バス釣りと書道と田舎暮らし、お気楽オヤジの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「スコーピオンクウィックファイヤーハンドルのぐらつき」はナットの角度かも?

<<   作成日時 : 2018/06/18 19:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 クウィックファイヤーだけでなく、そのころのシマノのベイトリールの外側からハンドル軸しか見えないベイトリールの場合、裏側にハンドルリテーナーの金具に2個のビス止めでハンドルを取り付けるタイプの場合には、ナットの角度とハンドルのギザギザの角度をぴったり合わせないと穴部分にナットがはいりきらず、ビス止めしても浮き上がってビスのゆるみでハンドルがぐらつくことはあります。

 なので、ぐらつきがあるかも?と思うのならば、ナットの角度の位置合わせを再度して、ビスも角度を正しくして、きっちり奥まで締めるという事をするしかないです。

 これが出来てないと、自分のように、「ハンドルぐらつくな・・・あ、ビスとれてる!」なんてことになるかも?!^^;

 心配な場合には、時々確認してください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「スコーピオンクウィックファイヤーハンドルのぐらつき」はナットの角度かも? バス釣りと書道と田舎暮らし、お気楽オヤジの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる