バス釣りと書道と田舎暮らし、お気楽オヤジの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「サーチベイトになるルアー」は、人それぞれ違うかも?^^;

<<   作成日時 : 2017/08/01 04:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 バスのその日の居場所などを効率的に探し出せることがサーチベイトとして使えるか否かの分かれ道で、釣れるにしても1投に掛る時間が長いものは適しません。時間がかかるから。なので、サーチベイトという時、投げて、巻いて、それで釣れるルアーになることは多いと思います^^;そして大切なのは、自分でそのルアーを使ってバスを釣ったことがあり、「ここにバスが居れば食ってくるはず!♪」と自信をもって投げられるルアーでないと、投げ続けることができないから、サーチベイトにはなりません。なので、バス探しでひたすら投げて、巻くことができるルアーじゃないとサーチベイトとしては効率が悪いし、自信がなければ、投げ続けることもできないから、意味がなくなります。

 そういう意味では、自分の場合、バズベイトがサーチベイトになることは多いですね^^;;とにかく、投げて巻いて、やる気のあるバスが居れば、釣れなくても、バイトはしてくると思ってますので^^;;;(笑)

 シャローランナーのクランクベイトに自信があるのなら、それでもいいと思いますし、スピナベに自信があるのなら、スピナベでも構いません♪

 それと、その日のコンディションによっては、巻き速度が速すぎると魚が出てこないという事もあるので、そういう状況だった先日は、蝉ルアーをサーチベイトにしてましたね(笑)

 巻き速度は蝉だと遅くなるけれど、水面に反応できるバスがいれば、出る♪と思えたので、そうしました^^;;

 そんな感じで、その日の状況でも、サーチベイトは変わったりします。

 自分で釣れる自信の持てないルアーでは、サーチベイトにはなり得ないし、ある程度の釣果をそのルアーで出せてなければ、サーチベイトも何もあったものではないです(−−;;)

 なので、とにかく、釣ってみて、釣れた回数の多い巻物系のルアーをバスの居所探しに使うという事は多いでしょうね。まあ、場所にこだわって、「ここなら絶対にバスは居る!」というポイントへの自信があるのなら、いろんなルアーで釣ってみれば良いだけです。

 サーチベイトは、ある一定の広さのある釣り場の中で、バスの今日の居場所、付き場所を見つけ出すようなときに使うのであって、居場所がわかっているのなら、サーチ、探す必要はないです(笑)

 そんな感じに捉えてもらえれば良いと思いますけど・・?^^;;;

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「サーチベイトになるルアー」は、人それぞれ違うかも?^^; バス釣りと書道と田舎暮らし、お気楽オヤジの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる