バス釣りと書道と田舎暮らし、お気楽オヤジの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ドラグ調整しても糸が巻き取れない」って、??

<<   作成日時 : 2017/06/02 14:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 リールの糸巻きでスプールが逆回転する、滑るなどでリールのハンドルを回して巻き取ろうとしているけれど、スプールに糸が巻き取れないという状況は、ドラグレバーの締め込みが緩いからなのですけど、魚が掛かっているとか、ごみその他に引っかかって巻こうとしても巻き取れないという状況でないのなら、それは、単純にドラグレバーの締めの緩すぎな状態であることを示すのではないでしょうか?

 ドラグ調整は、糸が切れる前にドラグが効き、糸を送り出す、または、糸がハンドルを回しても巻き取れない状態を作るためのレバーであって、魚も掛かってないのにルアーを投げて、リールのハンドル回して糸が巻き取れないのであれば、それは、「ドラグ調整しても」とあるけれど、ドラグを調整したことにはならないと考えます(−−;)

 ドラグは、普通にルアーを投げて、巻き取れて、でも、魚が強い引きで逃げる、泳ぐでラインを引っ張っていく時に初めて糸が巻き取れずに逆に送り出すように調整するものであって、魚も掛かっておらず、ゴミなどにも引っかかってなくて、それでも糸が巻き取れないというドラグの状態は、締め込みが緩すぎる状態ですね(−−;)

 正確なリールの状態が不明ですけど、もっとドラグレバーを回して、締める必要があると自分は思います。

 ドラグ調整とは、普通に投げられる、巻き取れるけれど、一定以上の負荷がかかった時には巻き取れなくするように設定するものです。

 つまりは、ドラグ調整が出来ている状態では、検索のような状況にはなりえません。

 大物が掛かって、その突っ走りが強ければ、ドラグをちょっと締めたぐらいでは巻き取れないこともあるかもしれませんけど、そういう状況ではないですよね?

 大物とのやり取りの中で、「ドラグをこれ以上締めるとラインが切れる可能性が高い!でも、締めないと巻き取れない!!・・勝負するしかない、釣りあげるには!!!」とドラグをラインの切れる限界近くまで締めてファイトをすることを選択する場面はあるでしょうけど、それが分かっている、出来る釣り師なら、そんな検索は掛けないと思いますので、書いたまでです^^;;

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ドラグ調整しても糸が巻き取れない」って、?? バス釣りと書道と田舎暮らし、お気楽オヤジの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる