バス釣りと書道と田舎暮らし、お気楽オヤジの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ワームによって使う針が違う?」って、当然と思いますが(−−;

<<   作成日時 : 2017/05/15 03:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 ワームという言い方をすれば、ソフトプラスチックのルアーは全てワームとしてまとめて括られるかもしれません^^;その場合、ストレートタイプもあれば、ザリガニやエビタイプもあり、テールだって直線状のピンテールもあるし、T字型のシャッドテールもあるし、二股に分かれているようなタイプも存在するから、形状が小魚だったとしても、その太さや長さやボディーのカーブの情況によっては、同じ3インチのサイズのワームだとしても、使うフックの形状とサイズは違うものにしないと、魚の口への針の掛かり方が悪くなるケースは多いですね^^;なので、ワームによって使う釣り針は変わるのが当然の事と考えます。

 フックのつけ方でも、ワームの頭の方に針をセットするのか、真ん中に刺してワッキー掛けにするケース、尻尾の方にフックをセットするケースでは、ボディー形状に太い、細いなどの差がある場合、合う釣り針は変わると思いますね。

 基本、今の人はオフセットフックを選んで使っていると思いますけど、そのオフセットのフックもフックポイント、釣り針の先端とラインアイの短い軸との距離、角度、ゲイプと呼ばれる釣り針の軸と先端との間の距離、フトコロの大きさなども違ったサイズのものがあるから、どのワームにどの釣り針を使うのか、サイズはどのサイズなのか?で、釣果が変わったりすると思いますね。

 もし、「釣り針はどれも同じじゃないの?」と思っているのなら、釣具屋さんに行って、釣り針のサイズと形状の違うものが星の数ほどある、とにかくたくさん存在するという現実を確認すべきです(−−;)

 どの釣り針を使うのか?は釣り人の選択であり、その良し悪しから、ある意味、釣果の良し悪しが方向づけられてしまうものです^^;(笑)

 釣りの上手な人は、それなりに自分の使うワームに対して、「このワームにはこのフックでしょ♪」というある一定のセッティングを持っていると思います。

 釣り針はどれでも良いわけではありません。

 使うワームとそのサイズに対して、合う釣り針を選べなければ、そこで既に釣れる、釣れないの分かれ道を選んでしまっていることに気づくべきです。

 決まったセオリー、セッティングがあるわけではないけれど、プロさんたちの試行錯誤で、ある程度はこのワームタイプにはこの釣り針が合う♪というものはあるので、そういうのは釣りの雑誌などに出てますから、それを読んで、見て、参考にすれば、大きく違った、合わない釣り針を使うことは減るでしょうね^^;

 結局、自分で試して、釣って、バラシて、「これが良い♪」と見つけていくしかありません^^;;;;;;;;(笑)

 釣り針にもそういう釣り人の好みがでるから、他人が選んで合うと思っている釣り針が自分の釣りに合うかどうかはわかりませんね^^;;;

 そこが、釣り針選びの難しいところで、使っているロッド&リール&ラインとの関係でも、微妙に合うセッティングが変化していきますので、自分で自分の使う道具に合った釣り針選びをするしかありません。

 食いの良い時の釣り針と食いの悪い時の釣り針も違いますね。

 「え!!・・・多すぎてわからない・・・。」となるでしょうけど、それでも自分で選ぶしかありません^^;

 とりあえず、自分で2〜3種類の形状の違うフックを選び、その同じ形状タイプでサイズの違うものを3サイズぐらい選んで、その釣り針を実際に使って釣ってみて、「少し小さいかも?・・・」とか「大きすぎる・・このサイズのワームには・・。」とかやっていって、自分なりのフックの選択とサイズの使い分けをして、少しずつ覚えていくしかないですね、こればかりは・・・。

 この世に存在するすべての形状の違う釣り針を使ってみて、確認する事は不可能なので、自分が手にできる、近くの釣具屋さんで売っているものの中から、自分で「良さそう♪」と思えるものを選んで使うしかないと思います。

 ワームへのオフセットフックの刺し方としても、どの形状のどのサイズのフックを使うのか?で、フリーフォールさせた時の落下姿勢というものは変わります。

 細かく言えば、そういうフックの重量とワームへの差し方で、水中でのワームのフォール姿勢を変えてしまうので、どう釣り針をワームに刺すのか?位置はどこか?で動きが変わり、それによって魚の食う、食わないが分かれたりします。

 まあ、迷路に迷い込むような話であって、そこまで気にしたら釣り針選びは何もできなくなるから、適当で構わないので、自分でとりあえず選び、使ってみてください♪としか、自分には言えませんね^^;;;(苦笑)

 魚がワームのどこに食いついてくるのか?どっち側から食うのか?など、考え出したら眠れなくなります(爆)

 まあ、魚の骨の構造として、頭から飲み込む場合にはスルスルと引っ掛からずに飲み込める骨の角度になりますけど、尻尾から飲み込もうとすると、骨がつっかえ棒のように働き、飲み込みにくくなるという事だけは事実で、魚が餌を食う時も、飲み込むのは頭の方からというのが食い方のようですが^^;;

 釣り針がいつもどの季節でもどのワームでも同じ釣り針しか使わないというのは、釣れにくくなるということではあります^^;環付きマス針の時には、ほぼ同じ釣り針を自分は使ってますけど(爆)^^;;;;

 ご自分で、ご自身で、考えてくださいm(__)m

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
「ワームによって使う針が違う?」って、当然と思いますが(−−; バス釣りと書道と田舎暮らし、お気楽オヤジの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる