バス釣りと書道と田舎暮らし、お気楽オヤジの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「エポキシコート 下地か分からない」って、ありますね^^;;

<<   作成日時 : 2017/02/16 19:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 ロッドガイドスレッドのエポキシコーティングする場合、ロッドブランクの上に塗られたもの、エポキシを綺麗に剥がすという事をする事になるけれど、「ロッドブランクなのか、エポキシなのか?境目が分からない・・?」となる事もあるでしょうね^^;;;自分は、スレッドによる波板状態の部分を削り落とし、その凹んだ部分の底で円筒形にできたのなら、それ以上に削ることは無いです。カッターの刃を立てて、横に移動し、薄く粉状に削り取れる部分があるうちは削りますけど、そっと、優しく、ゆっくり、刃を動かして、それで、エポキシ部分を剥がしてます^^。

 慣れると、なんとなく、ロッドブランクとエポキシとの境目はわかるようになると思ってます。

 サンドペーパー、耐水ペーパーの600〜800番手ぐらいのものでこすってみて、綺麗になったように思えたのなら、そこで削るのは止めるぐらいでいいと思ってます^^;;

 ブランクまで削ってしまえば、そこだけ弱くなるから、その部分で折れる危険が出ますので、削り過ぎないように、要注意!!ですね^^;

 どうやって、ブランクか、エポキしかを判断するのか?というのも、作業していくと、自分で決めなければならなくなりますけど、良く見ると、塗られたものと、塗られていないものとの差は質感としてあるので、分かってくるのではないでしょうか?

 産毛をカミソリの刃を立てて、こすり、削り落とすような感じの作業をして、粉状のものを濡れたティッシュのようなものでふき取り、乾かし、その部分を見ると、エポキシの場合、何かのかさぶたのようなものが乗っているように見えるし、ブランクは、別の質感の状態に見えますね^^。

 うまくは説明できないけれど、そんな感じでエポキシとロッドブランクの表面との差、質感の違いで、エポキシが残っている、無くなっているというのを判断してます^^;;

 とにかく、良く見ることです♪

 光を当てて、反射するその反射の状況の差というものは、薄くても残っている部分がある場所と、無くなった場所との差を見分けるのには、良いと自分は考えてますが、それがどういう違いなのか?までは、文字では上手く書けません^^;;;

 じっくり、見てみて下さいm(__)m

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
「エポキシコート 下地か分からない」って、ありますね^^;; バス釣りと書道と田舎暮らし、お気楽オヤジの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる