ってくるからですね(−−;)そういう、使うルアーのタイプ、種類で、適切な巻き速度、巻き上げ速度が違ってくるという事を理解してなければ、選ぶのは難しいのかも?でも、知っていれば、自分が心地よく巻けるギア比はどれぐらいなのか?は自分で見つけられると思うのですけど?? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/07 22:56
「ザリガニが穴を掘る理由」って、冬眠のためと思いますけど?(−−;)
 ザリガニがなぜに穴を掘るのか?という検索がありました。そういうのは、ザリガニがどういう動物なのか?とか、一年の生活史がどういうものか?というのが分からないと理解し難いとは思いますが、人間は恒温動物で体温の変化はそんなに大きくない状態で活動しますけど、ザリガニは変温動物なので、気温が下がってくると体温も下がってしまい、活動し難くなるから、寒い冬は、穴の中に入って、冬眠、暖かくなるまで待つという行動を取ることが理解できれば、分かると思いますね^^;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/05 02:57
「ハリス 接着」って、しないと思いますけど?(−−;)
 釣り針を結ぶのに接着剤は使用してません。基本的に、ナイロン系の糸を使う場合、その結び方で釣り針をしっかり巻き締めて、抜けないようにする結び方を使用するから、接着剤を付ける必要が無いからですけど・・。普通の釣り針とハリスの結びには、接着剤は使いませんね。特殊な糸とか使い方のために接着剤で補強することはあるかもしれませんが、自分の釣りの中では、接着剤をつかっての釣り針と糸の結びはありません(−−;) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/03 00:54
「ラバージグ ラバー溶ける」って、保管方法と素材の問題と思います(−−;)
 ラバージグというオモリ付きのフックとラバーの細切りが巻きつけられているルアーでは、保管に注意しないとラバーが溶けることがあります。これは、ラバーの素材の種類とワームのオイルというのか脂分との相性の問題で、溶ける組み合わせではラバーはドロドロに溶けますね(−−;)ラバージグはラバージグで保管すれば、そういう事は起きないと思います^^;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/29 23:27
「バス釣り 底物にはフロロライン?」って、釣り方にもよりますね(−−;)
 オカッパリで釣りをするのか、ボート等で釣りするのかでも、ルアーと自分との距離、ロッドとラインの角度なども変わります。オカッパリで遠投、40〜50m投げれば、水面とラインとの角度は最初は小さいものになるので、それで、底近くをズルズル引くとか、トレースするとかいう釣り方をしたいのであれば、ナイロンやPEよりもフロロカーボンのラインの方が適切かもしれません。でも、底に障害物が多く存在し、何かに当ったら、ロッドを煽って、ルアーを底から離して、引っかからないようにしたいとかいう使い方ならば、比重が重くて... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/25 20:21
「ボート ロープの結び方」って、ロープワークで検索すれば出るのでは?
 船舶免許の学科の教本でも持っているのなら、そこにボートで使うロープの結び方は、5種類ぐらいは出ていると思います。なので、本屋さんなどへ行って、そういう本を探すか、ボートに限らず、ロープのいろいろな結び方が出ている、「ロープワーク」という本を探すかでしょうね、自分で覚える資料にするのなら。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/25 19:54
「スピニングリールのラインローラー交換」って、良く分からないですね(−−;)
 スピニングリールのスプールに糸を巻く時に、糸の方向を変える部分にある部品として、ラインローラーがありますが、これは、金属製で表面にメッキ加工などを施して、ツルツルにしてある鼓型の円筒形の回転する部品です。このラインローラーの回転が滑らかであれば、巻き取り時のラインの金属表面にこすれる摩擦という物は少なくなり、回転状態の改善はラインローラーの交換ではなく、内側のラインローラーを支える部品にベアリングを付けるようなことで行いますから、ラインローラー自体の交換と言うのは、表面に大きな傷がついたとかで... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/21 18:30
「スピニングロッドのガイドの数」って、使うラインの太さによるかも?^^;
 昔の6〜7個ガイドリングのロッドを使う時、スピニングリールに巻く糸の太さは5〜6lbぐらいの太さが無いと、ガイドにこすれるその摩擦でライン切れが起こるかも?!フロロの4lbラインをそういう古いタイプのガイドリングのスピニングロッドで使っていて、「なんでラインが切れたんだ??」という事が数回ありました^^;;それで、4lb以下のラインを使う時、スピニングロッドのガイド数は、9〜11ぐらいの小口径の多数ガイドのロッドの方が良いかも?♪と思いましたね、今年。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/20 21:47
「S字カム式スピニングリール 上下死点 ブレ防止」って、リールの構造で決まりますね(−−;)
 スピニングリールのスプールの上下運動、メインシャフトの上下動とも言い換えられますが、この動きの上と下でのブレについては、リールの中のスプールシャフトのブレを防止する仕組みがある、無いで決まりますから、後から手を加えて何とか出来るという物では無い気がします^^;;;安物スピニングリールでは難しく、高級スピニングリールには、はじめから、そういう部品が付いているという事ですね^^; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/20 21:26
「田んぼの水 どこから抜く?」って、排水口からですけど(−−;)
 田んぼには水が入らないという事は無く、取水口としての、水の取り入れ口と排水するための排水口としての、尻水口とかいう、入りと出の2つの水口があると思いますね(−−;)排水の悪い田んぼの場合、1箇所だけでなく、2箇所、3箇所と排水のための口があると思います。基本的に、畦の一部を切り、板などを掛けてある場所で下流側の口が排水口です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/20 20:49
「ワカサギ 前アタリがわからない」って、それは、そうかも?^^;
 ハッキリしたアタリが出る前に、モゾモゾとついばんでいる時のかすかな穂先の動きが出て、その後、大きな食いついた時のアタリが出る場合に、前のモゾモゾを「前アタリ」といい、後の大きなはっきりしたアタリを「本アタリ」と言うだけで、常に、その順番で、必ずアタルわけではありません^^;;;なので、前アタリなしでのいきなり本アタリと言うケースもあり、それは、その時の状況で変わりますね^^;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/18 07:27
今シーズン初の積雪が15cm越えてます(−−;)
 なにやら静かと思ったら、窓の外は白、雪が積もってました(−−;)しかも、降り続けてるし・・。路面状況は積雪、そして、時間が経てば、圧雪になって、アイスバーンになると思われます。雪道運転は、スピードを出さないのが基本なので、自分でハンドル操作でコントロール出来る状態で運転するしかありません。車は、滑りはじめたら、なかなか止まりませんので。安全運転で事故なしで過ごしたいですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/17 07:06
「SICリング 経年劣化」って、しないと思いますね(−−;)
 古代遺跡から、土器の破片が出てくることはあるし、昔の窯のあとから、陶器の破片が出てくることはあるけれど、その破片の表面が劣化してボロボロという話はあまり聞きません。陶器と磁器では違うけれど、SICはいわば瀬戸物、陶器です。なので、10〜30年ぐらいでの経年劣化は考えなくて良いと思いますね^^。瀬戸物は割れれば元に戻ることは無いから、割れない限りと条件はつけますが。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/13 04:55
「ベイトリールギアに糸が入った」って、不思議な気がします(−−;)
 ベイトリールのギア、ドライブギア、メインギア、ピニオンギア・・名前はいろいろかもしれませんけど、とにかく、ハンドルの軸に付いているギアとこれと噛みあう径の小さなギア、ピニオンギアの歯面はハンドル側のカバーの内側にあるから、ギアに糸が入ることは、その構造上、自分には考えられません(−−;)あるとすれば、それは、スプール軸と噛みあう、ピニオンギアの底の部分であって、これは、スプールを引き抜くことが出来るのなら、その時に糸がらみも抜き取る事で解消する、外れるから、直ると思うのです(−−;)いったい、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/13 04:26
「ラインローラーに糸が挟まる症状」って、隙間が大き過ぎるからでしょね(−−;)
 スピニングリールのラインローラーの所で糸が隙間に挟まるというのは、リールの部品としての、ラインローラー周辺の部品の取り付けの向きや位置やビスの締め加減などが本来あるべき姿からズレているという事なんだと思います^^;スピニングリールのラインローラーの隙間に糸が挟まるようじゃ、リールとして使えないから、メーカーさんは、隙間が開かないように作ってます。リールのモデル名が分かりませんけど、ここ10年ぐらいのリールなら、隙間は正しい取り付けで開くことは無いはずですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/13 04:08
「バスは浮き上がるルアーに反応しない」って、それは違うと思いますが(−−;)
 トップルアーの操作テクニック、ミノーのテクニック、クランクベイトのテクニックで、ルアーを水中に潜らせた後に水面まで浮上させて、放置・・そういうものがあるから、バスが反応しない時はあるとしても、「潜らせてから、水面まで浮かび上がらせる」というルアーの操作方法は、有効なテクニック、釣るためのルアーアクションの一つと自分は考えてます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/10 10:33
「ギザギザの刃は砥げる」って、何のことやら??
 刃が欠けて、ギザギザな状態になっているのを綺麗に、真っ直ぐな状態に砥ぐことなのか、ノコギリのような元もとギザギザな状態の刃を研ぐという事なのかがわかりませんね、この検索だと(−−;)でも、「欠けを直す」という砥ぎも、ノコギリの刃を切れる状態にする目立ても、どちらも、砥ぎとして、できる事ではあります^^。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/10 10:09
「キャンプタウンのテントのポールの外し方」って、袋に書いてませんかね?
 キャンプタウンのテントを使っているのですが、そのテントの脚、ポールの取り外し方は、テントをたたんで入れておく袋の所に図解されてます。袋を持ってなければ分からないですが、あれば、見て分かる程度には解説されてますね^^。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/10 09:35
「ブラックバスが浮く時、沈む時」って、気圧のことは理解してますかね?
 地上で普通は大気圧1気圧という重さが掛っているというのは、理解しているのでしょうか?空気は軽くても、気体であっても物質なので重さがあり、その中で地上の生き物は暮らしてます。それが、天気の変化で、高気圧という渦巻きが来た時と低気圧の渦巻きが来た時とでは、若干なのだけれど、空気の圧力が増えたり減ったりするという事はちゃんと理解しているのでしょうか?「お魚は水の中に居るから、大気圧は関係ないんじゃ?」と思っているのなら、それは間違いですね、ブラックバスのように浅い場所にいる事の多い魚では、気圧の違い... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/10 09:08
祭りばやし展、27回目を見て来ました、先週ですけど^^;;
 今年は、いつものように書を見に行くと言うことだけでなく、伯母のお見舞いというのが重なったため、自分としてはバタバタ感がぬぐえぬ遠征となりました^^;レベルアップして、落ち着きも出てきて、なにやら独特の風格までかもしてきたような印象があります。写してきた写真の中から、作品などをつらつらUPしておきます^^;;書評は期待されても、出てこないかも?自分のレベルが低いと高い人のものは何も言えないので(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/06 06:35
「ジャーキングリール」って、はい(??)
 ジャーキングはミノーを使って魚を釣ろうとする場合などに、魚が食いつきやすい、段引きをすることであって、その時にどういうリールを使っていても、ジャーキングという巻きの動作ができれば良いわけで、それは、スピニングリールであっても、ベイトリールであっても、自分が使いやすいと思えるものであれば、関係ないですね(−−;)どうして、そういう専用リールのような事を考えるのでしょう?リールはリールであって、使う人がどう使うのか?を決めれば良いだけの話と思うのだけれど?海の船釣り用とか、磯釣り用、鯉釣り用、雷魚... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/06 05:47
車のマフラーがヤバイ事に(−−;)
 ヤバイといっても、今すぐどうこうするものじゃないのだけれど、マフラーよりエンジンに近い方のパイプの部分でのトラブルがあるというのがあって、このままじゃ車検が通らないとか(−−;;一難さって、また一難という所。古い車だから仕方ないという部分もあるし、でも、もう少し乗れないと困るというのもあって、どうするのか、思案中^^; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/05 07:38
「フロロカーボンは水に浮く?」って、比重からすると浮かないのですが・・^^;;
 水の密度とフロロカーボン糸の密度の話しだけからは、フロロカーボンの方が密度が高いから、比重が重く、水には浮かないという結論しか出ません^^;(苦笑)でも、実際に釣りでフロロカーボンの糸を使っていれば、キャスト後に水面に着水下フロロカーボンのラインが沈まずに、浮いているというのを見ることはあります。これは、水の表面張力と言う話しになり、表面張力を破るぐらいに重ければ沈むけれど、十分に軽い場合には、水面に張り付いて、浮いたような状態を保つこともあるという話しですね^^;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/01 07:43
「私有地の中の水路」であっても、水路なら、官地のはずですね。
 水路が私有地の中を流れている場合、その水路の持ち主は、私有地の所有者ではなく、官地となっているはずなので、国や地方自治体のはずです。それをいじる場合、許可申請が必要になると思いますが、最寄の役場、役所に行って、聞いて見るしかないと思いますね。水路の位置を換える場合でも、そのサイズとか方法とかは、指定されると思います。ご近所の方が、水路を移動させる時に、そういう事をしたというのを聞いてます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/01 07:12
「ベイトリール メカニカルブレーキ 失くした時の対処法」って、再入手するしかないと思います(−−;)
 ベイトリールのメカニカルブレーキは、それを締めて使う場合でも、使わない場合でも、無いとリールのギア部への水の浸入、ゴミの侵入などがある時よりは起きやすくなるし、第一、スプールのキャストの最中の左右へのブレが起きて、ギアへの負担を多くするので、ギアがダメになる危険は、高くなります。なので、メカニカルのブレーキキャップは、ちゃんとつけて、ベイトリールを使った方が良いです。つまり、メカニカルブレーキを手に入れる、買うしかないと思いますね(−−;) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/01 06:57
「車の上に積もった雪はどうする?」って、雪国の人ならわかるはず(−−;)
 車のボンネットや屋根に雪が積もって、車自体が雪だるまになるような時が雪国ではありますけど、そういう場合、走る前に、積もった雪をスノーブラシなどで払い落とすというのは、常識です。「やらないとどうなるのか?」は、その状態で運転すれば、直ぐに分かります、見えなくなって、走れませんので(−−;)最低限、ボンネットの雪、ミラーの雪、後ろの窓の雪ぐらいは払って、視界を確保するというのは、しないと、危険でしょうね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/01 06:35
「桧原湖 水深 地図」って、1/25,000の地図なら、ある程度は出てますね^^。
 祭りばやし展を見に土日に東京へ行ってましたけど、その話しは後で書くとして、伯母のお見舞いで、面会時間の関係で時間が空いたので、神保町界隈を徘徊してました^^;;一番の目的は、ビクトリノックスの最小のモデルを買うという事。結局、お店が無くなっていたのか、見つけられなかったので、本屋さんへ入って、何かないかと物色していると、三省堂書店の1階の山の地図コーナーで、1/25,000の地図があり、それを見てみると、湖などの水深も、ある程度は描いてあったので、裏磐梯の3湖と猪苗代湖のあたりの地図をまとめ買... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/01 06:15
「バス釣り 上手くならない」って、いろいろ原因はあると思いますけど・・・。
 バス釣りという、ブラックバスを釣るというそのことだけでも、上手にできるようになるには、いろいろなことが必要になります。道具を持っていることが最低限としても、釣りに行く時間、回数、それに釣りする季節でも、魚の動きは違うから、春先、春、夏、秋、冬のどの時期でも、同じように釣るというのは、そうそうできる事ではありませんね。「何が悪いのか?自分に足りないのか?」そういう事を考えるしかありません^^;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/23 21:15
いよいよ、来たのかも?(−−;)
 地震で目が覚めました(−−;)揺れは、久々に、大きいと感じるぐらいでしたけど、ぶら下がっている紐の揺れを見る限り、体感できないぐらいの揺れは、収まってはいませんね。これからが、本番なのかもしれません。とにかく、生き延びることが先なので、その後、考えると言うことしかできないかも?自分もどうなるのかわかりませんが、生きてインフラが無事なら、ネットで会える時は来るかもです^^;松原照子さんの予言が当りませんように!大難が小難になりますように!!地球さんに、感謝し、太陽さんに感謝し、生きるという事の意... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/22 06:25
「ミニボート 夜間航行設備」って、灯火でしょうね^^;
 船で出る場所が、内陸の水面なのか、海なのか?でも若干違うかもしれませんが、夜間航行の船の場合、そのサイズによって、掲げるべき灯火が決められています。右舷灯、左舷灯、マスト灯などありますね。バス釣りに使うぐらいのボートサイズだと、3色灯という1個の灯火の中で、左と右と正面だったか、後ろだったかに白色灯という、丸い円盤に3つの色の付いている灯火設備があり、これをつけて、航行する必要があったと思います。あと、レーダーに反応してもらえねば、大型船に気づいてもらえず、轢かれるという事も起きるから、レーダ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/21 21:44
「ハードロール ミノー」って、ロングAとかかも?
 アメリカンなルアーが嫌いでなければ、ボーマー社のロングAというミノーの代表的なルアーがありますね^^。自分は15Aとかいう、ミノーのサイズとしては大きいものを使うのですが、13Aだか14Aだかの2フックモデルがありますので、そういうミノーであれば、ロールの大きなアクションを使えると思います^^。スミスウィックのラトリンログとボーマーのロングAは、ミノーの代表的なルアーであり、アメリカで知らないバスプロも、もってないバスプロも居ないと言う話があって、本当かどうかは自分には分かりませんけど、それぐ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/21 21:30
「スピニングのキャスト フライになる」って、リリースが遅過ぎてませんかね?
 「遅過ぎる」という事には、いろいろ難しいこともあるのだけれど、地面、水面にたたきつけるようなことをしたくなくて、ロッドを振って、曲げた時に、その曲げのパワーを緩やかにするために、わざと、上の方に飛ぶようなタイミングでリリースしているという事ではありませんかね?^^;これは、ロッドのしなりのパワーをロスしているきゃすとになっていて、飛距離はそんなに出ないかも?釣りするのに問題なければ、それでも構わない部分はありますが・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/21 20:43
「スピニングリール 逆転レバーは何のため?」って、何のためなんでしょうね?^^;;;
 スピニングリールにハンドルの回転方向を一方向に限定する、両方の方向に回せるという切り替えレバーが付いてますけど、両方向の回転状態で釣りする事はまずないので、「あのレバーって、何のために付いているんだろう?」と疑問に思うのは、当然なのかも?!^^;;(笑)自分が唯一、「これのために逆転レバーがあるのかな?」と思っているのは、分解して、組み上げる時に、ピニオンギアをローターの真ん中の穴からせり出させる時だけですね^^;;(笑)そういう事をしない人には、必要ないものなのかも? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/21 20:14
「ワカサギのアタリの出し方」って、言われても(−−;)
 ワカサギを釣るその場所とか、ボートとか、屋形船とかドーム船とかで、その誘いの掛け方の違いはあるにせよ、誘わねば、アタリは出ませんね^^;;;(苦笑)どう誘うのか?は、穂先というのか、ロッドというのか、持ち上げて、下げる、小刻みに震わせる・・文字にすれば、そんなところです^^;;あとは、各自の道具でやってみるしかなく、魚の群れがエサ、釣り針の近くに居なければ、食い気が無ければ、居てもアタリは出ません。そんな感じです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/21 20:02
「G−Loomis年代、見分け」って、ブランクの素材でみると、ある程度はできるのかも?
 G−Loomisのロッドブランクは、その作られた年代で、素材の名前が変わってきているので、そのブランク素材を手掛かりにすれば、正確ではないにしても、おおよその年代は分かるのでは?と思います^^;;自分の好きなIM6ブランクは1985〜86年ぐらいですけど、その後、IM7とかXLとかGL2などというブランクのロッドが出ていたと思います^^;;まあ、G−Loomisの会社の製品の歴史などが書いてあるのであれば、それを見ると、わかるのかも?社長だった、ゲーリー・ルーミス氏は会社を売り払って、一度は引... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/21 19:45
「アンバサダーリール銅版」って、メカニカルブレーキの中のやつでしょうかね?
 アンバサダーの古いタイプの丸形ベイトリールのメカニカルブレーキの中に付いている銅色の板、四隅の切り落としのある四角のやつですけど、あれって、ピュアフィッシング・ジャパンのサイトに行って、リールのモデル名で検索して、パーツリストだかの分解図の中から、品番を特定できれば、その番号で、注文かければ、時間は掛るかもしれませんが、入手は可能です♪^^ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/21 19:30
ちょっと体調不良でした^^;
 まあ、この時期なので風邪をひくという事はあるわけですが、迷惑な訪問者によって、少しリズムが狂って、結果、風邪気味になったようです^^;;更新してなくて、心配された方もいるようですが、生きてます(笑)^^;週末の東京遠征もどうやら強行スケジュールになりそうな状況で、準備とか、他の手続きとか、面倒なのが一気に押し寄せてきて、そっちをこなすのが精一杯だったので、ブログは見てませんでした^^;;すいません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/21 19:20
「桧原湖はいつから凍る?」って、年明けと思います^^;;
 桧原湖の水面の凍結は、雪の降り方と気温と風との関係で、水面にシャーベット状の雪が残った状態で気温が低下し、かつ、風の無い夜がこないと、なかなか凍りません^^;;早い年で12月25日過ぎから、一部結氷が始まりますが、凍るのが遅いと、年明けまで凍りませんね^^;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/16 20:02
「ステンレスフレームSICガイドリングがPE対応?」って、チタンフレームでもSICなら大丈夫でしょう
 釣竿にリールを付けるロッドの場合糸を通すガイドリングが付いてますけど、このリングの素材がSICであればPEラインを使うのに問題は無いと思います。今ではトルザイトリングという素材のリングもあるのですけど、海で使っている人達のブログなどを読むと、トルザイトリングだとSICより糸鳴りの音が大きいようなことが書かれてますね^^;;どんな対象魚でどんな太さのPEラインを使うのか?でも変わるかもしれませんけど、PEラインの場合の糸鳴りという現象は、避けられないと思います^^;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/16 19:39
「ワカサギ穂先の可変アダプターの意味」って、穂先でのアタリの出しやすさの差でしょうか?
 同じオモリ、同じ穂先を使った場合で比較して、穂先を水平にした場合と下向きに下げた場合とで、小さなアタリの捉え方、穂先の揺れ方が、水平よりは、やや下向き、下方向の45度とかの方が、穂先のカーブに余力があるから、小さなあたりでも大きく揺れる、アタリが取りやすいという事なんじゃないでしょうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/16 18:54
「トップガイド リングだけ抜けた リングのみ交換する方法」って、普通はありません(−−;)
 トップガイドのガイドリングと言う輪だけが抜けるというのは、SICガイドリングではないリングじゃないと起きないと思います。なぜなら、SICの場合、瀬戸物と同じで、焼き上げてますので、硬く、変形しないから、リングだけ抜けるようなことが縁が存在するので出来ないからです。SICではないガイドリングなら、元のように嵌め戻して、接着すると言う手もあるかもしれません、リングを失くしてなければ^^;; ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/16 18:54
「ベイトリール スプールシャフトが曲がる原因」って、シャフトの強度以上に負荷を掛けたからでしょうね。
 「スプールシャフトが曲がる」という書き方から、リールはABUの古いタイプか、シマノのベイトリールと思いますけど、シャフトが曲がったのなら、それは、シャフトが曲がらない限界を越えた力を掛けたからとしか言いようはありません(−−;)ダイワのベイトリールとか、最近のABUのベイトリールのスプールシャフトは長くない、短いスプールシャフトになっていると思うからです^^;;シマノのベイトリールのスプールシャフトの長いのは、Gフリースプールとかいう特許技術で、ピニオンギアの穴をスプールシャフトが貫通していて... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/16 07:23
「ソリッドティップとチューブラーティップの違い」って、曲がりの出方でしょうね^^;
 釣竿の芯の部分をブランクと言いますけど、その構造として、中空のストローのような中に穴があるブランクをチューブラーブランクと言い、穴の無いブランクをソリッドブランクと言ってます。穴ありと穴なしでどう違うのか?と言うことと思いますが、それは、穂先の部分で言えば、曲がる範囲が違うという事でしょうね^^;;ソリッドティップのロッドなら、穂先をリールのある手元方向まで、完全にU字ぐらいになるまで曲げても折れないことが多いけれど、チューブラーのロッドティップなら、そこまで曲げたら、たぶん、折れます^^;;... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/16 07:06
「稲 脱穀 道具使わない」って、量的にどれぐらいなんでしょうね?
 普通に稲を育てる田んぼの1反とかいう面積、10aとかの広さの稲を道具を使わないで脱穀するのは、大変な作業と思います。でも、バケツに植えた数株の稲の脱穀だと、福島放送(KFB)さんのアナウンサーさんたちが、会社の前にバケツで植えた稲の収穫とかしている映像の中で、割箸を使った脱穀と言うものがありました。稲の穂先を割箸の間に挟んで、それで、引き抜くことで、稲穂の穂先と実、籾を分離してましたね^^。稲の量が多くないのなら、そういう方法もあります♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/16 06:10
「スピニングリール クラッチ異常 重い」って、クラッチないんですけど(??)
 スピニングリールのギア、ハンドルの軸のところのギア、メインギアとスプールシャフトのところのピニオンギアというものは、常にかみ合っていて、離れることはありません。つまりは、スピニングリールにクラッチ、ギアの噛みあわせを切り離すレバー部品は無いのであります(−−;)ということは、クラッチ異常とか書いてますけど、別の原因なのではないでしょうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/14 19:31
「自作ルアー 回転してしまう リップ」って、リップの問題だけじゃなさそうですね^^;;
 リップのあるルアーという事だと、ミノータイプ、クランクベイトタイプなどを考えるわけですが、リップは水圧を受けて、ルアーをある程度の水深まで潜らせる時に重要な役割を果たしますが、回転と言うのは、リップそのものよりも、ルアーのボディーの浮力とボディーの中に埋め込んだウェイトボール、重さのある玉などの大きさ、重さ、位置という首振りしつつも潜って、動くようにするためのバランスが取れてない、ウェイトボールが軽過ぎるとか、位置が悪いなどの影響の方が強い状態かもしれませんね^^;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/14 19:29
「ブラックバス 論文 色」って、英語で探せば見つかるかも?^^;;
 バークレー社の社員さんで、博士号だかをお持ちの方クラスの人の話しと思うけれど、ブラックバスの目の色覚細胞の数とか、反応とかについて書かれたものがあるようで、ヒロ内藤さんがそういうものを読んで、「バスは色を見分けている」という事を話しています^^。まあ、全部、英語で検索、読むしかないと思いますけど・・^^;(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/13 11:26
「スピニングリール ドラグを締めると回転が重い」って、特殊モデルなんでしょうか?
 スピニングリールのドラグレバーは、普通はスプールの上に付いているのですけど、中には、リールのお尻のところ、一番下にリアドラグという形式のドラグの場合もあって、普通のドラグレバーの位置ならば、ドラグを締めたところで、メインシャフトの受け台とドラグレバーでの締め付けなので、ハンドルの巻き重りというのは出るはずも無いものです。なので、何て言うスピニングリールでの話しなのか?というのが明らかにされなければ、正しいとも、間違っているとも書きにくいものなんですけど・・?^^;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/13 11:14
「バス釣り ハイギアリールの必要性」って、Basserの12月号でプロのご意見載ってますね。
 バス釣りにハイギアのリールが必要か、必要ではないか?という事のプロさん達のご意見が、バサー誌の12月号で速さと早さのアンケートとして掲載されてます。まだ読んでませんけど^^;;;(苦笑)気になる人は、買って、読んでみてください♪それで、自分で必要!と思えば使えば良く、自分には必要ない!と思えば、使わなくていいんじゃないでしょうか?釣りの道具をどう選ぶのか?という事も、釣り師の考え方一つですから、自分で決めれば良いだけのことですね^^; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/13 11:03
「道路が滑ってブレーキが効かない時は?」って、日本語としてどうなんでしょう??
 道路は地面ですので、道路自体が滑る事はありませんね^^;(苦笑)路面に接地しているタイヤの摩擦力が小さい状態だから、路面をタイヤが滑るのであって、地面が動く事は無いから、地面が滑る事はありません!(笑)まあ、路面が凍れば、タイヤがノーマルタイヤであれば、滑っても当然と思います。まずは、タイヤをスタッドレスタイヤに履き替える、交換する必要はあると思いますね。雪国では、冬タイヤというような言い方してますが、それは、スタッドレスタイヤのことです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/11 20:51
「ベアリング オイル点し 頻度」って、使っているオイルで違うと思いますが・・。
 ベイトリールを新品で買えば、箱の中に、ベアリングに付けるためのオイルが付属していると思います。そして、取扱説明書で、釣行の4〜5回に1回、オイルをつけて下さいとかなんとか、書いてあると思うのです。純正のオイルの場合はそのようにつければ良いだけです。自分で社外品を使う場合、そのオイルの粘度と揮発性などを考えて、オイルが切れるのが早ければ、毎回とかつければ良く、粘度が若干高くて、持ちがよければ、1ヶ月に1回とかで済むかもしれません。その他は、釣りに行く回数と使う時間で変わると思いますけど? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/11 20:32
「ロッドをしならせるコツ」って、バスロッドでの話しでしょうか?
 バス用のロッドは、H、ハードというパワーの強い、使えるルアーのウェイト、重さの重いロッドであっても、その重さの重いほうのルアーを糸先に結んで、ロッドを振れば、ロッドを止めて、ルアーの重みが加わった時には、穂先は曲がるようになっていると思うのです。なので、普通にロッドを振れば、しなる、曲がると思いますけど・・?まあ、キャストの時にロッドの穂先のほうをしならせて、飛ばすパワーを溜め込むという事では、ロッドは前から後ろというのか、振り上げて、止めるというのが、穂先を曲げるためのコツのようなものなので... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/11 20:01
「砥石の番手が分からない」って、粒を見るしかないですが・・^^;;
 砥石を新品で買った時のパッケージなどには、2000番とか3000番とか、もっと荒いものとかの数字が書いてあるはずなので、それを覚えて置く、記録して置くと、番手は分かります。でも、使い古しの砥石の番手は、良く分からないというのが普通でしょうね^^;;砥石をいくつももっていると、おおよそ、「この色の砥石は、1000番とか2000番とか、なんとなく、見当はつけられますが、そうでなければ、わからないかも?^^;;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/11 20:00
「ワカサギ 穂先はやわらかい方が」って、アタリは見やすくなりますが・・・^^;
 ホスボン素材で自作のワカサギ用の穂先を作りましたけど、細さが一定だと当たりは穂先が柔らかいから出やすく、見やすくなるのですが、柔らかい分、アワセの力も吸収してしまい、なかなか釣り針に掛けるための力が伝えにくい穂先になってしまいましたね、自分の場合には^^;;(苦笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/10 06:42
「ワイヤーリーダーにサルカンを結ぶ」って、ワイヤーを使う時、結ばないと思うのですが?
 ワイヤーのような、細い金属糸の寄り合わせたものを使う時、その端に輪を作るとしたら、穴の開いた筒状の部品を使い、ワイヤーを元の部分と先端との2本を通して、その金属筒を潰すことでワイヤーを止めるというのが普通で、ワイヤー自体を糸のように結ぶ事はしないと思いますね^^;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/10 06:25
「サミング 親指の皮がむける」って、なったことが無いので、わかりません^^;
 ベイトリールのサミングで親指で回転しているスプールに巻かれた糸に触れてますが、それは、強く押さえるほどのことではなく、軽く、糸の回転している状態を感じているぐらいの強さにしてますので、自分は親指の皮が剥けるような事になったことが無いので、話としては聞いたこともあるし、分かるのですが、実感としては、分かりません^^;;メカニカルブレーキを少し使えば、皮が剥けるようなことにはならないと思うので^^; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/10 05:53
「ルアー シルバー塗装 鏡面仕上げ」って、特殊なことだからできないのでは?^^;
 ルアーの塗装でシルバーという色を使う事はありますが、この場合、鏡面のようなピカピカの塗装面にはなりません。それで、自分で調べてみて、金属の表面がそういう鏡のような綺麗なツルツル、ピカピカの場合には、メッキという手法の塗装という事が分かったし、プラスチックの表面でもそういう鏡のような反射する銀色のツルツル、ピカピカな塗装は、アルミ蒸着塗装などの特殊な塗装の仕方という事のようで、それは、そういう設備のない個人では無理な塗装手法と思いますね(−−;) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/09 19:10
「トリカブトの焼酎漬け」って、附子(ぶし)と野ぶどう(馬ぶどう)を間違えてませんか?(−−;;
 トリカブトは漢方薬の世界では、附子(ぶし)とかいわれていて、その根っこなどが、薬として使われていたりするのですが、毒なので、焼酎に漬けて飲むというような事は危険と思いますね(−−;;死ぬんじゃないでしょうか!!!まあ、野ぶどうも毒と言われてますから、生で食うようなことは聞いたことはありません^^;自分のいる田舎では、野ぶどう(馬ぶどう)のことを「ブス」と呼んでいるので、ブスと書きますけど、トリカブトも別の地域では、「ブス」と呼んでいる所もあったように思います。でも、これ、全く別の植物なので、間... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/09 18:56
「モグラはどこで冬を越すのか?」って、土の中でしょうね^^;;
 モグラの生態をそれほど知っているわけでもないけれど、農地周りを見ている限り、モグラは、基本的に土の中にトンネルを掘って、生活してますので、冬を越すのも土の中というのが答えになると思います^^;;モグラの研究家さんがいるのかどうかもわかりませんが、モグラの生活圏は、地表に近いところの土の中なので、それは、間違いではないと思ってます^^;; ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/09 18:54
「最高のバスロッド」って、それは、自分で見つけないと・・・^^;;
 「最高のロッド」と言うのが、自分が釣りをするにおいて、「最高と思えるロッド」というのなら、それは、10人いれば10の別の答えがあるわけで、自分でみつけるしかないと思います^^;それに、バスロッドの場合、ミノーの ○○を使う時に最高のロッドという場合とスピナーベイトの3/8ozを使う時に最高のロッドという場合、ミノーでの最高のロッドはスピナベでの最高のロッドにはなりません。ルアーの動きを最大限に出せるという事だとしても、ミノーの操作に必要なロッドの長さ、パワー、しなり、反発力、トルク・・そうい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/09 18:53
「スピナーベイトのブレイドが回らない」って、どういうタイプのスピナベのどのブレイドなのでしょう?
 スピナーベイトというワイヤーアームの上下でくの字型のルアーのブレイド、回転する金属板があるもので、何枚のブレイドのあるスピナベで、どのブレイドが回転しないとお困りなのでしょう?それが、ハッキリしないと、書きにくくはあります^^;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/09 18:53
「スプール径 どの部分 スピニング」って、上の縁でしょうか?^^;
 スピニングリールの糸巻き部分、スプールと呼ばれているところの径と言う場合、リールの上の方の縁のサイズをいう事になると思います。昔は、スピニングリールのスプールもローターの内側になるインラインスプールとスプールの下の外枠がローターを覆うようなアウトラインスプールという形式の違うものがありましたけど、今ではアウトラインスプールがほとんどになっていると思います。つまり、上側の縁のサイズと下側の縁のサイズでスピニングリールの糸を巻きつけるスプールは、上がやや小さく、ローターを覆う形なので下側がやや大き... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/09 18:53
「ガイドの距離」って、配置のことでしょうね。
 リールを使うロッドには、糸を通すためのガイドリングという部品が付いてます。このガイドリングのサイズとか、ガイドとガイドの間の距離という物には、標準的な仕様があって、それは、ガイドリングを作っている富士工業さんとか、特注ロッドなどを作っている釣り工房のマタギさんとかのHPなどで、ガイド配置のデータが出てます。その通りに配置するかどうかは別として、一つの基準として、そういう数値データを見て、ロッドを作るのと、知らないで勝手にガイドリングを配置するのでは、出来上がるもの、ロッドの状況が変わると思いま... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/07 05:13
「ルアー禁止のところでワームはOK?」って、言葉の意味、範疇を考えれば、答えは出てますね(−−;)
 「ルアー」は、生きている動植物その他でない、釣りの道具であるから、「ルアー禁止」は、「エサ釣り以外は禁止」と同じことと思いますけど?ワームはルアーではないのでしょうか?そこの線引き、区別が出来ていれば、聞く必要も無い話と考えます(−−;)ワームも立派なルアーですね(笑)微妙になるのは、毛ばりの釣り、フライフィッシングですけど、通常、フライはルアーとは別のカテゴリー、区分とされることは多いかも?^^;;そういう意味では、「ルアー禁止」は、「エサ釣り・フライ釣り以外禁止」と言い換えた方が良いかもし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/05 19:04
「ロッドを下げた方がルアーは沈むのか?」って、物によりますけど・・^^;
 ルアーとロッドの穂先、トップガイドと自分の足の裏の位置を点で結んで三角形を描いた場合、穂先を高くしていると足元と穂先を仮に垂直な線とするならば、ラインとルアーを結ぶ斜線のルアー側から見た角度は、穂先が高いときよりは、穂先を下げたときの方が、角度が小さくなるということをまずは理解してみてください。その角度の大きい、小さいの影響がルアーにどう出るのか?で、沈むかどうかは決まりますね^^;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/05 18:42
「反転流の原理」とか言われても、説明は難しいのかも?^^;;;
 水と言う液体の性質というのか、一定の容器の中での水の動きとしてモデル化すると分かりやすいかもしれませんが、うまくは説明できませんね^^;;ただ、バケツや洗面器などで、自分で実験して、確認する事はできます♪(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/05 18:15
「バス釣りのラインのささくれの多い原因は?」って、はてさて(??)
 釣り糸の中でナイロンラインとフロロカーボンラインは、何かにこすれるとラインの表面がささくれますね^^;;でも、新品のラインにはささくれは無いはずです。だから、ここで言う「ささくれ」が、ラインを買って、新品の時のものなのか、使っていての話しなのかが分かりません^^;でも、使っているうちに、「あれ?ラインがささくれてる・・。」というのなら、何かにこすれた証拠でしょうね^^;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/05 17:50
「草刈機 スロットルを開かないのに刃が回転する」って、アイドリング回転数の設定ですね^^;
 エンジンを掛けて、スロットルレバーを引かない、開かないのに刃が回転するというのは、エンジン始動時の回転数の調整ネジの締め、緩めの開き加減です。その設定が高い状態ならば、エンジンを掛けただけで、刃が回転します。まあ、回転しないほどの低速回転でも良いのですが、自分の草刈機だと、刃が弱く回るぐらいの設定になってます^^;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/03 17:21
「バス釣り 掛って、クラッチを切るタイミング」って、それは、状況次第ですね^^;
 バス釣りなどしていて、魚が掛かり、その魚を手元、足元まで引き寄せるというファイトをする時に、魚のサイズがそれほど大きくなくて、使っているラインも十分に太い状態ならば、ハンドルを巻いて、強引でも引き寄せてくることは可能です。でも、サイズが大きく、竿を伸される、引っ張られて、糸とロッドとの角度を90度ぐらいに保てなくなって、一直線状態に近くなってしまうような場合、ロッドと糸の作る角度を一直線に近いとかの状況にするとか、潜られて、引っ張りの力が強い時に、糸を切られないようにクラッチを切って、糸を送り... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/03 17:12
「ボールベアリングのチェック」って、回転チェックでしょうか?
 ボールベアリングの回転状態をチェックするのには、内径にあう棒を差し込んで、ベアリングを弾く、回転させることで、異音の発生状態とか、回転状態を調べる事は出来ます、ラジアルベアリングの時には。リールで使われているベアリングのチェックには、そういうベアリングを取り出し、棒に刺し、回すことで調べてますね。ベアリングチェッカーとかいう専用の金属棒もありますけど、自分の感覚では、への字ピンセットに差し込んで、弾いて、回して、その時の音と回転状態を見るのが、最も、確実にわかると思ってます^^;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/03 16:39
「プラグ丸飲み 外せない」って、外してください(−−;)
 プラグ丸飲みにされて、取り外せないという事のようですけど、柄の長いペンチが釣りでは必需品と書いているのは、そういう時に使うためですね(−−;)指だけでは、丸飲みされると外し難いのは確かです。でも、外せるはずです。トリプルフックが2つなら、フックの先端は6つあることになりますけど、刺さっているのは6個の先端のうちの3つとか4つぐらいのはずなので、それを一つ一つ外していくと、取り出せますね♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/03 16:25
「ワカサギ釣り 紅サシの作り方」って、試したことはあるのですが・・^^;;
 「紅サシって、白いサシに食用の染料で色をつけてるって事は、染料あれば、作れるって事なんだよな?」とスーパーで食用の色素、粉末の赤を買って来て、振りかけてみたことはあるのですが、紅サシの赤は赤ではないようですね(笑)^^;;色がくすんで、釣具店にある紅サシの色にはなりませんでした(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/03 16:05
「チャンピオングリップ フェルール」って、検索ありました。
 チャンピオングリップにロッドのブランクスを差し込んで止めるためには、ロッドブランクスの取り付け部分にフェルールというブランクを保護するための部品を付ける必要があります。このフェルールという部品もチャンピオングリップとなると、丈夫なものが必要になるでしょうね^^;;そういうフェルールを扱っていると思えるショップを検索で見つけましたので、紹介しておきます。大阪の釣具ショップ、叶(かのう)さんです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/03 15:55
「田んぼが乾かなくて、稲刈りできない その対処」って、乾かす以外には無いと思います(−−;)
 田んぼの土が十分に乾いていないと、コンバインを中に入れる事が出来ませんので、コンバインが走れるぐらいには、乾かすしかありません。天気には、勝てませんから、なんとか、水を抜くしかないとは思いますね(−−;)田んぼの1枚の中でも、低くなっていて、水の溜まる部分があるのであれば、そこの水を畦を切ってでも、水抜きするぐらいしか手はありませんけど、畦を切るのが嫌ならば、塩ビのパイプなどを通して、水抜きするぐらいでしょうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/03 15:18
「釣竿のガイドの汚れを取るには?」って、基本は水拭きでしょうか?
 釣りをしていると、ガイドリングを通っている釣り糸がリールに巻かれたり、キャストで出されたりするから、その釣り糸にくっついて巻き上げられる水分、水がガイドリングを濡らし、乾けば、その水に含まれていた水以外の物質が汚れとして付着します。なので、ガイドリングの汚れは、基本的に、水を含ませた布とかでふき取るのが基本的な汚れの取り方になります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/02 17:36
「クラッチツメバネが取れてしまった」って、取り付ければ良いだけですね(−−;)
 ベイトリールのクラッチの動きを受けて動く、金属板の部品をクラッチプレートと言いますが、そのクラッチプレートのハンドル軸に近い方の所にクラッチツメと言う部品が付いているのがベイトリールの部品配置です。クラッチツメバネというからには、バネの部品でクラッチのツメを繋いでいるのかもしれませんけど、普通は、クラッチプレートとツメが部品の凹凸で重ねられているぐらいの話しで、バネでのつなぎは、あまり、無いと思います^^;;バネが付けられているのは、クラッチプレートその物とリールのフレーム、枠本体との間で、フ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/02 17:24
「普通のベイトリールのスプールとBFSスプールの違い」って、重さと径と糸巻き量でしょうか?
 スプールの径が小さいと太い糸は巻き癖が出やすく、飛距離もも伸びなくなります。でも、細糸を使い、飛距離もそんなに飛ばさなくて良いのであれば、スプールの径は小さい方が軽いものを飛ばしやすくなるので、有利ですね^^;スプールの糸巻き量、つまりは、糸を巻く部分、スプールの溝の深さですけど、これが浅くなれば、糸の重量も少なくなり、回転慣性も低く出来るから、径の小さい、糸巻き量の少ない浅溝スプールは、ベイトフィネスには合ってます♪そして、BFSスプールは、出来る限りの軽量化、スプールの自重をかるくするよう... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/02 16:51
「リール ハンドルベアリング オイルかグリスか?」って、そこは好みかも?^^;
 リールのハンドルのノブ部分にベアリングを入れている時、そういうモデルの時に、ベアリングにオイルを点すのかグリスを入れるのか?は、「ハンドルノブがどういう状態でどのぐらい回転して欲しいか?」という事になると思います。無音に近く、いつまでもクルクル回転していて欲しい場合、それは、オイル以外の選択肢はありません。「ハンドルノブなんて、ハンドル回す時に回ってくれれば良いから、クルクル回転する必要なし!」というのならば、オイルでもグリスでも好きに使えば良いだけですね^^;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/02 16:51
「スプリットリング 閉じ方」って、広げ過ぎれば、元には戻りません(−−;)
 スプリットリング、バネ線を2重に巻いたものは、限界を越えて広げると、広がったままになり、元に戻ることはありません^^;だから、自分がスプリットリングを開くためのL字の先端部分をもったペンチを使わなくなったわけですけど^^;;;;(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/02 16:50
「小型船舶免許 一人持ってれば運転できる?」って、ダメです(−−;)
 平成28年の7月1日より、船舶職員および小型船舶操縦者法の施行規則の一部改正により、小型船舶操縦者の遵守事項に係る行政処分および再教育講習制度が変わったそうです。ちゃんと見張り、前方に何かの障害物、航行する他船の存在など確認していれば、事故が避けられた可能性が高い、事故の多さで、見張りを怠ると、減点されるようになりました。特に、重大事故につながることの多い、ジェットスキーでは、免許の保有者以外の運転は禁止になってます。小型のボートの場合には、港則法とか海上交通安全法とかの適用がある、港湾内とか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/02 16:50
「服に付く植物」って、「ひっつき虫」とかで検索するとでてくるかも?
 「服に付く」っていうのが、「服に種が付く」という事なら、「ひっつきむし」とかで検索すると、でてくるかもしれません^^;犬のお散歩をされている方々には、悩ましい現象のようで、草むらに犬が入り込んだりすると、毛に植物の種が付くようで、その草にいろんな物があると紹介している方が居ます。植物の種を遠くへ運んでもらうための一つの戦略という観点で書かれている人もいます。なので、検索してみてください♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/31 19:32
「ベイトリールのスプールシャフトにグリスをつけるか?」って、つけませんね、自分は(−−;)
 ベイトリールはスプールが回転することで糸を送り出す仕組みのリールです。つまり、スプールの回転が良くないと、飛距離は出ないことになります。ベアリングの状態が良好であっても、その回転を邪魔するものがあれば、ベアリングの性能が十分に発揮できなくなるから、その邪魔者になるグリスはベイトリールのスプールシャフトには付けません。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/31 19:31
「バス 流れ ヨレ 意味」って、水の表面を良く見てください^^;
 川の水が流れているのは分かっているでしょうけど、その水は、どこの場所でも同じように上流側から下流側に流れているわけではありません。岩などがあれば、ぶつかり、その岩の周囲を回りこむように水が流れるし、岩の裏側、下流側には、流れの早い部分と遅い部分とが出来ていることでしょう。岸際でも、川が曲がっている場所では、外側のカーブの岸辺は早く、強く流れているだろうし、内側の岸辺では、下流側から上流側へ、水がゆっくり逆巻いているかもしれません。そういう水の動きをしっかり見て、理解してくださいm(__)m ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/31 19:30
「ハスティー2 潜行深度 いくつ?」って、2mだったような・・?^^;
 潜行深度別のモデルが存在したハスティーですけど、1、2、3,4とかあって、それぞれそのm数、潜るようになっていたように記憶してますけど、何lbラインを使った場合か?は覚えてません^^;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/30 10:37
「墨汁で磁性流体は可能か?」って、墨を磁気を帯びた状態にできるなら、可能でしょうけど・・?
 墨汁のインキの粒が磁性を帯びているのなら可能でしょうけど、磁気は帯びてないと思います。墨であっても、墨は煤と膠で作っているので、磁性は帯びてないと思います。なので、墨汁とか墨から磁性流体を製作するのは無理と思うのですけど?磁性流体の中のツブツブは、磁鉄鉱とかいう鉱物を細かく粉砕したもののようで、マグネタイトでなければ、磁石にくっつく性質は持ってないと思うのですが^^;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/30 10:18
「ラインローラー ベアリング 規格」と言われても・・・^^;;
 スピニングリールの部品設計をメーカーさんがどのようにしたのか?で、ラインローラーの中にベアリングを取り付け可能なのか、出来ないのかは分かれますね^^;;基本的に、ベイルアームとベイルアームカムと言う部分を繋ぐ、止めるビスの外径がベアリングの内径になり、ラインローラーの内側の円のサイズがベアリングの外径になります。隙間があれば、ベアリングそのものだけでは隙間は埋らないから、何かの部品を入れる事にはなりますが・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/30 09:53
「コールマン ジェネレーターの中の針金」って、燃料の噴射量を決めるものでしょうかね?
 コールマンのスポーツスターのようなストーブ、コンロのジェネレーターの金属の筒の中には、細いワイヤーが通っていて、片方は燃料コックの開閉の時に動く半円形の部品に、L字型の金具の部分を入れます。もう片方は、炎の出ているところの下の四角い部分の所につけるわけですけど、その先端の小さな穴の中に入ったり、出たりする事で燃料の噴射量を決めるニードル、針の先端のような尖った形状の部品が付いているのではないでしょうか?分解して、見たことは無いけれど^^;;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/30 09:13
「片手でランディングネットを扱うコツ」って、どうなんでしょうね?^^;
 掛けた魚をネットで掬う場合、自分なりのやり方はあるのだけれど、それが正しいのかどうかは分かりません^^;でも、一つだけ注意していることがあるとしたら、それは、ネットで魚を掬いにいかないことです♪(笑)矛盾しているように聞こえるでしょうけど、そういう事を心がけてますね^^;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/29 07:00
「ベイトフィネスでスピナベ」って、これも自分には意味が分かりません(−−;)
 ベイトフィネス用のロッドは、スモラバのように5g以下の軽量ルアーを扱うのに扱いやすくしたロッドであって、それは、普通のベイトロッドよりもロッドティップが柔らかいことを意味します。つまり、そんな柔らかいロッドでスピナベのような太軸のシングルフックを使えば、強く合わせても、ラインがまた細ければ、伸びる事も起きるかもしれないし、フッキングのパワーをロッドがしなって、消してしまうかもしれません(−−;)スピナベは、普通のバスロッド、ベイトフィネス用ロッドよりは、硬いロッドで使わなければ、フックアップし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/29 06:40
「スピナーベイト バイトはあるけどフックアップしない」って、原因はなんでしょうね?
 スピナーベイトは、太軸のシングルフックであることは多く、これは、フックアップさせる時に、フックを魚の口に貫通させるのに、細軸のフックより大きな力が必要になる事を現します。なので、ロッドのパワーとしなりの状態がスピナーベイトのフッキングを良くするためには必要になると自分は考えています^^;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/29 06:22
「ベイトリール 抜け止め 専用工具」って、それは無いと思いますね(−−;)
 ベイトリールのベアリングが入れた筒状の場所から抜け落ちないように入れてある、五角形、四角形その他の細いワイヤー部品、バネ的な性質の細いワイヤーのものであれば、その抜け止めを外す専用工具は無いと思います。細いマイナスドライバー(メガネのネジ用)とか、縫い針とか細くて、先端の尖った部分のあるもので、ワイヤーの一部を引っ掛けて、持ち上げて、外すという事だけなので、そういう道具があれば、外せますので^^; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/29 06:10
「ロッド 1m 短い?」って、何の魚をどう釣るのでしょうか??
 ロッド、釣竿は、釣りたい魚を釣るための道具であって、狙う魚とどういう状況で使うのか?がはっきりしないと長いとか短いとかは言えません(−−;)バス釣りでは、5ft以上というのがおおよその相場であって、約150cm以上のロッドとなりますが、ワカサギの穴釣りなどでは、テントの中で使うなどするので、50cmでも長いとなりますし、アユの友釣りなどでは、9mとか10mとかの竿も使います。対象魚と釣り方は何なんでしょうね?? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/29 06:10
「スピニングリールのラインローラーのラインの通し方」って、通しませんけど?(−−;)
 スピニングリールのスプールの上にはU字型のワイヤー部分があり、その片方にラインローラーという部品が付いてます。スピニングリールのライン、スプールに巻かれたラインのロッドガイドへの糸の通し方は、スピニングリールのベイルアームを先ず、引き起こし、その状態でロッドのラインガイドのリング、輪、穴に糸を通すだけですね(−−;) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/29 06:10
「チャンピオングリップでベイトフィネス」って、意味がわかりません(−−;)
 ベイトフィネスは、スピニングリールで扱うような軽量のルアーをベイトリールで扱うという点で、ベイトフィネス用のタックル、ロッド、リールは、出来るだけ軽いものを使うのが基本となるから、チャンピオングリップのベイトロッドのような、グリップだけで重さを感じるようなロッドでベイトフィネスって、意味が無いと思うのですけど?? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/29 06:10
「プラグが焼けて火花が飛ばない理由」って、矛盾してませんかね?
 プラグの先端部分が、軽い茶色に焦げているのだとすると、それは、点火での火花が飛んで、スパークして、その結果、プラグの先端部分が焼けたのであって、火花が飛んでなければ、焼けるはずは無く、エンジンが掛からないのはプラグとは別の原因なのではないでしょうか?? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/29 06:09
「コールマン スポーツスター ジェネレーター 役割」って、燃料の気化と加熱での加圧でしょうね^^;
 コールマンのスポーツスターという小型のストーブ、コンロのジェネレーターは、燃料タンクからバルブで燃料を送るパイプとしての役割があり、炎の上を横切るから、炎によるジェネレーターの管の加熱があり、それは、燃料タンク側を暖めることになるので、ポンピングで加圧された状態に熱を加えるので、気体、空気を暖め、結果膨張させるので、加圧という効果が出ると思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/29 05:59
「ベイトリール海に落としたらハンドル回してもスプールが回らなくなった」って、違うと思いますね(−−;
 「ベイトリールを海に落としたので、塩水を抜くためのお手入れをして、その後ハンドル回してもスプールが動かない状態になった。」というのが、正しい文章じゃないでしょうか?海に落としたこととハンドル回してもスプールが回転しない事の間には、直接的な因果関係はありません。部品の状態の話しなので、何かを違う状態にしたからでは? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/29 05:43
「シアノアクリレートはガソリンに溶ける?」って、調べれば、出てきますけど・・。
 シアノアクリレート、一般的には、瞬間接着剤と言ったほうが分かり易いですけど、これらは、ガソリンには溶けないようです^^。シアノアクリレートは、固まりますけど、その固まるための要因は、水分のようで、水分がある事で固まる性質があるようです。ガソリンは、油ですので、水分ではないから、問題なしという事のようですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/26 06:19
「毎回バックラッシュ なぜ?」って、投げ方とリールのセッティングなのでは?
 バックラッシュは、スプールの回転速度と飛んでいくルアーが引っ張り出す、ラインの出る速度とのズレが、糸の出方が遅く、スプールの回転が早い時に起きる現象です。「なぜ?」というのは見てないから分からないけれど、その点を自分で考えて、どうしてバックラッシュしているのか?を考えて、キャストの仕方やリールのブレーキやサミングの使い方、使うタイミングと強さを調整できれば、バックラッシュしないでキャストできるようになりますね、仕組み的には^^; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/25 04:14
「12レガリス メインギアが取れない」って、やりにくいかも?^^;;
 ダイワのスプールの上下動の動きを出す、S字カム式のスピニングリールの場合、メインギアはピニオンギアと噛みあう部分とS字カム用ギアと噛みあうギアとの2つの歯車部分が1つのメインギアに付いています。なので、メインギアを外す場合には、コツが必要ですね^^;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/23 10:46
ロッドを振る事はしない、キャストの手の使い方の練習方法
 狭い日本の住宅事情を考える時、キャストが上手になるための練習は必要と書いても、「ロッドを振れる場所が無い・・。」となる人の方が都会にお住まいの場合、多いでしょうね^^;;田舎に住んでいればともかく、ロッドを振れる場所って、そうそう無いです^^;;;(苦笑)でも、ロッドを綺麗に振るために役に立つ、手の訓練は、ロッドを持たなくても出来ますよ♪^^。そういうのも、自分で考えれば良いのだけれど、日本ならではの道具での練習という事を考えると、剣玉は、良いと思いますし、自分もやってましたね(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/23 09:54
「バス釣り グラスロッド ワームのアタリ分かる?」って、分かると思いますけど?
 グラスロッドはカーボンのロッドより感度が悪いという事であっても、魚のアタリが分からないということもありません。昔は、グラスロッドしかありませんでしたが、それでも魚は釣ってましたし^^;(笑)アタリを釣り人が何をきっかけに捉えるのか?という事だけだと思います。ロッド、ラインの振動で感じ取るのはグラスは不得手でも、ラインとかロッドの穂先の曲がり方などを見てアタリを捉えられれば、何も、問題は無いと思うのですが? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/21 22:47
「バス釣り キャストが上手くならない」って、それは、回数投げるしか・・・^^;;
 そういう検索がありました。でも、「キャストは1日にして成らず!」で、練習とか、釣行回数が増えなければ、難しいですね^^;;キャストの上手・下手という事の中身はいろいろあるけれど、とにかく、「狙った場所付近に落とせる」という、おおよその距離感を自分の体の感覚で掴む所から、始めると良いかも?♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/21 22:31
「鉄板バイブは何故釣れる?」とか言われても・・・・(−−;)
 答えは、魚に聞くしかないけれど、魚は話せないから、想像する事ぐらいしかできません^^;水の中でのメタルバイブレーションのブルブルという振動、左右に動いては戻るという動きの中に、魚が興味を引く何かがあると言う事は、釣れることから、考えられますね^^;;(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/21 22:04
「ダイワ ミリオネア コルクノブの外し方」って、専用工具があるんですけど・・。
 ダイワのミリオネアのハンドルノブのキャップには、小さな窪んだ穴が2つあると思います。あの、くぼみにピッタリ嵌るようなねじ回しというのか、専用工具がミリオネアを新品で買えば、箱の中に入っていて、それを使ってネジを回して、緩めて、外すのですけど・・・無くても、代用は効きますね^^;先端の鋭く尖ったラジオペンチであれば^^。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/21 21:45
「プラスチックの割れを補修する接着剤」って、プラスチックの種類によって、使い分けないと・・。
 プラスチックというのは、石油から作られるものの総称のことで、実質の分子式の違いで、現在使われているものでも30〜40種ぐらいのものがあったと思います。詳しくは無いけれど、検索した時にそんなぐらいの数のプラスチックがあるという事を知りました。つまり、「割れを直したい時」、そのプラスチックが何と言う種類のプラスチックなのか?を絞り込み、そのプラスチックに合った接着剤を使わないと、くっつかないと思います^^;;プラスチックだけでは、全く分かりません(−−;) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/21 21:22
「鎌を使わない稲刈り 手作業」って、難しいのでは?(−−;)
 稲刈りの時には、コンバインの方向転換の空間を作るために、稲刈り鎌という稲刈り用の鎌で稲の株を手作業で刈り取るような作業も、田んぼによっては必要になり、自分もそういう四隅の稲刈りを手作業でしました^^;草刈り鎌では稲は刈りにくいかも? ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/21 20:57
「フローターフィン 落とさない方法」って、フィンセイバー使えば良いだけでは?
 フローターで浮いていて、フィンが外れると、キックが効かなくなるので、フィンが外れないようにしっかりとベルトで止めるのが大切ですけど、外れる事もあるので、フィンが水中に落下しないようにするというのも必要です。それには、フィンと足首とを紐で結んでおけばよいだけですね^^;専用のバックル付きの紐もありますが、取り付けられるような部分がフィンにないと、簡単には取り付けられませんけど、穴があれば良く、無いなら、穴を開けるだけです^^;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/21 20:34
「魚探でのワカサギの映り方」って、使っている魚探で違うと思いますけど?
 魚探、魚群探知機は水中を音波で探索し、質の違うものを画像、映像で画面に映し出しますが、その画面に映ってくる映像がどうなるのか?は、魚探が使う音波の周波数とトランスデューサーという発信機&受信機の音波の反映する角度で違ってくるので、どの魚探を使うか?で、映り方は違ってくると思いますね(−−;) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/19 05:37
「ハンドルノブ ベアリング 外れない」って、外れないって事はありません(−−;)
 ハンドルノブの所にベアリングが付いているのなら、きつくはまっている事はあっても、はずれ無い事は無いです^^;ただし、はずすのに、小道具が必要かも?先端の曲がった、針金などがあれば、それの先端をベアリングの穴に通し、裏側に引っ掛けて、持ち上げれば、外れますね^^。専用工具として売っていますけど、自分でゼムクリップなどの針金部品の金属棒を伸ばし、先端をL字型に曲げて作っても、使えます♪(笑)曲げた先端部分の長さがベアリングの内径、内側の穴を通るサイズでなければ使えませんけど^^; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/18 04:24
「プライマリーポンプ故障 ダイヤフラムから音がする」って、草刈機のでしょうか??
 草刈機のプライマリーポンプカップという半透明のゴム部品がダメになり、交換して、その後、キャプレターの所のガスケットとダイヤフラムも交換したのですけど、プライマポンプと関係のあるダイヤフラムは、円形の金属板のあるダイヤフラムで、そこのダイヤフラムとガスケットを交換すれば、直ると思います^^。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/18 03:48
「リール ドラグの音がしなくなった」って、言われても・・・・(−−;)
 「リール ドラッグの音がしなくなった」という検索がありましたけど、ドラッグではなく、ドラグですね^^;;それと、「リール」には、糸巻きのスプールの縦置き型か横置き型か?で、縦なら、スピニングリールとなるし、横なら、ベイトリールとなります。ドラグの音出す仕組みもリールのタイプで違います。さて、どんなリールなんでしょうか?? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/18 02:58
「シロクマグリス 使い方」って、動画があります^^;;
 IOSファクトリーさんのドラググリスの「しろくま」というものですけど、これの使い方は動画でUPされてますのでそれを貼っておきます。基本的に、スピニングリールのフェルトのドラグパッドへの浸潤で使うドラググリスです。自分も使ってますけど、ベイトリールのドラグへは塗ったことがありません。ベイトリール用とも思わないし、フェルトじゃないと効果が薄いと思うので^^;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/17 06:42
「13メタニウム ブレーキパイプとは?」って、開く側のカバーの真ん中の金属です^^;
 13メタニウムに限らず、シマノのベイトリールのSVS∞、SVSインフィニティーというブレーキシステムのベイトリールでは、開けられる側のサイドカバーの真ん中のベアリングの外側にある金属の部品がブレーキパイプになりますね。外部ダイヤルを回すと、出っ張ったり、引っ込んだりする、その金属部品がブレーキパイプであり、メインブレーキの掛かり具合を強くしたり、弱くしたりする部品です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/17 06:06
「フリームスのローラーがはまらない」って、変ですね?
 ダイワのスピニングリールのフリームスですけど、11年モデルと15年モデルがあると思うのですが、どちらの話しなのかが分かりませんが、どちらであっても、部品を正しく取り付ければ、元の通りになるのが普通のことです。なってないのなら、何かが違っている、ちょっとだけ部品の取り付け角度とかが間違っているという事はあるかもしれませんね^^;確認してみてください♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/17 05:42
「ベイトリール ベアリングを変えても回転が良くならない」って、何ででしょうね?
 ベイトリールのスプールの回転状態が良くなくて、それの解消のためにベアリングを交換したけれど、回転の悪さがそのままと言うことは普通はないです^^;スプールの回転状態という時、ブレーキの設定を一度最小とかゼロとかにしてみて、回転をチェックしたのでしょうか?ブレーキをあるレベルで使っている場合、そのブレーキの設定がスプールの回転を邪魔しているという事はあるかもしれませんけど・・? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/17 05:17
「下巻きの止め方」って人それぞれでしょうけど・・・・。
 ベイトリール、スピニングリールのどちらでも、下巻きと言うあまり糸を巻きつけてから、使う糸を上に巻くという巻き方をする時、下巻きは下巻きのまま、上の糸とは結びつけずに別にする人も、下巻きと上に巻く糸を結ぶ人もいると思うけれど、自分は、下巻きの糸と上の糸を結ぶ使い方してますね^^; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/17 04:29
「リールハンドル カシメタイプの構造 分解」って、元に戻らないかも?です(−−;)
 リールの安い価格帯のハンドルノブの所は、ハンドルで回す中心の軸とそこから離れる距離をとるための棒や板の部分とそこの端の方でのハンドル軸と平行になる、ハンドルノブの軸があり、_г左の記号の_の部分がハンドル軸、гの縦の部分が板の部分、上のーの部分がハンドルノブの軸となりますけど、棒、板とハンドルノブの軸との接合が、金属と金属を穴とそれに入れる部分ではめ込み、きつくはまることで動かないようにしているのが、いわゆる、カシメという取り付け方になりますね^^;なので、一度、外すと、穴と入れる部分の大きさ... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/15 04:11
「エンジンキルスイッチ 草刈機」って、形式はいろいろかも?^^;;
 通称、草刈機、商品としては、刈払機というものには、肩下げ方式のも、背負い式のもありますし、そのメーカーさんもいろいろあります。エンジンが掛からなくなるスイッチとして、キルスイッチと呼ばれているスイッチが必ず付いていると思いますけど、そのスイッチがレバー式のもあれば、押しボタン式のもあると思います。なので、草刈機でキルスイッチのタイプも違うと思いますね^^;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/15 03:39
「ワカサギ 赤虫の半切り」って、え??(−−;)
 ワカサギ釣りで使うエサには、サシと呼んでいる、小バエの幼虫とユスリカの幼虫の赤虫などがありますが、サシは半切りに出来るけれど、赤虫は半切りするとエサとしては意味がなくなると思います、赤い体液が流れ出てしまうから(−−;)サシと赤虫を間違えていませんか?? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/15 03:35
「スピニングリール 糸巻き量少ないのはダメですか?」って、ダメではないけれど、良い事は少ないです。
 スピニングリールのスプールの糸巻き量が少ない状態では、一番外側の糸がスプールの径より小さくなるから、スピニングリールのキャストの時に、スプールに巻かれた糸が出て行く時に、必ずスプールのエッジ、縁にぶつかるようになり、それは、糸がスムーズに出ないという事になるから飛距離が落ち、良い事は無いです(−−;)糸をスプールの外側いっぱいに巻けるほうが良いのですが、糸を買う余裕が無いとかであれば、仕方が無いのかも?まあ、糸をケチって、良い事は無いけれど^^;; ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/13 23:57
「バスが釣れる人とバスが釣れない人の差は?」って、これまた面倒な質問ですね^^;
 誤解を恐れず、端的に書けば、バスが釣れる人は、その日、その時にやる気、食い気のあるバスの近くにルアーを届けられた人で、釣れない人は、そういうバスの側にルアーを届けられなかった、効果的に誘えなかった人でしょうね^^;;(苦笑)バスが居る所にルアーを投げられないと、バスが居ない場所ではどんなにテクニックのあるバスプロでも、居ない物は釣れません^^;;そういう事です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/13 23:27
「稲刈りの後、肌がちくちくする」って、肌を出している時点で間違いですね(−−;)
 稲刈りの時の服装は、手刈りであっても、長袖、それも糸の目の荒いものではなく、出来るだけ詰まった、目も糸も細く、中に細かいゴミが入り込まないような生地の長袖てないと、布地の隙間から、籾の表面の小さなトゲが侵入し、肌に突き刺さり、チクチク、ヒリヒリする感じになります。マスクもする方が、コンバインから軽トラの荷台のコンテナへの籾の移送の吐き出し口付近で何かの作業をする場合も、それは、当然の鉄則でしょうね(−−;) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/13 23:27
「フリップキャストの難易度」って、そんなの数値化した人いるんでしょうか??^^;
 「難易度」と言うからには、「何かの数値で表わせばどんぐらいになる?」という事なんでしょうけど、そういう表のようなものは見たことは無いです(笑)^^;;どうなるんでしょうね?まあ、数値としてどうなるかは別として、釣竿とリールを使ってのキャスト、投げ方として考えた場合、フリップキャストはいろいろあるキャストの中で、最も難易度は高いと自分は考えてます^^;;;; ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/13 23:27
「船尾が重い」って、スタンへビーと言う状態ですね^^;;
 ボートの事には、まだ、詳しくは無いので、「船尾が重い」という検索キーワードではなく、「スタンヘビー」という検索キーワードにして、検索をしなおせば、いろいろ出てきますね^^。試してみてください♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/13 23:27
「ルアーのトリプルフックのサイズが変わると泳ぎ方が変わる?」って、変わりますね^^;
 トリプルフックのサイズ変更に伴う、ルアー、この場合、ハードプラグでしょうけど、泳ぎがそれで変わるのか?と聞かれれば、「変わるね!」と言うのが答えになります^^;でも、ルアーの泳ぎを見て、その違いが分かるかと言うと、「それは分かる時もあれば、分からない場合もある」という事になります^^;;;(苦笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/13 23:26
「ベイトリール スプールをつけるとガタつく」って、メカニカルブレーキの締めがゆるいだけじゃ?(−−;
 ベイトリールはベイトリール本体のフレームとスプールという糸巻き部分が大きな部品としての構成になってます。スプールは独立しているし、使う時にはリールのフレームの中に入れて使います。その時、スプールは糸巻きなので、軸があり、その軸を中心として回転することで糸を送り出す、巻き取るという事をしますけど、軸とフレームとの接触が無く、スプールをつけた状態で指で左右に押してやって、ガタガタと動く場合、それは、メカニカルブレーキの締め加減が足りていない事を表わします。メカニカルブレーキを締めて、スプールがガタ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/13 23:26
「ニゴイ 秋釣れる?」って、釣れると思いますね^^;
 お魚は生きているわけで、ニゴイも生きるためにはエサを食っているという事なので、釣り人が正しく、ニゴイの居場所を見つけて、エサかルアーかは分からないけれど、ちゃんと目の前を通してやれば、食うと思うので、釣れると思ってます♪(笑)今ぐらいの季節だったか、もう少し後だったか、何年か前に、バスを狙って釣りに行ったらニゴイばかりが釣れたことはありますね^^;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/13 23:26

トップへ | みんなの「独り言」ブログ

バス釣りと書道と田舎暮らし、お気楽オヤジの独り言 独り言のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる