アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
バス釣りと書道と田舎暮らし、お気楽オヤジの独り言
ブログ紹介

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
「ロッドとリールのバランス リールが重い」って、そんなものでは??
 ロッドにリールを付けるとリールより上のロッドの部分とグリップと呼ばれる握る部分とに分けることができますけど、リールより上、前の部分は長く、グリップは短いです。それって、その状態でロッドが水平になる点はリールに近い所になるはずで、それでバランスすると思いますね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2019/06/15 21:37
小型船舶の操縦は免許を持っている者以外してはいけません。
 平成の初めの頃では、免許を持った者が一人いればボートの運転を免許を持たぬものがしても良いという法律でしたけど、令和元年の現在では、免許を持たない者がボートを操縦すればそれは法令違反となり、処罰の対象となります。免許を持っていない人は運転してはいけません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/06/15 21:15
「ダイワ ワンウェイクラッチの中のリングの向き」って、試せば?
 ハンドル逆回転防止のための部品、ワンウェイクラッチは、ローラーベアリングとその中に入れる筒状の金属、リングチューブとが揃って初めてその動きになります。チューブリングの向きは上下の形状が全く同じならどちらでもOKでしょうけれど、普通は上下で若干違うはずなので、どちらかの決められた向き、上下で使わないとトラブルが出ますね^^; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/06/15 20:43
「風の強い時のバスの居場所は?」って、水中の話ですので^^;
 風が強く吹いて水面が波立つ状況は良くありますけど、そういう時にバスはどこに居るのか?という事でしょうけど、風の影響を受けるのは釣り人であって、水中のバス、魚は風の直接の影響は受けないという事はご理解ください^^;水中には、風はありません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/06/15 20:28
「草刈り機 アイドリングの時にも刃が回る」って、設定値が高いからでしょうね。
 草刈り機のエンジンを始動させ、スロットルレバーは動かしていない、いわゆるアイドリングの状態でも刃が回転していると言うのは、アイドリングの設定値、回転数が高いことを表します。調整して、回転数を下げれば、刃が回転する事は無くなります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/06/15 20:12
「ロッドガイドのスレッドのはがし方」って、削るだけですけど?
 リールwp使う竿の糸を通す穴、ガイドリングのフット、脚の部分の固定のための糸巻部分とそのコーティングの層をどうやって取り除くのか?という事だと思いますが、それって、削るだけです^^;やればわかりますけど、硬いと言っても削れないほどには硬くないので、カッターナイフなどの切れ味の良い刃物でコーティングの層を削り、ラインの厚みの分を削り、糸が切れたら、その部分とロッドのブランクスとの隙間に刃を入れて、はがすだけですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/06/15 20:00
「フローティングミノーはナイロン?フロロ?」って、使い方によります。
 フローティングミノーを使う時に浮きあがりの時間を短くしたいのであれば、浮力のあるナイロンを使えば良いし、ゆっくり浮き上がらせる、少し深いレンジを引きたいとかいうのなら、フロロを選択すれば良いだけなんじゃないでしょうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/06/12 05:19
「スコーピオン1501分解メンテ 注意点」は、逆ネジがある事かな?
 左ハンドルモデルのベイトリールのネジには、普通の緩む方向と逆回転で緩むようになっているネジがある場合があって、それが注意点ですね。スコーピオン1501の場合、ハンドルを外す時に、ハンドルの真中のキャップの所のネジは普通のネジなのだけれど、ハンドルを固定している6角ナットの緩む方向は、右回りであり、これを勘違いするとナットを外せません。力任せに反時計回りに回し続けると、ネジ山が壊れ、ナットが使えなくなります(−−;) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/06/12 05:00
「キャスティングの人差し指に引っかかる原因」って、??
 この検索がスピニングリールのキャストの話であって、キャスティングした時に糸を放した後で人差し指に糸が引っかかるという事の原因が何か?という事であれば、それは、キャスティングで糸をリリースした後で、人差し指を真っすぐ伸ばしたまま、糸から離れた位置に保てないからだと思います^^; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/06/12 04:20
「沈まないドライフライ」って、詳しくは無いけれど・・・。
 フライという毛ばりの釣りで水面に浮くタイプのものをドライフライと言っていると思うけれど、毛ばりに何もしなければ毛に水分が回って、いつかは沈むフライになってしまうと思います^^;;ドライフライの浮力を担保するために、毛ばり用のワックスがあって、それを毛に塗って、沈まないようにしていたと思いますね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/06/12 04:04
「ABU2500C レベルワインダー動かない」って、部品がありますかね?
 ABUのアンバサダーの2500Cモデルのベイトリールの場合、キャストする時もレベルワインドがスプールの前で左右に動くような構造になってます。スプールのハンドルの反対側のプラスチックギア→コグホイール→レベルワインドのギアという伝達順番で動力が伝わるようになっているからですけど、動かないというのは、部品が無くなっているということなのでは?と思います^^;;;; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/05/29 07:48
「ベイルアーム 向き 分からない」って、何ででしょう??(−−;)
 スピニングリールのベイルアームという金属のU字型の部品は、どのメーカーであっても、取り付けのカム、ねじ止めする物が右側にあれば、必ずベイルアームは左側に位置するはずなので、分からないという事は無いと考えます。というのも、ハンドルが右にしてあっても、左にあっても、ベイルアームの回転方向は必ず時計回りのはずなので。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/05/29 07:36
「高比重ワームとは?」って、体積当たりの重さが重い物ですね(−−;)
 ワームはソフトプラスチックでできていますけど、その1立方センチメートル当たりの重さは、中に何かを入れたりすると重くなります。まあ、ほとんど塩でしょうけど、その塩の入っている量が多いほど、重くなるから、高比重ワームと書いてます^^; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/05/29 07:13
「シマノリール ハンドルスクリューキャップ 外し方」って、穴ありですかね?
 シマノでも、ダイワでも、ベイトリールのハンドルの真中に何かの蓋が入っているもので、それをどう外すのか?は穴があるのか無いのかと穴のサイズで違うかも? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/05/29 06:51
「ボートお尻の皮」って、何なんでしょ?気になる・・・(笑)^^;
 手漕ぎボートでお尻の下に座布団のような何かを敷いて、その上にお尻を載せないと、オール漕ぎでガシガシ漕いでいるとお尻の皮が剥けてしまうような・・・・遠い記憶では、あったような・・・・?(笑)座布団とまでいかなくても、タオルぐらいは敷いた方が良いと思います♪^^ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/05/29 06:31
「クロナーク サイドプレートが外れない」って、取説見れば良いのでは?
 「シマノのクロナークのサイドプレートが外れない」と検索きましたけど、フリップオープンという形式なので、開くけれど外れないという状況になっているのではないでしょうか??シマノのHPからアフターサービスのページを開き、リールのモデル名でクロナークを捜し、そのクロナークでも17年製とかノーマルギアとかXGとかあるので、それの該当するモデルを見つけられたら、取扱説明書がネット上で見れるので、それを見ればわかるのでは?と思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/05/29 06:22
産卵、最終組なのかな??
産卵、最終組なのかな??  昨日釣りに行って赤目のバス君たちが釣れました。目の赤さから、産卵後のネストのオスバスと思えますけど・・、どうなんでしょう?? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/05/23 12:12
2015年式、ダイワ、フリームス2506
2015年式、ダイワ、フリームス2506  ’15フリームス2506を分解したので、一部、写真に撮りました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/05/23 12:00
15フリームス2506、巻きトラブル発生(−−;)
 ダウンショットの方で使う事の多い2015年モデルのダイワ、フリームス2506ですが、「なんか、ガツガツ巻きにくくなる・・・オシレートのS字カムの溝の削りが甘かったからか?・・・メンテしないと・・・。」という状態になって、分解してみました。S字カムの溝の削りをしても解消せず、どうやら原因はメインギアの歯面にあるということに気づきました・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/05/23 11:16
「シマノSVSのオン・オフのやり方」って、押すか引くかですけど・・。
 シマノのSVSが古いタイプ、つば付きの円筒形のブレーキシュー、ブレーキうロックの話であれば、その取り付けられているブレーキシューの位置をスプール軸に近い方にすればオフになり、離れた所にすればオンになるというものですね。SVSのインフィニティーブレーキの方は、また違うけれど、まあ、固定すればオフ、可動状態がオンという事になります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/05/23 10:38

続きを見る

トップへ

月別リンク

バス釣りと書道と田舎暮らし、お気楽オヤジの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる