バス釣りと書道と田舎暮らし、お気楽オヤジの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ペンシルベイト 真っすぐ飛ばない」って、キャストに問題ありですね。

<<   作成日時 : 2017/06/08 12:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 棒状の水に浮くタイプのハードルアー、ペンシルベイトをキャストして、狙ったところに真っすぐに飛んでいかないという事のようですが、棒状の空気抵抗の少ないペンシルを狙ったところに投げられないというのは、キャストで変なねじりをしてしまっているからではないでしょうか?オーバーヘッドキャストで最も真っすぐに飛んでいくはずのハードプラグがペンシルベイトなので(−−;)

 横風あり、向かい風ありなどの情況では真っすぐに飛ばないこともありますけど、そういう状況ではないことを前提にすれば、ペンシルを真っすぐ飛ばせないのなら、キャストフォームに問題があるはずなので、自分で、真っすぐ飛ばすためのロッドの振りを練習して、体にしみ込ませてくださいm(__)m

 ロッドを持ち、肘を固定して、上腕部でテイクバック、後ろに振り上げて止め、ロッドの穂先の反発力で戻ってきた時にベイトリールならスプールを押さえていた親指の力を抜くだけで、ロッドを振ったその延長線上にルアー、ペンシルは飛んでいくはずです。

 片手での操作でしてください♪シングルハンドキャストが基本です♪ベイトでは投げる時は1フィンガーグリップで!

 基本の「き」なので、これがちゃんとできないことには、コントロールがどうこう言う前に、フォームを直す、真っすぐ投げられる動作を身につけるしかありません。

 垂直平面上、頭の中で描くものですが、ここからズレずにロッドを真っすぐ後ろから前に振ることが出来ているのなら、左右にぶれることは無い筈です。

 ブレているのは、ロッドがどちらかに曲がっているからですね。

 正しくまっすぐに、ロッドを前後に振り、ロッドティップの反発力でペンシルを飛ばすことが出来れば、それが、正しいフォームとなります。

 10回やって1回できるとかいうのではなく、10回やったら10回とも真っすぐに飛ぶ、100回やっても真っすぐに飛ぶ、飛ばせるようにしてみてください♪

 力でキャストするのではなく、ロッドを振る、止める、リリースするというタイミングでキャストするのを覚えてください♪力まなくても、真っすぐ飛ばせr津はずです^^(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ペンシルベイト 真っすぐ飛ばない」って、キャストに問題ありですね。 バス釣りと書道と田舎暮らし、お気楽オヤジの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる