バス釣りと書道と田舎暮らし、お気楽オヤジの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ベイトリール ゴリ感 原因」って、ベアリングかも?

<<   作成日時 : 2017/07/22 10:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 ベイトリールをノーメンテ、お手入れなしに3年ぐらい使えば、さすがにゴロゴロしたハンドルを回した時の違和感は出るかも?ベイトリールの場合、スプールの軸を受ける2個のベアリング、スプールの左右のベアリングへの時々の注油だけは、最低限のお手入れとしてすべきです。してなければ、ゴリ感もそうだけれど、飛距離も落ちますね(−−;)特に荒っぽい使い方をしてないのであれば、ゴリ感の原因はベアリングの玉の劣化、摩耗であることは多いです。なので、そうなれば、ベアリングは交換した方が良いです。それでも、ゴリ感が治らない、取れない場合、それは、ギアの歯面の乱れ、傷などを考えるという順番になります。

 なので、ベイトリールを買ってどれぐらい使用したのか?という事をまず考え、その間のオイル点しの通常メンテをしていたかどうかを思い出し、その間隔はどれぐらいで注油していたのか?を思い出し、「そういや、全然面倒見てなかった・・・。」というのなら、とりあえずはオイルをベアリングに注油することを薦めます。

 ベアリングメンテという、ベアリングのお掃除、お手入れの方法もあるから、出来るのであれば、お掃除して余分なゴミなどは奇麗に取り去り、オイルで洗い流し、その後、注油するという順番で良いです。

 ギアの歯面の痛み、傷などは、これは、それなりの知識と技術が無ければなんとかできるものではないので、ゴリ感が嫌なら、新しいベイトリールなら、メーカーのメンテに出す、修理と部品交換も依頼するようなことになると思います。

 お値段がどうなるのかは?状態で差があるから、それは、見積りでもしてもらって、その金額を掛けても良いという時に、交換すれば良いのではないでしょうか?

 古いベイトリールのギアは、手に入れることは難しくなります。そういう場合には、古いリールでもメンテしてくれる専門のショップを探し、そこに依頼するしかなくなります。

 大阪のピカレスクさんには、いろんなリールの部品のストックとギア等の波面調整する技術をお持ちとネットの記事から推測してます^^;;;(笑)

 まあ、信頼できるリールメンテのショップを探すことから始めなければいけないかもしれませんけど、自分でできなければ、出来る人に頼むしかないと思います。

 お財布に余裕があるのなら、長く使う予定のベイトリールのメインギアとピニオンギアの予備のセットを1セット持っていれば、ゴリ感が取れず、歯面も直せない時には、交換という事で回復させることはできると考えます^^;;;

 ベイトリールの使い方で、何かにルアーが引っかかって、回収するときに、ラインを直せず持たず、リールのスプールを親指で押さえて、強引に引っ張るというやり方は、スプールの軸を曲げてしまう可能性が高く、シマノの長いスプールシャフトのベイトリールだと、そういうシャフト曲がりが起きる事は多いかも?

 リールが悪いんじゃありません。ルアー回収の時にやり方が拙い、リールに過度に負荷を掛けるやり方になっているのを気づいていない、知らないでやってしまって、自分でリールを壊している人が多いのでは?と思いますね(−−;)

 まあ、なんにせよ、リールのゴリ感がベアリングでなければ、それはギアの歯面の問題となるから、研磨で修正できればましな状態で、普通は、交換するという事になると思います^^;

 第一、研磨で完璧に元に戻すというほどの技術と機械を持っている人は少ないと思いますし、自分も、ましな状態には出来ても、完璧な状態まで研磨するのは不可能です^^;;;;

 メンテしないでベイトリールと使う方が悪いのだけれど、年間の釣行回数が少ないのなら、3年でもギアが壊れるようなことは、極度な負荷を掛けないで使っていれば、ありません^^;;

 自分の持っているベイトリールで30年ぐらい前のモデルもありますけど、ギアがゴロゴロで使えないとまでなったベイトリールは1台も無いです!♪

 唯一、ギアの歯面を傷つけたのは、2003年モデルのシマノ、クウィックファイヤーですけど、これも、自分で削って、使えるぐらいの状態には持って行ったので、買った当初のギアで使ってますね^^;;;(笑)

 まあ、それでも、「ゴリ感が酷くなったかも?そろそろ交換か、研磨しなおすかしないと、少し、うるさいかも?」と思ってますけど、30年ぐらい前の安物ベイトリールのギアぐらいな状態では使えてます(爆)

 「無音で滑らかなハンドル回転」は、ある意味、機械的には理想的な状態なのですが、事、釣りをする側にとって、ほどほどのギアの回転の音と感触は、自分のハンドルを回す速度の速い、遅いを見極める手掛かりになるから、無音よりはほんの少し音が分かる程度が良いと自分なんかは思ってしまいますね^^;;;;(笑)

 音を聞いていて、「今日のリズムは早くなってるかも?!」とか、「ゆっくり巻けているな♪」という差も音が出るからこそ気づけることで、音がないと、早いのか、遅いのかが分かりにくいです^^;;;;

 釣り人は我ままですけど、無音が良いとは限らないという事は覚えておいた方が良いかも?!(笑)

 その日、その時に釣れる巻き速度、魚が反応してくる巻き速度は存在しますので、それをどう見つけるのか?何を手掛かりに速度調整するのか?は考えてみても良いと思いますね^^。

 手元に伝わる嫌な振動としてのゴリ感は、直した方が良いですが!^^;;;

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ベイトリール ゴリ感 原因」って、ベアリングかも? バス釣りと書道と田舎暮らし、お気楽オヤジの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる