バス釣りと書道と田舎暮らし、お気楽オヤジの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「メインギアが摺動子(すりどうし)に干渉する」って、取り付けミスでしょうね(−−;)

<<   作成日時 : 2017/03/08 18:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 スピニングリールのメインシャフトの下の部品、摺動子(すりどうし)とか、オシレートとかいうものは、ちゃんと取り付ければ、メインギアがどこかに接触するような状況にはなりません。だって、買った時に、そんな違和感は感じなかったはずです。オシレートのメインシャフトへ取り付けるときに、「その向きをどっち側にするのか?」というのを正しく見て、覚えておかないと、そういう不具合になる可能性はありますね。

 S字カム式の場合、向きも固定されるはずなので、ウォームシャフト方式のスピニングリールの話しと思いますけど、オシレートを取り付けるその向きは、ビス止めするにしても、半月にメインシャフトが削られているとおもうけれど、その向きには要注意ですね^^;

 たぶん、反対向きにつけてしまった結果と思います。

 ギアの歯面を傷つけてしまうと、ゴリゴリという違和感が出やすいので、干渉しているのなら、無理には回さないというのが鉄則でしょうね。

 無事に、正しい向きで取り付けして、干渉などしない状態になる事をお祈りしてます。

 メインシャフトは、きっちり垂直にしないと、そういう不具合がでるでしょうね、スピニングリールは空間が多いので、その中での部品の位置関係は、あるべき場所に収まらないと、リールとして使えなくなる事は多いです。

 くれぐれも、ご注意下さい!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
「メインギアが摺動子(すりどうし)に干渉する」って、取り付けミスでしょうね(−−;) バス釣りと書道と田舎暮らし、お気楽オヤジの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる