バス釣りと書道と田舎暮らし、お気楽オヤジの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ローターが外れる」って、緩み止めのビスが無いからじゃ?

<<   作成日時 : 2018/07/10 10:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 スピニングリールの糸巻き取りのための回転する枠、ローターがリール本体から外れるというのは、ローターナットというローターとピニオンギアとを接続しておくナット、六角ネジの横の小さなビス、これがナットのゆるみを防止するための部品なんですが、これが付いていない、無くしてしまったなどという状況なんじゃないでしょうか?緩み止めのビスが存在する限り、締め込んだナットが緩むことは無く、したがって、ローターが外れることもありませんので(−−;)

 リールの部品点数はそんなに多いものではないですから、逆に、1個でも無くすと不具合が起きるとも言えます^^;

 ローターナットの緩み止めのビスもそういう部品の一つかも?

 ローターナットを締め込んで、ナットの横のネジ穴に緩み止めビスが取り付けられるようにナットの角度は調整しておかないとビスが入れられません。

 頭でっかちで足の短いビスでなかなか穴に入れにくく、頭でっかちですぐに傾くので回しにくいビスですけど、このビスは重要です。

 リールを使ううちに震動その他でナットが緩む、緩くなる方向に回転しようとするときに、この止めビスの頭がナットの平らな部分に当たり、緩む方向に回るのを阻止します。

 なので、この1個の取り付けにくいビスは無くても問題のないビスではなく、必ず、取り付けておくべきビスです、スピニングリールの場合。

 別な仕組みで緩み止めをしているリールもあるのかもしれませんけど、普通のスピニングリールのローターナットの緩み止めはビス1個で行っているので、無くしたのなら、部品として取り寄せて、つけてください♪

 同じメーカーさんのスプールサイズ、本体サイズの同じような番手のリールの部品であれば、ビスのサイズもほぼ同じと思うので、古いリールであっても、合うビスは存在しているし、メーカー品の取り寄せで対処できると思いますね^^。

 釣りのリールを作っているメーカーさんであっても、ビスまで自製しているところは無いと思います。つまり、ビスはサイズ指定でビスの制作会社から購入しているという事になり、それは、替えのビスは、同じサイズのビスは存在する可能性が高いという事になります。

 そんな感じで、先ずはローターナットの横にネジ穴があるのかを確認し、そこにネジが付いているのか?を確認してみて、無いのなら、見つける、探して取り付けてください♪それでローターが外れることはなくなると思いますね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ローターが外れる」って、緩み止めのビスが無いからじゃ? バス釣りと書道と田舎暮らし、お気楽オヤジの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる