バス釣りと書道と田舎暮らし、お気楽オヤジの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「スピナベには硬い竿」って、どうでしょう??

<<   作成日時 : 2017/05/10 06:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 スピナーベイトを使う時に、シングルの太軸フックを貫通させるのには、トリプルフックよりもフッキングのパワーを必要とするから、クランクベイトで使うロッドよりはパワーのあるロッドの方が良いとは思いますが、曲がらない、硬い竿だとバイトを弾いてしまって、掛けにくくなるというのが個人的感想、意見です。

 そういうのも、実際に自分で硬い竿でスピナベを使って釣ってみて、「なんか、バレるのが多いな・・。」とか実感できれば、「もうちょっと柔らかいロッドだと、どうなるんだろ??」とかやってみて、「自分の感覚だと、こっちのロッドの方が掛けやすいし、使いやすいし、バレにくい・・・。」とかわかるんじゃないでしょうか?

 プロが言っているからとかではなく、自分の体格やロッドの操作の技術力でしっかり魚を掛けて、獲れるなら、そのロッドで良い、合っているという話と思います^^。

 スピナベでの魚のアタリで、グッと抑え込んだまま動かない・・初めのうちですけど、そういうアタリもあるので、竿が硬いとそのタイプのアタリだと弾いてしまう、仮に掛かっても、フックの刺さりや位置が悪く、バレやすいとかいう状況になりやすいと自分は思いますが、ご自身ではどう感じているのでしょうか?

 ロッドティップは曲がるけれど、パワーがあるから、じわじわとそれなりの負荷をかけて初めて曲がるぐらいのロッドの方が自分は好きですね^^;;

 アタリを弾きにくいという点ではグラスコンポジットのロッドの方が合ってますけど、弾かないのと掛けるのとでは、また、違った状況が必要な気がしてます^^;

 底に障害物が多いところでは、曲がりすぎるロッドだと、初めの障害物へのコンタクトを感じて、早めにロッドを立てるなどして、引っかかるのを防止するようなロッド操作をする必要があるけれど、グラスの場合、感度が鈍く、曲がることでスタックの情況が悪化する、深く捕まってしまうという状況になりやすいから、スピナベで底をゴリゴリこするような引き方をする場合には、合ってないと考えます。

 障害物と言っても、切れるウィードだけなら、グラスでも十分かもしれません^^;;

 その辺になると、スピナベをどういう使い方をして、どういう掛け方をしたいのか?という釣り方の好みの話になっていくと思うので、それは、ご自身に合った釣り方のできるロッドを選んでくださいとしか言えません^^;(笑)

 スピナベには、クランクが掛けやすいロッドティップの柔らかく曲がるロッドよりも、ややパワーがあって、張りを感じるぐらいのロッドの方がフックをしっかり掛ける、バイトを弾かない、バレにくいというようなバランスになると個人的には思ってますね^^;;;

 まあ、これも好みなので、後は、ご自身での検証で、自分に合うロッドを見つけてもらうしかありませんが^^;

 硬いロッドが必要になるのは、フッキングにパワーを必要とする太軸のシングルフックのルアーを使う時(ラバージグのごついの)とかヘビーカバーでの釣りで、しっかり掛けたら、すぐに強引でもカバーから魚を引きはがすように引きずり出さないと絡まれて、潜られて、獲れないというような釣り場、場所などとかではないでしょうか?

 「スピナベには硬い竿だぜ!」と思うなら、使ってみればよろしいかと思います♪(爆)仮に、合わなくても、別の使い道があると思うし^^;;

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
「スピナベには硬い竿」って、どうでしょう?? バス釣りと書道と田舎暮らし、お気楽オヤジの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる