バス釣りと書道と田舎暮らし、お気楽オヤジの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「シマノ ベイトリール スプール 嵌らない」って、位置がずれているだけでは?

<<   作成日時 : 2017/12/19 16:57   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 シマノのベイトリールの場合、スプールの軸の金属の棒が長いことが多く、そのシャフトの付け根ぐらいの位置に短い細い棒、シャーピンという横棒があります。これと、リール本体のシャフトを入れる穴、ピニオンギアの穴ですけど、ここに差し込む時に、ピニオンギアの切り溝、シャーピンを入れる欠けた部分にしっかり納めない事には、スプールが完全に奥まで入り込まないという現象が起きます。それなんじゃないでしょうか?

 シャーピンをピニオンギアの溝に入れるには、少しだけハンドルを回すか、スプールの方を回すかして、シャーピンが収まる位置に合わせるしかないです^^;

 それで、位置がぴったりと合えば、スプールは、スコンと落ちて、サイドカバーがしっかり閉められるようになると思いますね^^。

 リールの部品の数はそんなに多くは無いけれど、部品と部品のつなぎ合わせ方は正しく行わないと、正常な動きにはなりません。

 そういう時にやってはいけないのは、強引に、力任せにねじ込むというようなやり方です。

 リールの部品は、位置関係が正しければ、力は要らずに、普通に問題なく締めたり、閉じたりできます。

 もし、何か力を掛けなくては入りきらないとかいうトラブルを感じた時には、「待てよ・・・位置が合ってないんじゃないの?この状態は・・・?!」と考えて、立ち止まる事ですね^^。

 自分では、正しくやったつもりでも、何かの不具合、手違いで、位置がずれることはありますので、そういう時には、力で強引に何かするのではなく、もう一度、やり直すぐらいの気持ちは持っていないと、部品を壊しますね^^;;

 部品同士の位置がきっちり正しい位置関係にあれば、力でねじ込むような事は起きず、普通にビスを締める、ねじをまわすということができますので^^。

 シマノのベイトリールに限らず、どこのメーカーのリールでも、ベイトでもスピニングでも、この点は同じです。部品の向きに指定の方向があるような場合には、特に、そういう部品の位置関係、向きの関係に注意してください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「シマノ ベイトリール スプール 嵌らない」って、位置がずれているだけでは? バス釣りと書道と田舎暮らし、お気楽オヤジの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる