バス釣りと書道と田舎暮らし、お気楽オヤジの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「稲に穂が出ないのはなぜ?」って、生育不良だからでは?

<<   作成日時 : 2017/09/11 11:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 例年に比べれば1週間から10日ぐらい、出穂の時期は遅れましたけど、なんとかそれなりに実ったようで、稲刈りの準備に周りの農家さんたちははいってます。水も落としたし、畦の草刈り作業も盛んになってきてますね^^。今年は、8月に雨が多く、従って日照時間数も少なかったので、稲の生育状況が良くなかったというのはあるでしょう。穂が出ていないのなら、日照時間数の不足、気温の低下による生育不良などが考えられます。

 穂が出るというのは、来年のための籾、種子を生み出すという事なので、そのために必要な栄養の摂取、光合成によるでんぷんの形成が必要で、日照不足なら、それが十分に行えなかったから、穂を出す力がないということなのかも?

 例年の時期からは遅れたとしても、実りの状態が悪かったとしても、やがて穂は出ると思います、普通の状況なら。

 穂も出せないような環境であるのなら、それは、そのまま穂も出ないままに終るかも?(−−;)

 土に十分に必要栄養素が存在することと十分な日照があることが出穂には必要だから、出ないというのは、そのどちらかが足りてないということでしょうね(−−;)

 出穂から刈り取りまでの時間の計算は、累積の1日の平均気温の加算で1000度以上とか何かの基準数値があり、その数値に達すれば、刈り取りの適期というのが水稲栽培です。

 日照時間数の事はよくわからないですが、例年との比較で、何割減とかで作柄に影響がでる、出ないというものはあると思います。自分は詳しくはしりませんけど^^;

 自然相手なので、穂が出ないとやきもきする気持ちはわかりますが、稲の生命力を信じて待つ以外にできることはないと思いますね。

 去年と比べれば出来は良くないかもしれませんけど、なんとか穂を出し、実ってくれているようで、今年のお米も食べることができそうです♪^^

 9月20日ごろから稲刈りは始まるようですけど、家の稲は9月30日以降の刈り取りとなると思います。いつも、周りと比べれば遅いので^^;;;

 今の時期で穂が出ていないというのが致命的なのかどうかはその地方、緯度、経度、品種で違うとは思いますけど、どんなに心配しても、自然の天候、気象までは動かすことはできないので、信じて待つしかないと思います。

 今年も210日の夜に、「おこもり」と称して、豊作祈願の神社での集会がありましたけど、台風が来ませんように、豊作でありますようにというお祈りの行事は、日本古来の伝統で、人にはそれぐらいしかできないのではないかと思いますね^^;

 穂が出れば、それなりには実が入り、収穫はできると思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「稲に穂が出ないのはなぜ?」って、生育不良だからでは? バス釣りと書道と田舎暮らし、お気楽オヤジの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる