バス釣りと書道と田舎暮らし、お気楽オヤジの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 1本、満足♪

<<   作成日時 : 2017/07/30 03:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 時間が少なかったけれど、とりあえず釣りに行ってきました。結果としては、最初のうちに出た1本だけでしたけど、十分、満足でした♪蝉、効いてます^^。サイズ的に久々に40UPだったこともあるけれど、引きが強かったのをなんとかあやして、指ドラグで突っ込みかわしてのランディングだったので、そういう感覚になったのかも?♪やや水深のある所で下から浮上してきて、バシャッと本気食いしてきたことが嬉しかったというのもありますね^^。「してやったり!」感があるので。

 相変わらず、蝉を使いました^^;ベリーフック・チューンのです。

 ギルも数匹釣れましたけど、まあ、出方は少なかったかも?減水と水温低下の影響とは思います。

 蝉の形状はしてますが、その動く原理は羽物のクレージークローラーと同じです。水圧を受けた羽を左右、交互にバタバタさせるというのは。

 早引きもある程度までは動きとして対応してますけど、自分は虫っぽい波紋の出方が気に入っているので、ごくごくゆっくりな巻きにしてます。

 これで、出る魚が居ないという場合、水面で釣れる可能性は低いと判断してますね^^;;;

 トップのハードルアーですけど、水面のルアーとしては、最も弱い部類のルアーと思っているので。

 釣り友のI君がバブルトルネードを手に入れたらしく、ペラの回転の調整を聞いてきたので、現場で落ち合って、「ここんところをこう削ると、ぶつかりつつも回転する状態になる・・・。」と説明しておきました。

 ペラのカーブ自体を調整する方法もあるのだけれど、金属の角の部分を斜めに削り落とすことでの調整の方が自分は好みなので、それを教えました^^;;

 その方が回転状態を保って、かつ、クラッター音も出るので。角が90度だと、ぶつかった後に水圧ですり抜けるのがうまくいく場合と失敗する場合とが出てしまう気がして、なら、乗り越えやすい角度に斜めにしておくほうがペラの回転は安定するように思ってます。

 「バズを車の外に括り付けて、ペラを回してやるとかいう話・・・・。」と釣り友さん達はほとんど知ってましたね、そんなことまで(笑)並みの釣り師ではないからですけど(爆)

 自分としては、スクウィーク音、つまりは、キュルキュルという金属接触の耳障りな擦過音をこなれたものにしようとする場合には、そういうペラを風で回しておくというのはある程度効果があるとは思ってます。

 でも、クラッターなどの音はぶつかることで出るから、こっちの音が中心のバズの場合、こなれた音にするためのペラ回しは必要ないと思ってますね^^;;;

 バブルトルネードは、スクウィーク音よりは、クラッター音のカラカラ、チリチリした音が特徴なので、ペラ回しは必要ないと考えてます^^;;(笑)

 ゲーリーのバズの場合は、こなれさせた方が良いでしょうね、スクウィーク音中心のバズなので。

 バス談議に花が咲いている中、いろいろと作業予定があったので、お先に引き上げてきました。雨降ってますので、イカダ下りができるのかどうかは不明ですね^^;;;

 準備は整いましたけど、自分は出れないので、お任せしてきました^^;;;さて、寝ないと・・・^^;;;

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
1本、満足♪ バス釣りと書道と田舎暮らし、お気楽オヤジの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる