バス釣りと書道と田舎暮らし、お気楽オヤジの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ルアーにナマリを貼る位置」って、浮き姿勢で違うと思います。

<<   作成日時 : 2017/05/30 23:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 市販のミノーやクランクベイトなどに自分でナマリの板を張り付けて、浮力を小さくしたり、浮き姿勢を変えたりする調整はあるけれど、そのナマリを貼る位置というのは、その張り付けるルアーの細長い形状と太い部分の位置などから、浮力の強いところと弱いところを頭の中で計算して、自分の作り上げたい水中姿勢のためにオモリを貼るのが適切と思える位置を見つけ出すしかないです^^;;

 単純に言えば、ミノーを水平姿勢のまま浮力を小さくするには、ボディーの真ん中に貼ることが必要になるし、頭下がりにしたければ、真ん中よりは前側にオモリを貼る必要が出るし、尻下がりなら、真ん中より後ろ側に貼る必要があります。

 ナマリを張り付けるルアーの形状とその形状の中から浮力の最も強い、太さがある位置を見つけ、そことボディー全体の長さとの位置関係から、浮力の重心というのか、浮力の真ん中を想像して、水平、頭下がり、尻下がりの姿勢のどれを作るのかで、貼る位置をずらせば良いだけです。

 とりあえず、オモリをセロハンテープなどで仮止めして、水の中に落とし、浮力や姿勢を確認して、その位置で問題なければ、そこにしっかりと張り付ける、止めるというような順番で良いと思いますね^^。

 1回で最適な位置を見つけ、そこに張り付けるという事は考えず、何度かやり直しつつ、最適な場所を探し出すような考え方で、やる方が良いと思います^^。

 自分の想像していた水中姿勢を全く違った結果になることも多いからです。

 張り付けて、沈めて見なければ、実際の姿勢は分かりません(笑)それぐらい、浮力の中心点を見つけ出すのは難しいです。

 ルアービルドを相当数してこられた方なら、「たぶん、ここで良いはず・・・、やっぱりね♪」と位置決めに迷うことは少ないかもしれませんけど、そういう経験のない人なら、実験するぐらいのつもりで10回以上のやり直しも当たり前というぐらいの気持ちで試せば、自分で納得いく場所も見つかるかもしれません♪(笑)

 1個のハードルアーがしっかりアクションするウェイトバランスを作り上げるというのはそれぐらい面倒な事で、しっかり出来上がったものに自分で手を加えるというのなら、100回ぐらいの失敗も厭わぬ気概がなければ、上手くいかないかもしれません。

 まあ、貼ればいいだけなのでやってみてください♪

 姿勢が気に入らなければ、貼り直す、オモリのサイズを変える、などすればよいだけです。

 クランクベイトなどの丸くて小さなものになればなるほど、ほんのわずかな位置のズレがアクションに大きく影響を与えてしまうので、慎重にやってください♪

 フックを太軸の物に替える、フックのサイズを大きくしてみる、スプリットリングのサイズを大きくするなどという部品の交換での動きの変化と水中姿勢や浮き上がり速度の変化などを確認してからでも遅くはないと思いますけど。

 こればかりは、自分でやってみるしかありませんね。ルアーのモデル名もサイズも何も情報はないわけで、それぐらいしか書けません(−−;)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
「ルアーにナマリを貼る位置」って、浮き姿勢で違うと思います。 バス釣りと書道と田舎暮らし、お気楽オヤジの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる