バス釣りと書道と田舎暮らし、お気楽オヤジの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「フィネスはボトムを取る」って、当たっているような、外れているような・・?

<<   作成日時 : 2017/07/03 10:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 フィネスな釣りは、軽く小さなルアーを使って繊細な釣りをすることと自分なんかは思うのですが、仮にそうだとして、「フィネスな釣りでは必ずボトムを取るのか?」と聞かれれば、「ボトムを取らないフィネスな釣りもあるでしょ?!」と答えると思います^^;;(笑)魚が浮いていて、水面を意識していて、ウィードや浮きゴミの下に付いている場合などでは、ルアーを底まで落としていては、魚は釣れませんので^^;(笑)

 なので、フィネスなタックルを使ったとしても、「底を取る」かどうかは、その時の魚のポジション、水中での居場所がどこか?水面近くか、中層か、底か?で変わりますね^^;

 だから、釣る前に、魚の居場所、ポジションの予測をして、試して、その予測が当たっているのか、外れているのか?を魚の反応をみつつ、確認しつつ、検証して、絞り込んでいくという事をしてます。

 トップルアーを投げて、着水と同時にバイトしてきたというのなら、魚は水面を意識していて、上を見ている状態と判断しますし、ワームなどを使っていても、着水直後のフォールで食ってくれば、水面近くに魚が居て、上を気にしている状態と判断します。

 フォールでも、少し落とし込んで、中層を過ぎたあたりで食ってくれば、上に魚はおらず、中層から下側に居るというように思うし、底まで落として、ズルズルとか引いていてのバイトなら、魚は底近くにいるという風に判断します。

 なので、フィネスなルアーを使って釣っていても、上に魚がいるのなら、上を狙えるようなリグに替えるから、スモラバで軽めで浮力のあるワームをつけて、ゆっくり沈ませるなどの使い方をするかもしれません。

 軽いルアーで繊細に釣るとしても、その使い方として、水面近くを狙うのか、中層を横に引くのか、底まで落として、ズル引き、ボトムバンプなどをさせるのか?は、その時の魚のポジションの判断と使うルアーとその仕掛けの作り方などで変えますね。

 なので、先ずは釣り場の水辺、水面の横方向の平面から魚の居そうな場所を選び、その場所を次に水深の縦の状況で上か、真ん中か底かの3つぐらいの層でわけて、どこのレンジに居るのか?を考えて釣りが出来れば、やみくもにルアーを投げ込むような釣り方からは卒業できるのではないでしょうか?♪

 特にバスのルアーの釣りでは、ルアーを投げる前に、「バスが今、どこにいるのか?」をしっかり考えてから投げるという事を習慣にしないと、上手になるのは遅くなりますね^^;;;

 予測が当たっても、外れても、釣れても、釣れなくても、そういう事を考え続けないと、上達はしないと思います。経験値が上がれば、釣った魚の数が増えれば、ある程度、「この時期のこういう釣り場の場合、そういう場所に魚は居て、こういうルアーを選択して、こういうアクションをすれば食ってくることが多い♪」というのをバスプロさんたちは経験で知っているから、一般人よりは簡単に魚を釣ってしまうわけです^^。

 そこまでの経験がないとしても、経験は積み上げていくしかない物なので、自分で考え、判断し、結果を受け止めて、次の釣りに役立てるという事を繰り返してするしかないと思うわけです。

 まあ、自分はフィネスな釣りで底を取るかどうかは書いたようなことで判断しますけど、ご自身はどうするのかは自分で決めるしかなく、自分で考えて、答えを見つけてくださいませm(__)m

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「フィネスはボトムを取る」って、当たっているような、外れているような・・? バス釣りと書道と田舎暮らし、お気楽オヤジの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる