バス釣りと書道と田舎暮らし、お気楽オヤジの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「スピニングリールハンドル重い 軽くする方法」って、(−−;)

<<   作成日時 : 2017/06/08 11:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 スピニングリールを買って、使い初めで重いのならともかく、ある程度の使用の後、ハンドルが重くなったと感じているのなら、先ずは、トラブルを考える必要があります。一番の原因となるのは、ラインの巻きこみトラブルなどですね。ドラグノブを緩めて、スプールを引き抜き、メインシャフト、真ん中の軸の棒にラインが巻き付いていたりしないのか?を確認する必要はあると思います。通常の使い方で使っていて、急にハンドルが重くなるというのは考えられませんので(−−;)

 リールの事をよく知らない人がハンドルが重くなった=リールが壊れたと思うのでしょうけど、リールは自分で分解しておかしな組み上げ、間違った部品の取り付けをしない限り、普通は、壊れたりしません。

 結局、使い方が悪い、ラインをスプールにきっちり引っ張りつつ巻くということをスピニングリールの使い方が出来てない人たちが自分のせいではなく、リールが悪いと考えるから、そういう変なことになるわけで、リールを使う上で基本でありながら大切なことは、糸を伸ばしたら、巻くときにはある程度の引っ張りの力を掛けて、ピンと張った状態で巻き取るということです。

 スピニングリールでは、投げた後にラインのたるみが必ず出るので、そのたるみを引っ張って、伸ばして、その状態で巻き取りを開始するという事が鉄則です。

 初心者は、ラインがたるんでいるのも気づかず、気づいていてもその状態で糸を巻き取り始めるとトラブルが出るのを知らず、お構いなしに巻くから、後から、ラインのスプール軸への巻き付けトラブルなどを発生させる、それでも、自分は悪くないからリールが悪い・・・そんな風に思っているのではないでしょうか??(−−;)

 普通に快適に巻けていたリールが急に重くなる、巻き取りにくくなるようなことが起きた場合、特に、スピニングリールの場合には、ラインの巻きこみトラブルを疑ってみてください♪

 「ラインは問題ない・・・・」という場合には、中身のトラブルとなるけれど、これは、やったことのない者が手を出して解決できるものとは思えませんので、釣具店さんなどにリールを持ち込んで、「ここが、こう、おかしいんですけど・・?」と聞いてみるのが一番良いと思いますね。

 リールのギアのギア比の問題で、ハイギアと呼ばれる高い比率のギア比のリールは、低いギア比のリールよりは巻きは重く感じるのが普通なので、それを直せと言われても、「ハイギアリールを選んだのは誰?あなたでしょ!」としか言えません(−−;)

 リールのモデル名もギア比も書いてませんので、何もわからないに等しいのだけれど、ありがちなトラブルパターンはそういう事なので、基本的な事をもう一度確認してみてくださいm(__)m

 スピニングリールは安い物は部品点数を減らしている、簡単な仕組みの物にしていることは多く、ベアリング数も少なくなってます。

 ハンドルとスプール上下動の仕組みとその支えとか軸の支えとかに回転をよくするものがついてなければ、回転が重くなるのは当然で、それは、自分で部品を入れ替えるなどして改善するか、リール自体をもっと高価格なものに変えるしかありません。

 そういう意味では、安いスピニングリール、価格帯で2万円以下の機種であるのなら、そういう文句を言ってはいけないと考えますね。

 リールの性能は、全部ではないにしても、販売価格に比例してます、おおよそのところは^^;;;;

 一体、どこのメーカーのなんていう名前の何番のスピニングリールの話なのでしょうか?分かりませんし、解決策を本当に知りたいのなら、リールのモデル名とスプールサイズの数値と記号を入れて検索すべきです。

 「頭が痛い・・。」という情報だけで、病名を特定し、処方なり処置なりを間違えずにできるドクターはいないと思いますよ、情報が少なすぎますので(−−;)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「スピニングリールハンドル重い 軽くする方法」って、(−−;) バス釣りと書道と田舎暮らし、お気楽オヤジの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる