アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
バス釣りと書道と田舎暮らし、お気楽オヤジの独り言
ブログ紹介

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
ようやく今年初の檜原湖バス、ゲット♪
 4回目の釣行にして、ようやく、今年初の檜原湖のバスをゲットしました(苦笑)^^;もう11月ですが。まあ、朝からのフルタイムではないというのもあるけれど、なかなか魚にたどり着かなかったのは事実です^^;下の場所でヒントをもらって、ようやく、お魚の居場所にたどり着いた感じですね。まあ、ほっとしてます、釣れて。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/03 20:35
訃報が届いた(−−;)
 直接知っているわけではないのですが、マルチ・プロ・アングラーの本山博之氏がご逝去されたそうです。謹んで、ご冥福をお祈り申し上げます(−人−)合掌。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/31 13:01
「ノーシンカーでの飛距離はどれぐらい?」って、無意味な質問ですね(−−;)
 ノーシンカーというのは重りを使っていないという事だけです。ワームと釣り針だけと言っても、ワームに重さがある以上、そのワームの重さが何gなのか?が無ければ、飛距離の話は出来ません(−−;)なので、無意味と書きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/31 12:42
「ハンドルの回転が悪い時にはハンドル軸のベアリング」って、はて?
 スピニングリールの話かベイトリールの話かで差が出ますけど、ベアリングの問題よりも、ハンドル軸そのものの他のギアとの位置関係で巻きの重さの出る出ないという事はご理解できてますでしょうか?スピニングリールの場合、ハンドル軸を受けるのはベアリングの他にそれを収めている本体のカバーやフレームです。これの位置が正しくないとギアの接触のきつい、ゆるいが出て、重く感じる事が起きるかも?ベイトでも、ハンドル軸を止める金具の関係で微妙な位置のずれが起きるケースはありますね^^;;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/31 12:28
「スピナー 直結」って、どうでしょうね?^^;
 スピナーベイトとスピナーは文字の字面は似ているけれど、物は全くの別物ですので、お間違えの無いようお願いしますm(__)mスピナーベイトはクの字のワイヤーの片方に回転する金属の板があり、片方にオモリ、ヘッドとフックとラバースカートのある、主にブラックバス用のルアーで、スピナーは直線のワイヤーの軸にクレビスというU字の金具に金属ブレイドが付いていて、オモリとフックが下についているのがスピナーですね^^;;;この違いが分かってないと勘違いするかも?スピナべは直結ですけどスピナーはスイベル付きのサルカ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/31 12:09
「スプールゆるゆる?」って、ベイトリールのスプールの場合です。
 ベイトリールのスプールはリールの本体フレームの中でメカニカルブレーキが締め込まれていなければ、指で左右に押せば、少しだけ動く状態になります。これが、「スプールゆるゆる」の状態で、これだとメカニカルブレーキは全く働いておらず、自由にスプールが回転します。でも、このスプールがフレームの中でカタカタ動く状態は、キャストの時にそのスプールのブレが出てしまい、回転の抵抗になって、飛距離が落ちます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/31 11:43
「ベイトリールのクラッチが戻らない理由」って、途中で止まっているからじゃ?
 ベイトリールのクラッチレバーを押して、クラッチを切り、ハンドルを回してクラッチレバーが元に戻って糸が巻ける状態になるのが正常な状態ですけど、クラッチの切れが悪いとハンドルを回してもクラッチレバーが上がってこないで糸も負けない状態になる事はあります^^;;切り直す、ハンドル回すというのを数回繰り返しているうちに元に戻る事は多いけれど。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/31 11:27
「グリスとドラグ用グリスの違い」って、何でしょうね?^^;
 グリスの事をグリスを作っているメーカーさんのHPで勉強すれば、オイルに何らかの混ぜ物をして粘り気を出し、それに用途に合わせた成分を配合してグリスが作られている事が分かると思いますし、ベースとしての石鹸基とか他の物とかの話も分かると思うのですけど?グリスは全体の名称でドラグ用グリスはドラグ部に合ったグリスということではないでしょうか?(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/31 11:00
「スピニングリールは何gまで投げれるか?」って、番手で違いますね(−−;)
「スピニングリールは何gまで投げれるか?」という問いには問題があります。スピニングリールのスプールサイズを示す番手が書いてないからです(−−;)スピニングリールには小さいサイズの物から大物用まで同じモデルでもサイズの違うリールがあり、サイズを示す番手、1000番とか5000番とかのスプールサイズの目安となる数字が無いので、この質問は無意味です(−−;) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/31 10:32
「トップガイド無くても釣り出来る?」って、止めた方が良いです(−−;
 トップガイドリングが無くなってしまったリール用のロッドというのであれば、トップガイドリングを付けて、使ってくださいm(__)m釣り竿のガイドリングの中で無くても良いガイドリングは無いけれど、最も重要なのがトップガイドリングです! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/25 12:40
「フローター 魚探取り付け」って、物で変わりますね(−−;)
 フローターには、O型、U型、V型、H型というフロートチューブの形状での形の違いがあり、どのタイプのフローターなのか?でも、取り付けの仕方などは変わると思います。それに、使う魚探のメーカーさんとモデルによっても、ケースが付いている場合やギンバルブラケットとかいう台座が元々あるものなどでも取り付け方は違ってくると思うのです。なので、フローターのタイプと使う魚探のケース、台座のあるなしで考えるしかありません。一つ言えるのは、魚探の消費電力が大きいと使うべきバッテリーのアンペア数が大きくなり、バッテリ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/25 12:10
この時期の檜原湖は難しいですね^^;
 今日は釣りに行ってませんけど、ここ3回、檜原湖でボーズを食らってます^^;(笑)まあ、晩秋の檜原湖の釣りは良く分かってませんので仕方ないのだけれど、あまりの反応の無さに、「釣り方忘れそう・・・いつもの所でヒントをもらうか・・・。」とこの前、フローターで浮いて、なんとか1匹釣りました、30cmでしたけど^^;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/21 22:59
「ナイロンライン 劣化 見分け方」って、白濁でしょうか?
 ナイロンラインが劣化した場合、新品であれば糸自体の透明感がある状態から、ややくすんだような透明感の減った状態にはなりますね^^;;それと、劣化するとラインのしなやかさが無くなるので、硬く感じるという点もあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/21 22:30
「コールマン ヒーターアタッチメントが嵌らない」って、ありますね。
 コールマンのホワイトガソリンでのストーブ、スポーツスターUの508Aの五徳、金属板の角度は、ヒーター・アタッチメントの切り溝とノーマルの状態ではきっちり嵌らないかも?!^^;;何故にそうなっているのか?はわかりませんけど、火の出るところの皿の上にある、X字型の板をヒーター・アタッチメントの溝に合わせて、少し、曲げることをすれば、嵌ります♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/21 22:01
「ベイトリール 船用 違い」って、何でしょうね?^^;
 バス釣りで使っているベイトリールは、ベイトキャスティング・リールというもので、横方向に投げ飛ばす事が前提のリールであり、船で使うベイトリールは、投げる事はほぼ無く、垂直方向にオモリを落とす使い方のリールになるというのは、使い方の点で初めから違うかもしれません^^; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/21 21:33
「スピナベを巻くのに良いギア比」って、難しい話かも?^^;
 スピナべを巻く時に丁度良いベイトリールのギア比はいくつなのか?という事なのでしょうが、これは、その人がどういうギア比のベイトリールを使ってきたのか?という釣りの経験とも絡む話なので、そういう事まで考慮しないと言えないものと考えます^^;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/10 21:20
「リール ラインローラーの隙間」って、無い状態が正常なはずです。
 スピニングリールの巻き取りの時にラインが引っかかる部分、そこの回転する部品がラインローラーですが、これは正しく取付けされていれば、左右に多少動くとしても、ラインローラーの部品の端がベイルアーム部分の部品と隙間を作ることは無いはずです。隙間があればラインがそこに落ち込み、ネジなどの部品で傷が入り、切れやすくなるから。取り付けの向きとか、部品の組み合わせ方が間違っているのではないでしょうか?ネジの締めが緩いとか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/10 20:40
クランクベイト自作の方は今月号のBasserは役に立つかも?♪
 ルアーのタイプの中で自分があまり得意ではないのがクランクベイトですけど、それを自作しようとしている方には、今、書店、釣具屋さんで売っている月刊誌、Basserは役に立つ、参考書になるかもしれません。前に、自作ルアーが回転するとかの悩みを検索してこられた方が居ましたけど、自分が書ける事は少ないので、書かないでました^^;;そういう部分を特集してあるのが、今月号のBasserでしょうか?クランクベイトのウェイトボールの位置などがはっきり見て取れる、クランクベイトの縦切りの写真は、永久保存版でしょう... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/09 15:10
「バズベイト 黒いペラ 効果」って、シルエットがはっきりする事かも?
 バズベイトのブレイドで黒いものがありますけど、これの効果と聞かれれば、照度の低い時間帯で水中から見上げた時のシルエットがはっきりするということなのかも?水の透明度、濁り、水色なども関係すると思いますが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/09 14:33
「ベイトリールの飛距離にはラインの太さは関係ない?」って、あります。
 赤ちゃんを背中に背負って走るのと、小学生を背中に背負って走る時で、全く同じに走れるのでしょうか?明らかです。ラインと言っても物質である以上、重さはあり、糸が太いというのは糸の断面積が太い方が広いという事であり、つまりは、細い糸より太い糸は重くなりますので、飛びにくくなるという関係になります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/09 14:03

続きを見る

トップへ

月別リンク

バス釣りと書道と田舎暮らし、お気楽オヤジの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる