バス釣りと書道と田舎暮らし、お気楽オヤジの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「トップガイドのスレッドの太さ」って、ブランク先端の径によるんじゃ?

<<   作成日時 : 2017/09/09 03:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 バスロッドを前提にすれば、基本的にAスレッドという細いほうの糸を使うのが普通と思います。特にスピニングの先端部の径が細い場合、ガイドスレッドの太い糸を使う意味がないと思うから。トップガイド周辺に余計な重さはつけないほうがロッドの振りぬけも感度もよくなると思いますね^^;

 ロッドガイドをブランクに固定する時に使う糸は、スレッドともいうけれど、AスレッドとDスレッドというガイド巻き用の糸には2つの太さの糸があるようです。

 雷魚とか海の大物とかを釣るためのロッドであれば、それなりに太い糸を使うのが前提になるし、ロッドのパワーも小物釣りよりはあるブランクを使うから、ロッドガイドも大きくなり、使う糸も太いほうが合うという事になりますが、バスロッドであるなら、Aスレッドで十分という事のようです。

 詳しくは、ロッドガイドの固定用の糸、専用糸、ガイドスレッドを自分で調べてみてくださいm(__)m

 そういう専用のガイドスレッドを使わず、釣具店に売っている補修糸を使うのならば、ロッドのブランクの先端部の径を計り、トップガイドのサイズやパイプの径を考えて、細い糸、極細か細い糸を使うほうがバランとして良いと思いますね^^。

 トップガイドのパイプの下側に、手元側にスレッドを巻く場合、スレッドを巻いた後にコーティングとして、エポキシ剤を塗ることになると思うから、その場合、あまり太くコーティングしないようにするのが、トップガイド周辺を綺麗に仕上げるためには必要と思います。

 エポキシコーティングを厚くして、膨らませてしまうと、その分だけ重くなります。それは、ロッド先端部にオモリをつけるようなことと同じで、ロッドの先端の揺れを大きく、長く引き起こすことになり、それは、振りぬけの悪さ、感度の低下につながりますね。

 いろんなことを考えたうえで、あえて、そういう事をするほうが使い勝手が良くなるのならともかく、無駄にトップガイド周辺を重くするのは得策とは思いません。

 スレッドも細くし、コーティングも必要十分に薄くして、ラインがトップガイドのパイプの縁に当たって傷つかない状態であれば良いと思うだけです。

 そんな風に考えていけば、自然と使うべきスレッドの太さも、塗るべきコーティングの厚みも、決まってくるのではないでしょうか?

 ブランクだけの状態でのしなりと、ロッドガイドを付けて、スレッド巻いて、コーティングをした後でのロッドのしなりは、後のほうが曲がりにくくなります。

 スレッドの巻きの数も、多く巻けばその分コーティングの部分の長さも増えるから、同じブランク、同じガイドであっても、スレッドの長さでのしなりの大小は生じます。

 なので、単純に巻けばよいというのではないから、慎重に、巻き数、巻いた後の長さも考えてみてください♪

 使う糸の太さだけ考えても、あまり意味はないと思いますね。

 糸の太さ、巻く数、コーティングの厚みをどうするのか?はロッドの先端部のしなりをどうしたいのか?感度はどうしたいのか?という事から、逆算しつつ、考えると、ほとんど決まると思います^^。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「トップガイドのスレッドの太さ」って、ブランク先端の径によるんじゃ? バス釣りと書道と田舎暮らし、お気楽オヤジの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる