バス釣りと書道と田舎暮らし、お気楽オヤジの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ミニボート 波のかわし方」は、船首を波に直角にするだけですね。

<<   作成日時 : 2017/07/04 13:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 ボートの場合、長い船首〜船尾の縦の線とボートの横、腹の部分とで長さを比較すれば、縦が長く、横は短いわけで、波を乗り越えるのには、波の横線に対して直角にボートの向きをするしかないです。波の波長にもよるけれど、基本的に、船首〜船尾の長い方で波に直角に当てれば、波の波長、頂点と頂点との間に入っても、ボートの長さがすっぽり入ることは無いでしょうし・・。

 つまり、自然に出来ている波ではなく、他の大型のボート、船が航行することでできる引き波というものを乗り越える時には、波が来た時に、常にボートの横腹で波を受けないようにする、常に、船首か船尾側から波を受けるようにするということしかありません^^;

 そうしないと、転覆の危険は高くなりますので!

 「釣りしている最中に引き波が来たらどうするの?」という事はるかもしれませんけど、横原で引き波を受けたらやばいかも?!と思うのなら、釣りは中断して、ボートの向きを波に対して直角にするという作業をいちいちするしかないです。

 波の大きさを見て、いつでも、自分はそうしてます^^;

 つまり、引き波が大きく、岸に当たって、跳ね返りの波もできる場合には、その波がある程度収まって、危険が無くなるまで、釣りは中断して、波を乗り越える事をしてますね^^。昔から。

 そういう事をしているから、転覆はしてません。

 遠くで、エンジン船が高速で走っていった場合、その音を聞いて、引き波の出来具合を見て、波の迫るまでの時間を予測して、波が近くに来たら、ボートの向きを波に合わせてます。

 なので、釣りをしていても、小型ボートの乗っている場合、引き波の影響を受けるぐらいの小さなボートの場合、必ず、波には対処してます。

 自分のボートも走行していての引き波を乗り越えるという場合には、引き波の角度を見つつ、直角にはしなくても斜め45度ぐらいで乗り越えられるのなら、そのぐらいの角度にしますし、波が大きく、船首部分から突っ込まないと危険というのなら、引き波に対して直角にして、波を越えてから、自分の行きたい方向へ、舵を切りなおします。

 まあ、そういう波の出来具合、来る方向、跳ね返る方向、波の高さなどを考えつつ、どうやって、危険なく波を乗り越えるのか?は考えてますね、ボートに乗っている時には。

 波の波長が合えば、いろんな方向からくる波が打ち消しあって、そこだけ静かな水面になる一筋の道みたいな部分が出来ることがあって、それを確実につかめる場合、その線上を走行する場合はあります(^^♪

 これも、波をずっと見ていて、見続けて、「へ〜〜、そういう部分もあるんだね・・ここだと航行しやすいかも?!」と覚えました(笑)

 なので、水面の変化というものを見ていないと、そういうのは、分からないかも?

 引き波かどうかは別にして、波の安全な乗り越え方は知ってないと拙いと思います。小型のボートの場合には。エンジンがあっても、手漕ぎのボートでもこれは一緒なので、覚えてくださいm(__)m

 手漕ぎボートで釣りをしていて、大型船が近づいてきて、汽笛、警笛を鳴らすような場合、大型船が走れる場所、航路は決まっているから、その場合、手漕ぎボートの方が航路を明け渡す、離れる必要があります。

 それが、水上交通のルールなので、警笛を鳴らされる前に、素早く航路から脱出し、引き波の影響を受けない場所に退避するか、引き波を直角に受けるボートの向きにするのが、常識です。

 檜原湖だと、いかり潟の出入り口付近の島回りがそうなんですけど、あそこは観光遊覧船の航路なので、航路で釣りをしている方が悪いとなってしまいますので、遠くに観光船が見えるうちに、その場所を離れた方が無難です。

 それと、ボート上て立っているよりは、お尻をボートの底、台に載せていた方が重心は低くなり、安定しますので、立ったままで対処するというのはお勧めできません(−−;)

 ミニボート、小型ボートに乗るにあたって、最低限、危険な波の乗り越え方、かわし方は知っていてください。知らないで乗る方がおかしいと言われてしまうと思いますので^^;;;;

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ミニボート 波のかわし方」は、船首を波に直角にするだけですね。 バス釣りと書道と田舎暮らし、お気楽オヤジの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる