バス釣りと書道と田舎暮らし、お気楽オヤジの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 事態は本当に深刻な状況みたい(−−;)

<<   作成日時 : 2011/05/15 07:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 大震災&原発事故から2ヶ月が過ぎ、TV報道も沈静化、平常に戻ってきつつあるように思えていたけれど、進行している事態はMAX級で深刻なようだ(−−;)TVって一体何を報道しているのだろう??政府の操作された情報の垂れ流しがその役割なのだろうか???危機感を煽るつもりはまったく無い。ただ、知ったからといって何が出来るわけでもないが、事実は事実として受け止めるしかないだろう。PCの方はご自分でその内容を見られて、ご判断ください。

 大切なニュースは小さな扱いのニュース、もっと大事なニュースは取り上げられないニュース。本当にそんな気がします。MIB(メン・イン・ブラック)でK役のトミー・リー・ジョーンズ氏が街頭のゴシップ記事専門の新聞を買ってウイル・スミスに、「そんなもん買って何になる?」と聞かれて、「真実はこういう所にあるのさ」風の台詞をいう場面があった。T、U、Vのどれだったかは忘れたけれど、そんな事を真面目に考えざるを得ない現実なのかもしれない。

 帝都放送協会というキーワードで検索すれば、たどり着くと思います。

 こちら→http://shinshu.fm/MHz/60.60/

 原発1号機は水蒸気爆発、原発3号機は即発緩和臨界爆発だとか。アメリカでもプルトニウム239を観測したとか。小出教授の話では、既にメルトダウンだとか。・・・・考えるだけでも、恐ろしい。

 アニー・ガンダーセン氏の話す内容は、能天気とも思える日本のTV報道とは違いすぎてあまりにも深刻な話。なんだか、「日本よ、既に死んでいる。」と言われてる気がする。それでもまだ事態は収まっていない。

 「神様、仏様、誰でもいいから助けて下さい。」とお願いしたい心境です。小出教授の考える最悪な事態が起きないためにも。爆発させちゃいけなかったんですね。そうなるという事の恐ろしさ、影響の酷さまでは予測できませんでした。3号機の爆発は核爆弾の爆発とは違うけれど、ほぼそれに近いものであったという事が解りました。あの時の黒い雲は、井伏鱒二氏の作品の「黒い雨」をもたらす雲だったとは・・・・。

 プルトニウム、ウラン、アメリシウム、キセノン、ヨウ素、セシウム、クロル、バリウム・・・・・だだ漏れですね。再臨界の制御不能じゃないでしょうか???データ隠してる場合じゃないような気がする。



原子炉時限爆弾
ダイヤモンド社
広瀬 隆

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 原子炉時限爆弾 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

放射能で首都圏消滅?誰も知らない震災対策
三五館
古長谷 稔

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 放射能で首都圏消滅?誰も知らない震災対策 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
事態は本当に深刻な状況みたい(−−;) バス釣りと書道と田舎暮らし、お気楽オヤジの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる