バス釣りと書道と田舎暮らし、お気楽オヤジの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 最近、砥ぎ師化してるかも?!^^;

<<   作成日時 : 2018/02/28 19:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 もともと切れない刃物が嫌いな自分でありますので、「切れない刃物は研いでしまえ!」とやることは多いけれど、そういう事が知られたせいで、「砥いてくれる?」との頼まれごとが増えました^^;(笑)おかげで、ハサミの研ぎも慣れたかも♪(笑)

 切れないハサミは、使っていてイライラするから、「これも研ぎを入れれば切れるようになるかも?!」とやったのが始まりでしたけど、ハサミを5本程度ガッツリ研いで、ハサミの研ぎにも慣れましね。

 その後で「このハサミも頼みたいんだけれど・・・。」と預かったのが床屋さん仕様の髪切りバサミで、これは、かなりの難易度で、普通のとは違った形状だったりして、ガッツリ砥ぎをしたら、長時間の姿勢固定で腰を痛めてしまいました^^;(笑)

 まあ、その間も釣りには行っていて、「ギクッとやらないように・・・そっと、そっと・・歩かねば・・・。」などとやってました^^;

 やっと傷みが取れた所に、「高い金払って買ったんだけど、刃こぼれして切れないんだ、この包丁・・。」と山の婆様が言うので、「預かります♪」とお茶と沢庵のお返しとばかりに砥ぎ、お返ししてきました^^;

 「切れるようになったわい!」と喜んでもらえて、出てくる沢庵も、以前よりは、一切れが薄くなりましたね♪(笑)

 関のそれなりに有名な刃物屋さんの包丁だったようだけれど、合わせ物だったけれど、刃先の鋼にヒビが入っているのはどうにもできず、それは、それとして研ぎました。できるだけの研ぎ落しは刃こぼれに関してはしたけれど。

 その作業を火曜日にする予定で時間を見積もっていたのだけれど、「トングのバネが・・・。」というのと、計量カップの持ち手が割れたのと、接着剤の剥がれでの外れる状態になってしまったのとも、「直す!」と請け負ってしまって、火曜日は忙しかったです^^;;(笑)

 トングのバネ割れはそのまま割って、短くなったのをそのまま曲げて、元のように入れて直し、カップの持ち手はいろいろ方法を考えて材料も買ってきたけれど、「とにかく割れた部分を先ず接着して、それをはめ込んで、欠けたところはこの接着剤で盛ってやれば直るかも?!」と最近、ホームセンターで見つけて買ってあったやつの試しとして使ってみました。

 1液性のエポキシボンドの光、硬化性のもののようで、お医者さんの考案とかいうやつです。

 これで、持ち手が割れた、除雪用のスコップを直そうとやったところ、形は直っても、強度は元に戻らずという事でまた割れて、「スコップの持ち手の修理には、このボンドは使えない・・。」となっていたのだけれど、「カップの持ち手ぐらいの負荷ならば、これで十分耐えるかも?積層して削れるなら、形も元に戻せるし・・・。」という事で使ってみました^^;

 除雪用のスコップの持ち手は、割れた部分の左右に0.8m程度の穴をピンバイスで開けて、0.5mmの針金を通し、X字型にして締め、持ち手を柄の方に引っ張るやや太い針金を巻き、その針金の遊びをグルーガンのソフトプラスチックで固めるという事で、除雪に使える程度の強度を出せたので、それで補修しましたね^^;

 カップの持ち手の接着は、瞬間接着剤の液状のやつで割れ部分を接着、持ち手と出っ張り部分の接着をゼリー状の方で接着、欠けた部分は、新しいエポキシボンドで少しずつ肉盛り硬化させつつ、盛り上げて、他の部分との段差を精密ヤスリで削って無くし、色は違うけれど、元とほぼほぼ同じ状態にしました。

 使ってみましたけれど、問題なさそうでしたね^^。

 まあ、そんなこんなで修理屋さん、砥ぎ師化してます、最近・・・・・(笑)^^;;;;;

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
最近、砥ぎ師化してるかも?!^^; バス釣りと書道と田舎暮らし、お気楽オヤジの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる